業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

島根の優良業者

島根のCTIシステム

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

CTIシステムとはComputerTelephonyIntegrationSystemのことで、一般的には電話がかかってきた際に電話の着信音と同時にその顧客の情報をパソコンに表示させるシステムを指します。近年では技術進歩に伴い、FAXと連動しているものなどもあります。潜在見込客の開拓など、よりきめ細やかな顧客対応を行う必要があるコールセンターやヘルプデスクなどで欠かせないものとなっています。CTIシステムを選ぶ際はまず自社に必要な機能を備えた製品をピックアップし、その後、他のシステムとの連携は容易か、サポート体制は万全かなどの視点から最適なものを選択するようにしましょう。また、導入方法や機能によって価格が大きく異なります。安いからというだけで選択するのではなく、それぞれの特徴を良く比較検討した上で、費用対効果の良い製品を選びましょう。

CTIシステム業者一覧

CTIシステム 89件中110件の業者を比較中

資料あり

テレオールワン

実績数
500~1,000
顧客層
10~50
提供形態
パッケージ型
提供会社
もっと見る
資料あり

Ever Call

実績数
50~100
顧客層
~10 10~50 50~100 100~500
提供形態
クラウド型 パッケージ型 自社構築型
提供会社
もっと見る
実績数
100~500
顧客層
100~500
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る
実績数
~50
顧客層
100~500
提供形態
パッケージ型 自社構築型
提供会社
もっと見る
実績数
~50
顧客層
10~50
提供形態
パッケージ型
提供会社
もっと見る
実績数
50~100
顧客層
10~50
提供形態
自社構築型
提供会社
もっと見る
実績数
~50
顧客層
10~50
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る

アイミツのコンシェルジュサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。

島根のCTIシステム会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 必要な機能を明確にする

    5つの基本機能をしっかりと確認すること!
    CTIシステムにはコールセンターなど受信向けの「インバウンド」、営業やテレアポ向けの「アウトバウンド」の両方に対応できるものと、そのどちらかに特化しているものがありますが、インバウンド向けCTI… 続きを見る

  • POINT 2 他システムとの連携を想定する

    連携が可能かどうかが顧客満足アップに大きく関係してくる。
    CTIシステムは他の様々なアプリケーションが活用できて初めて、顧客満足度を向上させるための有効な仕組みになります。単に着信を表示するだけならばスクリーンポップアップ機能だけで十分ですが、CRMシ… 続きを見る

  • POINT 3 サポート体制は万全か

    対応スピードや対応スキルなど、サポート面は要チェックポイント!
    前述の通り、CTIシステムはCRMシステムなどの他のアプリケーションとの連携が欠かせません。また、CTIソリューションの運用にあたっては、CTIシステムそのものの他に、保留や転送といった電話交換機能を… 続きを見る

  • POINT 4 導入方法

    パッケージ型とクラウド型、それぞれのメリット・デメリットを確認すること。
    CTIシステムの導入方法としてはサーバーにインストールするパッケージ型とクラウド型(ASP型)があります。 パッケージ型は「発信番号通知制限が少ない」、「社内の既存設備との連携が容易」などの利… 続きを見る

  • POINT 5 費用

    初期費用や保守費用など、それぞれの契約形態によって違うことを確認すること。
    CTIシステムの費用はパッケージ型とクラウド型で大きく異なり、パッケージ型の場合は【買い取り費用+年間保守費用】、クラウド型の場合は【初期費用+月額費用(単価×席数)】が一般的です。業者に… 続きを見る

島根のCTIシステム会社への発注にあたっての基礎用語

  • CTIシステム基礎知識・基礎用語

    CTIシステムとはComputer Telephony Integration Systemのことで、電話とコンピューターの統合を行うシステムを意味します。一般的には電話がかかってきた際に電話の着信音と同時にその顧客の情報をパソコンに表示させるシステムを指し、コールセンターやヘルプデスクなどでよりきめ細やかな顧客対応を行うために欠かせないものとなっています。電話以外にもFAXとパソコンを連携させる技術・システムの総称です。

    具体的な機能としては、かかってきた電話に対し自動音声で応対する「IVR機能」、かかってきた電話を自動音声対応装置や各オペレーターに振り分ける「ACD機能」、相手の電話番号などを検索キーにして顧客データーベースから必要な情報を取得し、オペレーターの画面に表示させる「スクリーンポップアップ機能」などがあります。