あなたの発注コンシェルジュ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

7万社以上を徹底比較!コスパが最大化する

ビッグデータ分析・解析 一括見積もり

クオリティUP、コストダウン

利用料0円 無料

利用料0円 無料
お電話でのお問い合わせは、0120-917-819

■ビッグデータ分析・解析業者を探す際のワンポイントアドバイス

ビッグデータとは従来のデータベース管理システムなどでは記録、保管、解析が難しい巨大なデータ群のことで、単に量が多いだけでなく非定型でかつリアルタイム性が高いことが特徴です。ビッグデータの分析・解析を行う方法としては、分析ツールを導入する方法、社内で分析システムを構築する方法、分析をコンサル業者に委託する方法、分析システムの構築を開発業者に委託する方法があります。まず分析・解析の目的を明確にした上で、対象となるデータの種類、容量、連携が必要なシステムなどを確認し、自社の要件に合ったサービスを選択するようにしましょう。処理のスピードや操作性、導入コストが得られる成果に見合っているかも必ず確認しましょう。

ところで

ビッグデータ分析・解析の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 業者の選び方がわからない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう・・・

  • 業界事情や相場を知らない

    業界事情や相場を知らない…

    業界ランキングNo.1、実績が豊富な
    人気業者はいったいどこなの?

  • どの企業が優れているのか

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれているけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決!発注先選定を無料でお手伝い!

  • 相場情報をご提供!

    3万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • 専門コンシェルジュによる徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、 全国7万社以上の業者比較・調査から要望に適した会社をご紹介。

  • 評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから評判の良い
    業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは、手間も費用もかからない簡単3ステップ

  • 希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 業者選びのコンシェルジュが無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表を見る
  • 直接商談も可能!スピーディに見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もりを見る

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

3万社以上の相談実績!業界NO.1のお客様満足度98%
  • エイチ・アイ・エス 稲葉様

    エイチ・アイ・エス

    株式会社エイチ・アイ・エス 稲葉様

    プロジェクトの度に手間取っていた発注先探しがこんなにも楽になるのだと実感しました。

  • Gunosy 松本様

    Gunosy

    株式会社Gunosy 松本様

    CMでも話題のニュースアプリGunosy。「未知の優れた企業を、短期間で紹介してもらえました。」とのご感想を頂けました。

  • ブックオフオンライン 澁田様

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン株式会社
    澁田様

    業者探しの手間や不安を解決してくれるマッチングサイトの魅力を知りました。

  • レアジョブ 鈴木様

    レアジョブ

    株式会社レアジョブ 鈴木様

    業界No.1のオンライン英語学習レアジョブ様。「アイミツを利用することで自社の目標設計にもつながりました。」という嬉しいお言葉をいただきました。

  • フロンティアリンク 森様

    フロンティアリンク

    フロンティアリンク株式会社 森様

    レベルの高いビジネス講座が大人気のフロンティアリンク様。「マニュアル通りではない丁寧なコミュニケーション」と評価いただきました。

  • バルクオム 八木澤様

    バルクオム

    株式会社バルクオム 八木澤様

    男性用化粧品で人気のBULK HOMME。「発注ポイントを知ることで、圧倒的な業務効率化につながる」というご感想をいただけました。

tv asahi、Gulliver、TEIJIN、GREE、DeNA、NTT DaTa、YAMAHA

規模を問わず、数多くの有名企業様にご利用いただいているのには 理由があります!

利用料0

ご相談は無料です

業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

満足度998%

安心の満足度98%

紹介企業数は業界No.1。東証一部上場企業との共同運営。2014年の満足度は、なんと98%。

調査社数7万社

プロによる徹底調査

最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

会員登録不要

スピード即日対応

原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

アイミツが比較している企業を、ほんの一部ご紹介

各業者の評判や実績など、より詳しい情報についてはアイミツにご相談ください。

自分でビッグデータ分析・解析の全業者を比較するCompare

掲載業者数69

会社サイト
http://cacco.co.jp/
会社所在地
東京都港区元赤坂1-5-31 新井ビル4F
会社電話番号
03-6447-4534

かっこ株式会社は、ちょっとだけ未来についての判断材料を提供するビッグデータカンパニーです。

統計解析の手法と、クラウドを使ったASPを通じて、各種レポートや業務の自動化、業務の最適化、ルーティン化している判断の機械化などのサービスを提供しています。

会社サイト
http://www.sios.com/products/bigdata/
会社所在地
東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル
会社電話番号
03-6401-5111

概念実証フェーズの Proof of Conceptから、効果測定、分析、本番導入、導入後の運用サポートに至るまで、企業のビッグデータ活用をワンストップで支援する「SIOS BigData One Stop Solution」を提供します。

会社サイト
http://www.trino-links.co.jp/Dataservice.html
会社所在地
東京都渋谷区神宮前6丁目19-1
会社電話番号
03-5466-7870

「休眠後では遅すぎる」これがCRM-SegMaの鉄則です。顧客を正しくセグメントすると、通販の休眠対策は掘り起こしから予防に変わり、経費効率が飛躍的に改善します。大手通販企業も多数利用する顧客セグメントと実績管理で、通販事業の継続対策基盤は万全です。

会社サイト
http://www.unisys.co.jp/solution/topic/topicstation/
会社所在地
東京都江東区豊洲1-1-1
会社電話番号
03-5546-4111

「市場の声」とともに、商品の売上や株価などの各種KPI(重要業績評価指標)を同時に管理することにより、例えば、売上の好不調や株価の上下を検知し、その原因を「市場の声」から発見することができます。

会社サイト
http://www.pa-consul.co.jp/LP_mieruka-social/
会社所在地
東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル 5F
会社電話番号
03-6432-4016

テキストマイニング(アンケート分析・収集、コールログ分析、ブログ分析・収集、クチコミ分析)のソリューションカンパニー-プラスアルファ・コンサルティング

会社サイト
http://www.datasection.co.jp/service/easy-mining.html
会社所在地
東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
会社電話番号
03-6427-2565

EasyMiningは簡単・高速にテキスト分析を行えるオンラインテキストマイニングサービスです。これまでに収集した実店舗などでのアンケート、コールセンターへの問い合わせ、またWeb上での問い合わせから発生したテキストデータを分析し、テキスト内のポジティブとネガティブ表現の割合や出現頻度の多いワードを短時間で算出いたします。これにより自社サービスなどに対する要望や課題点を簡単かつ高速に把握することができます。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

下矢印

ビッグデータ分析・解析の選び方ガイドGuide

ビッグデータ分析・解析の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

あいみつ君

ビッグデータ分析・解析の選定ポイント

導入目的を明確にする

情報を有効活用する為にもまずは目的を明確にした選び方をすること!

ビッグデータを分析・解析する上で1番重要なのが、分析・解析をすることでどのような結果を得たいのかということです。せっかく優れた分析システムを構築したとしても、得られる情報を有効に活用できなければ意味がありません。分析するために分析するというような状況に陥らないためにも、まずは分析・解析の目的を明確にしましょう。

▼ビッグデータ分析によるソリューションの例

オペレーションの高度化 社会インフラの異常検知、気象や地震のデータ分析など
情報管理の強化 金融取引の不正検知やリスク分析、治安維持や監視など
製品、サービスの価値向上や改善 需要予測、価格の適正化、トレーサビリティなど
顧客獲得や維持、販売促進 ポイントやクーポンの販売分析、電子マネーの利用状況分析など
WEBメディア アクセスログ分析、ソーシャルメディア分析、位置情報分析など

 

対象となるデータの種類は?

どのような種類のデータを解析するのか明確にすることも重要。

ビッグデータとは単に量が多いだけでなく、非定型でかつリアルタイム性が高いことが特徴のデータ群で、例えば以下のようなデータを指します。

▼ビッグデータを構成する各種データの例

ソーシャルメディアデータ 参加者のプロフィールやコメントなど
センサーデータ GPS、ICカード、RFID等において検知される位置、乗車履歴、温度など
ウェブサイトデータ ECサイトやブログ等において蓄積される購入履歴やブログエントリーなど
マルチメディアデータ ウェブ上の配信サイト等において提供される音声、動画など
カスタマーデータ CRMシステムにおいて管理される販促データや会員データなど
オフィスデータ オフィス文書やEメールなど
ログデータ ウェブサーバー等において自動生成されるアクセスログやエラーログなど
オペレーションデータ 業務システムにおいて生成されるPOSデータや取引明細データなど

どのような種類のデータを分析したいのかによって当然適する分析手法も異なってきます。例えば、ソーシャルメディアやブログの投稿内容などを分析したい場合はテキストマイニングツールのような「分析ツール」が適しており、一方、ECサイトの購買履歴とカスタマーデータを組み合わせて分析したいという場合は、分析システムを構築するための基盤となる「分析プラットフォーム」の導入が適しています。また、社内にリソースを持ちたくない、初期費用を抑えたいという場合はクラウド型(ASP・SaaS型)のサービスを検討するのもよいでしょう。その他、ビッグデータの分析・解析を専門とするコンサルティング会社に委託する方法や、自社に適した分析システムの構築を開発業者に委託する方法もあります。

▼ビッグデータ解析サービスの導入形態

分析ツール型 簡易的にビッグデータ解析を行うことができるもの
分析プラットフォーム型 自社で分析システムを構築するための基盤になるもの
コンサルティングサービス ビッグデータ活用方法の提案や、解析代行サービスを行う
システム開発(SI) 自社に適した分析システムをオーダーメイドで構築する

 

データ容量や他システムとの連携

他のシステムとの連携なども確認が必要!

サービスによって扱えるデータの種類、容量が異なる他、リアルタイム解析の可否、既存のデータウェアハウスとの連携など、性能に違いがあります。対象となるデータの種類、データ容量、連携が必要なシステム、リアルタイム解析の要不要などを必ず確認し、自社の要件に見合ったサービスを選ぶようにしましょう。

▼取り扱うビッグデータの種類

容量 どの程度のデータサイズを扱うかによって、選ぶサービスや分析体系は変わります
種類 テキスト以外にも、音声、ビデオなど様々なデータ体系に対応する必要があります
頻度(スピード) データをリアルタイムに解析し判断を下さないといけない場合があります

 

処理の早さと正確さで選ぶ

膨大な量のデータ処理を行うことから、正確性や早さは非常に重要!

膨大な量のデータを処理するには、不要な内容を整理・排除する「前処理」と呼ばれる手順が欠かせません。ノイズが正しく取り除かれれば、それだけ効率的にビックデータ解析を行うことができます。一方、本当に必要なデータがセグメントされていないと、収集した意味がありません。

そうした意味でも、速さと正確さのバランスが優れているサービスを選ぶことが重要となってきます。

 

使いやすさで選ぶ

担当者のスキルに合った使いやすい操作性を重視することは大切。

高度な機能が搭載されていたとしても、そのソフトを使いこなせなければ、アウトプットは導き出せません。担当者のスキルに見合った操作性で選ぶことも重要です。専門知識が豊富なIT担当者が社内にいる場合は、特別なデータベース技術が必要な製品を選択することもできますが、経営層なども利用したいということであれば、IT知識を必要としない製品を選択する必要があります。そのため、データの処理性能だけでなく、操作性やユーザインタフェースの良さも重視したいところです。

また、生成されたレポートが直感的にわかる視認性も、データマイニングソフトを見極める大切なポイントです。場合によっては、BIツール(Business Intelligence Tools)との連携も検討すると良いでしょう。尚、「BIツール(ビジネスインテリジェンス)業者の比較」もご参考にしてください。

 

導入コストが見合っているか

規模に合ったツールを選択、費用対効果を重視した選び方を!

大量のデータを扱う前提のサービスですので、インフラ面や機能面でも重厚なサービスとなっています。そのため、社内で大規模な分析システムを構築する場合には、一般的に数千万円といった莫大なコストがかかります。しかし、最近では簡易的なツールやクラウド型サービスも増えており、数百万円で導入することも可能です。分析によって得られるメリットや利益を想定した上で、規模に見合ったツールを選ぶようにしましょう。課金方式はもちろん、トータルでどのくらいの費用がかかるのかを必ず事前にチェックしましょう。

 

ビッグデータ分析・解析のよくある質問

ビッグデータ分析・解析についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

あいみつ君
吹き出し

事前に製品(サービス)内容を確認することはできますか?

無料セミナーや無料相談会などを参考にすることも効果的。

ビッグデータ分析システムは、すでに機能が実装されているクラウド(ASP)型と、自社の業務に合わせてゼロから構築するオンプレミス型があります。ビッグデータ分析システムで行いたいことを明確にして、事業者に相談すると良いでしょう。無料セミナーや無料相談会を開いているビッグデータ分析システム事業者もあるようです。

分析の精度と処理速度を確かめることはできますか?

試用版などがある場合は積極的に使ってみることも大切。

クラウド(ASP)BI事業者によっては、期限を決めた試用版をご用意されている事業者もあるようですので、導入前に試してみるのも一案です。ビッグデータ分析システムは、すでに機能が実装されているクラウド(ASP)型と、ゼロから構築するオンプレミス型があります。まずは、ビッグデータ分析システムで行いたいことを明確にして、事業者に相談してみてください。

どのくらいのデータ規模まで取り扱えるのですか?

システムなどによっても変わる為、まずは事業者に相談してみること。

システムでの分析規模は、契約形態や分析したい内容により変わってしまうようです。そもそも分析したい項目やそのデータ容量が予めわかっている場合は、見積もり時にその情報をビックデータ分析事業者に伝え、費用や導入期間などを相談すると良いでしょう。事業者によっては扱えるデータ容量やターゲットが異なりますので、事前にご確認ください。

クラウド上での利用は可能でしょうか?

環境によって異なるが、ほとんどの場合クラウド上での利用も可能。

ほとんどのビックデータ分析システムはクラウド上での利用が可能な製品がほとんどのようです。ただし、導入されている環境によっては異なる場合があるようですので、見積もりを行う際に、現在の利用環境を伝えておくことをお勧めします。ビッグデータ分析事業者ごとに、扱えるクラウド環境が定義されていますので事前にご確認ください。

他のBIツールやシステムに組み込むことは出来ますか?

組み込むためには改修が必要、可否などは導入前に相談しておくことがおすすめ。

残念ながら、他のBIツールやシステムに組み込むための改修が必要になるケースがほとんどです。分析や集計のフローをバッチ化(バッチファイルに)することで 可能になるビッグゲータ分析事業者やシステムもあります。システム連携には、前提となる設定ができるかどうかで組み込み可否が決まります。導入決定前に、システムレビューしてもらうことをおすすめします。

OSの制限はありますか?

OSへ依存するケースはほとんどないが連携などは制限されることもあるので注意。

基本的にOSに依存することは、ほとんどのビックデータ分析システムではありません。ただし、ビックデータ分析システムの管理画面においては、連携するシステムのOSがWindows に制限されているケースは少なくありませんので、事前に充分な確認が必要です。また、アルゴリズムを部分的に Linux 上で呼ぶことも可能なシステムもありますので、ビッグデータ分析事業者に相談してみましょう。

実際にどの程度のスペックのマシンを用意する必要がありますか?

蓄積するデータ容量にあわせたスペックを準備することが望ましい。

ビッグデータ分析システムはクラウド(ASP)型とオンプレミス型があります。分析の元となるデータを置いておくマシン(データベース)は実際に分析を行うわけではありませんので、蓄積するデータ容量にあわせたスペックを準備すると良いでしょう。オンプレミス型のビッグデータ分析システムを導入する場合は、事前のシミュレーションが必要ですので各業者に相談してください。

DB やテキストデータ等分析に使えるデータに制限はありますか?

解析したい内容や手法、データベースシステムやカラム構造などの事前確認を。

ビッグデータ分析の元となるデータやデータベースの種類は、導入したい分析システムにより、制限がかかってしまうケースがあります。分析したい内容や手法、元データのデータベースシステムやカラム構造などを見積もり時に、ビッグデータ分析業者に確認してもらうことをおすすめします。

画像データや音声データ、日本語のテキストデータに対して分析はできますか?

日本語のテキストデータ(2バイトデータ)に対応していることがほとんど。

国内で事業展開されているビッグデータ分析システムのほとんどは、日本語のテキストデータ(2バイトデータ)には対応されている事業者がほとんどになりますので心配はいりません。画像データや音声データ、動画データなどは、テキストデータや値・数字データとは異なる分析手法が必要になりますので、データフォーマットから確認してもらう必要があります。

自社に統計やデータマイニングに詳しい担当者がいなくても使えますか?

