業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

BIツール(ビジネスインテリジェンス)

最適な企業が30秒で、らくらく見つかる

利用実績

2万件

見積もり利用料

無料

利用満足度

98.4

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

カンタン30秒

100万件のクチコミと
5万社比較から

優良企業のみで
一括見積もり

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとはERPやDWHなどに保管されている膨大なデータの中から必要なデータを検索したり、特定の形式でレポートにまとめたり、多次元分析を行うツールのことで、ETLツール、DWH、OLAPツール、データマイニングツール、レポーティング・モニタリングツールなどで構成されています。BIツールを導入する際は、まずどのようなユーザーがどのような分析を行うのかを明確にし、ユーザー層に応じた機能を備えた製品を絞り込み、その後導入方法や必要なスペック、基幹システムとの連携、サポートの充実度などを確認すると良いでしょう。

人イメージ

BIツールの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

BIツール(ビジネスインテリジェンス)の

選び方ガイド

BIツール(ビジネスインテリジェンス)の選び方ガイド

BIツール(ビジネスインテリジェンス)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

BIツール(ビジネスインテリジェンス)の選定ポイント

POINT
01

使用者に応じて機能を選択する

どのようなデータを分析し、どのような業務に役立てたいのか!

BIツールにはBIツールを導入するに当たってまず考えなければならないのが、どのようなユーザー層がBIツールを利用するのかという点です。想定されるユーザー層は大まかに分けて以下の3つで、それぞれ適する機能が異なります。

  •  経理部門など、日常業務としてデータ収集、分析・レポートの作成を行うパワーユーザー

→過去データの分析やシミュレーションを行い計画地の作成・修正を行うことのできる分析ツール

  •  分析データを確認しながら日常業務を遂行する管理職・一般社員

→計画データを確認しながら業務を行うことができるレポーティングツール

  •  戦略の設定、修正を行う経営層

→計画の達成度を検証し、戦略の修正方針を決定できるモニタリングツール

このように、使用するユーザー層に応じて適した機能を備えた製品を選択すると良いでしょう。また、どのようなデータを分析し、どのような業務に役立てたいのか、といったユースケースを明確にすることも重要です。自社だけで判断するのが難しい場合は導入支援サービスを実施している業者を利用するのもよいでしょう。

 

尚、関連カテゴリーの「ビッグデータ分析・解析業者の比較」もご参考にしてください。

 

POINT
02

導入方法を選定する

自社の状況に応じて、大きく4つの導入方法。

BIツールを導入する方法としては、以下の4つの方法があります。

オンプレミス型 パッケージを購入し、社内でシステムを構築する
クラウド型(ASP、SaaS) 社内にリソースを持たず、クラウド上でサービスを利用する
システム開発(SI) 自社に適したシステムの構築を開発会社に委託する
コンサルティングサービス 適切なBIツールの選定、環境構築を委託する

長期間にわたって使用するならばオンプレミス型のBIツールが適しており、一方、初期費用を抑え小さく始めたいならばクラウド型のサービスが適しています。また、オンプレミス型の場合であっても、スモールスタートが可能で、拡張したいときにも買い替えが発生しないBIツールが望ましいでしょう。どのようにデータを活用したらよいか分からない、自社に適したBIツールが分からないという場合はコンサルティングサービス、自社独自のオーダーメイドのBIシステムを構築したいという場合はシステム開発(SI)サービスを利用すると良いでしょう。自社の状況に応じて、適した導入方法を選択しましょう。

 

POINT
03

利用人数とデータ量で選ぶ

利用人数や、分析の対象となるデータ量によってデータベースのサイズを決定する!

利用人数や分析の対象となるデータの量も忘れてはいけないポイントです。BIツールを選定する際に、利用人数とデータ量が決まらなければ、どの程度の性能を持ったアプリケーションサーバーが必要か決められませんし、データベースのサイズも決められないからです。必ず事前に想定利用人数とデータ量を明確にしておき、要件を満たす製品を選択しましょう。

 

POINT
04

基幹系システムとの相性

現在使用している基幹系システムとの連携・データ互換性はあるか!

自社で使用している基幹系システムとの連携が可能かどうかも重要なポイントです。業務システムやITプラットフォームとの親和性を考えると同じベンダから提供されるBIツールは有力な選択肢の1つとなります。しかしベンダを問わず多彩なデータソースに対応しているBIツールも多いので、その際は自社で使用しているデータソースに対応しているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。また、情報漏洩を防衛するためのID管理ツールやデータクレンジングツールといった周辺機器との連携についても確認が必要です。さらに、BIツールの分析結果を業務プロセスに組み込みたいという場合は、オープンなアーキテクチャであるかどうかを必ず確認しましょう。

 

POINT
05

サポートの充実度

導入後のサポート体制が重要。費用も事前に確認。

ツールの提供だけでない総合的なサービスを実施しているかどうかも確認したいポイントです。単にBIツールを導入しただけでは、結局使いこなせずに無駄になってしまうということになりかねません。導入時の支援はもちろんのこと、導入後に自社の業務内容やビジネスモデルが変わった場合でも継続したサービスが受けられるか、分析等に関するサービスやアドバイスを受けることができるか、また費用はどのくらい必要になるのかを事前に確認するようにしましょう。

 

BIツール(ビジネスインテリジェンス)のよくある質問

人イメージ

BIツール(ビジネスインテリジェンス)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。