あなたの発注コンシェルジュ

7万社以上を徹底比較!コスパが最大化する

コーヒーサーバー 一括見積もり

クオリティUP、コストダウン

利用実績 5万件、利用満足度 98%
対応オプション
レンタル契約

初期費用・サポート無料、コーヒーマシン無料レンタル!
定期便のご購入で、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を始めとする3種類の人気のマシンが無料でご利用いただけます。
お客様の使い方に合わせて製品の組合せは自由です。契約期間や最低ご利用金額などの設定もありません!

対応オプション
機器買取 /リース契約 /レンタル契約 ... もっと見る

全国に安心のネットワーク 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、の各拠点を中心に、全国各地に80箇所の営業所を展開。株式会社ダイオーズは、1969年創業の株式上場企業です。地域に密着したきめ細かいサービスで、いつでも、どこでも、新鮮なコーヒーをお届けしています。

対応オプション
機器買取 /リース契約 /レンタル契約

キューリグ・エフイー公式ホームページ。キューリグのコーヒーメーカー(ブリューワー)に、ブリュースターK-Cupパックをセットするだけで、いつでも本格コーヒー、紅茶、緑茶、ジャスミン茶、烏龍茶が簡単に楽しめます。

対応オプション
リース契約 /レンタル契約

美味しいコーヒーでオフィスが「カフェ」になる!オフィスコーヒー飲用者の多彩な嗜好を適確にカバーしたUCCの誇るコーヒーシステムをご案内します。UCCのコーヒーシステムでオフィスに快適なコーヒー空間を。

対応地域:

北海道青森岩手宮城秋田山形福島栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

対応領域:

格安買取タイプレンタル・リース対応 など、あらゆる業界業種、サービスに対応しています。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

下矢印

コーヒーサーバーの選び方ガイドGuide

コーヒーサーバーの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

あいみつ君

コーヒーサーバーの選定ポイント

コーヒーの消費量とニーズを確認する

大きさなどの量だけでなく質にもこだわった業者選びを!

コーヒーサーバーを選ぶには、社内でのニーズを把握することが先決です。ポイントは主に「量」と「質」ですが、来客者対応は日本茶なのかコーヒーなのかという視点も含め、消費量が多く見込めるのであれば、大型のオフィスコーヒーサーバーが必要になるでしょう。また、インスタントなのかコーヒードリッパーなのかという好みの問題もあります。 その上で、下記の各タイプから、適したコーヒーサーバーを選ぶようにしましょう。

  •  コーヒー配送サービス

喫茶店や専門店に出前を頼む方法です。5杯から10杯程度のコーヒーをポットに入れたケータリングサービスを行っているチェーン店もあるので、お近くの店舗をチェックするようにしてみましょう。メリットは、ひき立てのプロの味が楽しめることです。デメリットは、割高で会計に手間がかかることや、急な来客の対応が間に合わないことです。

  •  自動販売機タイプ

一般的によく見かける、紙コップなどに注ぐインスタントタイプのコーヒーサーバーです。メリットは、安さと手軽さ、コーヒー以外のニーズにも対応できることです。デメリットは、来客者やこだわり派の納得感が得られないことでしょう。

  •  カートリッジタイプ

最近になって普及してきた、ポーションなどのカートリッジを選んで、お好みの一杯を楽しむタイプのコーヒーサーバーです。メリットは、ひき立てに近い味と香りが味わえ、飲み残しもなく、多彩なテイストが選べることです。デメリットは、コストが比較的割高になることです。

  •  業務用ドリップタイプ

大量の消費が見込まれる業務用に特化した、本格派も納得できるドリップタイプのコーヒーサーバーです。水出しができるウォータードリップコーヒーサーバーなど、オフィスにいながらカフェの雰囲気を楽しめる機種も登場しています。メリットは、安価なこととコーヒーのクオリティが保てることです。デメリットは、ゴミの手入れが手間であること、長時間経過したコーヒーの質や飲み残しのロスなどです。

  •  家庭用コーヒーメーカー

需要が少ないのであれば、家庭用の小さなコーヒーサーバーを選択する方法もあります。メリットは、カートリッジタイプやドリップタイプなどおしゃれな機種が多彩にそろっているので、少人数の好みが生かせることです。デメリットは、ゴミの処理や、使用していないとき急な来客があると時間がかかることです。

 

日本のコーヒー消費量は、2011年の段階で世界第4位となっています。最近ではコンビニでもひき立てのコーヒーが楽しめるようになり、今までのインスタントから、クオリティを重視した本格指向への切り替わりが起こっています。従業員や来客者のおもてなしを考える意味でも、本格的なコーヒーサーバーの導入社数は今後伸びていくことが予想されます。

尚、関連カテゴリーの「ウォーターサーバー(宅配水)の比較」 、「ティーサーバー(給茶機)の比較」もご参考にしてください。

 

買い取りかレンタルかで選ぶ

買い取りタイプとレンタルタイプ、自社のニーズに合わせた選択を。

コーヒーサーバーには、本体を買い取って使用するタイプと、指定のコーヒーを購入することを条件に月々の使用料金を支払うレンタルタイプ(リースタイプ)の2種類があります。法人利用の場合、コーヒーの消費量によってはレンタル料金が発生しないケースもあるので、ホームページなどを確認してみましょう。

人数が小規模の事務所などでは、日によって利用したりしなかったり、消費量が一定していないケースがあります。そのような場合は、家庭用のドリップコーヒー器具を直接購入した方が安く済むかもしれません。

 

メンテナンス対応の料金や頻度をチェックする

清掃やカードリッジの補充など迅速な対応が可能かどうかは重要。

コーヒーやカートリッジ類の補充、機械の清掃などを、迅速に過不足なく行ってくれるメーカーを選ぶようにしましょう。レンタルコーヒーサーバーの場合は、利用料金とメンテンナンス料金を分けている取扱会社もあるので、課金方法をしっかり把握してから比較するようにします。

 

コーヒーサーバーの費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声からコーヒーサーバーにおける料金相場情報を集めています。買取かレンタルかのプランなどによって大きく料金体系も変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

あいみつ君
吹き出し

コーヒーサーバーの相場

本体の相場は買い取りの場合業務用で30~70万円前後、家庭用なら5,000~3万円程度。

コーヒーサーバー本体の相場は、買い取りの場合業務用で30万円から70万円前後、家庭用なら5,000円から3万円程度といったところです。レンタルは月額5,000円から1万円程度で、コーヒーの購入量によってはメンテナンス費用が無料になるサービスも一般的になってきました。

コーヒー1杯あたりの価格は、小分けになればなるほど割高となるのが一般的です。高い順に並べると、1杯分のポーションタイプなら40円前後、同じく1杯分のカフェポッドタイプなら30円前後、キログラムあたりで購入するコーヒー豆だと1杯あたり20円前後が相場です。

 

コーヒーサーバーのトラブル事例

機械的な故障やメンテナンスなどに関わるトラブルなどの悩みは多く聞かれる悩みでもあるようです。ここでは当社が把握済みのコーヒーサーバーにかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

あいみつ君
吹き出し

マシントラブル

対応の有無だけでなく、頻度や時間帯についても確認しておくこと!

商品やポーション類の品切れ、お湯が出なくなったなどのケースです。水道に直結されていないコーヒーサーバーは、機械の内部に給水タンクを設置しているので、これが空になると使用することができなくなります。契約時に取り扱い上の注意点を良く確認するようにしましょう。また、メンテナンスがサービスに含まれる場合、その頻度や深夜対応が可能かどうかも重要なポイントとなってきます。

耐熱ポットが割れた

温度によるトラブルは多い、事前にしっかりと確認しておくこと。

耐熱ガラスは一般のガラスと比べて割れやすい傾向にあるので、落下による破損に気をつけるようにしましょう。陶器製や保温機能のあるステンレス製など、よほどのことがない限り割れないポットを選んでみてもいいでしょう。また、電熱による保温が可能であっても、直火にかけることはできない場合があります。注意書きやラベルなどを忘れずにチェックするよう心がけます。

コーヒーサーバーのアイミツ利用事例「福利厚生としてオフィスコーヒーの利用」

どのようなコーヒーサーバー業者を探していましたか?

休憩所の設置をきっかけに自動販売機の導入を決めた。

オフィス移転に伴い、休憩所(リラックススペース)を設けたことで、自動販売機導入・ウォーターサーバー導入・コーヒーサーバー導入の検討をはじめました。費用対効果を検討した結果、様々な種類のコーヒーを飲むことができるコーヒーサーバーを導入し、来客対応にも適応させていくことになりました。福利厚生の一環としても社員が自由にコーヒーを飲むことができること、コスト負担が大きくならないことが選定のポイントでした。

あいみつ子さん

アイミツを利用したきっかけ

アイミツではコーヒーサーバーという項目がすでにあり多くの業者比較が魅力

コーヒーサーバーは様々なメーカーから法人用・家庭用ともに出ているのですが、筐体のリース代金とコーヒーの一般単価・支払い方法を確認する必要がありました。インターネット検索をしていても、なかなか各業者のホームページだけでは、欲しい情報が取得できずにいたのですが、アイミツではコーヒーサーバーという項目がすでにあり、かなり多くの業者比較ができました。特に月間最低発注数が明記されている業者もあったので、自社の消費量にあう業者に問い合わせをすることができました。

あいみつ子さん

見積もり時に気をつけたこと、反省点

スペース内に設置できる大きさと、メンテナンス面がどうなっているのかを中心に。

気をつけたことは、コストと筐体の大きさです。リラックススペースはすでに決まっていましたので、そのスペース内に設置できるものを選ぶ必要がありました。また、筐体のメンテナンス・掃除が自社で対応できるものなのか、別費用で業者に依頼しなくてはならないかも確認していきました。これは、以前にポットを設置した時に、ポットまわりが汚れてしまい、その片付けをすることが負担になってしまっていたためです。今回もスペースが汚れにくい筐体を選ぶように心がけました。

あいみつ子さん

実際に発注してみた感想や気づき

休憩所がコミュニケーションの場となり、導入して良かったと思っています。

以前のポット設置の事例をお話したところ、コーヒーデリバリー時に清掃を行ってくださる業者があり、そちらに決めさせて頂きました。新製品のPOPを置いてくださったり、販売前のコーヒーをサンプルで入れてくださったりと担当者とのコミュニケーションもよく、福利厚生を目的としてオフィスコーヒーを導入しましたが、むしろ総務部が一番恩恵に預かっているのではないかと思うほどです。またリラックススペースで簡単な打ち合わせをしていたり、コミュニケーションする姿を見かけることも多くなり、導入して良かったと思っています。

あいみつ子さん

コーヒーサーバーの用語・基礎知識

コーヒーサーバー基礎知識・基礎用語

一般のコーヒーと、エスプレッソやカプチーノなどの違いは、主に抽出方法にあります。

「コーヒー」は、お湯が重力によって自然に落下する時間を利用して、じっくりと抽出されます。このため、浅煎り(あさいり)のコーヒー豆が適しているといわれています。これにミルクを加えたものが「カフェオレ」です。

「エスプレッソ」は、お湯に圧力をかけて短時間に抽出したコーヒーの一種で、専用の機械を使用し、深煎り(ふかいり)のコーヒー豆を使用します。これにミルクを加えた飲み物が「カフェラテ」、泡立てたミルクを加えると「カプチーノ」になります。

 

閉じる

サービスにかける想い

株式会社ユニラボ 代表取締役 栗山規夫

株式会社ユニラボ
代表取締役 栗山規夫

感動できる、業者紹介のコンシェルジュサービスを目指して

発注先選びに苦労したことはありませんか。時間もなく、その分野に詳しくないから外注するのに、どうしてあれこれと調査に時間をかけなければならないのでしょうか。

残念ながら、どの企業のホームページにも良いことしか書いていません。相場も分からないままに、いたずらにたくさんの業者に見積もりを依頼した結果、ろくに料金交渉もできなかった苦い経験が私にもあります。

逆に、受注者側の視点に立ってみるとどうでしょうか。一件でも多くの受注を得るためには、一件でも多くの見積もりをとらなければ、と考えてしまいます。当然、ホームページ上には聞こえのよい情報だけを掲載し、広告宣伝に多くの費用を割くことになります。結果、受注に繋がらないような見積もり依頼ばかりが増え、その対応にもすくなからぬコストがかかることになります。そんな受注者側の悩みも、たくさん耳にしてきました。

発注者と受注者とが、お互いにムダな時間やコストを省き、より幸せなかたちで出会うにはどうしたらよいか。をアイミツはそんな想いから、日本一と言える5万社以上の業者ネットワークを構築し、現在も日々優良企業を発掘し続けています。

業者選びのプロとも言えるアイミツのコンシェルジュは、東証一部上場企業の役員経験者や、コンサルティング業界出身者、大手総合商社出身者など、ビジネス経験豊かな人材ばかりです。発注先を探しておられる皆様の頼れる存在として、業者選びから相見積もりの取得まで幅広いサポートを行っています。

おかげさまで、新規の利用者様はもちろん、リピーターの皆様からの厚いご支持により、気がつけばご相談実績は5万件を超え、100万件以上のクチコミ評判を高度に分析できるサービスにまで、成長することができました。

業者との素敵な出会いが、よりスピーディーに、より簡単に実現できる。そんな世界を目指し、これからも利用者の皆様の声を大切にしつつ、さらなるサービス品質の向上に取り組んで参ります。

  • ワールドビジネスサテライト

    チラシや看板の発注から、弁護士への依頼まで比較でき、
    既にこのサイトを通じて企業同士で、数億円の取引が成立した。

    ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

  • 日本経済新聞

    120の分野で計5万6千社の発注先を比較・検索できる。
    半年で2,000社が利用し、発注総額は10億円を超えた。

    日本経済新聞

  • IT media

    「印刷通販」「貸し会議室・セミナー会場」「オフィス清掃」「OA機器レンタル」など
    100以上のカテゴリーに分かれいて、企業の発注業務にかかわるものであれば、ほぼ網羅。

    IT media