業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

カーリース

最適業者がスグに見つかる

カーリース(自動車リース)とは自動車を長期契約により一定の期間貸し出すことで、企業がリースで自動車を導入すると、基本的にリース料が賃貸料に計上されるため流動費扱いとなり、固定資産の圧縮を行うことができるなどのメリットがあります。必要な自動車の種類や導入方法に応じて業者を絞り込み、サポートの充実度や車検、メンテナンス費、保険等の取り扱いがどうなっているのかを事前に必ず確認するようにしましょう。契約期間は車検に合わせて3年・5年・7年などとなっていることが多いです。原則として中途解約はできず、もし中途解約をする場合は損害金を支払う必要がありますので十分に注意しましょう。また、近年は短期リースのニーズも高まり、対応する業者も出てきています。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

カーリース(自動車リース)の法人比較ガイド・比較のポイント

カーリース(自動車リース)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

カーリース(自動車リース)の選定ポイント

POINT
01

2パターンの導入方法

導入方法は大きく分けて2つ、最適な方法の選択を!

カーリース(自動車リース)の導入方法としては、現在利用している社用車はそのまま利用を続け、買い替えや増車を行うタイミングでリース社に切り替える順次入れ替え方式と、現在利用している社用車をすべてカーリース会社に売却し、そのままリース車として利用するリースバック方式があります。すでに社用車がある場合は、社用車をリース車とすることで固定費から流動費へと計上項目を変えることができる場合があるため、経費削減につながるメリットがあります。

 

POINT
02

自動車の種類

ニーズに合わせた種類の選択を!

一口にカーリース(自動車リース)業者といっても乗用車のみを扱う業者から電気自動車、トラック・バス、福祉車両、フォークリフト、バイク・二輪車など様々な種類の自動車を扱う業者まで様々です。まずは自社が希望する自動車を取り扱っているリース業車をいくつか絞り込むと良いでしょう。また、中古車の場合はリース料が安くなるため、価格を抑えたい場合は中古車を取り扱っている業者を選択するのもおすすめです。尚、中古車といっても新古車といって試乗車などで利用されていた比較的新しい車が利用されていることが多いため、何年も経過した古い車ではないことが多いようです。

 

POINT
03

車検・メンテンナンス・保険

コストに関わる重要なこと、しっかりと理解しておくこと。

カーリース(自動車リース)の場合、車検やメンテナンスの料金、自動車税などがリース料に含まれている事が多く、突然の大きな出費が必要になることがありません。しかし、プランによっては月々の支払を安くする代わりに諸経費を自己負担するというタイプもあるので注意が必要です。また、自賠責保険はリース料に含まれているのが一般的です。任意保険についてはリース会社で入る場合(月額リース料に含まれる)と借主が入る場合があります。業者によってことなるため、事前に確認するようにしましょう。

 

POINT
04

事故、故障時のサポートは十分か

万が一の事故の際などの対応は非常に重要。

電話やメールによるサポート、万が一事故を起こした場合の対応などが充実しているかどうかも重要なポイントです。特にその分料金は高くなりますが、24時間365日のロードサービスを導入している業者や、事故を起こした場合の保険会社との打ち合わせや保険金請求の手続き、修理先の手配、代車の手配を行ってくれる業者を選ぶと安心して自動車を利用することができます。

 

POINT
05

契約期間終了時、中途解約時の処理

やむを得ない途中解約などで不必要な損をしないためにも!

カーリース(自動車リース)の契約期間終了時の返却方法にはオープンエンドとクローズドエンドの2通りあります。これらは予定残存価格(残価)と査定価格の差額処理方式のことで、オープンエンドの場合は契約満了時に予定残存価格と査定価格との差額を生産し、査定価格が残存価格を上回った場合はリース会社が顧客に、下回った場合は顧客がリース会社にそれぞれの差額を支払います。クローズドエンドは差額を精算しない方式のことで、法人契約の場合は一般的にこの方式を取ります。また、カーリースは原則として中途解約はできません。やむを得ず中途解約が発生した場合は車両を返却するとともに、規定損害金を支払う必要があります。盗難・全損の場合は規定損害金の他に車両の残存価格及び自動車リサイクル預託金相当額を併せて支払う必要があるため注意が必要です。

 

POINT
06

ニーズに合ったリース期間で契約できるか

短期間でのリース契約など、必要に合わせた選び方も!

短期でカーリースを行いたい場合もあるかと思います。一般的なリース契約は3年、5年、7年が多いですが、1日や1ヶ月といった短期契約で利用できるリースサービスを提供している業者もあります。用途に応じて活用してみると良いでしょう。

 

カーリース(自動車リース)の発注時よくある質問

人イメージ

カーリース(自動車リース)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック