業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中古の優良業者

ビジネスフォン

最適業者がスグに見つかる

ビジネスフォンとは複数の外線と内戦を共有して制御できる電話機のことで、制御を行う主装置と、複数の端末機で構成されます。ビジネスフォンを導入することで、少ない電話回線・ひとつの電話番号を多くの電話機で共有することができ、必要最小限の回線を複数の内線電話で共有することで導入費用・月額基本料ともに削減することができるというメリットがあります。導入の際は、まず購入するのかリースするのかを決めた上で、回線数や電話番号数、機能などを考慮し機種を選択しましょう。その際、現在のニーズだけでなく、将来的なニーズも考慮して機種やレイアウトを決めることで、無駄のない導入が可能になります。また、業者のサポート体制やメンテナンスなどについても確認しておくようにしましょう。中古品を購入する場合は、初期動作保証の有無や保証期間の長さも忘れずに確認しましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

中古のビジネスフォンの業者選び方ガイド・比較のポイント

中古のビジネスフォンの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

中古のビジネスフォンの選定ポイント

POINT
01

中古ビジネスフォン機器の概要をおさえておく

ビジネスフォン市場の今を分析する。

ビジネスフォンの市場シェアは、NTTが約50%、次いでNEC、SAXAが約20%ずつで90%を占めます。残りの10%を日立、ナカヨ、岩崎通信、パナソニックといったメーカーが占めています。

NTTブランドのビジネスフォンは中古市場でも多くの台数の中古良品が出回っており、故障時などの部品の調達にも不安はありません。NEC、SAXAについてはNTTのビジネスフォンよりは中古市場の機器は多くありませんが、それぞれ中古のNECビジネスフォン専門店、SAXAビジネスフォン専門店があります。日立、ナカヨ、岩崎通信、パナソニックについては台数はそれほど多くは出回っていないのが現状です。

POINT
02

中古ビジネスフォンのメリットデメリットを確認しておく

中古ビジネスフォン導入の注意点もおさえておこう!

  • 中古品のメリット

◇新品の1/10~1/2の価格で購入できコストを抑えられる

◇電話機としての基本機能は新品とほとんど変わらない

◇過去の豊富なラインナップから定評のある製品を選べる

  • 中古品のデメリット

◇多少のキズやくすみ、使用感がある

◇最新機種は選べない/価格メリットがない

◇中古に出回るのは保証期間対象外がほとんど

中古パソコンなどの導入に比べて古い機種の性能劣化はさほどなく、また急に故障するケース(中古パソコンであれば突然立ち上がらなくなる、ハードディスクがクラッシュするなど)もそれほど多くありません。

POINT
03

中古ビジネスフォン導入工事の基本方針を立てる

機材だけの見積もりではなく導入プランを立てる。

  • 使用シーンを想定して何台ビジネスフォンが必要か決める

一人一人が電話でのやりとりを頻繁にする会社の場合

社員数+受付1台+会議室の数が目安です。

電話をする人としない人が5:5くらいの会社の場合

社員数×0.5+受付1台+会議室の数が目安です。

近い将来事業拡大・社員増員が見込まれる場合

ビジネスフォンは機種によって増設する台数が決まっているため、増設時にそれまで使っていたビジネスフォンごとすべて入れ替えという事態もありえますので注意しましょう。

  • 同時通話数(チャンネル数)を決める

チャンネル数と電話回線数は同じではありません。ISDNやひかり電話などの電話回線サービスの種類や接続端末(ビジネスフォン)の機種によって、チャンネル数(同時通話数)は変わってきます。一般的には必要同時通話数は社員数の3分の1程度と言われていますが、自社のケースによって平均より数量が多そうな場合、低そうな場合に合わせて最適なチャンネル数を割り出しましょう。

  • 電話回線サービスの種類を決める

大きく分けて「ひかり電話」「ISDN回線」「アナログ回線」があり、それぞれ特徴があります。

ひかり電話

NTTの光回線を使ったIP電話システムの一種です。インターネットの光接続化に伴いビジネスフォンの回線として利用するケースが増加し、ISDNより基本料金が格安であることが多いです。ナンバーディスプレイや転送などのオプションも充実しています。導入には、利用環境によってIP電話ルーター等の対応機器が必要です。

ISDN回線

1契約でアナログ2チャンネル分の通信が可能なことからビジネス用途を中心に普及しています。

アナログ回線

最も古くからある回線形態で障害に強く高い信頼を得ています。

POINT
04

サポートは充実しているか確認する

業者によって差がでる部分なのでしっかりチェック!

ビジネスフォンの通話品質が不良だと、業務効率が悪くなったり、場合によっては商談に影響を及ぼしたりする可能性もあります。やはり、そのような端末の不具合が発生した際にすぐに対応してくれる業者を選びたいものです。故障への対応方法や疑問点が出た際の問い合わせ先などとともに、購入の場合は保証期間を、リースの場合は保守・メンテナンス契約の内容を事前に確認するようにしましょう。

ビジネスフォン新設の場合には工事をやっておしまいというケースも多いですが、中古品の導入でやはりいちばん気になるのがサポートについてです。故障時などの対応に定評のある実績のある会社を選ぶようにしましょう。

中古のビジネスフォンの発注時よくある質問

人イメージ

中古のビジネスフォンについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック