あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

タイムカード対応
定評のある勤怠管理システム業者10選

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

勤怠管理システムの専門コンシェルジュが選ぶ
タイムカード対応で実力のある勤怠管理システム業者10選

1. アマノ株式会社

アマノ株式会社
  • 「人にやさしい」をコンセプトに動画ナビ機能が付いた労務管理システムや勤怠管理システムを開発。
  • 勤怠管理システム「TimePro-VG」は各従業員の勤務時間超過をあらかじめ予測してアラートを通知。
  • 一番遅く退社した従業員がひと目でチェックできる退勤時刻のソートなど、きめ細やかな機能も充実。
提供形態
クラウド型
実績数
500~1,000
電話番号
045-401-1441
会社サイト
http://www.tis.amano.co.jp/

2. マックシステム株式会社

マックシステム株式会社
  • 従業員8,000名規模のエンタメ系企業、3,500名規模の印刷会社など上場企業への導入実績が豊富。
  • アルバイト、時短勤務者など複数の勤務形態をまとめて管理。1年単位の変形労働制の残業集計にも対応。
  • あらかじめ設定した残業時間に対して超過時間・回数をメールで通知し、36協定違反・長時間残業を防止。
対応している認証方式
WEB認証 、携帯認証 、生体認証 、ICカード 、打刻器
提供形態
クラウド型 、パッケージ型
主な顧客規模(従業員数)
100~500
実績数
100~500
電話番号
03-5954-8885
会社サイト
http://tomas.macsystem-product.net/medium_sca...

3. 株式会社アークインターナショナル

株式会社アークインターナショナル
  • 多彩な打刻方式 ・ICカード、WEB、スマホからの入力 ・GPS打刻機能、IPによる打刻場所制限
  • 便利な機能 ・プロジェクト管理、固定残業、人事・給与・ワークフロー・グループウェアなど各種連携
  • シフト管理 ・無制限のパターン、Excel独自の計画書フォーム登録、交通費、日当、食費などの清算
対応している認証方式
WEB認証 、携帯認証 、生体認証 、ICカード 、打刻器 、PC起動認証
提供形態
クラウド型 、自社構築型
主な顧客規模(従業員数)
1,000~
実績数
100~500
電話番号
03-6912-7801
会社サイト
http://www.arc-i.com/archp/attendance.html

4. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

5. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

6. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

7. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

8. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

9. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

10. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

最後に、勤怠管理システムで”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだタイムカード対応で実力がある勤怠管理システム業者はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、業者選びを代行しているコンシェルジュだからこそ勤怠管理システム業者の本当の実態がわかり、良い業者がわかります。

自分で“納得のいく”業者を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

タイムカード対応で勤怠管理システム会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

勤怠管理システムとは、タイムカードやICカードによって出退勤時刻を記録し、勤務状況を管理するシステムで、クラウド型、パッケージ型の2通りの導入形態に分かれます。それぞれの導入方法のメリット、デメリットを理解した上で、必要な機能は備わっているか、使い勝手は良いか、サポートは充実しているかなどの視点から自社に適したシステムを選択するようにしましょう。また、アクセスが集中しやすい勤怠管理システムでは、それに耐えうるシステム性能があるかどうかも重要な判断基準になります。