業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

SE常駐対応の優良業者

データセンター

おすすめ業者を一覧比較

データセンターとは、ネットワークコンピュータやサーバ機器を設置し、運用している施設のことで、IDC(インターネットデータセンター)とも呼ばれています。データセンターを選ぶ際に重要なポイントは、地震や火災などあらゆるトラブル対策への高い安全性と、アクセスの集中・システム障害などの状況においても運用できる高い安定性になります。また、常駐SEありの業者であれば、24時間障害などのトラブルに対応が可能になり、高品質な運用サービスが実現し、システムの安定維持にもつながります。やまた、障害時の移動時間も考えるとオフィスからの距離は近い方が良いでしょう。料金は細かいサービス(管理体制、システムセキュリティ、運用アウトソーシングなど)や、設備仕様(耐震性、冷却設備、停電対策など)によって大幅に異なりますので、相見積もりを取得し、内容をしっかり確認した上でアウトソーシング先を選びましょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

SE常駐対応の優良業者 データセンター(IDC)業者一覧

51件中110件の業者を比較中

公式

株式会社オージス総研

提供サービス
ハウジング・コロケーションサービス レンタル・ホスティングサービス サーバ運用・保守代行 産廃処理・データ破壊 SE常駐
会社サイト
http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/da...
会社所在地
大阪府大阪市西区千代崎3-2-37 ICCビル
会社電話番号
06-6584-6497
  • 東京/大阪 2拠点のデータセンターとクラウド連携によりお客様の課題に合わせたサービスをご提供
  • 堅牢なファシリティと安心のセキュリティ。有事の際にも駆けつけやすい好アクセス<複数駅利用可能>
  • 30年にわたり培ってきた信頼性の高い大阪ガス向け運用ノウハウを基に、データセンターサービスを展開
提供サービス
産廃処理・データ破壊 SE常駐
会社サイト
http://jp.fujitsu.com/group/fip/se...
会社所在地
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
会社電話番号
03-6252-2220
  • アウトソーシング、クラウド、ソリューション3つのサービスでデータセンターサービスを提供いたします。
  • ハイレベルセキュリティーセンターは、情報を扱う企業としても安心して利用することができます
  • システムの企画から構築、運用まで一貫したワンストップでのサポートが可能です。
提供サービス
SE常駐
会社サイト
http://www.saitama-idc.jp/
会社所在地
埼玉県さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-11 さくら浦和ビル
会社電話番号
048-825-6000

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

SE常駐対応のデータセンター(IDC)会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 提供サービス内容を確認

    サービスレベルアグリーメント(SLA)の内容確認も忘れずに!
    データセンター(IDC)が提供するハウジングサービスは、いわゆる「ラック貸し」と呼ばれるサービスで、顧客自身で目的にあった専用のサーバ機器などを用意し、それをデータセンターの施設の中に持ち込み… 続きを見る

  • POINT 2 必要な機能が提供されているか

    万が一の際にも万全な体制なのかをしっかりと確認しておくこと。
    データセンターには様々な機能があります。3箇所にデータをバックアップしておく三次バックアップ機能や、WEBブラウザから簡単に設定ができる機能、あるいは、保存済みデータとの完全性をチェックするデ… 続きを見る

  • POINT 3 オフィスからの距離

    復旧作業なども考えて、データセンターまでの距離は必ず確認を!
    オフィスからデータセンターまでの距離は必ず意識したいポイントです。障害発生時にデータセンターに直接出向き、復旧作業を行うことも場合によってはあるからです(復旧時間の最小化)。公共交通機関が… 続きを見る

  • POINT 4 施設におけるトラブル防止設備

    災害やトラブル防止のための6つのポイントをチェック!
    データセンターにおいて、災害やトラブルを防止できる設備が整っているかを確認することは重要なポイントとなります。  耐震性 地震の多い日本では、常に地震のリスクを考える必要があり… 続きを見る

  • POINT 5 情報管理は適切か

    個人情報の管理など情報管理は適切に行われているかをチェックすること。
    統一された基準で情報を管理・運営しているデータセンターを選ぶことで、高品質のサービスが期待できます。例えば、個人情報の扱いについて、適切な保護措置を講ずる体制を整備している場合に与えられる… 続きを見る

  • POINT 6 料金体系

    イニシャル費用とランニング費用をしっかりと把握しておくこと。
    イニシャル費用(初期設定料金)と月々にかかるランニング費用があるデータセンターが一般的です。ハウジングサービスのイニシャル費用には、サーバの購入費、サーバの設計、ラックへの取り付け料金がか… 続きを見る

SE常駐対応のデータセンター(IDC)会社への発注にあたっての基礎用語

  • データセンターの基礎知識・基礎用語

    データセンター(IDC)は、コンピュータやサーバが一箇所に集結している施設で、日本全国に500以上ありますが、セキュリティ上の理由で、具体的な場所は明らかにされていないことが多いようです。インターネットのますますの普及や動画などの大量のデータのやり取りにより、データセンターの需要は今後さらに高まっていくと予測されています。企業がデータセンターを利用すれば、自社のオフィスに大きくスペースが必要なサーバを設置する必要がなくなり、セキュリティ対策やトラブル対策の負担が軽減され、コスト削減も図ることができます。耐震性や空調などのデータセンター自体の設備や監視、運用、管理サービスによって料金は大幅に異なります。過去のトラブルとしては、サーバから発生した熱によって火災が起きたり、システムにトラブルが起きデータが完全に消失してしまったケースもあります。