あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

オートコール機能搭載!
おすすめCTIシステム販売業者7選

オートコール機能搭載でおすすめのCTIシステム販売業者

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、
「提案力」「価格」「サポート」を基準にクラウド型CTIシステムの販売業者を厳選!

・格安なオートコール搭載型CTIシステムの販売会社
・オートコール搭載クラウド型CTIシステムの販売会社
・アフターサポートが充実したオートコール搭載型CTIシステムの販売会社

の3つに分けて7社紹介します。
CTIシステム業者選びで失敗しないためのポイントも解説。
オートコール機能搭載のCTIシステム購入にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.オートコールシステムとは?

「オートコールシステム」とは、自動的に架電してアンケートの実施や音声ガイドによる案内を行うためのシステムです。

担当者は、あらかじめ「架電する対象となる電話番号」や「発信する時間」などを設定しておきます。あとはコンピューター制御によって自動的に架電し、自動音声によって無人のまま対象者に必要なアクションをとってもらうのです。

有人スタッフによる架電と比較して、できることが限られる一方で、人件費などの通話コストを大幅に抑えられるなどのメリットがあります。自動音声の内容や架電対象などを変更することで、その時その時の目的(アンケートやリマインド、督促など)に合ったオートコールを実現し、さまざまなメリットをもたらすのです。

2.オートコールシステムのメリット

オートコールシステムを利用するにもコストがかかりますが、コストをかけてでも利用するメリットは以下の3つです。

低コストで架電できる

オートコールシステムを導入することで、顧客や営業先への架電を低コストで実現できます。

有人スタッフによる架電の場合、どうしても「人件費」が重くのしかかります。オートコールシステムの場合、人の手によるものよりも大幅に安いコストで架電できるのです。架電の結果が売り上げにつながらないケースも多いですから、架電コストを削減できる点は大きなメリットとなります。

短時間で大量に架電できる

オートコールシステムなら、限られた時間の架電量を増やすことができます。
コンピューターによる自動制御で架電するため、指定した時間になれば自動的に一斉架電します。人の手による架電で架電数を増やすには、人海戦術が基本となるため人件費がかかります。オートコールシステムなら、1つのシステムを導入するだけで短時間の大量架電を実現できるのです。

営業の幅や効率が改善される

オートコールは大量の架電を短時間に実現するため、仮に数%の成功率でも時間当たりの効率を高めたまま成果を得られます。
またきちんと架電対象を設定しておけば漏れなく架電でき、営業のチャンスを広げることもできるのです。
今までその業務にあたっていた従業員は人の手が重要な提案やクロージング、手厚いフォローに回せるため、営業成績に直結する仕事に多くの人手を充てることができます。

3.オートコールシステムの注意点

さまざまなメリットがあるオートコールシステムですが、何事にも得手があれば不得手もあるものです。

固定電話にしか架電できないサービスが多い

システムにもよりますが、オートコールシステムは「固定電話にしか架電できない」というケースが多いです。

一般の世帯では家に固定電話を置かず、携帯電話でのみ通話するというスタイルの人も多くなっています。固定電話を置いていない可能性が高い個人客層相手のアンケートやテレアポに、オートコールシステムは不向きであることがわかります。
なお、この傾向は高齢者層よりも若年層に多く見られるため、若者の個人客相手ではオートコールシステムの効果は薄れてしまうとみてよいでしょう。

自動音声が苦手な人には効果が薄い

オートコールシステムは「自動音声ゆえに気構えせずに済む」というメリットがある一方で、「自動音声が苦手な人には効果が薄い」という側面もあります。

自動音声で対応することになるオートコールシステムは、相手の「自動音声に対する考え方」次第で対応の是非が大きく異なります。自動音声が苦手な人には、必要なアクションに移ってもらう前に電話を切られてしまうリスクが高まるでしょう。

提案やクロージングには不向き

オートコールシステムは「オート=自動」というだけあって、人の手による「提案・クロージングに不向き」という弱点があります。

営業担当の腕の見せ所となる「柔軟な対応」は、自動音声による案内では難しいのです。事前に設定している内容しか提案できず、顧客が本当に求めているニーズを満たすための柔軟な対応ができないため、そうした電話にはオートコールシステムを用いずに人の手を回してきちんと対応しましょう。

4.価格重視!格安なオートコール搭載型CTIシステムの販売会社3選

はじめに、格安なオートコール搭載型CTIシステムの販売会社をご紹介します。

4- 1. Ever Call アイミツパートナー

株式会社エバーバンク
出典:株式会社エバーバンク http://ever-call-sys.com/

エバーバンクは、東京都港区に本社、大阪府に事業所を構え、パッケージソフトウェア販売やソフトウェア開発、システムコンサルティング、webシステム構築などを行う会社です。
インターネットを通じ、web上でデータを管理することで、複数拠点の一括管理とリアルタイムでの情報共有を可能化し、大幅な通話料金のコスト削減が見込めるCTIシステムを開発。日本マーケティングリサーチ機構「CTIコールシステムによる生産性UP部門」で第1位に輝いた実績を誇ります。オペレーションを簡素化し、一元管理することで生産性アップにつなげる多機能CTIシステム「エバーコール」によりトータルコストダウンを実現。その他、電話回りの業務全般を自動化させる「サービスエバーオートメーション」なども低価格で提供しています。使いやすさを重視した機能のため、大手企業の導入実績が豊富な点も強みの1つです。

こんな人におすすめ
・低価格で多機能CTIシステムを導入し通話料金のコスト削減を実現させたい方
・情報共有を可能化し一元管理することで生産性を向上させたい方
・大手企業からの導入実績が豊富な信頼できる会社をお探しの方

設立年
2014年
従業員数
10-29人
受賞・執筆歴
・日本マーケティングリサーチ機構
「CTIコールシステムによる生産性UP部門」第1位
会社所在地
東京都港区東新橋2-9-1 circles汐留4F
電話番号
03-4531-2272

4- 2. Call Hacker アイミツパートナー

株式会社FTJ
出典:株式会社FTJ http://callhacker.com/

FTJは東京都品川区にオフィスを置くITサービス企業です。クラウド型のCTIシステム「Call Hacker」の開発・販売を中心に、人材マッチングサイトの運営、エンジニア・クリエイターの人材派遣といった事業を行っています。
「Call Hacker」の特徴は、業界トップクラスの格安料金&充実した機能です。スマートフォンと連携させることで通話料を抑えており、コール数にかかわらず月額2,700円から利用することができます。オートコールや録音機能はもちろん、ステータス別の検索機能や画像を保存できるストレージも付いていて、シンプルで使いやすい管理画面にも定評があるようです。
また、万全のセキュリティ対策も強みの一つ。社外からのアクセスはIPアドレス制限でブロックし、ログイン履歴は管理画面から随時確認できます。

こんな人におすすめ
・できるだけオートコール搭載CTIシステムの費用を抑えたい方
・CTIシステムの使い勝手にこだわりたい方
・セキュリティ対策を重視する方

予算感
CTIシステム「Call Hacker」:1人あたり月額2,700円
設立年
2014年
従業員数
10-29人
会社所在地
東京都品川区西五反田8-8-16 五反田高砂ビル6F
電話番号
03-6420-0409

4- 3. 株式会社エスアイヤー

株式会社エスアイヤー
出典:株式会社エスアイヤー http://autocall.jp/

エスアイヤーは、大阪府吹田市にオフィスを構えるITサービス企業です。コールセンター向けのオートコールシステムの開発・販売、OA機器の販売・メンテナンス、データ復旧といったサービスを提供しています。
特徴としてあげられるのは、リーズナブルな料金&クライアントに寄り添うきめ細やかなサービスです。自社開発のオートコールシステムは月額2万5,000円(月間5万コールの場合)から利用でき、1万800円でトークスクリプトの作成も請け負っています。あらかじめ2,200万件の電話番号リストが内蔵されているほか、自社の顧客データベースを取り込むことも可能です。
また、クラウド型のためサーバーを用意することなく即日稼働スタートできるのも魅力の一つと言えます。初めてCTIシステムを導入する方や、コールセンターの運営経験がなく不安な方にぴったりの依頼先でしょう。

こんな人におすすめ
・できるだけCTIシステムの費用を抑えたい方
・トークスクリプトの作成を依頼したい方
・初めてオートコール搭載のCTIシステムを導入する方

予算感
オートコールシステム:月額2万5,000円・スクリプト新規作成費1万800円(月間5万コールの場合)
会社所在地
大阪府吹田市豊津町53-3 セレステ江坂2F
電話番号
06-6369-1521

オートコール搭載で、格安なCTIシステムの販売会社をご紹介しました。

CTIシステムには、パッケージ型とクラウド型(ASP)の2種類が存在します。

【パッケージ型】
・買取費用に加えて保守費用を払うため、初期費用が高い
・導入までにかかる時間は~1ヶ月ほど
・月額費用はなし
・より多くの機能を搭載可能

【クラウド型】
・専用サーバーをもたないため初期費用は格安
・導入までにかかる時間は~2週間ほどとパッケージ型の約半分
・月額費用あり
・機能が少なめ

それぞれの特徴から考えて、初期費用を抑えたい方におすすめなのはクラウド型ですが、席数や稼働時間によってはパッケージ型よりも費用が膨らんでしまう場合もあります。自社の場合はどちらがコストパフォーマンスに優れているのかを考慮し、最適なシステムを導入しましょう。

次に、オートコール搭載のクラウド型CTIシステムを提供している会社をご紹介します。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.オートコール搭載クラウド型CTIシステムの販売会社2選

次に、オートコール搭載のクラウド型CTIシステム販売会社をご紹介します。

5- 1. OpenIV

株式会社オープンコム
出典:株式会社オープンコム https://www.opencom.co.jp/ivr/

オープンコムは、2003年に設立された神奈川県川崎市のシステム開発会社です。アウトバウンド向けCTIシステムの開発・販売・レンタル、ITコンサルティングといった事業を通じて1万社以上のクライアントと取引を重ねています。
CTIシステムの開発では、利用者の目線を最重視。たとえばクラウド型オートコールシステム「OpenIVR」の場合、スケジュール機能が付いていて在宅率が高い曜日や時間帯にコールを集中させることができます。
また、複数のトークスクリプトを登録し、反応率によって使い分けることも可能です。さらに通話時間などのデータはシステムが自動集計するので、煩わしいExcel作業も必要ありません。
CTIシステムの使い勝手にこだわりたい方や、人手不足に課題を抱えている中小企業にぴったりと言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・クラウド型のCTIシステムを導入したい方
・CTIシステムの使い勝手にこだわりたい方
・神奈川県周辺の企業

予算感
オートコールシステム「OpenIVR」:月額22万2,000円~
設立年
1997年
会社所在地
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-888 KTSビル4F
電話番号
044-430-5356

5- 2. クラウドオートコールプラス

クラウドユニオン
出典:クラウドユニオン https://cloudunion.co.jp/cloudautocall/

クラウドユニオンは、大阪に本社を置く、システム開発や企画運営などを手掛ける会社です。
サービスの1つである第3世代オートコール「クラウドオートコールプラス」は、完全定額かけ放題のオートコールシステム。プランは「30回線」「60回線」「90回線」から選択でき、1回線につき月額1万6千円で、通話料金を気にすることなく大量に架電できるコスパの良いオートコールシステムです。
クラウドサービスなので、大掛かりな設備の導入は不要。申込から最短1日でシステムを導入可能です。なお契約の際は、手続き不要で掛け払いできる法人・個人事業主向け掛け売り決済サービス「NP掛け払い」も利用できます。

こんな人におすすめ
・コスパの良いかけ放題オートコールシステムを利用したい方
・短い期間でシステムを導入したい方
・最低でも30回線以上の回線でオートコールシステムを活用できる方

予算感
要問い合わせ
設立年
2015年
会社所在地
大阪府大阪市中央区大手前1丁目7−31 OMMビル 8F

オートコール搭載のクラウド型CTIシステムを提供している会社をご紹介しました。

・とにかく初期費用を抑えたい
・導入までの時間は短いほうがいい
・基本的な機能のみで問題ない


といった会社であれば、パッケージ型ではなくクラウド型がマッチしていると言えるでしょう。
あとになって「あの機能がついていれば……」という後悔のないよう、さまざまな会社のCTIを比較するといいかもしれません。

最後に、オートコール搭載のCTIシステムを販売しており、アフターサポートが充実している会社をご紹介します。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

6.アフターサポートが充実したオートコール搭載型CTIシステムの販売会社2選

最後に、アフターサポートが充実しているオートコール搭載のCTIシステム販売会社をご紹介します。

6- 1. 株式会社エンライク

株式会社エンライク
出典:株式会社エンライク https://www.enlike.jp/

エンライクは、2014年に設立された愛知県名古屋市のマーケティング会社です。CTIをはじめとするシステムの開発・販売、webマーケティング、経営コンサルティングといった事業を行っています。モットーとしているのは、クライアントの収益を最大化させること。オートコールシステム「NOテレアポ」を提供するとともに、トークスクリプトの作成・改善も請け負い、見込み顧客獲得を図ります。
オフラインのマーケティング全般にもノウハウを持っており、場合によってはダイレクトメールやチラシ・パンフレットを組み合わせたアプローチも可能です。売り上げなど具体的な成果にこだわりたい方にぴったりの依頼先と言えるでしょう。
これまでの成功事例も多く、オール電化システム販売会社の案件では12件の見込み顧客から2件の成約を引き出した実績を誇ります。

こんな人におすすめ
・アフターサポートを重視する方
・売り上げなど具体的な成果を重視する方
・販促ツールの制作を依頼したい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
名古屋市東区代官町27-30 8F
電話番号
052-325-7335

6- 2. 集客王

モズエンタープライズ株式会社
出典:モズエンタープライズ株式会社 https://autocall.co.jp/syukyakuo/

モズエンタープライズは、2008年に設立された東京都新宿区のITサービス企業です。webコンテンツや動画の制作、FAXDMの配信代行、法人リストの販売などとあわせて、オートコールシステム「集客王」の開発・販売を行っています。
特徴はリーズナブルかつわかりやすい料金と、顧客に寄り添うワンストップサービスです。初期費用や月額固定費は一切かからず、たとえば毎月5,000件のコールで1年間利用した場合、年間費用は30万円ほど。消費者向けアンケートのサンプルも豊富に用意しており、内容の無料添削を行っています。
加えて、電話営業の個別相談会やセミナーを毎週開催しているため、こちらも無料で参加することが可能。できるだけ費用を抑えたい方や、初めてCTIシステムを導入する企業にぴったりの事業者と言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・CTIシステム導入後のアフターサポートを重視する方
・できるだけ費用を抑えたい方
・初めてオートコール搭載のCTIシステムを導入する方

予算感
オートコールシステム「集客王」:1コールあたり5円
設立年
2008年
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-17-7 西新宿TOKビル10F
電話番号
03-3379-8818

オートコール搭載のCTIシステムを提供しており、アフターサポートが整っている会社をご紹介しました。

「はじめて利用するので少し不安」「万が一のトラブルの際に、迅速に対応してほしい」といったお悩み・要望を解決するためにも、アフターサポートが充実しているかどうかは重要です。

新しいシステムを導入する際にトラブルはつきものなので、サポート体制が整っている会社を選ぶことは必須と言えるでしょう。

しかし、数多く存在するCTIシステムの中から、自社に最適なシステムを選ぶまでには、かなりの時間がかかるのではないでしょうか。本業が忙しく業者を探している時間はない、とお悩みの方もいると思います。

そんな方をサポートしているのが、アイミツのコンシェルジュです。
アイミツのコンシェルジュに相談すれば、どういったCTIシステムが必要か、おすすめの業者はどこかといった疑問もすぐに解決することができます。

丁寧なヒアリングのもと、あなたにぴったりな会社を複数ご紹介いたしますので、ぜひ参考程度にお問い合わせください

7.まとめ:CTIシステムの会社選びで失敗しないために

「顧客満足度を上げるために、コールセンターを設置したい」という方にとって非常に心強いシステムが、CTI(Computer Telephony Integration)です。

CTIシステムとは、コンピュータと電話機能を統合したシステムのことを指します。電話番号をもとに顧客情報を検索できるポップアップ機能や、CRM(顧客管理システム)との連携、掛け間違いを予防する予測発信機能などが搭載されており、今ではコールセンターにおけるマストシステムです。また、オートコール機能が備わっていれば、オペレーターあたりの架電負担を減らすことができるでしょう。

CTIシステムを導入することには、

・ポップアップ機能による人的ミスの軽減
・対応時間の短縮
・録音機能によるトラブル防止


といった顧客満足度の向上につながるさまざまなメリットがありますが、気をつけておきたいのが業者選びです。CTIシステムを販売している業者は数多く、なかには保守費用が非常に高いところもあれば、一方でアフターフォロー体制が全く整っていないところもあります。ランニングコストがかさむことはできれば避けたいですし、システムトラブルは素人には直せません。その価格は適正なのか、トラブルの際にスムーズに対応してくれるのかという点をチェックしながら、業者を選ぶといいでしょう。

また、「たくさんの機能が搭載されていて、とても便利そうだ」とすぐに飛びつくのも危険です。多くの機能で充実していても、自社のオペレーションに必要でなければ、無駄な費用が膨らむだけとなります。「どの機能が必要でどの機能はいらないのか」といった点を考慮し、最適なシステムを導入しましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

オートコール搭載ののCTIシステムサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

オートコール搭載のでCTIシステムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

CTIシステムとはComputerTelephonyIntegrationSystemのことで、一般的には電話がかかってきた際に電話の着信音と同時にその顧客の情報をパソコンに表示させるシステムを指します。近年では技術進歩に伴い、FAXと連動しているものなどもあります。潜在見込客の開拓など、よりきめ細やかな顧客対応を行う必要があるコールセンターやヘルプデスクなどで欠かせないものとなっています。CTIシステムを選ぶ際はまず自社に必要な機能を備えた製品をピックアップし、その後、他のシステムとの連携は容易か、サポート体制は万全かなどの視点から最適なものを選択するようにしましょう。また、導入方法や機能によって価格が大きく異なります。安いからというだけで選択するのではなく、それぞれの特徴を良く比較検討した上で、費用対効果の良い製品を選びましょう。

CTIシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

CTIシステムの見積もりが最短翌日までにそろう