業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

アマゾン対応の優良業者

在庫・受注管理ソフト

最適業者がスグに見つかる

在庫・受注管理ソフトとは、ECショップを運営する際に、膨大な商品の在庫、受注を管理するためのソフトです。ソフトの機能は多種多様ですが、必要な機能はショップの規模(日々の受注件数や抱える在庫数などを目安に測ります)によって変わってきますので、導入段階では将来も見据えて検討すると良いでしょう。また、アマゾン対応のショッピングモールやカートなのかどうかも重要なポイントとなります。世界最大のオンラインショッピングモールなので、知名度は抜群です。料金体型では、クラウド型やパッケージ(システム組み込み型)がありますが、初期費用を安く抑え、早く導入したいのならクラウド型が良いでしょう。膨大な数の商品を扱い毎日多くの商品へ注文が入り在庫数が変化するので、システムのトラブルが起きることも想定しておくことも必要です。その際には、しっかり電話サポートが受けられるかも忘れずに確認しておきましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

アマゾン対応の在庫・受注管理ソフト(通販)の業者比較ガイド・比較のポイント

アマゾン対応の在庫・受注管理ソフト(通販)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

アマゾン対応の在庫・受注管理ソフト(通販)の選定ポイント

POINT
01

アマゾンでのショップ運営の特徴を把握しておく

アマゾンでは他のモールよりも商品力が重要になります。

知名度・集客力ともに高いアマゾンでは、楽天のように各店舗ごとのフロントページなどはなく、検索結果の商品カタログデータから「どんな店舗がやっているのだろう?」とリンクで確認するしくみになっています。店舗データもショップよりは名前や所在地などの登録データや、ユーザーの評価がメインで、店舗ページ作成の手間は削減できます。しかし、店舗イメージや独自キャンペーンでの差別化が図れず、商品の品ぞろえと価格競争に重点が置かれます。

従って、アマゾンでのショップ運営では他のモールよりも一層、在庫の徹底管理と豊富な品ぞろえ、決済後の迅速な受注処理が必要になってきます。

POINT
02

受注管理部分のポイントをチェックする

アマゾンとの受注管理機能連携部分のポイントを把握しましょう。

  • 受注伝票検索

日付や商品名、注文者など様々な条件で検索可能かチェックする

  • 受注ファイルアップロード

アマゾンからの受注CSVファイルをダウンロードして受注伝票としてインポートできるかチェックする

  • 出荷確定処理

バーコードのスキャンデータ処理など出荷作業が軽減される工夫があるかチェックする

  • 欠品処理・不良欠品処理

バーコードのスキャンデータ処理など出荷作業が軽減される工夫があるかチェックする

  • 入金入力

アマゾンからの受注CSVファイルをダウンロードして受注伝票としてインポートできるかチェックする

  • 配送番号反映

各種配送業者のCSVファイルをダウンロードして配送伝票としてインポートできるかチェックする

  • 各種帳票出力

受注、配送などの各伝票や納品書がCSVファイルから一括出力できるかどうかをチェックする

POINT
03

在庫管理部分をチェックする

アマゾンとの在庫管理機能連携部分のチェックポイントを把握しましょう。

  • 複数モール間在庫連携

将来的にアマゾン以外の複数のモール、ショッピングカートの在庫を一括管理できるかチェックする

  • 商品検索

値段や在庫状況など様々な条件で検索できるかチェックする

  • 商品情報

アマゾンモールには掲載しない必須商品情報を詳細に管理できるかチェックする

  • 在庫情報

対象の商品の在庫の状態を数量や平均在庫サイクルなどで管理できるかチェックする

  • 未入荷情報

対象の商品の予定納期と備考を、確認、登録、更新できるかチェックする

  • 日別商品情報

対象の商品の受注数などを日別に確認できるかチェックする

  • 月別商品情報

対象の商品の受注数などを月別に確認できるかチェックする

  • 不良品入出庫履歴

不良交換などをした場合の不良品の出庫/入庫の履歴を確認できるかチェックする

POINT
04

「Amazon マーケットプレイスWebサービス」を利用したカスタマイズはどこまで可能か確認する

アマゾンから公式に提供されているAPIを使ってさらにきめ細かな機能が実現!

業務効率化のために、自分のリアル店舗の在庫の一部をアマゾンに出品する場合はもちろん、アマゾンのモールを主体に通販を行う場合でも、日々の業務に合わせて出品管理や顧客管理のソフトを便利にカスタマイズしたい欲求が出てくるでしょう。そのときは、アマゾンが提供するAPIとうまく連動させることで、アマゾンサイトの管理者ページにログインすることなく商品データベースの管理や受注管理が可能になります。

APIをうまく活用することで将来的にカスタマイズしたオリジナルの受注管理、在庫管理が可能かどうかも確認しておきましょう。

【Amazon マーケットプレイスWebサービスでできることの例】

  • フィード

MWSでは、出品情報の追加、削除、修正が可能です。多様な出品者のニーズを満たすことができるよう、様々なフィード形式がサポートされています。例えば、サポートされるフィードを使用して、Amazon.co.jp上で新製品の詳細ページを定義することにより、Amazonカタログに新製品を追加できます。製品価格や数量の更新など大幅な変更を行う場合は、「価格・数量フィード」を使用して簡単に更新ができ、これによって出品者が提供しなければならないデータ量を最低限に抑えることができます。

  • レポート

販売される商品の注文管理をサポートします。MWSを使用して注文内容をダウンロードし、確認できます。出品者の様々なニーズに対応するために、各種注文レポート形式や実行方法がサポートされています。例えば、注文レポートを、出品者の業務プロセスにマッチするよう最適化されたスケジュールに従って、自動生成するよう設定できます。

  • ファイナンス

AmazonマーケットプレイスWebサービスのファイナンスAPIセクションでは、Amazonとのビジネスに関連するペイメント情報の取得方法を説明しています。決算日を待たずに、ペイメントに関する処理を、注文やペイメント処理グループ、または指定した期間別に取得できます。ペイメントの処理グループは、期間を指定して取得もできます。

  • フルフィルメント納品

フルフィルメント納品APIセクションは、在庫品がAmazonのフルフィルメントセンターの1つに届く手助けをするようデザインされています。在庫品がフルフィルメントセンターに届いた時点で、Amazonや別のサイトで商品を販売できます。Amazonだけで販売する場合は、フルフィルメント納品APIセクションのみを使用します。出荷フルフィルメントは全てAmazonが行います。ただし、Amazon以外のチャネルで販売する計画がある場合、フルフィルメント納品とフルフィルメント出荷両方のセクションが必要です。

  • フルフィルメント在庫

フルフィルメント在庫 API セクションを使用すれば、在庫の状態を閲覧できます。これはリアルタイムの報告メカニズムであり、Amazon フルフィルメント ネットワーク内にある、現在または最近変更された在庫供給品を返します。

  • フルフィルメント出荷

フルフィルメント出荷 API セクションは、現在使用中の支払い処理アプリケーションまたは在庫管理システムと、Amazonによるフルフィルメントを統合するようデザインされています。本サービスは、売上から何らかの支払い情報を受け取ることはありません。フルフィルメント出荷 API オペレーションを使用して、Amazon フルフィルメント ネットワークに、受領者に商品のセットを発送するよう依頼します。Amazon以外のチャネルで販売を行っている場合、または販売以外の何か(サンプル、贈答品、報酬など)のためにフルフィルメントを必要とする場合は、出荷セクションを使用します。

  • 注文

Amazon MWS注文APIセクションを利用することで、必要な注文の情報だけを取得するアプリケーションを構築できます。これにより、注文同期、注文情報分析、オンデマンド意思決定支援ツールなどの分野で、高速で柔軟なカスタムアプリケーションの開発が可能になります。

  • 商品

Amazon MWSの商品APIセクションには、出品する商品をAmazon商品カタログと一致させる情報の取得や、調達戦略や価格の決定に役立つ情報が掲載されています。商品APIを使用して、商品の属性、Amazonのサイトに出品されている商品の価格、商品のセレクションや出品に関する情報をリクエストして取得できます。

  • レコメンド

Amazon MWSのレコメンドAPIセクションでは、Amazon 出品コーチの推奨内容を、レコメンドカテゴリーごとに、プログラムによって読み出すことが可能となります。個々の推奨内容は、出品者が売り上げやパフォーマンスの向上を図れるよう、実施可能で、適切な時期に提供され、かつ出品者ごとの販売機会を考慮した内容となっています。推奨内容は次のカテゴリーで提供されています。

在庫:在庫数少、または在庫切れの商品の補充を推奨

セレクション:Amazon.co.jpへ新規商品の出品を推奨

価格:最低価格に設定されていない在庫商品の価格の見直しを推奨

出荷:売れ筋商品の出荷に、フルフィルメント by Amazonの利用を推奨

出品商品情報の品質:出品商品情報を見直すことによる情報の品質向上を推奨

海外への出品:海外のマーケットプレイスへ商品を出品することを推奨

広告:スポンサー プロダクト プログラムを利用して商品の広告掲載を推奨

  • 出品者

Amazon MWSの出品者APIセクションでは、出品者が参加しているすべてのマーケットプレイスを一覧表示でき、それらのマーケットプレイスに関する詳細な情報を提供します。このAPIにより、複数のマーケットプレイスに参加する出品者の運営を管理するカスタムアプリケーションを開発できます。

  • サブスクリプション

Amazon MWS サブスクリプション API セクションは、Amazonでのビジネスに関係する通知をサブスクライブ(購読)する機能を提供します。サブスクリプション API セクションのオペレーションを利用することで、Amazon MWS サービスに問い合わせをすることなく、Amazonからの重要な情報を受信することが可能となります。購読しているイベントが発生した時点で、その情報が直接送信されます。

POINT
05

導入前・導入後サポートは充実しているか確認する

業者によって差がでる部分なのでしっかりチェック!

導入前に無料お試しができるクラウドサービスやパッケージは少なくありませんが、できれば実際にソフトが動いているところを見ながら、開発元の説明を聞きたい方もいるでしょう。サービス提供会社の中には、来社時にデモを行ってくれる会社や頻繁に商品説明会を実施しているところもありますのでぜひ利用してみましょう。また、営業マンが自社で使うパソコンに実際にソフトをインストールして試してくれる会社もあります。どのようなサービスが利用できるのか、事前に電話や問い合わせフォームなどで問い合わせてみてください。

また、商品の登録がうまくできない、システム上の在庫管理の数と実際の在庫数が違う、システムが遅いなどの導入後のサポートに関しては「電話相談」「メール対応」「営業マン・エンジニアの訪問」などいろいろな方法がありますが、どこまで無料で対応してくれるのかをしっかり確認しておきましょう。

アマゾン以外のモールや自社の店舗で在庫・受注管理ソフトを使ったことがある場合でも、アマゾン特有の仕様に慣れるまでには時間がかかるものです。そうしたギャップを埋めるための労力が最小限になるサポートを提供してくれるかどうかは最終選択の大きなポイントとなってきます。

アマゾン対応の在庫・受注管理ソフト(通販)の発注時よくある質問

人イメージ

アマゾン対応の在庫・受注管理ソフト(通販)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック