あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

看板製作
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ 看板製作業者を探す際のワンポイントアドバイス

看板屋の仕事は、看板のデザイン、看板の製作、看板の取り付けの3つになりますので、まずそれぞれ依頼内容を明確にする必要があります。ターゲット顧客や周囲の競合状況などを鑑み、看板形状、素材、デザインを検討する必要があります。看板の種類は、LEDやネオンを使った電飾看板、壁面看板や立て看板といった屋外を想定したもの、カッティングシート、アルミパネル、横断幕まで幅広く存在します。看板屋の選定には、看板の設置・取り付け対応に加えて、設置したあとのアフターフォロー(老朽化対策、電球取り換え等)が充実しているかや、例えば高所看板の場合には取り付け作業が可能かどうかなどの確認も必要です。

ところで

看板製作の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

ご要望にあわせてこんな業者もご紹介

  • 格安施工

    格安施工

    看板製作の会社には製作・デザインを得意とする会社がいる一方で、施工や修理などを専門とする会社もいます。こういった会社は施工を格安で行うことも可能であったりします。

  • 超短納期

    超短納期

    デザイン決定から製作・施工・設置までは看板種類によって納期はまちまちです。簡単なカッティングシートのようなものであれば、製作は1日、設置までは3営業日といった会社もあります。

  • 大型看板対応

    大型看板対応

    ロードサイドに設置する大型看板や突き出し看板は施工・設置時に許認可を得る必要があるケースがあります。高所作業になる場合は、専門知識・施工技術が必要なので、業者の選定は慎重に行ったほうが良いです。

その他の要望イメージ

飲食店経営です。看板広告が初めてなので、まずは試験的にお願いしたいのですが、1つからでも注文できるところをお願いします。/設置と撤去をお願いできる看板制作業者さんは多いようですが、設置許可を都道府県知事に申請する代行もお願いできるところはありますか?/ラブホテルの看板政策に実績のある業者さんをお願いします。/などなど看板屋・看板製作について、どんな些細なご質問も受け付けております。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    紹介企業数は業界No.1。2014年の満足度は、なんと98%。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

看板製作業者を探す

全国613社から、あなたにピッタリの看板製作業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

看板製作の選び方ガイド

看板製作の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


看板製作の選定ポイント

point.1看板種類は豊富か

どんな看板を作るのか、イメージに合う看板を作成できる業者を選ぶこと!

看板屋に看板製作を依頼するときには、「どんな看板を作りたいか」をイメージした上で、設置位置とデザインイメージ、材料(素材)のイメージ、照明イメージを持ってください。看板の種類によっては対応できない業者もあるため、まずは看板種類を明確にする必要があります。看板屋の仕事は、看板のデザイン、看板の製作、看板の取り付けの3つになりますので、それぞれ依頼内容を明確にしてください。

色々な看板の種類>

  •  LED、ネオン看板(電飾看板)

飲食店や娯楽施設、パチンコ店などで利用されるケースが多く、色々な形にさせたり、様々な色を活用して華やかな印象を演出することができます。LEDは小さくて細かい文字サインの作成に利用され、ネオンは比較的大きなサイズに利用されています。電気代の安さから近年はLEDの人気が高まっています。

  •  立て看板

スタンドサインとも呼ばれ、屋外に設置され店舗の誘導に利用されるケース多く、その形状からA型、T型、L型、R型などが一般的に利用されています。電気を点けることができるものや、折りたたみ式、キャスター付きなどの利便性の高い商品も出ています。

  •  壁面看板

店舗や会社などの壁面に設置する看板で、店舗に誘導するための最も重要なスペースと言えます。規格が地方自治体の定める規格基準内であれば設置が可能です。他店舗と差別化を図るために、本体仕様・照明仕様・装飾仕様の3点を設計する必要があります。

  •  カッティングシート

窓ガラスを広告面として活用し、一般的には社名やサービス名などを貼り付けます。営業時間や連絡先電話番号などを記載するケースも多いです。ウィンドマーキング(窓ガラス)だけでなく、カーマーキングと呼ばれる自動車ボディを広告面として活用するケースもあります。ラッピングバスなども同様の仕組みです。

  •  アルミパネル

公園や駐車場など、日差しが強く雨が当たるような屋外で利用されることが多い看板で、軽量なアルミパネルを使って安価に製作することが可能です。

  •  懸垂幕、横断幕

比較的交換が簡単な為、百貨店のイベントやバーゲン等の告知に利用されるイメージです。テント生地(ターポリン素)が主流で、比較的安価に製作が可能ですが、長期使用には向きません。

 

point.2デザイン力は優れているか

価格やサービス内容もさることながら、デザイン力はやっぱり重要!

看板は目立ってなんぼという考え方から、色は目立つ色、目立つ書体が基本とされてきましたが、近年はどの業界でも競争が激化し、看板設置店舗(会社)も多くなってきたため、目立つことに加えて、選ばれるためのデザインを考える必要が出てきました。また、設置場所を考えて周囲に同じようなデザインの看板が無いかどうかを事前調査することなどもオススメできます。看板業者によってはデザイン力を売りにしている業者あり、目的や用途に応じて、デザイン力のレベルを選ぶときの基準にしてください。

 

point.3サービス・アフターフォロー

設置後のアフターフォローはしっかりしているかも事前に確認しておくこと。

看板を設置したあとのアフターフォロー面も重要な要素です。看板は老朽化による落下や転倒などの事故に繋がる恐れもあるため、定期的なメンテナンスが必要になります。看板屋のサービス範囲にどの程度の修理やメンテナンス、アフターフォローが含まれているか事前に確認しましょう。ネオンの電球が切れた場合などの想定も行ってください。また、高所看板の取り付けが必要などの特殊ケースの場合は、専門業者もいますので念入りに確認すると良いでしょう。

また、看板を設置するためには必ず屋外広告物許可、道路占用許可、工作物確認等の認可を取得しなければいけません。看板等の広告主、所有者等には安全管理義務があり、各地方自治体の条例で定められています。看板屋によっては申請代行を行っている場合もあるので利用してみましょう。

 

point.4納期

トラブルにならないように、どのタイミングを納期とするかの確認を!

納期については、「原稿がFixするまで」と「正式注文から取り付け(納品)まで」の2つに分かれます。原稿をFixさせるためにはデザインにどこまで拘るかで変わりますが、簡単なデザインだと1営業日以内に対応可能な業者もあります、特殊デザイン加工の場合は1カ月以上掛けるケースもあります。正式注文から取り付け(納品)までに掛かる時間は、製作する看板種類によりますが1~2週間程度が一般的です(長い場合だと1カ月を超えるケースもあります)。最近では16時までに原稿入稿で当日発送するような即納を売りにする看板屋もあります。

 

point.5制作実績は豊富か

デザイン力の確認には豊富な実績なども判断材料にすること。

看板屋としての実績も確認すると良いでしょう。業歴、製作実績、デザイン実績などの確認に加えて、看板業は各都道府県に屋外広告業の登録を行わないと営業できませんのでその点も確認してください。

看板屋はネオン曲げ、溶接、板金、立体造形など専門的な技術を要する職人作業ですので、クライアントの要求に答えられるかどうかは過去の製作経験(キャリア)に応じて変わってきます。直接会うことができない場合は電話応対で業者の技術力や対応力を見極めてください。

 


看板製作の費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声から看板屋・看板製作における料金相場情報を集めています。どのような物へのデザインなのかなどによっても大きく料金体系も変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

コンシェルジュ

看板屋・看板製作の相場

看板本体価格、デザイン制作費、取り付け工事費、などが看板設置価格となる。

看板設置価格は、「看板本体価格」+「デザイン制作費」+「取り付け工事(送料)」となります。取り付け工事は「作業員の人数」×「必要作業時間」で計算されることが一般的ですが、3m以上などの高所作業の場合は、高所作業車が必要となり追加料金が発生します。

看板の種類、サイズ、素材、デザインシートの素材、加工方法、デザイン、設置場所、取り付け工事に掛かる時間などによって変わってきますので、見積もりを取得する必要がありますがここではだいたいの相場価格について記載します。

LED看板 20万円~100万円程度
ネオン看板 1万円~5万円程度
立て看板 1万円~5万円程度
壁面看板 10万円~40万円程度
カッティングシート 1文字当たり100円~1,000円程度
アルミパネル 数千円~数万円程度
懸垂幕・横断幕 1万円~
デザイン費用 2万円~

例えば、会社の入口に設置する社名プレート看板を製作する場合、透明アクリル板、文字はカッティングシート、2色使用、デザイン依頼で6万円程度~、店舗の入り口上部に設置するファサード看板を製作する場合、600mm×1800mm、デザイン依頼、LEDスポットライト付で15万円程度~などとなっています。

 


看板製作のトラブル事例

無資格の業者だった、設置した看板がすぐに落下してしまったなどのクレーム類は特に心配で多く聞かれる悩みでもあるようです。看板屋・看板製作にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

コンシェルジュ

設置した看板が条例に引っ掛かり、撤去しなければいけなくなった

時には手続きが必要なケースなどもあり、条例などは事前に確認しておくこと。

看板はどこでも勝手に置いてよいというものではなく、条例によって美観地区や禁止地域に指定されている場合には置くことができません。せっかく製作した看板が無駄にならないためにも、事前に設置が可能かどうかを確認するようにしましょう。その他、屋外広告物を掲げる際にはそれに応じた許可届を申請する必要があります。それらの手続きを代行してくれる業者もありますので、面倒な場合はそういった業者に依頼するのも良いでしょう。
 

無資格の業者に依頼してしまった

取り付けには資格が必要、無資格の業者には気をつけること!

看板の設置、取り付け工事を行うには資格が必要です。近年、違法業者による無秩序な看板の乱立や看板の落下、倒壊が起きています。もし看板が落下して人を怪我させてしまうようなことがあれば、管理責任を問われることになってしまいますので、必ずきちんとした資格を持った信頼できる業者かどうかを見極めるようにしましょう。
 

設置したばかりの看板が落下して壊れてしまった

万が一のトラブル防止に、保障の面についても確認しておくこと。

業者側の設置ミスで看板が落下し破損したというケースです。このようなトラブルを避けるためには、上記と同じく、まずはきちんとした資格を持った信頼できる業者を選ぶことが大切です。信頼できる業者であっても、看板の落下や劣化はどのくらいの期間保障されるのか、万が一保証期間内に落下した際はどのような対応をしてくれるのか、その際にけが人が出てしまったらその賠償はどうなるのか、などを確認しておくと良いでしょう。
 

屋外広告物に管理責任があることを知らなかった

管理資格を持った業者かどうかを事前に確認しておくこと!

屋外広告物は美観上・安全上の問題を予防するために管理をする必要があり、看板の所有者は資格を有する管理者を設置して点検報告書を提出する義務があります。看板の設置を依頼した業者が管理資格を持っていないと、別の管理資格を持った業者に管理を依頼しなければならなくなり、手間が増えますので、製作から管理まで含めて一括で依頼できる業者がおすすめです。
 

看板設置工事中に、隣の店舗に営業妨害だと言われてしまった

近隣店舗の邪魔にならないような配慮が必要。

高所に看板を設置中に、高所作業車を隣の店舗の前に移動させなければならなくなったが、隣の店舗に営業妨害だから今すぐ中止しろと怒鳴られた、というようなケースです。工事が必要な看板の設置ではこのような近隣トラブルが珍しくありません。普段から良好な関係を築くことを心掛け、看板を製作する前に、挨拶と看板設置について説明を行うようにしましょう。また、設置の際は近隣店舗の邪魔にならないよう営業時間外に工事を行うようにする、近隣が住宅の場合は日中にする、など周囲への配慮を忘れないようにしましょう。
 


看板製作のよくある質問

看板製作についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Q発注できる看板の大きさに制限はありますか?

A業者によっては制限があるものの、多くの場合相談などが可能。

看板の素材や種類により、看板制作会社ごとにある程度の制限はありますが、柔軟に対応可能です。
ただし、条例や、看板を設置する場所により、看板のサイズや種類が制限され、要望通りに設置できない場合があります。
事前に条例や掲載場所の確認をおこなうことをおすすめします。

Q看板の耐用年数はどれぐらいですか?

A物によるところが大きいが、5年程度で褪色が気になりだすことも多い。

電飾看板であれば、ネオン管や電球の取り替えをおこなえば半永久的に使用できます。
立て看板などに良く使用される、印刷による看板は日当りにも左右されますが5年程度で褪色が気になり出すことが多いようです。
看板の効果、設置場所、耐用年数を考慮し、効率的な看板の提案をしてくれる看板制作会社もありますので、どこまで相談にのってくれるかを事前に確認しましょう。

Q看板の設置の際の各種申請は代行可能ですか?

A申請の代行には別途料金が必要になるのが一般的。

看板の種類により、道路交通法、建築基準法、条例などに基づいた申請が必要になる場合があります。
多くの看板制作会社で、それらの申請の代行を別途料金で受け付けています。
まずは、設置した看板がどの申請が必要なのかを確認し、見積もり請求時に申請代行についてもあわせてご相談ください。

Q納期はどのくらいかかりますか?

A簡単なものであれば1営業日、一般的には1週間程度での設置が可能。

看板の種類やデザインの有無、看板制作会社によって異なりますが、カッティングシートのカットだけであれば1営業日、立て看板なら1週間程度で可能な制作会社があります。
大掛かりなものやデザインから発注する場合は、2週間以上かかる場合があります。
短い納期を希望の場合は、見積もり請求時に依頼内容を明確にしたうえでご相談ください。

Q制作費について、だいたいの価格体系を教えてください。

A一般的な立て看板であれば5万円程度での制作が可能。

看板制作会社によりかなりばらつきがありますが、一般的な立て看板の場合、5万円程度で制作が可能な場合が多いようです。
本体の価格にプラスして、取り付け工事や高所作業が必要な場合はそれらの作業料、デザインから発注した場合デザイン料、その他オプションサービス利用料や送料がかかります。
見積もりには、全体の金額を明細とともに記載してもらいましょう。

Q設置後のアフターフォローはお願いできますか?

A設置後のアフタフォローの有無は非常に重要なポイント。

基本的に看板を製作した会社にアフターフォローも発注可能です。
アフターフォローの内容は、営業時間などの看板記載内容の変更、電球の交換、クリーニング、破損時の修理などが一般的です。
アフターフォローは、その看板を制作した制作会社へ依頼すると、新規で依頼するよりも安くなる場合がありますので、見積もり請求時にアフターフォローについてもご確認ください。

Qどのような種類の看板が発注できますか?

ALED看板やネオン看板などの電飾看板、立て看板、壁面看板、等多岐に渡る。

LED看板やネオン看板などの電飾看板、立て看板、壁面看板、アルミパネル、カッティングシート、懸垂幕・横断幕のデザイン・制作・設置を取り扱っている看板制作会社が一般的です。
発注したい看板の種類が決まっていない場合や提案を受けたい場合は、多くの種類の看板を取り扱っている制作会社に相談することをおすすめします。

Q発注の際、用意するものを教えてください。

A希望するデザインデータが必要、まだの場合はイメージを伝えデザインからの発注も可。

看板のデザインがすでに決まっている場合は、そのデザインデータをご用意ください。
看板のデザインや種類が決まっていない場合や、デザインから発注したい場合は、だいたいのイメージや店舗の立地をお伝えいただくとともに、ロゴなどがあればそのデザインデータをご用意ください。

Q効果的な看板のアイデアを提供してもらうことは可能ですか?

Aプランニングなどのサービスも別料金で提供している業者も増えている。

一部の看板制作会社では、周辺環境や立地、店舗のイメージなどから、効果的な看板をプランニングするサービスを別途料金で提供しています。
また、プランニングサービスのような商品はなくても、看板のプロである看板制作会社は、過去の事例から多くのノウハウを持っているので、不明な点があれば相談してみることをおすすめします。

関連カテゴリー

Qデザイン制作を発注できますか?

A多くの場合デザインからの依頼も可能、コスト面なども確認しておくこと。

多くの看板制作会社でデザインから発注可能です。
だいたいのイメージや店舗の立地をお伝えいただくとともに、ロゴなどがあればそのデザインデータをご用意ください。
なお、発注したデザインに関する著作権の帰属をお客様に設定できるか、また、デザインデータは譲渡可能かなどをご確認のうえ、契約書などに明記しましょう。


看板製作のアイミツ利用事例「はじめての店舗看板製作」

どのような看板屋・看板製作業者を探していましたか?

はじめての実店舗の出店で、店舗前の看板が必要に。

今回はじめて実店舗を出店するに伴い、店舗の前に掲出する看板を製作できる業者を探していました。当店舗は商店街から少し奥まったところに位置しているため、店舗の入口上の看板と共に、路上に出せる電光看板も同時に製作し、商店街を行き交う人にもアピールできるようにしたいと思っていました。

アイミツを利用したきっかけ

インターネット検索で看板制作を検索して辿り着いた。

同じ地域の中に、看板制作を行っている業者がなく、隣近所の知人の店舗オーナーさんにお伺いすると、自分たちで作成した方や遠方の業者に依頼した方、内装業者に店舗リノベーションと同時に発注した方ばかりで、看板だけを別途依頼した話しを聞くことができませんでした。そこで、インターネット検索で看板制作を検索していたところ、アイミツを見つけて、近くにも看板製作業者が数多くあることを知りました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

沢山の提案を貰うことは出来たが、予想以上のコストがかかることが分かった。

看板サイズは既に決まっていましたし、デザインもある程度決めていたので、実際にアイミツでの一括問い合わせの時に情報を全てお送りしたところ、各社とも翌日には見積もりが届きました。このスピード感には本当に驚きました。
素材によって、耐久性が大きく異なることや、店舗イメージによっては看板は店舗入口上に大きくつけないほうが隠れ家的に見えることなど、ご提案もたくさんいただくことができました。反省点としては、最初に考えていた大きさはコストが予算以上になってしまうことが後から分かったため、製作内容の変更を余儀なくされました。結果、店舗オープン日に看板が間に合わなかったことです。

実際に発注してみた感想や気づき

素晴らしい業者さんに出会うことがアイミツには感謝している。

今回は遠方の業者さんを選んだのですが、デザインイメージ画像を見せてくださったので、安心して製作を依頼することができました。インターネットで見つけた業者さんに、高額な看板を依頼することに対して、不安に思うスタッフもいたのですが、店舗の顔とも言える看板を店舗に取り付けた時は本当にみんなで感動しました。今回はアイミツを初めて利用させていただきましたが、素晴らしい業者さんに出会うことができて、感謝しています。これからも、店舗紹介のフライヤーやお客様へのハガキの生産など、アイミツを活用して業者を見つけていきたいと思っています。


看板製作の用語・基礎知識

看板屋・看板製作 基礎知識

看板は飲食店や美容室・サロンといった店舗業の集客導線として必要不可欠であり、インターネットが普及した今日においても非常に重要なPR手段の1つです。店舗以外にも会社のPR、観光地などの屋外PR、公共交通インフラの情報案内にも活用されています。看板製作時にはターゲット顧客や競合他社を意識した看板形状、素材、デザインを考える必要がありますため、看板屋の選定は非常に重要な意思決定となります。また、近年、節電対策から人気を集めるLEDや、新技術として注目を集めるデジタルサイネージ(電子看板)なども活用し、より効果の高いPR方法を検討してください。
 

看板の高さ

大型看板 高さ8m以上の自立看板で、構造計算・転倒防止対策の設計書・看板確認申請が必要です。
中型看板 高さ4m以上の自立看板で、転倒防止対策の設計書・看板確認申請が必要です。
小型看板 高さ4m未満の自立看板で、危険性の回避から転倒防止の設計書の制作が推奨されています。

 

屋外広告物

屋外に設置される広告物全般。屋外に広告を設置する業者は登録が必要で、その設置における法律には屋外広告物法と各都道府県や自治体ごとに条例が定められています。
 

屋外広告士

屋外広告物の制作・施工に関する総合的・専門的な知識及び技術を有することを認定する、建設大臣認定の公的資格です。
 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono