あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

おすすめのクラウドCTIシステム6選

クラウド型でおすすめのCTIシステム販売業者

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、
「提案力」「価格」「サポート」を基準にクラウド型CTIシステムの販売業者を厳選!

・格安なクラウド型CTIシステムの販売会社
・オートコール機能搭載のクラウド型CTIシステムの販売会社
・アフターサポートが充実のクラウド型CTIシステムの販売会社

の3つに分けて7社紹介します。
CTIシステム業者選びで失敗しないためのポイントも解説。
クラウド型のCTIシステム購入にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.クラウド型CTIシステムとは

まずは「クラウド型CTIシステム」とは何か?というところから解説します。

クラウド型CTIシステムとは?

「クラウド型CTIシステム」とは、サービス内容をネットワークを通じて利用するタイプの、電話とコンピューター技術を統合したシステムのことです。

顧客情報管理システムと連携することで、着信時に電話番号から顧客情報を検索。オペレーターのパソコン画面に、発信元の顧客情報を表示します。顧客情報を表示・把握した状態で応対できるため、応対の迅速化と高品質化が可能です。
また、オペレーター業務の改善につながる機能が搭載されており、オペレーターの負担軽減にもつながります。

オンプレミス型との違い

昨今のシステムは「クラウド型」と「オンプレミス型」の2つに分類されます。

クラウド型は、サービス内容をネットワークを通じて利用するタイプのシステムで、自社にサーバーの設置・管理が不要です。オンプレミス型は自社にサーバーを設置するため、導入コストと管理の手間がかかります。クラウド型は導入のハードルが低い点、オンプレミス型は機能のカスタマイズに柔軟性がある点がメリットです。

2.クラウド型CTIシステムを導入するメリット

では、クラウド型CTIシステムを会社に導入することによって、どのようなメリットがあるのかについて解説します。

オペレーターの業務効率が改善する

クラウド型CTIシステムを導入することによって、オペレーターの業務効率を改善できます。

CTIシステムは顧客管理システム等と連携することで、さまざまな情報をパソコン画面に自動的に表示して応対業務をサポートします。また、電話応対中は必要な情報をパソコンに入力して管理できるため、情報のやり取りにかかる手間を減らし、業務効率が改善するのです。

電話応対の品質が向上する

クラウド型CTIシステムを導入することによって、オペレーターの電話応対の品質が向上します。

着信に対して応対する前の段階で顧客情報を表示することによって、適切な応対に必要な情報をしっかりと把握した状態で業務を進められます。顧客からの電話応対の品質が向上することは、最終的に「顧客満足度」の向上につながります。顧客満足度が向上することで、自社の売上・利益の向上につながる可能性が高まるのです。

管理業務の効率改善につながる

クラウド型CTIシステムを導入することによって、オペレーター業務の管理職の業務効率も改善されます。

CTIシステムの多くには「通話録音機能」が搭載されています。自動的に通話内容を記録しておくことによって、第三者が後から応対内容を確認しやすくなるのです。オペレーターごとに言葉遣いや応対の癖などを把握しやすくなり、オペレーターの業務の品質や効率の改善に必要な情報収集と分析がしやすくなります。

3.クラウド型CTIシステムの選び方

一口にクラウド型CTIシステムを導入するといっても、数ある中から選定する必要がありますので、選び方の基準をいくつか解説したいと思います。

費用

「費用」は、自社の規模や予算などと相談して最適な費用感のシステムを選びましょう。

費用には「初期費用」と「月額料金」がかかります。クラウド型CTIシステムは初期費用がオンプレミス型よりも安く抑えられている傾向にありますが、限られた予算内で収めるためには公式サイトや問い合わせで費用を確認して、費用対効果を十分に得られる範囲の費用で収まるCTIシステムを選びましょう。

機能

クラウド型CTIシステムは、システムごとに「搭載している機能」が異なります。

例えば「オートコール機能」を搭載している場合、顧客や営業先に自動的に架電して通話のためのコストを削減できます。必要な機能は会社ごとに異なりますので、自社の業務に必要な機能を備えたシステムを選びましょう。公式サイトの情報から調べることができますが、実際の使い勝手については口コミサイトなどを参考にするのもおすすめです。

インバウンド対応・アウトバウンド対応

クラウド型CTIシステムには、「インバウンド対応」「アウトバウンド対応」の可否についても考慮する必要があります。

インバウンドは「受電」、アウトバウンドは「架電」のことで、どちらに、またはその両方に対応しているかどうかはシステムごとに異なります。インバウンドとアウトバウンド、どちらが必要か、あるいは両方が必要なのかは会社ごとに異なりますので、自社の業務内容に必要なものを選定して対応しているシステムを選びましょう。

自社のビジネス規模

クラウド型CTIシステムの導入にあたっては「自社のビジネス(コールセンター等)の規模」に応じた特徴を備えているシステムを選びたいところです。

例えば登録ユーザー数が大規模なコールセンターを擁する会社の場合は、1ユーザーあたりの月額料金が抑えられているシステムが良いでしょう。
規模が小さい会社の場合だと、短期間でスムーズに導入できるシステムや、初期費用の抑えられているシステムがおすすめです。自社の規模に応じて最適なシステムを選びましょう。

外部システムとの連携の幅

クラウド型CTIシステムを導入するにあたっては、「どれだけ多くの外部システムと連携できるか」という点も重要です。

CTIシステムはその業務に関連するシステムと連携することによって、オペレーター業務や関連業務の改善につながる可能性を高めることができます。多くの場合は自社の別システムと連携できることが多いですが、他社システムとの連携はシステムごとに異なります。自社で利用中、または導入予定のシステムと連携できることを確認しておくと良いでしょう。

サポート体制

クラウド型CTIシステムを導入するにあたっては、その提供会社の「サポート体制」についてチェックしておきましょう。

どのようなシステムであれ、何らかのトラブルが起きる可能性は常に存在します。オペレーター業務という日常的な業務に関連するシステムである以上、迅速な復旧が重要であり、その実現のためには充実したサポートを利用できることが重要なのです。サポートで利用できる媒体(電話・メールなど)の多さや、口コミサイトでの評判などを参考にして、万全のサポート体制を実施している会社のCTIシステムを選びましょう。

4.価格重視!格安なクラウド型CTIシステムの販売会社2選

はじめに、格安なクラウド型CTIシステムの販売会社をご紹介します。

4- 1. Call Hacker アイミツパートナー

株式会社FTJ
出典:株式会社FTJ http://callhacker.com/

FTJは東京都品川区のITサービス企業です。人材マッチングサイトの運営、エンジニア・クリエイターの人材派遣といった事業とあわせて、クラウド型のCTIシステム「Call Hacker」を提供しています。
何より大きな魅力は、業界トップクラスの格安料金です。スマートフォンと連携し、Androidのかけ放題プランを使うことで料金を大幅に抑え、オぺーレーター1名あたり月額2,700円から利用できます。手動のコールと比べると通話料を毎月90%以上抑えることも可能です。できるだけ費用を抑えてクラウド型のCTIを導入したい方にぴったりのシステムと言えるでしょう。
低価格でありながらもリストや発信履歴、発信機能が一つの画面に集約されており、経験の浅いオペレーターでもスムーズに使えるのは魅力的です。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・CTIシステムの使い勝手にこだわりたい方
・初めてクラウド型CTIシステムを導入する方

予算感
CTIシステム「Call Hacker」:1人あたり月額2,700円
設立年
2014年
従業員数
10-29人
会社所在地
東京都品川区西五反田8-8-16 五反田高砂ビル6F
電話番号
03-6420-0409

4- 2. ROBOゲッター

有限会社アイティーファーム
出典:有限会社アイティーファーム http://www.it-farm.cc/

アイティーファームは、東京都文京区のIT・通信サービス企業です。2001年の設立以来、クラウド型CTIシステムの開発・販売、コールセンターの運営代行、ビジネスフォンの施工、ネットワーク構築など通信にまつわる幅広い事業を行っています。
特徴は、リーズナブルな料金体系&クライアントを待たせないスピード対応です。たとえばアウトバウンド用のCTIシステム「ROBOゲッター」の場合、月額固定費の4,800円のみで個別の通話料金はかかりません。もちろんサーバーは必要とせず、スマートフォンに専用アプリをダウンロードするだけで外出からもコールすることが可能です。できるだけ費用を抑えたい方や、いち早くCTIを導入したい方にぴったりのシステムと言えるでしょう。
通話モニタリングや録音など、低価格のオプションが用意されているのもポイントです。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・いち早くクラウド型のCTIシステムを導入したい方
・外出先からコールしたい方

予算感
CTIシステム「ROBOゲッター」:月額4,800円
設立年
2001年
会社所在地
東京都文京区千石4-44-8
電話番号
03-6812-8777

クラウド型で格安なCTIシステムの販売会社をご紹介しました。

クラウド型のCTIシステムには、以下のような特徴があります。

・専用サーバーをもたないため初期費用は格安
・導入までにかかる時間は~2週間ほどとパッケージ型の約半分
・月額費用あり
・機能が少なめ


この特徴から考えて、初期費用を抑えたい方におすすめなのはクラウド型ですが、席数や稼働時間によってはパッケージ型よりも費用が膨らんでしまう場合もあります。自社の場合はどちらがコストパフォーマンスに優れているのかを考慮し、最適なシステムを導入しましょう。

次に、オートコール対応のクラウド型CTIシステムを提供している会社をご紹介します。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.オートコール機能搭載!クラウド型CTIシステムの販売会社2選

次に、オートコール機能搭載のクラウド型CTIシステムの販売会社をご紹介します。

5- 1. CT-MAX

株式会社エナジーパートナー
出典:株式会社エナジーパートナー http://www.eng-partner.com/

エナジーパートナーは、東京都新宿区にオフィスを置くシステムインテグレーターです。電話・通信の分野に特化し、クラウド型CTIシステムの開発・販売・保守、ITコンサルティングといったサービスを提供しています。
自社開発のCTIシステム「CT-MAX」の特徴は、コールセンター業務のあらゆるニーズに応える充実の機能。録音やオートコールはもちろん、受け取られたコールのみをオペレーターにつなぐプレディクティブ機能も付いており、架電の効率を大幅にアップさせることが可能です。
また、オペレーターのスキル登録や顧客リストのエクスポートなど管理面の機能も万全で、CTIを導入するのが初めての企業でも安心して利用できます。サーバーは必要なく、申し込みから最短5営業日での稼働スタートが可能です。

こんな人におすすめ
・オートコール機能を利用したい方
・初めてクラウド型CTIシステムを導入する方
・いち早くクラウド型CTIシステムを導入したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2011年
会社所在地
東京都新宿区新宿6-29-6 エルツ6ビル8F
電話番号
03-5291-1941

5- 2. 株式会社エスアイヤー

株式会社エスアイヤー
出典:株式会社エスアイヤー http://autocall.jp/

エスアイヤーは、大阪府吹田市のITサービス企業です。コールセンター向けのオートコールシステムの開発・販売、OA機器の販売・メンテナンス、データ復旧といった事業を通じて多くのクライアントのビジネスを支えています。
特徴としてあげられるのは、顧客に寄り添うきめ細やかなサービスです。オートコールシステムはコール単価5円の格安プランを用意しており、要望にあわせてトークスクリプト(1万800円)や音声ガイダンスの作成まで請け負うことが可能です。
加えて、スピーディーな対応も大切にしていて、最短即日から稼働スタートさせることができます。CTIを導入するのが初めての方も安心して発注できるのではないでしょうか。
これまでの導入事例も多く、不動産会社、ネットショップ、生命保険会社など業種を問わず幅広く利用されています。

こんな人におすすめ
・オートコール機能を利用したい方
・いち早くクラウド型CTIシステムを導入したい方
・初めてクラウド型CTIシステムを導入する方

予算感
オートコールシステム:月額2万5,000円・スクリプト新規作成費1万800円(月間5万コールの場合)
会社所在地
大阪府吹田市豊津町53-3 セレステ江坂2F
電話番号
06-6369-1521

オートコール対応のクラウド型CTIシステムを提供している会社をご紹介しました。

オートコール機能が備わっていれば、オペレーターあたりの架電負担を減らすことができます。業務効率化を進めることは、新規顧客獲得にも大きく関わってくることでしょう。

最後に、クラウド型CTIシステムを提供しており、アフターサポートが充実している会社をご紹介します。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

6.アフターサポートが充実!クラウド型CTIシステムの販売会社2選

最後に、アフターサポートが充実しているクラウド型CTIシステム会社をご紹介します。

6- 1. TELEALLONE

ファイン・インテリジェンス・グループ株式会社
出典:ファイン・インテリジェンス・グループ株式会社 http://www.adias.co.jp/

ファイン・インテリジェンス・グループは、2000年に設立されたIT・通信サービス企業です。東京・大阪など国内3ヵ所にオフィスを展開し、オリジナルのCTIシステム「TELE-ALL-ONE」の開発・販売、コールセンターの構築支援、経営コンサルティング、ホームページの企画・制作といった事業を展開しています。
最大の魅力は、自社開発ならではの充実したアフターサポートです。CTIシステムはもちろん、ネットワークや電話にも精通したエンジニアが在籍しており、不意の故障やトラブルにもスムーズに対応可能です。
加えて、コールセンターの費用削減にも豊富なノウハウを持っているため、回線の切り替えなどさまざまな施策を提案できます。CTIシステムを初めて導入する企業や、コールセンター業務を効率化したい方におすすめの事業者です。

こんな人におすすめ
・アフターサポートを重視する方
・初めてクラウド型CTIシステムを導入する方
・通話料を抑えたい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都中央区日本橋箱崎町3-14 アライズビル4F
電話番号
03-4550-1111

6- 2. 株式会社エンライク

株式会社エンライク
出典:株式会社エンライク https://www.enlike.jp/

エンライクは、愛知県名古屋市と大阪府大阪市にオフィスを置くマーケティング会社です。2014年の設立以来、CTIをはじめとするシステムの開発・販売、webマーケティング、経営コンサルティングといった事業を行っています。
大きな強みとされているのは、クライアントの収益アップを見据えたワンストップサービスです。クラウド型のコールシステム「Eテレオペ」やオートコールシステム「NOテレオペ」など目的にあわせて最適なCTIシステムを提案し、トークスクリプトの作成までトータルに請け負います。
加えて、DMをはじめとする販促ツールの活用も得意としており、あわせてアプローチすることも可能です。売り上げなど具体的な成果にこだわりたい方にぴったりの依頼先と言えるでしょう。
これまでの成功事例も多く、オール電化システム販売会社の案件では12件の見込み顧客を獲得し、うち2件を成約につなげています。

こんな人におすすめ
・アフターサポートを重視する方
・売り上げなど具体的な成果を重視する方
・販促ツールの制作を依頼したい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
名古屋市東区代官町27-30 8F
電話番号
052-325-7335

クラウド型CTIシステムを提供しており、アフターサポートが整っている会社をご紹介しました。

「はじめて利用するので少し不安」「万が一のトラブルの際に、迅速に対応してほしい」といったお悩み・要望を解決するためにも、アフターサポートが充実しているかどうかは重要です。

新しいシステムを導入する際にトラブルはつきものなので、サポート体制が整っている会社を選ぶことは必須と言えるでしょう。

しかし、数多く存在するCTIシステムの中から、自社に最適なシステムを選ぶまでには、かなりの時間がかかるのではないでしょうか。本業が忙しく業者を探している時間はない、とお悩みの方もいると思います。

そんな方をサポートしているのが、アイミツのコンシェルジュです。
アイミツのコンシェルジュに相談すれば、どういったCTIシステムが必要か、おすすめの業者はどこかといった疑問もすぐに解決することができます。

丁寧なヒアリングのもと、あなたにぴったりな会社を複数ご紹介いたしますので、ぜひ参考程度にお問い合わせください

7.まとめ:費用や機能などを比較して自社に最適なCTIシステムを選ぼう!

「顧客満足度を上げるために、コールセンターを設置したい」という方にとって非常に心強いシステムが、CTI(Computer Telephony Integration)です。

CTIシステムとは、コンピュータと電話機能を統合したシステムのことを指します。電話番号をもとに顧客情報を検索できるポップアップ機能や、CRM(顧客管理システム)との連携、掛け間違いを予防する予測発信機能などが搭載されており、今ではコールセンターにおけるマストシステムです。パッケージ型とクラウド型(ASP)がありますが、

・とにかく初期費用を抑えたい
・導入までの時間は短いほうがいい
・基本的な機能のみで問題ない


といった会社であれば、パッケージ型ではなくクラウド型がマッチしていると言えるでしょう。

しかし、気をつけておきたいのが業者選びです。CTIシステムを提供している業者は数多く、なかには保守費用が非常に高いところもあれば、一方でアフターフォロー体制が全く整っていないところもあります。ランニングコストがかさむことはできれば避けたいですし、システムトラブルは素人には直せません。その価格は適正なのか、トラブルの際にスムーズに対応してくれるのかという点をチェックしながら、業者を選ぶといいでしょう。

また、「たくさんの機能が搭載されていて、とても便利そうだ」とすぐに飛びつくのも危険です。多くの機能で充実していても、自社のオペレーションに必要でなければ、無駄な費用が膨らむだけとなります。「どの機能が必要でどの機能はいらないのか」といった点を考慮し、最適なシステムを導入しましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

クラウド型でCTIシステムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

CTIシステムとはComputerTelephonyIntegrationSystemのことで、一般的には電話がかかってきた際に電話の着信音と同時にその顧客の情報をパソコンに表示させるシステムを指します。近年では技術進歩に伴い、FAXと連動しているものなどもあります。潜在見込客の開拓など、よりきめ細やかな顧客対応を行う必要があるコールセンターやヘルプデスクなどで欠かせないものとなっています。CTIシステムを選ぶ際はまず自社に必要な機能を備えた製品をピックアップし、その後、他のシステムとの連携は容易か、サポート体制は万全かなどの視点から最適なものを選択するようにしましょう。また、導入方法や機能によって価格が大きく異なります。安いからというだけで選択するのではなく、それぞれの特徴を良く比較検討した上で、費用対効果の良い製品を選びましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう