業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

格安の優良業者

格安のデバッグ・ユーザーテスト

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

デバッグ・テスト代行とはソフトウェアやアプリなどのツール開発おいて実機を使ってテスト運用をすることでデバッグをするサービスのことで、業者によってアプリだったり、webサービスだったり、業務システムだったりとサービス内容は様々です。業者の規模や得意分野が自社に適しているかをはじめ、チェックリストの作成を依頼できるか、必要機材は揃っているか、デバッガーは優秀か、柔軟な対応は可能か、セキュリティ対策は万全かなどを確認するようにしましょう。ゲームなどのテストは特殊対応が必要になりますので専門業者に依頼したい所です。料金は人月計算で、業者によって大きく異なります。短期や単発である場合、格安でサービスを受けることが可能な場合もあります。サービスを比較し、費用対効果の良い業者を選択するようにしましょう。

人イメージ

格安のデバッグ代行の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

格安のデバッグ・ユーザーテストの

選び方ガイド

格安のデバッグ・ユーザーテストの選び方ガイド

格安のデバッグ・ユーザーテストの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

格安のデバッグ・ユーザーテストの選定ポイント

POINT
01

格安ユーザーテストサービスの中身を知っておく

格安ユーザーテストはどんな風にやるのか?

格安ユーザーテストは、その多くが遠隔地のユーザーに自宅などでテストを行い、バグや欠陥を見つけてもらう「リモートユーザーテスト」となります。そのため、モニターはわざわざユーザビリティラボ(テスト会場)まで足を運ぶ必要がありません。

実施する側からすると、多様なモニターを安価に集めることができますので、人件費を抑えられる利点があります。また、ユーザビリティラボを用意する必要がないので、施設費も安くなるわけです。

 

通常ユーザビリティラボに用意するカメラや録音機器は、Webと連動した安価なものを各モニターに使用してもらいます。モニターは全国からの応募者を選別してデータベースに登録しておき、案件ごとに最適な人をピックアップします。ユーザビリティエンジニアはテストを設計し、実際にインタビューを行い、ユーザーデータを分析します。このユーザビリティエンジニアはテスト代行会社の質を大きく左右します。

POINT
02

なぜ格安にできるのかを理解しておく

ユーザーテストはなぜ5ユーザーで十分なのか知っておきましょう。

多くの格安ユーザーテストサービスは、一人あたり1万円前後の料金でモニターを提供します。では、30人モニターを希望したらそれだけで30万円になってしまうのか心配があると思います。結論として30人集めたければその金額になってしまいますが、テスト人数に関しての推奨人数は5人になっています。

 

これはヤコブ・ニールセンが提唱した「5人のユーザーでテストすれば約85%の問題点が見つかる」という法則に基づいています。この考え方は現在ではほぼ世界標準となっており、5人程度のユーザーでテストするのが一般的なのです。

 

 

参考「5ユーザーでテストすれば十分な理由」Why You Only Need to Test with 5 Users 翻訳

http://u-site.jp/alertbox/20000319

 

POINT
03

テストシナリオは優れているかどうか確認する

様々な観点からテストを行うことが大切です。

テストでは、「ユーザーは独力でタスクを完了できたか」「ユーザーは無駄な操作を行ったり、戸惑ったりしなかったか」「ユーザーは不安や不満を感じていないだろうか」などの項目につき、案件ごとに最適なシナリオを作ります。

この部分のクオリティがテスト結果で最も差が出るため、バグ修正のクオリティにもつながる部分にもなります。ユーザーテストの見積もりを取るときにはしっかりとこちらの要望を伝え、反応を確かめながら信頼できるところを探しましょう。過去の実績として、同業種の類似サービスを行ったことがあるかどうかも確認しましょう。

POINT
04

セキュリティは十分か確認する

製品発表前の情報漏れは命取りです!

デバッガーやテスターにはリリース前のサービスや製品、ソフトウェアのデバッグ・テストを依頼することになるので、情報漏洩には細心の注意が必要です。NDA(秘密保持契約書)の締結はもちろん、外注先を含めたセキュリティ対策が万全かどうかは必ずチェックしましょう。スタッフに私物の持ち込みを許可しているか、全スタッフに秘密保持契約を締結させているか、過去に情報漏洩したことは一度もないかなどを確認して安心して動作検証を依頼できるところを探し出しましょう。

格安のデバッグ・ユーザーテストのよくある質問

人イメージ

格安のデバッグ・ユーザーテストについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。