あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

GPS対応で定評のある勤怠管理システム業者10選

勤怠管理システムの専門コンシェルジュが選ぶ
GPS対応で実力のある勤怠管理システム会社10選

1. インフィニット情報システム株式会社

インフィニット情報システム株式会社
出典:インフィニット情報システム株式会社  
  • 横浜市で25年の実績を持つSIerが提供する勤怠管理システム。建設会社などへの導入事例あり。
  • 「チェックイン」をタップして打刻。自動作成されたタイムカードはネット環境があればどこでも閲覧OK。
  • タイムカードはCSV・PDF形式でダウンロード可能。ハローワークなどへの書類提出業務なども効率化。
コンシェルジュ
チェックインのボタン1つで出退勤を見える化。直行直帰が多い企業におすすめ
電話番号
045-641-7723

2. 株式会社マップス

株式会社マップス
出典:株式会社マップス  
  • Googleマップと連動してスタッフの位置情報を可視化。開発元は名古屋にオフィスを置くIT企業。
  • 遅刻や病欠の連絡を一覧表示できる掲示板機能を搭載。マネージャー同士や部署間での情報共有に効果的。
  • 勤怠データの検索機能も。エリア、店舗、スタッフ名など、複数の条件から勤怠情報を抽出可能。
コンシェルジュ
遅刻や病欠の連絡をスピーディに共有。集計時に便利な勤怠データの検索機能も
電話番号
052-411-5667

3. 有限会社ヒューマンサポート

有限会社ヒューマンサポート
出典:有限会社ヒューマンサポート  
  • スマートフォン向けのクラウド勤怠管理システム。GPSと連動し、位置情報&打刻時刻を送信。
  • シンプルで見やすいデザイン・UIが特徴。ボタンの配置まで使い勝手が配慮され、直感的に操作可能。
  • 開発元は愛知県のシステム会社。製造現場向けの情報共有ツール開発などを手がけ、地域の中小企業に貢献。
コンシェルジュ
見やすく使いやすいシンプルな画面が特徴。位置情報&打刻時刻をまとめて管理
電話番号
0562-85-2035

4. 株式会社エイ・アイ・エス

株式会社エイ・アイ・エス
出典:株式会社エイ・アイ・エス  
  • GPSを利用した不正打刻の防止、電車遅延の連絡、24時間の勤務シフト作成など多彩な機能を搭載。
  • 総務省後援の「ASP・SaaSクラウドアワード」で、基幹業務系グランプリなど4年連続受賞の実績あり。
  • 三菱商事金属グループはじめ有力企業が続々導入。クラウドツールのためインフラ不要でコスト削減に効果的。
コンシェルジュ
「ASP・SaaSクラウドアワード」4年連続受賞!三菱グループ企業も導入済み
提供形態
クラウド型
実績数
100~500
電話番号
03-5283-5515

5. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

6. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

7. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

8. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

9. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

10. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

最後に、勤怠管理システムで”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだGPS対応で実力がある勤怠管理システム会社はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、会社選びを代行しているコンシェルジュだからこそ勤怠管理システム会社の本当の実態がわかり、良い会社がわかります。

自分で“納得のいく”会社を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

GPS対応の勤怠管理システム会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

GPS対応で勤怠管理システム会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

スマートフォンの普及にともない、勤怠管理システムはGPS機能を搭載したモデルが主流になりつつあります。不正打刻の防止や営業スタッフの居場所特定だけでなく、それぞれの開発会社がGPSを活用した機能を実装しているので、自社の勤務形態に合うものをじっくり検討しましょう。たとえば現場仕事の多い会社なら、移動履歴や滞在時間まで表示されるモデルがおすすめ。勤怠データの効率的な収集に加えて、その日1日の仕事の流れが可視化されることで、これまで気づかなかった業務課題が発見できることもあるでしょう。料金は開発会社によってさまざまですが、アプリ型なら1人あたり月数百円程度で利用できるものもあります。

勤怠管理システム会社の
見積もりが最短翌日までにそろう