あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

LINE配信に対応するメール配信システム9選

メール配信システム

メール配信(メルマガ配信)は今やマーケティングに欠かせない手法だと言えるでしょう。多くの顧客に一斉配信できるため、大変便利です。しかし一方で「肝心のメールを開封をしてもらえない」「狙い通りの成果がでない」とお悩みの方も少なくありません。

そこで注目されているのがLINEによる配信です。今や生活のインフラ化してるLINEを使えば、その悩みはきっと解決します!   

本記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、LINE連携をしているメール配信システムを9つピックアップ。メルマガの開封率にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください!

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.メール配信システムとは

メール配信システムとは、大量のメールを一斉に配信するためのツールです。顧客のメールアドレスを配信リストに登録しておけば自動的に配信できるため、DMに比べて低コストなのもポイント。もちろん、システムを使わなくてもメルマガ配信は可能ですが、大量メールの一斉送信は迷惑メール扱いされることもあります。また、手動で作成する手間がかかるのも難点です。

その点、メール配信システムには大量配信・一斉送信のほか、メール作成支援、効果測定、LINE連携などさまざまな機能が用意されています。マーケティングデータの収集までカバーしているサービスもあるため、パーソナライズ化したメルマガ配信を行いたい方にもおすすめです。メール配信システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

2.LINE配信に対応する格安のメール配信システム3選

2- 1. エキスパ

株式会社エキスパート
出典:株式会社エキスパート https://ex-pa.jp/

エキスパは、東京都新宿区に本社を置くエキスパートが提供するメール配信システムです。料金は初期費用5,000円、月額3,470円(5,000通プラン)から利用できます。メールの配信数に応じた料金体系となっており、どのプランでも全機能利用可能です。コストパフォーマンスのよいメール配信システムをお探しの方にはぴったりでしょう。
また、情報配信特化型のマーケティングシステムであるのも特徴。メール配信のほか、高い到達率を誇るLINE配信や、圧倒的開封率のショートメールを含む3大情報発信がエキスパ1つで完結できます。
通常配信についてはLINEとメールを活用し、クリックがないユーザーについてはショートメールで配信するなど、二段構えでのアプローチも可能です。一つの配信方法に依存せず、顧客に合わせた効果的な配信を実現できます。

設立年
2007年
会社所在地
東京都新宿区西新宿6-12-1 西新宿パークウエストビル13階

2- 2. スマートメールコネクト

株式会社ナレッジフロー
出典:株式会社ナレッジフロー https://smct.jp/

スマートメールコネクトは、東京都町田市に本社を置くナレッジフローが提供するメール配信システムです。料金はLINE公式アカウントの仕様に合わせた3つのプランを提供しています。最安の「エントリープラン」は、月額1,500円で1,000通まで送信可能。「ライトプラン」は月額3,500円で1万5,000通、「スタンダードプラン」は月額7,500円で4万5,000通まで送信できます。
また、すでに使用している管理システムと連携できるのも大きなポイント。いつものようにEメールを送信するだけで、LINEのメッセージとして変換され、店舗のLINE公式アカウントから配信できます。スマートチャットなど便利な機能も搭載されているため、LINEの活用で業務負担を減らしたい方には最適の製品でしょう。

設立年
2006年
会社所在地
東京都町田市玉川学園五丁目24番45号
電話番号
03-6908-6934

2- 3. Lステップ

株式会社Maneql
出典:株式会社Maneql https://linestep.jp/lp/01/

Lステップは大阪府堺市にあるマネクルが提供するメール配信システムです。LINE公式アカウントに特化した配信スタンドで、さまざな業種・業界で高い効果を出しています。
プランは3つで、いずれも初期費用はかかりません。もっとも低価格な「スタートプラン」は、月額料金2,980円(税込)から利用できます。
もちろん搭載機能も豊富。ステップ・セグメント配信やグルーピングタグ、行動のスコアリング、さらには属性や行動に沿ったシナリオ分岐も可能です。そのほか、マルチデバイス対応やCSVエクスポートなど、便利な機能も盛り沢山。リマインド配信を活用すれば、セミナーやイベントの参加率向上も見込めるでしょう。Amazon Web ServicesやGoogle reCAPTCHAでセキュリティ対策を行っているため、安全性を重視したい方にもおすすめです。

設立年
2016年
従業員数
10-29人
会社所在地
大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁764-2 中百舌鳥ビル3F
電話番号
072-230-4510

LINE配信に対応する格安のメール配信システムをご紹介しました。

メール配信はLINEでの配信に比べると、到達率・クリック率が低く、開封までに時間もかかります。リマインダーメールが機能しないケースも少なくありません。一方でLINE配信はスマートフォンユーザーとの相性が抜群で、到達率・開封率ともに高いのが特徴です。