統計やマイニングに詳しい社員でなくても経営者でも確認することは可能。

ビッグデータ分析システムはクラウド(ASP)型とオンプレミス型があり、クラウド型は汎用的な分析手法を一通り導入時よりデータ反映し、分析が開始できるツールとなっています。統計やマイニングに詳しい社員がいなくとも、経営者でも確認することができると思います。また、クラウド事業者によっては、期限を決めた試用版をご用意されている事業者もあるようですので、導入前に試してみるのも一案です。

ビッグデータ分析・解析のアイミツ利用事例「ソーシャルゲームアプリの分析基盤プラットフォーム構築」

どのようなビッグデータ分析・解析システム業者を探していましたか?

基盤プラットフォームを構築、データ解析の時間を短縮の為。

ソーシャルゲームアプリを複数リリースし、運営をしています。それぞれのソーシャルゲームアプリに分析担当者を配備し、MySQLを使ってログデータを解析しながら、日々の運用を続けています。ソーシャルゲームアプリの運営本数が増えてくるに従い、それぞれのソーシャルゲームアプリ毎に必要な分析を行うよりも、基本的な事業指標や分析などは、基盤プラットフォームを構築し、データ解析の時間を短縮すべきと考えるようになりました。ルール化された分析結果をビッグデータ分析・解析システムで常に確認できるようにしたいと考えています。

あいみつ子さん

アイミツを利用したきっかけ

一括問い合わせは効率的で業者からの回答も早く驚いた。

自社開発を行う場合にかかる工数が思った以上に膨大になってしまったため、ビッグデータ分析・解析システムを導入することに決めました。社内のエンジニアがアイミツをweb検索で見つけ、一括問い合わせをしたことが利用のきっかけです。実際に利用してみると、アイミツから届く回答の管理もスムーズでした。ビッグデータ分析・解析システムは業者ごとに設定できる項目が異なるので、その機能一覧を見ても、どのように活用できるか想像ができませんでした。しかし、アイミツ経由での問い合わせには、どの業者も丁寧に回答を下さいました。

あいみつ子さん

見積もり時に気をつけたこと

データ抽出に対してかかっていた時間が短縮され大きな効果が。

ビッグデータ分析・解析システムの導入に対しては、現在の分析用データを同期させていく必要があるため、初期費用とランニング費用に分けて、導入検討をしていきました。初期費用は主に既存システムとの同期部分が想定以上の工数となり、結果として、初期費用は予算を超える結果となりました。しかし、導入時点より既存システムと同期できることで、分析作業はスムーズですし、何よりもデータ抽出に対してかかっていた時間が短縮されたことが大きな効果を生み出しました。

あいみつ子さん

実際に発注してみた感想や気づき

売上を上げて行くための仕組みを構築できたことに感謝。

ビッグデータ分析・解析システムは千差万別で、様々な機能がありましたが、既存システムからのデータ同期を行うことができる業者が少なかったです。結果として、今後ソーシャルゲームアプリの本数が増えたとしても、同じ項目での分析はアプリリリース時より行うことができるようになりましたので、効果測定をしながら売上をあげていく仕組みを整えられたことに感謝しています。

あいみつ子さん
失敗できない業者選定。アイミツにご相談を
無料で相談する

ビッグデータ分析・解析の用語・基礎知識

ビッグデータ分析・解析委託業者の基礎知識・基礎用語

ビッグデータとは、従来のデータベース管理システムなどでは記録、保管、解析が難しい巨大なデータ群のことを指します。さらにそのデータの種類は企業システムで通常扱っているような構造化データだけにとどまらず、テキスト、音声、ビデオ、ログファイルといった非構造化データにも及びます。このように、ビッグデータとは単に量が多いだけでなく非定型でかつリアルタイム性が高いことが特徴です。従来のデータベース管理システムでは、データを定型化して蓄積し、その後分析処理を行うため、相反する性質を持つビッグデータを扱うことは困難とされていましたが、近年では、ビッグデータを高速かつ簡単に分析できる技術が登場し、ビッグデータを活用することで、これまで予想不能だった新たなパターンやルールを発見できることが明らかになっています。

  •  ETLツールとは

企業の基幹系システムなどに蓄積されたデータを抽出し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に加工し、対象となるデータベースに書き出すツール。

  •  データウェアハウスとは

時系列に蓄積された大量の業務データの中から、各項目間の関連性を分析するシステム。従来の単純な集計では明らかにならなかった各要素の関係を洗い出してくれる。

  •  データマイニングとは

企業に大量に蓄積されるデータを解析し、その中に潜む項目間の相関関係やパターンなどを探し出す技術。データウェアハウスがデータベースを指すのに対し、データマイニングとは分析手法を指す。

  •  BIツールとは

データウェアハウスやERPなどに保管されている膨大なデータの中から必要なデータの検索、特定の形式のレポートの作成、多次元分析(OLAP)を行うツール。事業部門長や経営層の意思決定を支援したり、一般社員が資料を作成したり事業の進捗を把握するのを支援する。

  •  Hadoopとは

Apache Software Foundation(ASF)社が開発した大規模データを効率的に分散処理・管理するためのミドルウェア。オープンソフトで誰でも自由に入手・利用が可能。非構造化データの扱いを得意としているが、一方ビッグデータ分析でニーズが急増しているリアルタイム処理などにはあまり向いていない。大手ITベンダはこの欠点を保管するため、自社のデータプラットフォームとHadoopを結合し、データの収集はHadoopで、分析はRDBMSで行うシステムを売りにしているところが多い。

 

閉じる

サービスにかける想い

株式会社ユニラボ 代表取締役 栗山規夫

株式会社ユニラボ
代表取締役 栗山規夫

感動できる、業者紹介のコンシェルジュサービスを目指して

発注先選びに苦労したことはありませんか。時間もなく、その分野に詳しくないから外注するのに、どうしてあれこれと調査に時間をかけなければならないのでしょうか。

残念ながら、どの企業のホームページにも良いことしか書いていません。相場も分からないままに、いたずらにたくさんの業者に見積もりを依頼した結果、ろくに料金交渉もできなかった苦い経験が私にもあります。

逆に、受注者側の視点に立ってみるとどうでしょうか。一件でも多くの受注を得るためには、一件でも多くの見積もりをとらなければ、と考えてしまいます。当然、ホームページ上には聞こえのよい情報だけを掲載し、広告宣伝に多くの費用を割くことになります。結果、受注に繋がらないような見積もり依頼ばかりが増え、その対応にもすくなからぬコストがかかることになります。そんな受注者側の悩みも、たくさん耳にしてきました。

発注者と受注者とが、お互いにムダな時間やコストを省き、より幸せなかたちで出会うにはどうしたらよいか。をアイミツはそんな想いから、日本一と言える5万社以上の業者ネットワークを構築し、現在も日々優良企業を発掘し続けています。

業者選びのプロとも言えるアイミツのコンシェルジュは、東証一部上場企業の役員経験者や、コンサルティング業界出身者、大手総合商社出身者など、ビジネス経験豊かな人材ばかりです。発注先を探しておられる皆様の頼れる存在として、業者選びから相見積もりの取得まで幅広いサポートを行っています。

おかげさまで、新規の利用者様はもちろん、リピーターの皆様からの厚いご支持により、気がつけばご相談実績は1万件を超え、100万件以上のクチコミ評判を高度に分析できるサービスにまで、成長することができました。

業者との素敵な出会いが、よりスピーディーに、より簡単に実現できる。そんな世界を目指し、これからも利用者の皆様の声を大切にしつつ、さらなるサービス品質の向上に取り組んで参ります。

  • ワールドビジネスサテライト

    チラシや看板の発注から、弁護士への依頼まで比較でき、
    既にこのサイトを通じて企業同士で、数億円の取引が成立した。

    ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

  • 日本経済新聞

    120の分野で計5万6千社の発注先を比較・検索できる。
    半年で2,000社が利用し、発注総額は10億円を超えた。

    日本経済新聞

  • IT media

    「印刷通販」「貸し会議室・セミナー会場」「オフィス清掃」「OA機器レンタル」など
    100以上のカテゴリーに分かれいて、企業の発注業務にかかわるものであれば、ほぼ網羅。

    IT media