あなたの発注コンシェルジュ

大阪府で実力のあるコーヒーサーバー業者10選

コーヒーサーバーの専門コンシェルジュが選ぶ
大阪府で実力のあるコーヒーサーバー業者10選

1. ネスレ日本株式会社

ネスレ日本株式会社
  • 「ラク楽お届け便」(アンバサダー専用定期便)のご利用で、お好きなマシンが無料でお使いいただけます。
  • お届けのたびに簡単に定期便の内容の変更が可能です。職場の在庫状況に合わせてラク楽調整可能!
  • Web通販で有りながら、専用コールセンターや、営業スタッフがしっかりお客様をサポート致します!
対応エリア
大阪 、兵庫 、京都 、奈良 、和歌山
実績数
3,000~
電話番号
078-230-7000
会社サイト
http://www.nestle.co.jp/

2. 株式会社アペックス

株式会社アペックス
  • マシンと豆とメンテナンスの全てをアペックスから提供するトータルサポートパックでのご提案。
  • 魅せるコーヒーマシンと、ベストマッチした珈琲豆を提供。きっとご満足いただけます。
  • 全国約100拠点から保守サポート対応。定期的な味覚チェックなども含まれいつでもおいしい珈琲をご提供
対応エリア
大阪 、兵庫 、京都 、奈良 、和歌山
実績数
1,000~3,000
電話番号
03-3234-6501
会社サイト
http://www.m-onecafe.jp/coffeesystem/

3. 株式会社 PSビバレッジ

株式会社 PSビバレッジ
  • インスタント・レギュラー2タイプの機種をご用意
  • リース・レンタル・購入の3パターンから選択可能
  • お客様のニーズ・環境に合わせてサポートとメンテナンスもカスタマイズ
対応エリア
大阪 、兵庫 、京都 、愛知 、三重
実績数
100~500
電話番号
03-5633-6543
会社サイト
http://www.ps-beverage.jp/

5. オーシーエス東都株式会社

オーシーエス東都株式会社
  • 一日のご利用数に応じて機種を選択可能
  • イベント・催事・セミナーなど、用途に応じたレンタルサービスをご提供
  • 1週間のお試し期間あり
対応エリア
大阪 、神奈川 、東京 、千葉
実績数
3,000~
電話番号
03-3690-4392
会社サイト
http://ocs-touto.com/coffee/index.html

8. 株式会社ユニマットライフ

株式会社ユニマットライフ
  • 利用人員や趣向をお聞かせ頂ければ、最適なコーヒーメーカー・商品をご提案
  • アイスコーヒー・ホットコーヒー両対応
  • 業界No.1のラインナップ
対応エリア
大阪 、兵庫 、京都 、奈良 、和歌山
実績数
1,000~3,000
電話番号
03-5770-1661
会社サイト
http://www.unimat-life.co.jp/ocs/coffeemaker....

9. ダイオーズ(フランチャイズ)

ダイオーズ(フランチャイズ)
  • エスプレッソタイプとレギュラータイプを用意
  • 定期訪問、無料点検とクリーンアップ
  • こだわりの自社焙煎コーヒーを全国へ
対応エリア
大阪 、兵庫 、京都 、奈良 、和歌山
実績数
1,000~3,000
電話番号
050-5266-1381
会社サイト
http://www.daiohs.com/tasty/coffee/

10. キューリグ・エフイー株式会社

キューリグ・エフイー株式会社
  • 本格的なドリップコーヒーを抽出可能で味の評判は業界トップクラス
  • 紅茶や緑茶などのラインナップが豊富
  • 価格に定評があり
対応エリア
大阪 、兵庫 、京都 、奈良 、和歌山
実績数
500~1,000
会社サイト
http://www.keurig.co.jp/

掲載中の企業所在地マップ

大阪府のコーヒーサーバー業者のページを見た人はこんなランキングも見ています

大阪府のコーヒーサーバーに関連するカテゴリ別の名鑑

大阪府でコーヒーサーバー会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

コーヒーサーバーは、オフィスにいながら気軽にカフェの雰囲気が楽しめるツールです。単に飲み物ばかりでなく、社員のモチベーションも供給してくれるでしょう。事前に、消費量とこだわりなどを確認してから、従業員または来客者のニーズに合わせたサーバーを導入するようにします。安さと手軽さなら「自動販売機タイプ」、シーンによって多彩なテイストを選びたいなら「カートリッジタイプ」、本格指向と量を共に満たしたいなら「ドリップタイプ」がそれぞれおすすめです。課金方法には、買い取りとレンタルの2種類があります。業務用の場合は、レンタル料金が無料となっていることも少なくありませんが、商品補充のメンテナンス体制なども合わせて、費用だけで判断しないようにしましょう。