業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ビッグデータ分析

最適業者がスグに見つかる

ビッグデータとは従来のデータベース管理システムなどでは記録、保管、解析が難しい巨大なデータ群のことで、単に量が多いだけでなく非定型でかつリアルタイム性が高いことが特徴です。ビッグデータの分析・解析を行う方法としては、分析ツールを導入する方法、社内で分析システムを構築する方法、分析をコンサル業者に委託する方法、分析システムの構築を開発業者に委託する方法があります。まず分析・解析の目的を明確にした上で、対象となるデータの種類、容量、連携が必要なシステムなどを確認し、自社の要件に合ったサービスを選択するようにしましょう。処理のスピードや操作性、導入コストが得られる成果に見合っているかも必ず確認しましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

ビッグデータ分析・解析の業者選び方ガイド・比較のポイント

ビッグデータ分析・解析の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

ビッグデータ分析・解析の選定ポイント

POINT
01

導入目的を明確にする

情報を有効活用する為にもまずは目的を明確にした選び方をすること!

ビッグデータを分析・解析する上で1番重要なのが、分析・解析をすることでどのような結果を得たいのかということです。せっかく優れた分析システムを構築したとしても、得られる情報を有効に活用できなければ意味がありません。分析するために分析するというような状況に陥らないためにも、まずは分析・解析の目的を明確にしましょう。

▼ビッグデータ分析によるソリューションの例

オペレーションの高度化 社会インフラの異常検知、気象や地震のデータ分析など
情報管理の強化 金融取引の不正検知やリスク分析、治安維持や監視など
製品、サービスの価値向上や改善 需要予測、価格の適正化、トレーサビリティなど
顧客獲得や維持、販売促進 ポイントやクーポンの販売分析、電子マネーの利用状況分析など
WEBメディア アクセスログ分析、ソーシャルメディア分析、位置情報分析など

 

POINT
02

対象となるデータの種類は?

どのような種類のデータを解析するのか明確にすることも重要。

ビッグデータとは単に量が多いだけでなく、非定型でかつリアルタイム性が高いことが特徴のデータ群で、例えば以下のようなデータを指します。

▼ビッグデータを構成する各種データの例

ソーシャルメディアデータ 参加者のプロフィールやコメントなど
センサーデータ GPS、ICカード、RFID等において検知される位置、乗車履歴、温度など
ウェブサイトデータ ECサイトやブログ等において蓄積される購入履歴やブログエントリーなど
マルチメディアデータ ウェブ上の配信サイト等において提供される音声、動画など
カスタマーデータ CRMシステムにおいて管理される販促データや会員データなど
オフィスデータ オフィス文書やEメールなど
ログデータ ウェブサーバー等において自動生成されるアクセスログやエラーログなど
オペレーションデータ 業務システムにおいて生成されるPOSデータや取引明細データなど

どのような種類のデータを分析したいのかによって当然適する分析手法も異なってきます。例えば、ソーシャルメディアやブログの投稿内容などを分析したい場合はテキストマイニングツールのような「分析ツール」が適しており、一方、ECサイトの購買履歴とカスタマーデータを組み合わせて分析したいという場合は、分析システムを構築するための基盤となる「分析プラットフォーム」の導入が適しています。また、社内にリソースを持ちたくない、初期費用を抑えたいという場合はクラウド型(ASP・SaaS型)のサービスを検討するのもよいでしょう。その他、ビッグデータの分析・解析を専門とするコンサルティング会社に委託する方法や、自社に適した分析システムの構築を開発業者に委託する方法もあります。

▼ビッグデータ解析サービスの導入形態

分析ツール型 簡易的にビッグデータ解析を行うことができるもの
分析プラットフォーム型 自社で分析システムを構築するための基盤になるもの
コンサルティングサービス ビッグデータ活用方法の提案や、解析代行サービスを行う
システム開発(SI) 自社に適した分析システムをオーダーメイドで構築する

 

POINT
03

データ容量や他システムとの連携

他のシステムとの連携なども確認が必要!

サービスによって扱えるデータの種類、容量が異なる他、リアルタイム解析の可否、既存のデータウェアハウスとの連携など、性能に違いがあります。対象となるデータの種類、データ容量、連携が必要なシステム、リアルタイム解析の要不要などを必ず確認し、自社の要件に見合ったサービスを選ぶようにしましょう。

▼取り扱うビッグデータの種類

容量 どの程度のデータサイズを扱うかによって、選ぶサービスや分析体系は変わります
種類 テキスト以外にも、音声、ビデオなど様々なデータ体系に対応する必要があります
頻度(スピード) データをリアルタイムに解析し判断を下さないといけない場合があります

 

POINT
04

処理の早さと正確さで選ぶ

膨大な量のデータ処理を行うことから、正確性や早さは非常に重要!

膨大な量のデータを処理するには、不要な内容を整理・排除する「前処理」と呼ばれる手順が欠かせません。ノイズが正しく取り除かれれば、それだけ効率的にビックデータ解析を行うことができます。一方、本当に必要なデータがセグメントされていないと、収集した意味がありません。

そうした意味でも、速さと正確さのバランスが優れているサービスを選ぶことが重要となってきます。

 

POINT
05

使いやすさで選ぶ

担当者のスキルに合った使いやすい操作性を重視することは大切。

高度な機能が搭載されていたとしても、そのソフトを使いこなせなければ、アウトプットは導き出せません。担当者のスキルに見合った操作性で選ぶことも重要です。専門知識が豊富なIT担当者が社内にいる場合は、特別なデータベース技術が必要な製品を選択することもできますが、経営層なども利用したいということであれば、IT知識を必要としない製品を選択する必要があります。そのため、データの処理性能だけでなく、操作性やユーザインタフェースの良さも重視したいところです。

また、生成されたレポートが直感的にわかる視認性も、データマイニングソフトを見極める大切なポイントです。場合によっては、BIツール(Business Intelligence Tools)との連携も検討すると良いでしょう。尚、「BIツール(ビジネスインテリジェンス)業者の比較」もご参考にしてください。

 

POINT
06

導入コストが見合っているか

規模に合ったツールを選択、費用対効果を重視した選び方を!

大量のデータを扱う前提のサービスですので、インフラ面や機能面でも重厚なサービスとなっています。そのため、社内で大規模な分析システムを構築する場合には、一般的に数千万円といった莫大なコストがかかります。しかし、最近では簡易的なツールやクラウド型サービスも増えており、数百万円で導入することも可能です。分析によって得られるメリットや利益を想定した上で、規模に見合ったツールを選ぶようにしましょう。課金方式はもちろん、トータルでどのくらいの費用がかかるのかを必ず事前にチェックしましょう。

 

ビッグデータ分析・解析の発注時よくある質問

人イメージ

ビッグデータ分析・解析についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック