業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

組込システム開発

おすすめ業者を一覧比較

組込システム開発とは、私たちの身のまわりの機器(例えば、自動車、テレビ、カメラ、携帯電話、ゲーム、OA機器等)に必ず組み込まれているシステムで、非常に身近な技術ですので数多くの業者が存在します。発注したい開発のジャンル(家電・通信・OA機器・医療系・工業制御・FA・その他)や、求める技術(必要なプログラム言語、OS対応、CPU、ミドルウェアのチューニング、通信技術など)の確認をしましょう。その上で、開発実績やエンジニア(SE)の人月単価などを確認し、更に、開発するエンジニアやチームの信頼性、安心感なども選定のポイントとなりますので、必ず事前面談の上、相見積もりを取得すると良いでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

組込システム開発の業者選び方ガイド・比較のポイント

組込システム開発の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

組込システム開発の選定ポイント

POINT
01

開発実績と対応ジャンル

開発したい機器に対応や、ジャンルでの開発実績を中心に選定すること!

組込システム開発は、私たちの身のまわりの機器・ハードウェア(例えば、自動車、テレビ、カメラ、携帯電話、ゲーム、OA機器等)に必ず組み込まれているシステムですので、非常に身近なところに利用されている技術と言えます。業者を選定する際には、開発したい機器に対応しているか、そのジャンルでの開発実績を確認すると良いでしょう。

組込システム開発のジャンル例>

  •  家電、通信:デジカメ、スマートフォン、CD/DVDプレーヤー、カーナビなど
  •  OA機器:複写機、ファクシミリ、バーコードスキャン、映像・音声制御など
  •  医療系:内視鏡システム、検査システム、電子カルテなど
  •  工業制御・FA:半導体制御、電子部品の設計など
  •  その他

 

POINT
02

求める技術力や開発スタイル

確認すべきポイントは沢山あり、問い合わせなども積極的に!

発注する開発案件によって必要な技術は変わってきます。必要なプログラム言語、OS対応、CPU、ミドルウェアのチューニング、通信技術など確認すべき点は少なくありません。初めての発注時などで、依頼すべき点が良く分からない場合は、相見積もりを行うなど業者に問い合わせすると良いでしょう。

<ある業者の対応技術領域の例>

CPU Intel、ARM、SH、NXP
OS、ドライバ Windows、Linux、μITORN、DOS
ミドルウェア C、C++、C#、JAVA、スクリプト言語

また、その業者が得意とするシステム開発工程がどうなるかも事前に確認してください。基本設計→詳細設計→プログラム開発→テスト(スパイラルモデルの例)などの開発プロセスが、依頼したい開発内容に合致するかどうかの見極めも重要です(一般的なウォーターフォールモデルは組込システム開発には適用できないことが多いのでご注意ください)。

 

POINT
03

エンジニア(SE)人数と人月単価

難易度で変わる担当エンジニアや人月単価などを確認すること。

発注先業者のエンジニア人数の確認を行いましょう。大規模なプロジェクトほど、下請けに業務委託しているケースもあり、自社内でどの程度の開発工数が取れるのかは把握しておきたいポイントです。また、近年はオフショア開発と言われる海外のエンジニア活用も盛んになっていますので、プロジェクトの規模によってはオフショア開発の利用可否についても検討すると良いでしょう。「オフショア開発業者の比較」 もご参考にしてください。

また、ITシステム関連では、「人月単価」という概念でプロジェクトの工数規模を計算しますが、発注先業者の人月単価についても必ず確認します。その際、プロジェクトの期間や難易度によっても担当するエンジニアは変わりますので、見積もりを取得して当該案件の人月単価を確認してください。明確な相場は無く、月額50万円程度から、月額100万円以上を超える人月単価の業者があります。安いからだめ、高いから良いなど一口には言えないため、やはり相見積もりや事前ミーティングなどをして担当エンジニア(チーム)のクオリティを確認しておくべきでしょう。

 

POINT
04

優良なシステム会社かどうか

開発エンジニアやチームとしての信頼性などもしっかりと確認を。

システム開発において重要なことは、良いシステムかどうかは大きく「人」に依存するということです。同じ業者に発注してもクオリティにバラつきがあるなどの失敗事例もありますので、できれば担当するエンジニアを指名したいところですし、システムの仕様を決めるエンジニア、中心となって開発するエンジニア、上流、下流で担う役割や期待も変わってきますので、チームとして信頼できるかどうかも確かめたいところです。リーダーとの面談も行うと良いでしょう。

<良いシステム開発業者かどうかを見極めるポイント>

  •  コミュニケーション力

打ち合わせではクライアントが理解しやすいように努めるべきです。技術用語ばかりを使ったり、素人目線に立って相談できないシステムエンジニアだと長いプロジェクト期間にとん挫する可能性もあります。

  •  技術力、知識力、経験

経験や技術知識に裏付けされた提案が欲しいものです。その際エンジニアの保有資格だけが実力とは限らない世界ですので、過去に経験したプロジェクト(規模感、テーマなど)を確認すると良いでしょう。

  •  安心感

プロジェクト管理において必ず予定通り進むとは限らない中で、計画が遅延することや、想定外のトラブルも起こり得るでしょう。そのような不測事態に企業としてどう対応するのか、については事前に確認したいポイントの1つです。

 

組込システム開発の発注時よくある質問

人イメージ

組込システム開発についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック