業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

買取タイプの優良業者

買取タイプのコーヒーサーバー

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

コーヒーサーバーは、オフィスにいながら気軽にカフェの雰囲気が楽しめるツールです。単に飲み物ばかりでなく、社員のモチベーションも供給してくれるでしょう。事前に、消費量とこだわりなどを確認してから、従業員または来客者のニーズに合わせたサーバーを導入するようにします。安さと手軽さなら「自動販売機タイプ」、シーンによって多彩なテイストを選びたいなら「カートリッジタイプ」、本格指向と量を共に満たしたいなら「ドリップタイプ」がそれぞれおすすめです。課金方法には、買取タイプとレンタル・リースタイプの2種類があります。業務用の場合は、レンタル・リース料金が無料となっていることも少なくありませんが、商品補充のメンテナンス体制なども合わせて、費用だけで判断しないようにしましょう。

人イメージ

買取タイプのコーヒーサーバーの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

買取タイプのコーヒーサーバーの

選び方ガイド

買取タイプのコーヒーサーバーの選び方ガイド

買取タイプのコーヒーサーバーの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

買取タイプのコーヒーサーバーの選定ポイント

POINT
01

コーヒーの消費量とニーズを確認する

大きさなどの量だけでなく質にもこだわった業者選びを!

コーヒーサーバーを選ぶには、社内でのニーズを把握することが先決です。ポイントは主に「量」と「質」ですが、来客者対応は日本茶なのかコーヒーなのかという視点も含め、消費量が多く見込めるのであれば、大型のオフィスコーヒーサーバーが必要になるでしょう。また、インスタントなのかコーヒードリッパーなのかという好みの問題もあります。 その上で、下記の各タイプから、適したコーヒーサーバーを選ぶようにしましょう。

  •  コーヒー配送サービス

喫茶店や専門店に出前を頼む方法です。5杯から10杯程度のコーヒーをポットに入れたケータリングサービスを行っているチェーン店もあるので、お近くの店舗をチェックするようにしてみましょう。メリットは、ひき立てのプロの味が楽しめることです。デメリットは、割高で会計に手間がかかることや、急な来客の対応が間に合わないことです。

  •  自動販売機タイプ

一般的によく見かける、紙コップなどに注ぐインスタントタイプのコーヒーサーバーです。メリットは、安さと手軽さ、コーヒー以外のニーズにも対応できることです。デメリットは、来客者やこだわり派の納得感が得られないことでしょう。

  •  カートリッジタイプ

最近になって普及してきた、ポーションなどのカートリッジを選んで、お好みの一杯を楽しむタイプのコーヒーサーバーです。メリットは、ひき立てに近い味と香りが味わえ、飲み残しもなく、多彩なテイストが選べることです。デメリットは、コストが比較的割高になることです。

  •  業務用ドリップタイプ

大量の消費が見込まれる業務用に特化した、本格派も納得できるドリップタイプのコーヒーサーバーです。水出しができるウォータードリップコーヒーサーバーなど、オフィスにいながらカフェの雰囲気を楽しめる機種も登場しています。メリットは、安価なこととコーヒーのクオリティが保てることです。デメリットは、ゴミの手入れが手間であること、長時間経過したコーヒーの質や飲み残しのロスなどです。

  •  家庭用コーヒーメーカー

需要が少ないのであれば、家庭用の小さなコーヒーサーバーを選択する方法もあります。メリットは、カートリッジタイプやドリップタイプなどおしゃれな機種が多彩にそろっているので、少人数の好みが生かせることです。デメリットは、ゴミの処理や、使用していないとき急な来客があると時間がかかることです。

 

日本のコーヒー消費量は、2011年の段階で世界第4位となっています。最近ではコンビニでもひき立てのコーヒーが楽しめるようになり、今までのインスタントから、クオリティを重視した本格指向への切り替わりが起こっています。従業員や来客者のおもてなしを考える意味でも、本格的なコーヒーサーバーの導入社数は今後伸びていくことが予想されます。

尚、関連カテゴリーの「ウォーターサーバー(宅配水)の比較」 、「ティーサーバー(給茶機)の比較」もご参考にしてください。

 

POINT
02

買い取りかレンタルかで選ぶ

買い取りタイプとレンタルタイプ、自社のニーズに合わせた選択を。

コーヒーサーバーには、本体を買い取って使用するタイプと、指定のコーヒーを購入することを条件に月々の使用料金を支払うレンタルタイプ(リースタイプ)の2種類があります。法人利用の場合、コーヒーの消費量によってはレンタル料金が発生しないケースもあるので、ホームページなどを確認してみましょう。

人数が小規模の事務所などでは、日によって利用したりしなかったり、消費量が一定していないケースがあります。そのような場合は、家庭用のドリップコーヒー器具を直接購入した方が安く済むかもしれません。

 

POINT
03

メンテナンス対応の料金や頻度をチェックする

清掃やカードリッジの補充など迅速な対応が可能かどうかは重要。

コーヒーやカートリッジ類の補充、機械の清掃などを、迅速に過不足なく行ってくれるメーカーを選ぶようにしましょう。レンタルコーヒーサーバーの場合は、利用料金とメンテンナンス料金を分けている取扱会社もあるので、課金方法をしっかり把握してから比較するようにします。

 

買取タイプのコーヒーサーバーのトラブル事例

人イメージ

機械的な故障やメンテナンスなどに関わるトラブルなどの悩みは多く聞かれる悩みでもあるようです。ここでは当社が把握済みのコーヒーサーバーにかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。