あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

企画内文書におすすめの文書管理システム2選

企画内文書におすすめの文書管理システム2選
目次
このページについて
情報漏洩の80%は内部が原因

情報漏洩の80%は内部が原因だとご存知でしょうか?
多発する情報漏洩における原因の多くはハッキングなどの外部要因ではなく内部の人間による盗難、流出といった内部要因であるとデータが表しています。
情報漏洩によって企業は大きな損害を被ることから、機密文書や社内文書は文書管理システムを導入し対策することをおすすめします。
引用データ:(セコムトラストシステムズ株式会社)

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめの文書管理システムを厳選!

文書管理システム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気の文書管理システムの見積もりが可能です。文書管理システム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
文書管理システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

1.企画内文書におすすめの文書管理システム2選

1- 1. 鈴与のらくらく契約書管理

鈴与株式会社
出典:鈴与株式会社 https://www.document.suzuyo.co.jp/keiyakusho/rakukei/

【特徴】サーバーやソフトのコストが不要で専用システムを利用できます。
初期費用を抑えたい場合には大変おすすめです。
1件から利用ができる契約書管理システムです。
クラウドに預けた書類データを無料で取り出しができます。
【価格】新規ユーザー登録手数料 5,000円/ID
契約書預入料 500円/件

設立年
1936年
会社所在地
静岡県静岡市清水区入船町11-1

1- 2. booMo

株式会社イングカワモト
出典:株式会社イングカワモト https://boomo.jp/

【特徴】保管した書類や契約書をデジタルブック(本棚)形式で閲覧できます。
UIの追求したことにより直感的な操作ので利用が可能です。
iPad、iPhone、Androidといったマルチデバイスに対応しているのでインターネット環境が整っていればどこからでもデータの引き出しや観覧ができます。
SSLを利用しているのでセキュリティ面もバッチリです。
【価格】ライトプラン120,000円(年額) 5GB
スタンダードプラン240,000円(年額)20GB
プレミアムプラン 480,000円(年額)50GB

設立年
1925年
従業員数
10-29人
会社所在地
愛知県名古屋市中区栄4丁目17番18号 川本ビル
電話番号
052-241-3825

2.まとめ

今回ご紹介した文書管理(契約書管理)システムは、1名から文書管理が可能なシステムもあれば10万人規模の大手企業に対応しているシステムもあります。
文書を整理することによって社内での情報共有がスムーズにできる以外にもメリットもあります。
それは、紙文章をデータ化することによってペーパレスといった経費削減になったり、機密文書の輸送リスクも抑えるなど、文書管理システムの導入にはメリットが多数あります。
これを機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

文書管理システム会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

企画内文書の文書管理システム会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

企画内文書で文書管理システム会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

文書管理システムを導入することで、社内の文書を一元管理ができます。その際、閲覧制限を掛けることも可能です。財務報告などの文書を適正に扱うことを求めた法令、JSOXに対応するために導入する企業が増えています。導入するシステムを選ぶ際には、財務諸表や契約書、業務マニュアルなどを電子データ化し、管理する事が目的なのか、あるいは文書を保存、共有して、どこでも閲覧できるようにする目的なのかなど、目的を明確化することが大切です。また、導入形式やサポート体制を確認し、導入後にスムーズな運用ができそうか、チェックしましょう。システムの操作性が悪いと、文書を探し出す事に時間がかかり、業務が非効率的になったり、社内に浸透しなくなるため注意が必要になります。

文書管理システム会社が
最短翌日までにそろう