業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

法人向け携帯電話

最適な企業が30秒で、らくらく見つかる

利用実績

2万件

見積もり利用料

無料

利用満足度

98.4

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

カンタン30秒

100万件のクチコミと
5万社比較から

優良企業のみで
一括見積もり

法人向け携帯電話を選ぶ際はまず、携帯電話の用途を明確にして、適切なキャリアやプランを選択するようにしましょう。例えば、社員間での通話が多い場合と取引先との通話が多い場合、インターネットの利用が多い場合などで適切なプランが変わってきます。状況に合わせてキャリアやプランを選択することで、場合によっては大幅なコストカットを実現することも可能です。機種を選ぶ際は、どのような機能が必要で、どのような機能が不要なのかをはっきりさせ、状況に応じて選択するようにしましょう。また、料金だけでなく、必ずセキュリティ対策サービスや故障時のサポート状況などを比較することも大切です。

人イメージ

法人向け携帯電話の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

法人向け携帯電話の

選び方ガイド

法人向け携帯電話の選び方ガイド

法人向け携帯電話の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

法人向け携帯電話の選定ポイント

POINT
01

携帯電話の用途からキャリアとプランを決める

使用用途を把握して、用途に応じたプラン選定。

法人向け携帯を選ぶ際は、まずどのような用途で携帯を利用するかを明確にする必要があります。なぜなら、社員間での通話が多い場合、取引先の顧客との通話が多い場合、電話を利用する時間帯が限られている場合、など状況に応じてキャリアやプランを決めることで大幅なコスト削減に繋がるからです。また、社内でも部署や職種によってプランを柔軟に選択することが大切です。以下に状況に合わせたおすすめのプランを挙げます。費用はあくまでも目安です。条件によって下記より高くなったり、あるいは法人割引等で安くなる場合もありますので、必ず各キャリアに問い合わせるようにしてください。

 

■通話のみ利用する

通話しか利用しない場合は圧倒的にフィーチャーフォンがおすすめです。というのも、スマートフォンはデータ通信プランに加入しなければならないケースが多く、その分余計な費用がかかってしまうからです。また、通話のみ利用する場合でも、社員間での通話が多い場合と、取引先や顧客との通話が多い場合で適切なプランが変わってきます。

▼社員間での通話が多い

携帯電話を法人契約すると、社員間の通話には法人割引が適用されることがあります。また、同じキャリアであれば通話料が無料という場合もあります。キャリアによって通話料無料の時間帯などが異なるので、電話を利用する時間帯も考慮してプランを決めると良いでしょう。例えば、運送業や倉庫業で社員間通話がほとんどで、社外への通話はほとんどしないという場合はY!mobileの「法人かけ放題プログラム だれとでも定額」がお得です。しかし、Y!mobileのガラケーはPHS回線のため、通話品質は良いですが、対応エリアが狭く、場所によっては圏外になってしまうというデメリットがあります。

 

  •  Y!mobile「法人かけ放題プログラム だれとでも定額」

月額934円で24時間ワイモバイル間(PHS回線に限る)の通話が無料、さらに1回あたり10分以内の通話なら月500回まですべてのかけ先へ通話料無料。

  •  SoftBank「ホワイト法人」

30回線まで月額934円、100回線まで月額1334円、1,000回線まで月額1734円で24時間ソフトバンク間の通話が無料。月々1,000円の無料通話付き、ソフトバンク外への通話料金割引あり。

  •  au「プランZシンプル」

月額934円で1~21時au間の通話が無料

  •  docomo「カケホーダイ」

月額2200円で24時間誰とでも何回でも通話料無料

 

▼取引先や顧客との通話が多い

旅行代理店や企画・プランニング会社など、取引先や顧客との通話が多い場合は、取引先や顧客のキャリアと同じキャリアにする、あるいは他キャリアへの通話が安いプランを利用することでコストを抑えることができます。この場合もY!mobile「法人かけ放題プログラム スーパーだれとでも定額」がお得です。しかし、上記の通りY!mobileのガラケーは対応エリアが狭く、場所によっては圏外になってしまうというデメリットがあります。対応エリアが心配という場合はdocomoの「カケホーダイ」がおすすめです。

 

  •  Y!mobile「法人かけ放題プログラム スーパーだれとでも定額」

月額1,500円で時間・回数無制限で国内通話がかけ放題。しかもパケットし放題。

  •  docomo「カケホーダイ」

月額2200円で24時間誰とでも何回でも通話料無料。

  •  SoftBank「Wホワイト」

月額1,868円で1~21時ソフトバンク間の通話が無料。その他の時間と他社電話への通話料は10円/30秒。

  •  au「プランMシンプル」

月額2,500円で国内通話料14円/30秒。4,025円分無料通話付き。

 

■通話もするがメールやインターネットをよく使う

メールやインターネットをよく利用する場合は、スマートフォンも視野に入ってきます。スマートフォンの利点は画面が大きくWEBの閲覧がしやすいこと、PDF等の閲覧が可能なこと、会社メールの確認ができること、SFA・CRMやグループウェアなどの業務用アプリケーションが利用できることなど様々です。デメリットとしては、フィーチャーフォンより料金プランが高い、バッテリーの持ちが悪い、耐久性がない、ウイルス感染や情報漏えいなどの心配があるなどが挙げられます。外回りが多い営業マンはスマートフォン、社内での利用が主な社員はフィーチャーフォンなど部署や職種によって端末を選択すると良いでしょう。

 また、

▼フィーチャーフォンの料金プラン

フィーチャーフォンの場合は通話基本料+データ定額料金となるケースが多く、最近の料金プランでは24時間国内通話無料+パケットし放題のプランが一般的になっています。SoftBank、docomo、auの3社はだいたい同じような料金ですが、Y!mobileだけ飛びぬけて安くなっています。

 

  •  Y!mobile「法人かけ放題プログラム スーパーだれとでも定額」

月額1,500円で時間・回数無制限で国内通話がかけ放題。しかもパケットし放題。

  •  au「プランEシンプル+ダブル定額」

基本料934円+インターネット接続基本料300円+データ定額パック372~4,200円で1~21時au間の通話が無料。パケット料金は上限4,200円で使い放題。

電話も頻繁に使うという場合は、電話カケ放題プラン2,200+インターネット接続基本料300円+データ定額パック3,500円で月額6,000円になります。

  •  SoftBank「スマ放題」

基本料2,200円+インターネット接続基本料300円+データ定額パック3,500円=6,000円で時間・回数無制限で国内通話がかけ放題、パケットし放題。

  •  docomo「カケホーダイ&パケあえる」

基本料2,200円+インターネット接続基本料300円+データSパック3,500円=6,000円で時間・回数無制限で国内通話がかけ放題、パケットし放題。(5GBで速度制限)。

 

▼スマートフォンの料金プラン

スマートフォンの料金プランは通話基本料+データ通信料となっており、利用可能なデータ容量によって月額費用が変わってきます。この利用可能データ容量とは、その分しかデータ通信ができないというわけではなく、容量を超過した場合は通信速度が制限されるというものです。しかし、通信速度が遅くなるとWebの閲覧などに非常に時間がかかってしまうため、実質利用可能データ容量分しか通信できないと思っておいて良いでしょう。

データ通信のプランには1つの回線ごとに利用可能データ容量を決めるプランと、利用可能なデータ容量を複数の回線でシェアするプランがあります。例えば親回線が月額10,000円の10GBのデータ通信プランに加入している場合、子回線は月500円程度で親回線と10GBをシェアすることができるのです。回線ごとのプランの場合、余ってしまった分のデータ容量は無駄になってしまいますが、シェアプランではそのような無駄を省くことができるためおすすめです。

 

  •  Y!mobile「スマホプランM」

2回線以上の契約で3,480円、6回線以上の契約で月額2,980円。データ通信量3GB。1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料。プラス1,000円で、国内通話が24時間無料になります。

データシェアプランは子回線が月額490円で利用可能で、子回線は最大3回線までとなっています。しかし、子回線は通話をすることができないので注意が必要です。例えば親回線がスマホプランMでデータシェアプランを利用した場合、3,480円+490円×3÷4=1,237円で、1端末当たり750MBのデータ容量を1,237円で利用できる計算になります。親回線と合わせて、タブレットなどを利用するのに適していると言えるでしょう。

  •  SoftBank「スマ放題」

通話し放題プラン2,700円+インターネット接続基本料300円+データ定額3,500円=6,500円で、データ容量2GB、国内通話が24時間無料。

データシェアプランは10GBから用意されており、例えば10GBの場合、親回線9,500円、子回線500円で10回線まで利用可能です。例えば10GBを5人でシェアする場合、9,500円+500円×4人÷5=2,300円で、1人当たり2GBのデータ容量を2,300円で利用できる計算になります。さらにここに通話基本料2,700円とインターネット接続基本料300円が加わるので、通話し放題、2GBのデータ容量で1人当たり5,300円となります。つまり単独で2GBの契約をするより1,200円もお得になるのです。

  •  docomo「カケホーダイ&パケあえる」

通話し放題プラン2,700円+インターネット接続基本料300円+データ定額3,500円=6,500円で、データ容量2GB、国内通話が24時間無料。

データシェアプランは2GBから用意されています。10GBの場合親回線9,500円、子回線500円で10回線までシェアが可能となっており、料金は上記SoftBankと全く同じです。

  •  au「カケ放題プラン」

通話し放題プラン2,700円+インターネット接続基本料300円+データ定額3,500円=6,500円で、データ容量2GB、国内通話が24時間無料。

auはデータシェアプランを提供していませんが、その代わり、社員間でデータ容量を贈りあうことができるデータギフトサービスを行っています。

 

■データ通信しか利用しない

データ通信しか使用しない場合、あるいは通話はガラケーでスマホはデータ通信のみで2台持ちしたいという場合もあるでしょう。キャリアではデータ通信しか利用しない場合でも、基本料が1,700円程度かかり、そこにさらにデータ通信プランを加える必要があるため、料金は割高になってしまいます。そこで注目したいのがMVNOです。  

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、回線の無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自サービスを加えて提供する企業のことです。携帯キャリアと直接契約するよりも割安であることが最大の特徴で、格安SIMとして知られています。サービスによっては月額500円以下という低価格でスマホを利用できることから注目されていますが、2015年2月の時点では法人契約が可能なMVNOは限られており、また、法人契約の場合は音声通話はできなくなっています。さらに、テザリング可能な端末であってもテザリングは利用できない、サポートやセキュリティ面などがキャリアに劣るなど様々な問題点もあります。

  •  docomo「データプラン」

基本料1,700円+インターネット接続基本料300円+データ通信3,500円~となっており、一番小さい2GBのプランでも月額5,500円が必要になります。

 

  •  キヤノンマーケティングジャパン「定額プランL 」

月額3,800円でデータ通信量1GB。月額5,500円で7GB。別途オプションで、データシェアをすることができます。
 

POINT
02

必要な機能と不要な機能を明確にする

必要な機能を明確にして、不必要な機能は付けない。

携帯電話には様々な機能が搭載されています。とにかく高機能であればよいというものではなく、場合によってはない方が都合が良い機能があったりします。例えばセキュリティ対策のためにカメラが付いていない機種が必要というような場合があるでしょう。どのような機能が必要で、どのような機能が不要なのかを明確にし、適した機種を選ぶようにしましょう。

 

■携帯電話の代表的な機能

  •  カメラ

現在はほぼすべての機種にカメラが搭載されており、特にスマートフォンの場合はデジタルカメラにも負けない高画質な写真を撮ることが可能になっています。しかし、ビジネスの場合は情報漏えいを防ぐためカメラがない方が良いという場合も多いでしょう。そのため、ビジネス向けのカメラレス携帯電話も各社から発売されています。

  •  GPS

GPSとは全地球測位システムによって現在地を知ることができるというもので、これにより地図サービスやナビゲーションサービス等が利用できます。また、携帯電話の紛失や盗難があった際に、携帯電話がどこにあるかを遠隔で知ることもできます。外出が多い営業マンなどにとってはとても便利な機能と言えるでしょう。ただし、その反面プライバシーの侵害の恐れもあるため、注意も必要です。

  •  おサイフケータイ

おサイフケータイとはICチップが内蔵された携帯電話のことで、専用の端末に携帯電話をかざすだけで電子マネーを使った支払いができたり、Suicaなど乗車券として使用することが可能です。しかし紛失や盗難の際に悪用される危険もあります。

  •  赤外線通信機能

赤外線通信とは、赤外線通信機能が搭載された携帯電話同士で電話帳やメール、ブックマークなどを送受信することができる機能です。

  •  防水

水にぬれても大丈夫な携帯電話です。フィーチャーフォン、スマートフォンともに防水対応の機種が出ていますが、機種によって水道水の1mの水槽に沈めても問題がない程度のものから、少々水にぬれても大丈夫という程度のものまで様々で、いずれの場合もお湯や冷水、海水などには対応していないので注意が必要です。

  •  防塵

防塵とは塵や埃などが内部に入り込まないように加工した携帯電話のことです。防塵の場合も機種によってどの程度防塵可能であるかの程度が違うため注意が必要です。

  •  ワンセグ

ワンセグとは地上デジタルテレビ放送のモバイル機器向け放送サービスのことです。

  •  Bluetooth

Bluetoothとはデジタル機器をワイヤレスにする無線通信規格のことで、ヘッドセットやキーボードなどをワイヤレスに利用することができます。例えば、車での外出が多い社員にBluetooth搭載携帯とヘッドセットを持たせることで、運転しながら通話することができるようになります。

  •  テザリング

携帯電話を介してパソコンやタブレット端末、ゲーム機などをインターネットに接続することをテザリングと言います。無線LANルータに接続しているのと同じ感覚でノートパソコンなどの機器をどこでもインターネットに接続できるため非常に便利です。スマートフォンだけでなく、フィーチャーフォンでもテザリング機能を搭載している機種があります。
 

POINT
03

セキュリティに問題はないか

必要に応じたセキュリティー機能を選ぶ!

セキュリティ機能が充実しているかどうかも重要な選定ポイントの1つです。セキュリティ機能がしっかりしている端末を選ぶだけでなく、キャリアが行っているセキュリティ対策サービスにも着目するようにしましょう。端末ごとの機能としてはカメラレス携帯であったり、指紋認証機能が付いていたりなどです。キャリアが行っているサービスとしては電話帳バックアップ機能、遠隔ロック機能、位置検索サービス等です。また、スマートフォンの場合はウイルス対策ソフトを提供している場合もあります。以下に各社のセキュリティ対策サービスを挙げますので、参考にしてください。料金はあくまでも目安です。下記以外にもセキュリティ対策サービスを提供している場合がありますので、必ず各社にお問い合わせください。

尚、スマートフォン向けウイルス対策ソフトをご検討の場合は「セキュリティ・ウイルス対策ソフト業者の比較」もご参考にしてください。

 

  •  docomo「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」

5万回線までなら月額基本料1,000円で端末を一括管理できます。遠隔操作でロック・初期化、業務に関係のない私的利用を制限、セキュリティ違反など利用状況の監視ができます。

  •  au「KDDI Smart Mobile Safety Manager」

月額300円/1回線で、端末を一括管理できます。遠隔でのロックやデータ削除、一括での設定変更やアプリケーション配布などを行うことができます。別途月額200円でデータバックアップ、さらに200円でウイルス対策などが可能です。

  •  SoftBank「スマートフォン法人基本パック」

月額475円/1回線で、災害時の安否確認サービス、セキュリティソフト、共有電話帳、遠隔ロック、一斉メッセージ配信、位置ナビ一斉検索、紛失ケータイ捜索サービスなどが利用できます。

  •  Y!mobile「スマートフォン基本パック」

月額500円/1回線で、セキュリティ対策ソフト、携帯検索サービス、遠隔ロック、位置検索、グループ電話、留守番電話などのサービスを利用することができます。
 

POINT
04

サポートは十分か

携帯電話が故障した際、サポート対応も重要!

携帯電話が故障してしまった際のサポートにも注目するようにしましょう。特にスマートフォンの場合は落としてしまって画面が割れたというケースが多々あります。保証サービスに加入していないと修理対応が遅かったり、高額な修理費用がかかってしまう場合がありますので、ぜひ加入することをおすすめします。以下に各キャリアのサポート体制を挙げます。auとdocomoは通常の修理対応だけでなく、1~2日という短時間で新品同様のリフレッシュ品を届けてくれるサービスを行っており、サポートが手厚いと言えるでしょう。下記以外にも法人向けの保守サービスなどを提供している場合もありますので、詳しくは各キャリアにお問い合わせください。ちなみにiPhoneの場合はキャリア保証とは別にAppleが「AppleCare」という保証サービスを行っています。

 

  •  au「安心ケータイサポートプラス」

月額380円/1台で、水没、破損、紛失、盗難といったあらゆるトラブルを補償。1~2日で新品同様のリフレッシュ品をお届け。機器の交換は1年に2回まで可能で、1回目は5,000円、2回目は8,000円が必要です。また、保証対象の故障時3年間無償で修理、対象外の故障は上限5,000円で修理可能です。

  •  docomo「ケータイ保証サービス」

月額500円/1台で、水没、破損、紛失、盗難といったあらゆるトラブルを補償。1~2日で新品同様のリフレッシュ品をお届け。機器の交換は1年に2回まで可能で、1回あたり7,500円が必要です。また、保証対象の故障時は保証期間内であれば無償で修理、対象外の故障は上限5,000円で修理可能です。さらに、データ復旧サービスの代金が割引になります。

  •  Y!mobile「故障安心パック」

月額500円/1台。保証対象の故障時は無償で修理、外装破損時の修理代金の90%を割引、水濡れ・全損は5,000円で修理。盗難・紛失は同一機種を会員価格で購入可能。データ復旧サービス無料。

  •  SoftBank「あんしん保証パックプラス」

月額650円/1台。保証対象の故障時は無償で修理、外装破損時の交換対応1,500円、水濡れ・全損は5,000円で修理、または会員価格で同一機種を購入可能。盗難・紛失は同一機種を会員価格で購入可能。データ復旧サービス無料。
 

法人向け携帯電話のトラブル事例

人イメージ

解約時によくある違約金の問題や、思ったより電波が届きにくいなどの特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。法人向け携帯電話にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

法人向け携帯電話のよくある質問

人イメージ

法人向け携帯電話についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。