LINE配信に格安で対応しているサービスであれば、月額数千円ほどで利用できます。ご紹介した3社以外の情報も知りたいという方は、ぜひお気軽にアイミツまでご相談ください。無料でご希望に沿ってご案内いたします。

3.LINE配信に対応する人気のメール配信システム3選

3- 1. WEBCAS taLk

株式会社エイジア
出典:株式会社エイジア https://webcas.azia.jp/talk/

WEBCAS taLkは、東京都品川区に本社を構えるエイジアが提供するLINEメッセージ配信システムです。自社会員情報と連携したOne to OneメッセージをLINEで送れる点が最大の特徴でしょう。 
シリーズ製品の利用社数は6,000社を超えており、これまでに全日空、日本テレビ、資生堂、日産、TOYOTAなど、大手企業を中心に数多く導入されています。実績重視の方にはぴったりのサービスです。
また、特定の顧客を手動もしくは自動でピックアップするLINEセグメント配信も可能で、一人ひとりに最適化されたアプローチを可能にします。絞り込みは購買行動、属性、メールマーケティングの反応など、さまざまなデータをもとに行われるため、効果検証やレスポンスに応じた宣伝活動を行いたい方にもおすすめです。

会社所在地
東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル4階

3- 2. エーエムエルマーケシステム

株式会社ビショップ
出典:株式会社ビショップ https://amlsystem.biz/

エーエムエルマーケシステムは、東京都港区にあるビショップが提供するメール配信システムです。LINEマーケティングとメールマーケティングの両方に対応した人気のサービスで、それぞれを利用した販売促進や顧客管理を行いたい方には最適です。
LINEマーケティングに対応しているプランは「LINEプラン」と「LINE+Webプラン」の2種類。「LINEプラン」は初期費用9,800円、月額費用2,980円から。「LINE+Webプラン」は初期費用12万9,800円、月額費用5万9,800円から契約できる一番人気のプランです。1対1トーク、シナリオ配信など基本的な機能はもちろんのこと、LINEの公式アカウントにはないセグメント設定や会員管理も簡単に行えます。また、追加オプションとしてBOT別ドメイン置換や、流入経路URL分析も可能です。

※価格はすべて税別です。

設立年
2012年
会社所在地
東京都港区麻布十番2-13-10 SK麻布十番ビル6F
電話番号
03-6416-5192

3- 3. SPIRAL

株式会社パイプドビッツ
出典:株式会社パイプドビッツ https://www.pi-pe.co.jp/

SPIRALは、東京都港区に本社を構えるパイプドビッツが提供するwebアプリケーション構築プラットフォームです。SBI証券、セブン&アイ、キッコーマンをはじめとする大手企業、国土交通省、目黒区など自治体にも数多く導入されています。3,500社を超える導入実績を誇り、価格面もリーズアナブル。低コストで実力のある製品を希望する方には最適だと言えるでしょう。
もちろん、メール配信やLINE連携ソリューション機能も搭載されています。会員情報とLINEを連携させることによって、密なコミュニケーションで集客から予約・顧客サポートまで実現することが可能です。CRMと連携したセグメント配信、1to1配信、bot対応など、LINEをフル活用するためのサービスを提供するほか、他チャネルへの展開にも対応しています。

設立年
2000年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
電話番号
03-5575-6601

LINE配信に対応する人気のメール配信システムの紹介をしました。  

LINEは日本人口の半数以上が利用していると言われており、さらにそのうちほとんどのユーザーは毎日連絡手段として利用しています。ユーザーにとっても大変利便性の高いツールであるため、ほかのアプリと違って削除される心配もありません。

上記でご紹介した3社に共通する特徴は、その高い支持率です。実績を重視して選びたい方にはぴったりでしょう。「実績豊富で実力も確かなサービスだけをまとめて調べたい!」とお急ぎの方は、ぜひアイミツの資料請求をご利用ください。一括で必要な資料をまとめて取り寄せることが可能です。

4.LINE配信に対応するマーケティングに強いメール配信システム3選

4- 1. Pardot

株式会社セールスフォース・ドットコム
出典:株式会社セールスフォース・ドットコム https://www.salesforce.com/jp/campaign/marketing-automation-pardot/

Pardotは、アメリカ・サンフランシスコに本社を構えるセールスフォース・ドットコムが提供するBtoB向けマーケティングオートメーションツールです。見込み客の獲得から育成・評価までの一連の流れを支援し、自動化することができます。マーケティングに強いシステムをお探しの方にはうってつけでしょう。
もちろん、メール配信やLINEを利用したアプローチにも問題ありません。LINE@向けのセグメント配信では、付加価値の高い情報発信によって、開封率の向上を実現できます。そのほかにも実用的な機能が豊富に搭載されており、リードとのコミュニケーションを最適化することが可能です。
また、直感的な操作性にも人気があり、導入支援の体制も万全。すでに数多くの企業に導入されているため、初心者の方でも安心して利用できるおすすめのサービスです。

設立年
2000年
会社所在地
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12階
電話番号
03-4222-1000

4- 2. b→dash

株式会社フロムスクラッチ
出典:株式会社フロムスクラッチ https://bdash-marketing.com/

b→dashは、東京都新宿区にあるフロムスクラッチが提供しています。業界シェアNo.1のデータマーケティングツールとして、幅広く必要な機能を搭載している点が特徴でしょう。メルマガ配信だけでなく、LINE連携やSMS連携、アプリでのプッシュ通知など、さまざまな方法でユーザーにアプローチすることが可能です。
LINE連携ではLINEビジネスコネクトを利用し、b→dashで集積した情報を基にOne to Oneのコンテンツを展開できます。データから導き出されたセグメンテーションや配信ルールにより、従来にはない豊かなマーケティングが可能。ユーザーに充実した体験の提供と、企業のブランディング強化を実現します。LINEならではの密なコミュニケーションによる高い開封率で確実に成果を上げたい方には最適でしょう。

設立年
2010年
会社所在地
東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル26階

4- 3. MOTENASU

株式会社FID
出典:株式会社FID https://motenasu.info/

MOTENASUは、東京都新宿区にあるFIDが提供するマーケティングオートメーションツールです。これまでにディノス・セシール、千趣会、CLAUDIAをはじめとする数多くの企業に導入されています。
API・CMR連携やフォームの作成、広告の管理、スコアリング機能など、必要な機能がひと通り揃っているのはもちろん、LINEを含む多彩な配信チャネルを搭載している点は見逃せません。メール・LINE配信に加えて自動DMや、ORコードによるユーザーの追跡など、オン・オフを融合させたマーケティングをワンストップで実現できます。
また、蓄積したデータをもとにマルチシナリオを組める点も特徴的。メールマーケティングにも力を入れたい方にはまさにぴったでしょう。
料金プランは初期費用が30万円、リード登録件数5万件/月額費用10万円から契約が可能です。

設立年
2011年
従業員数
10-29人
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-2-26 立花新宿ビル6F
電話番号
03-6628-4448

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.メール配信システムの選び方のポイント

必要な機能を確認する

メール配信システムを選ぶ前に、自社が本当に必要な機能を精査しておくと失敗がありません。

ひと口にメール配信システムと言っても、搭載している機能は製品によって異なります。LINE配信については対応していない製品も多々あるため、よく確認をする必要があるでしょう。

搭載機能の詳細は、ホームページ上では確認できないサービスもあります。気になる内容がある場合は、ぜひ資料を取り寄せてみましょう。

サポート体制を確認する

メール配信システムをはじめて導入する際は、ベンダーのサポート体制についてもよく確認をする必要があります。

利用したことのないメール配信システムを導入すると、必ずと言っていいほど何かしらのトラブルが発生します。困ったときにすぐに対応できるサポート体制がないと、重大な機会損失につながる可能性が高いです。

電話・メール・チャットなど、ベンダーによって支援の手段や対応できる日時は異なります。そういった点でも、自社に合うサービスを提供している会社を選ぶようにしましょう。

6.【まとめ】メール配信システム選びで迷ったら

本記事では、LINE配信に対応するメール配信システムと、選び方のポイントについてご紹介してきました。今回ご紹介したメール配信システムは、いずれも定評のあるものばかりです。サービスを導入する際に、ぜひ参考にしてみてください。

とはいえ、ここまで読んでも「自社に合うサービスがわからない」「どのような機能が必要か見当がつかない」という方もいるでしょう。お悩みの際はぜひアイミツまでお問い合わせください

専門のコンシェルジュがあなたのご要望を丁寧にヒアリングし、希望に沿ったサービスを無料でご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

メール配信システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

line メルマガ配信システムのメール配信システムサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

line メルマガ配信システムでメール配信システムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

メール配信システムの選び方としては、目的に合ったものを選ぶ必要があります。大量の顧客のメールを配信したい場合には、サーバーの安定性は重要なポイントとなります。作成したメールをシナリオ通り順番に配信したい場合は、ステップメール機能が必要です。セキュリティ面においていえば、顧客のメールアドレスが外部に流出することは絶対に避けなければいけませんので、パスワード設定や外部からの不正アクセスを防ぐ対策が施されている配信システムを選びましょう。料金については、機能面、セキュリティ面、サポート面を総合的に見て、判断されることをおすすめします。サポートが充実している業者であれば、トラブルが起きた際にも迅速に解決することができるでしょう。何よりも受信する側の顧客目線で、メール配信システムを選ぶことが大切になります。

メール配信システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

メール配信システムの見積もりが最短翌日までにそろう