業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

法人向け電話回線、IP・ひかり電話

最適な企業が30秒で、らくらく見つかる

利用実績

2万件

見積もり利用料

無料

利用満足度

98.4

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

カンタン30秒

100万件のクチコミと
5万社比較から

優良企業のみで
一括見積もり

電話回線を選ぶ際は、まず同時に外線通話ができる数(チャンネル数)を決める必要があります。一般的に必要な通話チャンネル数は従業員の3分の1程度が目安と言われているので、10人のオフィスであれば3~4チャンネル必要ということになります。次に回線の種類を決めます。電話回線にはアナログ回線、デジタル回線、IP電話回線等の種類があり、それぞれチャンネル数や特徴、料金が異なります。料金体系も複雑で時期によっても変動があることから、定期的に相見積もりを取得し、適正単価で発注できているか検討してください。大手の営業会社など販売代理店が沢山存在している業界ですので、どの会社と契約すべきか?については事前によく検討してください。

人イメージ

法人向け電話回線の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

法人向け電話回線、IP・ひかり電話に関連する記事

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

法人向け電話回線、IP・ひかり電話の

選び方ガイド

法人向け電話回線、IP・ひかり電話の選び方ガイド

法人向け電話回線、IP・ひかり電話の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

法人向け電話回線、IP・ひかり電話の選定ポイント

POINT
01

通話チャンネル数を決める

 オフィスや店舗に電話回線を引くにあたって、まず決めなければならないのが必要な通話チャンネル数です。通話チャンネルとは、同時に外線通話ができる数のことで、例えば常に外部と電話をする可能性のある人が10人いるのであれば、10チャンネル必要ということになります。アナログ回線では1回線=1通話(1チャンネル)ですが、ISDNデジタル回線の場合は1回線=2通話(2チャンネル)、IP電話・ひかり電話の場合は1光ファイバーで数チャンネル使用可能となっているので、最近では回線数ではなくチャンネル数で考えるのが一般的になっているのです。オフィスに必要な通話チャンネル数は従業員の3分の1程度が目安と言われています。10人のオフィスであれば3~4チャンネル程度を基準として考えればよいでしょう。FAXを使用する場合は、FAXの分のチャンネルも忘れず考慮しましょう。
 

POINT
02

回線種別を選ぶ

 現在利用できる回線にはアナログ回線、ISDNデジタル回線、IP電話回線などがあります。以下にそれぞれの特徴やメリット・デメリットをあげます

・アナログ回線(1回線=1チャンネル)

 黒電話の頃からある、銅線を使って繋げる回線です。現在でも一般家庭では多く利用されています。アナログ回線の中でもダイヤル回線とプッシュ回線があり、ダイヤル回線の方が早く繋がり、その分料金が割高という特徴があります。1回線で1チャンネル分しかないので、通話チャンネルが複数必要なビジネス用としては不向きと言えます。しかし、東日本大震災以来、停電時にもつながる可能性の高い電話回線として見直され、有事用に少数回線を用意する企業も存在します。また、モデムなどの装置が不要なことから、導入が手軽で、安定した通話が可能というメリットもあります。ちなみにアナログ回線を扱う事業者は現在、KDDI、ソフトバンク、NTTの3社となっていますが、KDDIは2013年をもって新規契約を終了しており、将来的にはNTTのみになると見られています。

・ISDNデジタル回線(1回線=2チャンネル)

 ISDNデジタル回線はアナログ回線と同じ銅線を使って通信を行うもので、アナログ回線と違い音声を0と1のみで構成されるデジタル信号に変換して伝えます。これにより高速のデータ転送が可能になり、インターネット回線も利用することができるという特徴があります。しかし現在ではADSLや光ファイバーの登場によりインターネット接続としての利用はほとんどされないのが現状です。1本の回線で2チャンネル分利用できることが最大のメリットです。さらにノイズの影響を受けにくく、アナログ回線より質の高い音声通話ができるというメリットもあります。一方、ISDNデジタル回線にはターミナルアダプターと呼ばれる装置が必要であるため、導入にはやや手間がかかるというデメリットもあります。

・IP電話回線(1回線=最大300チャンネル)

 IP電話とはインターネットプロトコル電話の略で、インターネット環境を利用して電話ができるサービスのことです。従来の電話は距離によって料金が変わりますが、IP電話はインターネットを利用しているため、全国一律料金で、あるグループ同士は通話料無料にできるなどの特徴があります。また、基本料や通話料も従来の固定電話より安く、さらに1つの契約で最大300チャンネルまで利用が可能です。ただし、電話番号は「050」から始まり、100番、119番などの緊急発信、0120から始まるフリーダイヤルへの発信ができません。また、通話品質が一般電話よりも劣る場合があります。

 IP電話サービスの中にはNTT東西のサービスである「ひかり電話」があります。光ファイバー回線がひかれている環境での導入が前提になりますが、ひかり電話はIP電話でありながら、これまで使っていた電話番号が使え、緊急通報も利用可能という特徴があります。ただし、IP電話は停電時は利用できなくなりますので、対策として充電池の設置などが必要になります。
 

POINT
03

NTT加入電話か直収電話か

 直収電話とはNTT東西以外の電気通信事業者が提供する固定電話サービスのことです。NTTの一般電話を契約すると、36,000円の施設設置負担金(電話加入権)が必要になりますが(プランによっては不要の場合もあります。また、ひかり電話の場合は不要です)、直収電話サービスではこの負担金が不要で、さらに基本料や通話料もNTT加入電話より安いというメリットがあります。しかし、使えるADSLが限られている、NTTで使っていたサービスが一部利用できない場合があるなどのデメリットもあります。インターネット回線はひかないが固定電話をなるべく安く利用したい、ADSLとセットで安く使いたいという場合には向いていると言えるでしょう。ちなみに、現在一般電話の直収電話サービスはソフトバンクの「おとくライン」のみとなっています。
 

POINT
04

通話品質を確認する

通話品質が安定しているのはやはりアナログ電話やデジタル電話といった一般電話です。IP電話は遅延する、音がこもる、エコーがかかる、途切れるなどのトラブルが起こる可能性があります。しかしIP電話でもひかり電話の場合は回線の違いから通話品質が高く安定しているようです。費用の安さだけで選ばず、通話品質にも注目するようにしましょう。
 

POINT
05

オプションサービスは使えるか

電話には様々なオプションサービスがあります。ひかり電話やIP電話の場合は使えないことがありますので事前に確認しておきましょう。利用の際には、工事費や月額料金がかかります。

・ナンバーディスプレイ

電話がかかってきた際に、電話にでる前に相手の電話番号が表示され、電話にでなかった場合にも着信履歴が残ります。

・代表電話

代表電話に電話が着信された際に、社内の通話していないいずれかの回線が着信できるサービス。

・ボイスワープ

予め設定した電話番号に電話があった際に、指定の電話に転送するサービス。

・ダイヤルイン

指定の電話番号に電話した場合、発信者に対してアナウンスが流れ、発信者が希望する内線番号を押せば、その内線番号の担当者に電話がつながります。

・キャッチホン

「割込通話」とも呼ばれています。通話中に第三者から着信があった時、通知音が知らされます。

・ナンバーリクエスト

「184」を押して電話番号通知をしない相手に対して、「電話番号を通知してください。」というメッセージを伝える機能です。

・バックアップ転送

障害時で着信不能になった際、予め設定した電話番号に転送するサービスです。

・迷惑電話おことわりサービス

迷惑電話を繰り返す相手に対して、着信を拒否することが可能です。
 

POINT
06

料金を確認する

アナログ回線、デジタル回線、IP電話回線のそれぞれ初期費用や基本料、通話料が異なります。

 

・初期導入料金(契約金、工事費等)

NTT加入電話の場合は施設設置負担金が必要になります。その他、デジタル回線や直収電話サービス、IP電話の場合は、機器の設置や工事が必要になりますので、その費用がかかります。特にIP電話の場合はインターネットの契約が合わせて必要になるので、インターネット回線の工事費用なども必要になります。

・月額料金

契約する電話番号数とチャネル数で決まります。インターネットの接続回線数、接続速度によっても料金が異なります。

 

・通話料金

アナログ回線やデジタル回線は通話相手との距離によって通話料金が異なりますが、IP電話は料金が固定で、しかもアナログ回線やデジタル回線に比べ大幅に安くなっています。国際電話の場合はIP電話であっても国によって料金が異なりますが、その料金は国内同様大幅に安くなっています。
 

法人向け電話回線、IP・ひかり電話のトラブル事例

人イメージ

導入時のトラブルや解約時のトラブルなどの問題や出来事まで、アイミツ事務局が把握している法人向け電話回線、IP・ひかり電話にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けるためにも、事前にトラブル事例をご一読の上、アイミツコンシェルジュにご相談ください。

法人向け電話回線、IP・ひかり電話のよくある質問

人イメージ

法人向け電話回線、IP・ひかり電話についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。