あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

自動音声応答機能搭載でおすすめのCTIシステム販売業者8選

自動音声応答機能搭載でおすすめのCTIシステム販売業者

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、
「提案力」「価格」「サポート」を基準にクラウド型CTIシステムの販売業者を厳選!

・自動音声案内対応の格安CTIシステム販売会社
・クラウド型の自動音声案内対応のCTIシステム販売会社
・アフターサポートが充実した自動音声案内対応のCTIシステム販売会社

の3つに分けて8社紹介します。
CTIシステム業者選びで失敗しないためのポイントも解説。
自動音声応答機能搭載のCTIシステム購入にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.自動音声応答機能とは?

「自動音声応答機能」とは、あらかじめ設定しておいた録音音声を流す機能のことです。

主にコールセンターで用いられることの多い機能であり、最近では中小企業で活用する事例も多くなっています。
主な役割は「取次業務の自動化による、コールセンター業務の効率化」です。例えば「お電話ありがとうございます。~は〇番を押してください」という音声でガイダンスを行うことで、従来であれば人の手によって行われていた取次業務も自動化できます。

それでは、アイミツおすすめの自動音声応答機能つきCTIシステムをいくつか紹介します。これから自動音声応答機能を利用したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

2.アフターサポートが充実。自動音声案内対応のCTIシステム販売会社2選

はじめに、アフターサポートが充実している自動音声案内対応のCTIシステム販売会社をご紹介します。

2- 1. Ever Call アイミツパートナー

株式会社エバーバンク
出典:株式会社エバーバンク http://ever-call-sys.com/

東京都港区に本社、大阪府大阪市にオフィスを構えるエバーバンクは、パッケージソフトウェアの販売をはじめ、ソフトウェア開発、システムコンサルティング、webシステム構築などを手がける会社です。
オートコール搭載型のCTIシステムおよび連携CRMソフトやロボットコールシステム、秒課金型複数チャネルIP電話サービス、クラウドPBX、採用管理システムを開発。販売や運用・保守を含めたトータルサポートを行い、アフターケアも充実しています。
大幅な通話料金のコスト削減が見込め、オペレーションを簡素化し、一元管理することで、生産性の向上につなげる多機能CTIシステム「エバーコール」などを提供し、日本マーケティングリサーチ機構「CTIコールシステムによる生産性UP部門」で第1位を獲得。使いやすさを最重視した機能に定評があり、大手企業の導入実績が豊富な点もポイントです。

こんな人におすすめ
・CTIシステムを用いたトータルコンサルティングを行ってほしい方
・CTIシステムを導入して自社採用から営業管理まで一気通貫で生産性を上げたい方
・CTIシステム導入後も丁寧にサポートしてくれる会社をお探しの方

設立年
2014年
従業員数
10-29人
受賞・執筆歴
・日本マーケティングリサーチ機構
「CTIコールシステムによる生産性UP部門」第1位
会社所在地
東京都港区東新橋2-9-1 circles汐留4F
電話番号
03-4531-2272

2- 2. MEGA-CALL

株式会社アセンド
出典:株式会社アセンド https://www.ascend-corp.co.jp/service/mega-call/

アセンドは、2003年に設立された東京都港区のITサービス企業です。顧客管理システムや営業支援システムの開発、アンケート調査の代行などとあわせて、自動音声ガイダンス付きのオートコールシステム「MEGA-CALL」を提供しています。
特徴としてあげられるのは、名前の通り大量の発信・受信に対応できること。1時間に30万件コールできる回線を用意しており、たとえば大量の注文が見込まれるネットショップのセール時などでも安心して利用できます。また、認識率97%の音声認識システムが導入されており、プッシュのほか声による回答も受け付けられます。
一方で、充実したアフターサポートも魅力の一つです。相談・問い合わせには専任スタッフがスムーズに対応し、カスタマイズによってCRMなどの既存システムと連携させることもできます。

こんな人におすすめ
・アフターサポートを重視する方
・IVR / CTIシステムをカスタマイズしたい方
・大量の発信・受信に自動音声案内対応のできるCTIシステムがほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2003年
会社所在地
東京都港区南青山2-12-15 サイトービル4F
電話番号
03-5412-8100

自動音声案内対応のCTIシステムを提供しており、アフターサポートが整っている会社をご紹介しました。

「はじめて利用するので少し不安」「万が一のトラブルの際に、迅速に対応してほしい」といったお悩み・要望を解決するためにも、アフターサポートが充実しているかどうかは重要です。

新しいシステムを導入する際にトラブルはつきものなので、サポート体制が整っている会社を選ぶことは必須と言えるでしょう。

しかし、数多く存在するCTIシステムの中から、自社に最適なシステムを選ぶまでには、かなりの時間がかかるのではないでしょうか。本業が忙しく業者を探している時間はない、とお悩みの方もいると思います。

そんな方をサポートしているのが、アイミツのコンシェルジュです。
アイミツのコンシェルジュに相談すれば、どういったCTIシステムが必要か、おすすめの業者はどこかといった疑問もすぐに解決することができます。

丁寧なヒアリングのもと、あなたにぴったりな会社を複数ご紹介いたしますので、ぜひ参考程度にお問い合わせください

次に、格安で自動音声案内可能なCTIシステムの販売会社をご紹介します。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

3.価格重視!自動音声案内対応のCTIシステム販売会社3選

次に、格安で自動音声案内可能なCTIシステムの販売会社をご紹介します。

3- 1. 株式会社アイアールシー

株式会社アイアールシー
出典:株式会社アイアールシー https://www.88service.biz/

アイアールシーは、1997年に設立された神奈川県川崎市の通信サービス会社です。コールセンターの請け負い、電話の逆転送、FAXの受信代行などとあわせて、電話自動応答システム(IVR)を提供しています。
何より大きな魅力は、業界トップクラスの格安料金です。3設定(「問い合わせ」「解約」などユーザーの要望にあわせて3つのプッシュに分岐させる)の場合は月額3,888円、4~6設定の場合も月額5,888円で契約できます。大量の回線を用意しており、深夜や休日のコールにももちろん対応可能です。できるだけ費用を抑えたい方や、電話応対の費用に課題を抱えている中小企業にぴったりのサービスではないでしょうか。
前述の通り、コールセンター業務のアウトソーシング(月額1,888円~)も行っているので、あわせて利用するのもおすすめです。

こんな人におすすめ
・できるだけCTIシステム導入の費用を抑えたい方
・神奈川県周辺の企業
・自動音声案内対応のシステムを導入したい方

予算感
電話自動応答システム:月額3,888円~
設立年
1997年
会社所在地
神奈川県川崎市高津区久本3-3-2 溝ノ口第一生命ビル3F
電話番号
0120-459-154

3- 2. SmartIVR

株式会社ソフトウェア開発研究所
出典:株式会社ソフトウェア開発研究所 http://www.smart-ivr.jp/

ソフトウェア開発研究所は、1994年に設立された東京都港区のシステム開発会社です。CTIシステム・IVRシステムの開発、ネットワーク・サーバーの運用・保守といったサービスを提供しています。
自社開発のIVRシステム「SmartIVR」の特徴は、初めてでも利用しやすいリーズナブルな料金体系です。同時接続数が4回線までなら月額6,000円から契約でき、回線の追加(2,000円)、ストレージの追加(100円/1GB)などオプションも充実しています。クラウド型のためサーバーなどの初期投資は必要なく、申し込みから3営業日程度で稼働スタートすることが可能です。
簡易的なAPIによって既存の顧客管理システムと連動させることもでき、これまで美容院の予約受付やテレビショッピングの注文受付など、数多くのクライアントに利用されています。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・クラウド型のIVR / CTIシステムを導入したい方
・CTIシステムをカスタマイズしたい方

予算感
電話自動応答システム「SmartIVR」:月額6,000円~
設立年
1994年
会社所在地
東京都港区北青山2丁目7番11号 青山但馬屋ビル2階
電話番号
03-6434-5652

3- 3. Betrend

ビートレンド株式会社
出典:ビートレンド株式会社 https://www.betrend.com/

ビートレンドは、2000年に設立されたITサービス企業です。東京・大阪・福岡に拠点を置き、クラウド型のCRMプラットフォーム「Betrend」シリーズの開発・販売を行っています。
特徴としてあげられるのは、リーズナブルな料金体系と充実した機能です。アウトバウンド向けの「Betrend カスタムIVR」は、初期費用1万5,000円・月額3万円から利用することができます。任意の文章を登録して同時発信でき、カスタマーセンターへ転送したり、webサイトへ誘導したりすることも可能です。できるだけ予算を抑えて電話自動応答システムを導入したい方、とりわけ会員への情報発信やアンケート収集用のシステムを探している中小企業や店舗にぴったりのサービスと言えるでしょう。
プライバシーマークとISO認証を取得しているため、情報漏えいなどの心配もいりません。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・アウトバウンド用のIVR / CTIシステムを導入したい方
・セキュリティ対策を重視する方

予算感
電話自動応答システム「betrend カスタムIVR」:初期費用1万5,000円・月額3万円
設立年
2000年
会社所在地
東京都港区赤坂2-22-24 泉赤坂ビル3F
電話番号
03-5549-2380

自動音声案内対応で、格安なCTIシステムの販売会社をご紹介しました。

CTIシステムには、パッケージ型とクラウド型(ASP)の2種類が存在します。

【パッケージ型】
・買取費用に加えて保守費用を払うため、初期費用が高い
・導入までにかかる時間は~1ヶ月ほど
・月額費用はなし
・より多くの機能を搭載可能

【クラウド方】
・専用サーバーをもたないため初期費用は格安
・導入までにかかる時間は~2週間ほどとパッケージ型の約半分
・月額費用あり
・機能が少なめ

それぞれの特徴から考えて、初期費用を抑えたい方におすすめなのはクラウド型ですが、席数や稼働時間によってはパッケージ型よりも費用が膨らんでしまう場合もあります。自社の場合はどちらがコストパフォーマンスに優れているのかを考慮し、最適なシステムを導入しましょう。

最後に、自動音声案内が可能なクラウド型CTIシステム販売会社をご紹介します。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

4.クラウド型の自動音声応答機能つきCTIシステム販売会社3選

最後に、自動音声案内が可能なクラウド型CTIシステム販売会社をご紹介します。

4- 1. IVR+SMS

アクロスウェイ株式会社
出典:アクロスウェイ株式会社 https://awplaza.jp/products/detail.php?product_id=628

アクロスウェイは、2002年に設立された東京都渋谷区のITサービス企業です。コールセンター向けのシステムとwebアプリケーションの開発・販売を中心とした事業を展開し、その一環として自動音声ガイダンスとSMS配信がセットになったアプリ「IVR+SMS」を提供しています。
何よりもの魅力は、リーズナブルな料金体系とマニュアルいらずのシンプルなUIです。初期費用4万円+月額2万円で利用することができ、電話をかけると同時にwebサイトのURLが記載されたSMSを送信することができます。ボタンの配置や入力フォームなど、細かい点まで使い勝手に気が配られており、メールを書くような感覚で音声ガイダンスを登録することが可能です。
できるだけ費用を抑えたい方や、初めてCTIを導入する方、アプリやシステムの知識に不安を感じている方にぴったりのツールではないでしょうか。

こんな人におすすめ
・クラウド型のIVR / CTIシステムを導入したい方
・できるだけ費用を抑えたい方
・はじめて自動音声案内対応のCTIシステムを導入する方

予算感
自動音声ガイダンス+SMS配信アプリ「IVR+SMS」:初期費用4万円+月額2万円
設立年
2002年
会社所在地
東京都渋谷区恵比寿西2-4-5 第28荒井ビル7F
電話番号
03-5428-4396

4- 2. Call Call IVR

ルーシッド株式会社
出典:ルーシッド株式会社 https://callcall.jp/

ルーシッドは2008年に設立された東京都渋谷区のITサービス企業です。モットーは「人と人、人と企業、人とモノをダイナミックにつなぐ」こと。自動音声案内システムや会議通話システムの開発・販売、ECサイトの運営といった事業を通じて、数多くのクライアントと取引を重ねています。
クラウド型のIVR(自動音声案内対応)システム「Call Call IVR」は初期費用3万円・月額5万円から利用可能。音声ガイダンス、SMS送信のほか、メール通知機能や着信解析レポートも付いており、既存の顧客データベースとの連携も可能です。
とりわけ保険会社やネットショップ運営会社の利用実績が多く、ある通販会社では導入によってオぺーレーターの負荷を50%削減。電話によるリピート注文の32%を自動化することに成功しています。

こんな人におすすめ
・クラウド型のIVR / CTIシステムを導入したい方
・できるだけ費用を抑えたい方
・東京都内のネットショップ運営会社

予算感
クラウド型IVRサービス「Call Call-IVR」
設立年
2008年
会社所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目52-1 クロスサイドビル5F
電話番号
03-4588-6788

4- 3. Vポータルダイレクト

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
出典:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 https://www.ntt.com/business/services/voice-video.html#ivr

NTTコミュニケーションズは、日本電信電話の子会社の1つであり、長距離・国際通信事業を担うNTTグループの主要企業の1つです。
提供する「Vポータルダイレクト」は、クラウド型の自動音声応答装置サービス。大量回線に豊富な機能を備えており、コンテンツを自由に構築できるのでさまざまな利用シーンに活用できます。
クラウド型サービスなので初期費用を抑えて導入でき、1か月単位で利用できます。また短期間で導入できること、VoiceXML(W3Cの標準XMLフォーマットの一種)を採用しているためweb連携が容易でさまざまな利用方法に応用可能、というメリットがあります。

こんな人におすすめ
・短期間で自動音声応答機能を自社に導入したい方
・大手企業が提供する自動音声応答機能を利用したい方
・豊富なオプションや連携機能で自社のスタイルに合わせた使い方をしたい方

予算感
<着信タイプ>ベストエフォート92(回線共有型:最大92回線)
・初期登録料:2万円
・月額合計:22万円
設立年
1999年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
電話番号
050-5266-1303

自動音声案内対応のクラウド型CTIシステムを提供している会社をご紹介しました。

・とにかく初期費用を抑えたい
・導入までの時間は短いほうがいい
・基本的な機能のみで問題ない


といった会社であれば、パッケージ型ではなくクラウド型がマッチしていると言えるでしょう。
あとになって「あの機能がついていれば……」という後悔のないよう、さまざまな会社のCTIを比較するといいかもしれません。

5.自動音声応答機能で可能なこと

自動音声応答機能を持つCTIシステムについて紹介してきました。
ここからは導入に実現できることについて、詳しく解説します。

最適な担当者への接続

顧客の問い合わせ内容によって、必要な知識を持った担当者は異なります。
自動音声応答機能は、発信者の問い合わせ内容に応じた番号をプッシュしてもらうことで、問い合わせ内容を把握し、担当者に電話をつなげることができるのです。
専属以外、必要な知識・スキルを備えていない担当者にはつながらないようになりますので、いわゆる「たらいまわし」を避けることができます。

有人対応・無人対応の振分

顧客からの問い合わせ内容の中には、自動音声だけで対応できる内容もあります。担当者につなげずに自動音声だけで対応することで、担当者は別の「人の手で対応しなければならない問い合わせ」に時間を割くことができます。
また新人担当者が多い企業にとっては、無人対応の活用により誤答率を下げられるというメリットもあります。

営業時間外の問い合わせへの対応

自動音声応答機能を活用することで、営業時間外でも顧客からの問い合わせに対して応答できるというメリットがあります。

これは前述の「自動音声だけで対応できる内容」に限られますが、録音した定型文だけで対応できる内容であれば、担当者が退社した後の時間帯でも顧客からの問い合わせに対応できます。人の手が必要な問い合わせに対しては営業時間外であること・翌営業日の問い合わせを案内することが可能です。

折り返し電話予約

自動音声応答機能を活用することで、対応できない時間帯を指定した折り返しの電話予約システムを導入できます。

顧客から問い合わせがあるタイミングによっては、担当者の手が空かない場合があり、対応まで待たせることになります。そこで自動音声応答機能を活用し、指定の時間を待たせてしまった顧客に対して、担当者が折り返し電話する案内に切り替え、希望した顧客には後ほど担当者から顧客に電話をかけるという仕組みを構築できるのです。

6.自動音声応答機能つきCTIシステムを導入するメリット

自動音声応答機能を活用することでできることについてわかったところで、それがどのようなメリットをもたらすのかについて解説します。

業務効率の改善

自動音声応答機能を活用することで、今まで人の手によって行われていた取次業務や応対を、録音しておいた音声による案内で自動化することができます。しかも、顧客がプッシュ番号を間違えない限り最適な担当者に常につながるため、企業側のミスによる手間の増加を防ぎます。
企業の担当者が手掛けなければならない仕事量が減るので、業務の効率化を進めることができるのです。

コストの削減

自動音声応答機能を導入することで人の手による仕事量は減ります。特に、自動音声だけで完結させられる問い合わせに関して担当者の手を借りる必要がなくなりますので、担当者の人数を減らすことも可能なのです。これにより、コールセンターの人件費を削減することにつながります。

顧客満足度の向上

人の手による案内は、時に時間がかかり、時に間違えてしまうこともあるでしょう。自動音声応答機能を導入することで担当者への接続を効率よく短時間で実現でき、しかも最適な担当者に常につなげることができるのでたらいまわしのリスクを減らせます。問い合わせに関する返答を的確に得られるため、顧客の満足度が向上するのです。

マーケティングへの応用

マーケティングの担当者は、自動音声応答機能によって対応した数多くの顧客の情報を収集し、それを分析することができます。未導入の場合と比較してさばける顧客数が多いため、未導入の場合と比較してより多くの顧客データを収集し、マーケティングに活かすことができるのです。

オペレーターの離職率の改善

自動音声応答機能を導入することで、オペレーターの負担は改善されます。また、対応しきれない問い合わせは別のオペレーターに振り分けられるため、問い合わせに対して十分に対応できないという心理的なプレッシャーを感じることもありません。こうしたストレスの原因を取り除くことによってオペレーター業務が嫌になるリスクを減らし、離職率を改善することができるのです。

7.自動音声応答機能つきCTIシステムの選び方

最後に、自動音声応答機能を導入するにあたって、導入するべきシステムの選び方について解説します。

機能

一口に自動音声応答機能を導入するといっても、導入するシステムごとに付随する機能は異なります。録音機能や分析機能など、付随することで利便性を高められる機能は数多く存在しますが、そもそも付随機能を必要としない場合もあるでしょう。機能性が高いほど料金も高くなる傾向にありますので、自社の業務に必要な機能を備えており、不要な機能ばかり付随していないことは確認して選定しましょう。

導入形態

自動音声応答機能を導入するにあたっては、導入形態として「設備導入型」と「クラウド型」の2種類があります。

設備導入型は初期費用が高額になり、導入完了までに時間がかかる可能性が高いですが、長期的な理由を想定するのであれば最終的に割安になる可能性が高くなります。

クラウド型は初期費用と導入完了までの期間の面でメリットがありますが、長期的なコストについて考慮しなければなりません。

導入までにかかる期間

先ほども触れていますが、自動音声応答機能を導入するためには準備期間が必要です。導入形態やシステムごとに導入期間が異なり、すぐに導入できる場合もあれば時間がかかる場合もあります。業務の関係で急遽コールセンターを立ち上げなければならない場合には、すぐに導入できるシステムを優先的に選択することをおすすめします。

同時通話数

自動音声応答機能は、システムごとに同時に受けられる着信数が異なります。通話数が多いほど料金面でデメリットが発生する可能性がありますが、着信の取りこぼしを減らすことができます。例えばテレビコマーシャル等で短期的に着信が集中するケースが多い場合、同時通話数が多いほどメリットが大きくなります。自社の業務スタイルに合わせて同時通話数について注目しましょう。

8.CTIシステムの会社選びで失敗しないために

「顧客満足度を上げるために、コールセンターを設置したい」という方にとって非常に心強いシステムが、CTI(Computer Telephony Integration)です。

CTIシステムとは、コンピュータと電話機能を統合したシステムのことを指します。電話番号をもとに顧客情報を検索できるポップアップ機能や、CRM(顧客管理システム)との連携、掛け間違いを予防する予測発信機能などが搭載されており、今ではコールセンターにおけるマストシステムです。また、自動音声応答システムが搭載されていれば、取次ぎ業務を削減することができるだけでなく、人件費の削減にもつながるでしょう。

CTIシステムを導入することには、

・ポップアップ機能による人的ミスの軽減
・対応時間の短縮
・録音機能によるトラブル防止


といった顧客満足度の向上につながるさまざまなメリットがありますが、気をつけておきたいのが業者選びです。CTIシステムを販売している業者は数多く、なかには保守費用が非常に高いところもあれば、一方でアフターフォロー体制が全く整っていないところもあります。ランニングコストがかさむことはできれば避けたいですし、システムトラブルは素人には直せません。その価格は適正なのか、トラブルの際にスムーズに対応してくれるのかという点をチェックしながら、業者を選ぶといいでしょう。

また、「たくさんの機能が搭載されていて、とても便利そうだ」とすぐに飛びつくのも危険です。多くの機能で充実していても、自社のオペレーションに必要でなければ、無駄な費用が膨らむだけとなります。「どの機能が必要でどの機能はいらないのか」といった点を考慮し、最適なシステムを導入しましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

自動音声応答機能のあるのCTIシステムサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

自動音声応答機能のあるでCTIシステムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

CTIシステムとはComputerTelephonyIntegrationSystemのことで、一般的には電話がかかってきた際に電話の着信音と同時にその顧客の情報をパソコンに表示させるシステムを指します。近年では技術進歩に伴い、FAXと連動しているものなどもあります。潜在見込客の開拓など、よりきめ細やかな顧客対応を行う必要があるコールセンターやヘルプデスクなどで欠かせないものとなっています。CTIシステムを選ぶ際はまず自社に必要な機能を備えた製品をピックアップし、その後、他のシステムとの連携は容易か、サポート体制は万全かなどの視点から最適なものを選択するようにしましょう。また、導入方法や機能によって価格が大きく異なります。安いからというだけで選択するのではなく、それぞれの特徴を良く比較検討した上で、費用対効果の良い製品を選びましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう