業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

メール・メルマガ配信システム

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

メール・メルマガ配信システムの業者選び方ガイド・比較のポイント

メール・メルマガ配信システムの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

メール・メルマガ配信システムの選定ポイント

POINT
01

配信数

配信数に応じて課金される従量制が一般的だが、中には配信数が無制限のものも。

メール配信システムは、自社の会員や顧客に対して、新商品情報やキャンペーン、セール情報、メールマガジンを一斉送信することができます。メールを配信したい数、あるいは将来的に増加してもカバーできるかを検討しましょう。配信数に応じて課金されるのが一般的ですが、中には配信数が無制限の場合もあります。

 

POINT
02

必要な機能が備わっているか

不快に思われると、迷惑メールに振り分けられる場合も‥‥‥。

メール配信システムには、大量のメールを配信するだけではなく、様々な機能が備わっています。導入する前には、自社で利用したい機能が備わっているかを確認する必要があります。

  •  メール一斉配信(一括送信)

メール配信システムにおいて基本的な機能です。会員限定のメールやメールマガジンを配信することができます。中には、1時間に300万通以上のメールを配信できるシステムもあります。

  •  ステップメール機能

予め作成したメールを順番に配信する機能です。例えば顧客がメールを登録した直後に1通目を送信、その3日後に2通目を送信することができます。

  •  独自ドメイン機能

自社の独自ドメインでメールを配信することにより、自社ブランドの独自性を失うことなく、メールを送信することができます。

  •  名前差込機能

顧客の名前をメールの本文に差し込む事ができます。よくあるのが、Aさんに対しては「A様へご案内」、Bさんに対しては「B様へのご案内」とそれぞれの顧客の名前をメール本文に入れて、メールを配信することができます。

  •  HTMLメール

一般に使われている多くのメールは、テキストのみですが、HTMLメールでは、写真画像や装飾された文字をメール本文に表示させることができます。従来では、受信側で正しく表示されないという事がありましたが、近年では、受信側のメール表示機能の発達に伴い、配信されることも多くなっています。

  •  予約時刻配信

予約した時刻にメールを配信することができます。受信側に読まれることが予測される時間帯、一般の会社員向けであれば、就業時間外などにメールを配信することで、反応を高めることが期待できます。

  •  誕生日メール

会員の誕生日の情報を入力して設定することで、会員の誕生日に合わせて、メールを配信し、顧客の満足度アップにつなげることができます。誕生日の月に特別な商品やプレゼント、割引の案内をする際に便利です。

  •  ターゲット配信

性別、年齢、居住地域、趣味嗜好など、属性に絞ってメールを配信することができます。男性向け商品を女性に対してメールをしてしまうというミスマッチを防ぐことができます。

  •  読者登録機能

メールを登録する方法が多ければ、顧客のニーズにあった方法で、メールの登録をしてもらうことができ、より多くの会員を集めることができます。WEBサイトでの登録フォームの他に、QRコードによる登録、空メール送信による登録などがあります。

  •  配信停止機能

会員がメールの配信停止を希望した際、すみやかに配信が停止されるようにする必要があります。機能としては、解除フォームや1クリック解除などがあります。

  •  解析機能

メールが開封された時間、メール本文で紹介したURLのクリック率、さらに購入までに至ったコンバージョン率などを計測することができます。アクセス解析することで、今後の配信時間やメール本文内容の改善などを検討するデータとして利用できます。

たとえ、顧客がメールの配信を承諾している場合でも、配信されるメールの件数が多い、メール内容が理解できないなど、受信する側が不快に思えば、「迷惑メール」として認識される恐れがあることも覚えておきましょう。

 

POINT
03

サービスの信頼性

満足してもらえるメールを配信するには、まずシステムの信頼性を確認。

メールを受信する側に安心してもらい、なおかつ満足してもらえるメールを配信するには、システムの信頼性を確認する必要があります。導入する前に確認したいポイントは次の通りです。

  •  メールが受信側に到達するか

大量のメールを配信する際、サーバー側で受信を拒否され、相手にメールが到達しないことがあります。また、携帯電話に配信することを考慮していない場合も、携帯電話各社によってメールがブロックされ、会員にメールが届かない事があります。

  •  セキュリティ機能は万全か

顧客向けメール、メールマガジン配信では、大量のメールアドレスを扱うため、セキュリティの機能は必須になります。顧客メールアドレスのデータが外部に流出し、漏洩しないためのセキュリティをしっかりと確認する必要があります。具体的には、操作できる担当者を制限できる権限管理およびパスワード設定、SSL通信での暗号化、外部からの不正アクセスやハッキング対策、操作ログの記録、データバックアップなどを確認しておきましょう。

  •  サーバーの機能は安定しているか

大量のメールを一斉配信する際、メールを高速で処理するため、サーバーに負荷がかかります。サーバーが不安定だと、メールが時間通りに配信されなかったり、時間がかかったり、遅延が起こり、メール配信システムの本来の目的を果たすことができません。エラーメールの対処、受信拒否やブロックされた時の対処など、サーバーの安定性や機能性をチェックしましょう。

  •  誤発信防止の機能や設定があるか

設定画面の操作性が悪く、使いにくいと誤発信にもつながります。メールを配信する数が多ければ多いほど、誤発信の影響は拡大します。近年、個人情報の扱いに関する意識が高まっているため、最悪の場合には、配信する会社の信用が失墜し、会社の営業活動、業務に支障をきたすことも考えられますので注意が必要です

 

POINT
04

料金体系を確認する

初期費用は3万円~20万円が相場、月額運用費用も念頭に!

  •  初期導入費用

初期の導入にかかる費用は、機能やASP型あるいは、オンプレミス型などの形態によっても異なりますが、3万円~20万円が相場です。

ASP型 初期費用が安価で、バージョンアップも比較的簡単な操作で行うことができます。
オンプレミス型 自社の目的に合わせ、柔軟にカスタマイズできるのがメリットですが、費用は高めになります。
  •  月額費用

利用状況、頻度にかかわらず、毎月かかる費用の相場は1万円~5万円ほどです。

  •  従量課金

メールの配信量、会員数に従って、課金される料金体系の場合もあります。

 

POINT
05

サポート体制は充実しているか

サポート体制は業者によって様々事前にチェックを!

メール配信システムを運用する際には、使い方がわからない、相手側にメールが到達しないなどの問題が起こることも予測されます。その場合には、しっかりとサポートが受けられるかを確認しておきましょう。電話でのサポートかメールのみか、サポートが受けられる時間などをチェックしてください。中にはスカイプで操作画面を共有しながら、説明してくれる業者もありますので、必要に合わせて検討してください。

 

メール・メルマガ配信システムの発注時よくある質問

人イメージ

メール・メルマガ配信システムについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック