業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

激安の優良業者

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行の業者選び方ガイド・比較のポイント

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行の選定ポイント

POINT
01

格安にして質が下がらないか

低価格ゆえに、品質が悪くないか確認しよう。

格安・激安で発注をしても、DMのデザインのクオリティが低い、発送の手続きに不備があるなどの理由でお客様からクレームをもらう、顧客へ有効なアプローチができないといったことになれば本末転倒です。格安で注文する場合は紙の種類が決まっている、紙の材質が悪い、デザインテンプレートから選択するなど自社の希望に合わせてカスタムできないケースがあります。自社の発注内容に沿ったクオリティが担保できるか、事前に料金表・メニューを確認するのが得策でしょう。

 

また業者によっては部数によっては、オンデマンド印刷からオフセット印刷へ自動的に切り変わることがあります。イラストや写真をDMに掲載する場合は、オンデマンド印刷ではどうしても色彩の再現性に乏しくなってしまうので、事前に確認するのがベターです。

POINT
02

料金の表記を確認する

料金を見て安心せず、注意事項をチェック!

激安なDM発送代行業者のWebページで掲載している料金表を必ず確認しましょう。安価な価格で書かれていても、「税別」「税抜」と注意事項に書かれている場合が多く、大量発注する場合は予想に反して高額な費用が発生します。業者のWebページに掲載されている料金が「通常郵便」か「広告郵便」か確認する必要があります。事前に送付予定のDMが広告郵便に該当するか業者に正確に確認をすることで手間が省け、スムーズに料金の概算ができます。

 

【通常郵便になるケース】

請求書や領収書等の手続き書類を送付する場合

会報、広報誌を送付する場合

 

【広告郵便になるケース】

サービスの提供を目的とする広告を郵送する場合

POINT
03

短納期で注文できるか確認する

希望の納期にマッチした業者を選ぼう。

どのような条件で短納期になるか確認が必要です。業者によっては、入金の時間によって発送のタイミングが変動する、データ不備の場合は修正版を再入稿するまで発送されないなど、あらかじめ条件を把握しておかないと予想していた納期よりも遅延することがあります。納期が遅延する事態に陥らないように注意点をよく読んで、未然に対策を立てておくのが得策でしょう。

 

【短納期に必要な条件】

  • デザインデータを納品する際に、不備がないこと

業者の規定の時間までに入金されていること

POINT
04

委託範囲を確認する

一括注文すると、費用を安くすることができる。

DMの発送代行を格安にするコツは、DMの発送代行を一括で行うこと、つまり出来るだけ広い委託範囲で発注をすることです。多くの工程をまとめて依頼して大量発送することで値引きや割引の対象になることがあります。また一箇所にまとめて発注をすることで担当者の工数を削減できます。

 

  • デザイン制作

発送代行をしている業者の中には、OE(外封筒)やDMのデザイン制作を行っているところもあります。発注者側でラフ案を提出することも可能ですし、業者にデザイン案や圧着はがき・透明封筒などの選択からお願いもできます。より効果的なDM制作をするためには業者に企画から依頼をするのが得策ですが、費用を抑えての発注ならコンセプト・企画等は自社で明確に決め、制作の部分から発注する方が修正も最低限で済みます。

 

  • 文面印刷

顧客の住所や名前を印刷します。このフローには住所データの入力作業が含まれます。住所データが全て紙である場合、データ入力作業代行を依頼するのが効率的です。しかし、別途費用が発生する場合があります。人員と納期に余裕があるのであれば、自社でデータ入力をして印刷のみを依頼すると、よりコストを抑えられるでしょう。

 

  • 封入作業

通常は封筒の中に申し込み用紙や投函用はがきを封入します。業者にその内容を確認してもらうために、封入する内容物一式を送るのが通例です。封入作業は意外に時間がかかるため、外注をした方が工数も削減でき、本来の事業活動に注力できます。ただし発注するロット数が少なければ、自社で行った方が良い場合もあります。納期、予算、工数を踏まえた上で判断しましょう。

 

  • 宛名印字

宛名のデータは、基本的にエクセル又はCSV形式で納品するのが一般的です。紙ベースでしかデータを保有していない場合、データ入力代行をする必要があります。

 

宛名印字の方法には直接印字する、もしくは宛名シールを貼るの二種類があります。直接印字する場合は宛名シール代と作業における追加費用が発生しないため、費用を抑えつつ、しかもきれいに宛名を印字することが可能です。

 

  • 発送

指定の顧客リストに対してDMを発送します。顧客リストを保有していない場合は、顧客リストの作成代行を依頼することができます。DMの発送代行を格安にする場合は、リストを自社で作成しましょう。

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行の発注トラブル事例

人イメージ

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行の発注時よくある質問

人イメージ

激安のDM(ダイレクトメール)発送代行についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。