あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

フレックスタイム対応でおすすめの勤怠管理システム9選

勤怠管理システムを厳選比較

テレワークや時短勤務など、さまざまな新しい働き方が定着しつつある昨今。フレックスタイム制度も、その1つとして多くの企業に取り入れられています。

しかし、フレックスタイム制度を取り入れるとなると、「勤怠管理はどのように行うべきなのか」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が厳選したフレックスタイム対応の勤怠管理システムを紹介します。新たにフレックスタイム制度の導入を検討している企業の方は、ぜひ参考にしてください。

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、その名のとおり従業員の出退勤を管理できるシステムです。勤務時間や残業時間、欠勤の有無などの管理にくわえて、有給休暇の算出や給与計算を自動で行うことができます。

従業員の少ない企業の場合はExcelでも十分に管理ができる一方で、従業員数が多く勤務形態も職種によって異なるという場合は管理が煩雑になるもの。勤怠管理システムは、そうした企業に多く導入されています。

昨今ではICカードや生体認証、GPSなどを用いて管理できるものも少なくありません。出勤時刻入力の簡易化が進みながらも、営業職やリモート勤務であっても正確に勤怠を管理できるようになっているようです。

もし、「なるべく早く自社に合った勤怠管理システムが知りたい」という場合は、一括で見積もりも可能ですのでぜひ「アイミツ」へお問い合わせください

2.フレックス制にも対応できる格安の勤怠管理システム2選

2- 1. IEYASU

IEYASU株式会社
出典:IEYASU株式会社 https://www.ieyasu.co/

IEYASUは、利用企業数1万3,000社を突破したクラウド勤怠管理システム。人事実務の専門家集団と共同で開発されており、ベンチャー企業に必要な機能を精査した上で作られています。
大きな特徴としてあげられるのは、無料で利用できるということ。初期費用と月額費用がともに不要で、完全無料で使うことができます。無料でありながらも毎日の打刻や承認・申請、日報管理機能、残業のしすぎを防ぐ残業アラート、勤怠状況を分かりやすくまとめたレポート機能、SlackやLINE、ICカードを用いた打刻など豊富な機能を搭載しており、フレックスタイム制を含むさまざまな勤務形態にも対応。
また、SmartHRやマネーフォワードクラウド給与といった外部システムともAPI連携が可能なので、あわせて使いたい場合にもうってつけではないでしょうか。

設立年
2016年
会社所在地
東京都港区北青山3丁目5-6 青朋ビル3F

2- 2. RecoRu(レコル)

中央システム株式会社
出典:中央システム株式会社 https://www.recoru.in/

RecoRuは、中央システムが提供している勤怠管理システムです。ICカード打刻や生体認証打刻、スマートフォンやタブレット、パソコンからの打刻に対応しており、それぞれの企業の運用にあわせて柔軟に対応可能。フレックスタイム制や変形労働制などさまざまな勤務形態に応じているため、複雑な勤怠管理にお悩みの場合にはうってつけでしょう。
なにより大きな特徴は、機能が充実していながらも初期費用は0円・1ユーザーあたり月額100円(税抜)で利用できるということ。他社製品では1ユーザーあたり300円ほどに設定されるケースが多いなか、非常にリーズナブルな料金設定を叶えています。
また、SlackやSmartHR、人事労務freeeなど、さまざまな人事労務ソフトやコミュニケーションツールと連携できるのも心強いポイントです。

設立年
1981年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー24F
電話番号
03-5331-3636

ここまで、フレックスタイム制に対応している格安の勤怠管理システムを紹介しました。

勤怠管理システムは従業員一人ひとりが使うものなので、どうしても費用が膨らみがち。1ユーザーあたりの月額料金が高い場合には、利用料が想定以上に膨らんでしまいます。

紹介した2サービスのように、無料あるいは格安で利用できる勤怠管理システムであれば、ランニングコストを抑えることができるでしょう。初期費用も不要なので、イニシャルコストも抑えたいという場合にうってつけです。

3.フレックス制にも対応できる人気の勤怠管理システム4選

3- 1. 人事労務freee

freee株式会社
出典:freee株式会社 https://www.freee.co.jp/hr/

人事労務freeeは、freeeが提供している労務管理システムです。勤怠管理をはじめ、給与計算や年末調整、入退社管理、各種保険手続きなどを一括で行えるため、ワンストップで人事労務を管理することができます。
勤怠管理においては、webブラウザとモバイルアプリから打刻が可能。フレックスタイム制や裁量労働制といった勤務形態にも対応しているため、煩雑な管理をシンプルにすることができるでしょう。
くわえて、野村証券やKDDI、Wantedlyなど数々の有名企業に導入されている実績も魅力の1つ。はじめて人事労務管理システムや勤怠管理システムを導入する場合でも、安心して利用できるのではないでしょうか。国際認証であるTRUSTeを取得済みであることから、セキュリティ面の心配もありません。

設立年
2012年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F

3- 2. マネーフォワードクラウド勤怠

株式会社マネーフォワード
出典:株式会社マネーフォワード https://biz.moneyforward.com/attendance

マネーフォワード クラウド勤怠は、マネーフォワードが提供しているクラウド型の勤怠管理システムです。基本勤務制のみならず、シフト制やフレックスタイム制、裁量労働制などさまざまな就業形態に対応しており、多くの企業で導入されています。
大きな特徴としてあげられるのは、操作性の高さ。シンプルかつ分かりやすく設計されているので「今までのExcelによる管理に慣れてしまった」、「システムの導入に対して抵抗感がある」という場合でも、スムーズに使用することが可能です。シフト管理や有給休暇管理、残業アラート、異動履歴管理など機能が充実しているのもうれしいポイントでしょう。
ユーザー向けにマニュアルがきちんと用意されているだけでなく、メールやチャット、電話によるサポート、専任担当者による有償サポートなど、万全のサポート体制が用意されているのも魅力です。

設立年
2012年
会社所在地
東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
電話番号
03-6453-9160

3- 3. KING OF TIME

株式会社ヒューマンテクノロジーズ
出典:株式会社ヒューマンテクノロジーズ http://www.kingtime.jp/

KING OF TIME(キングオブタイム )は、ヒューマンテクノロジーズが提供している勤怠管理システムです。クラウド勤怠管理システムのなかでもトップクラスのシェアを誇り、これまでの導入企業は約2万2,000社。東京ガスグループやメルカリ、グノシーといった有名企業でも活用されています。
通常勤務のみならず、フレックスタイム制が変形労働制など、それぞれの企業の就業ルールに沿った勤怠管理が可能。打刻方法も多彩で、生体認証やICカード打刻、顔認証、外部チャットツールを利用した打刻などから選ぶことができます。
機能はすべてオプションではなく標準で搭載されているため、「機能の多さを重視したいが、ランニングコストはなるべく抑えたい」という場合にもぴったりな勤怠管理システムです。

設立年
2003年
会社所在地
東京都港区虎ノ門4-1-28 17F
電話番号
03-4577-9567

3- 4. ジョブカン勤怠管理

株式会社Donuts
出典:株式会社Donuts https://jobcan.ne.jp/

ジョブカン 勤怠管理は、Donutsが提供している勤怠管理システムです。導入企業数が5万社以上とクラウド型の勤怠管理システムとしてNo.1の人気を誇り、日本経済新聞や週刊アスキー、バンキシャといったメディアでも数多く紹介されています。
所属や雇用形態、就業ルールなどにあわせて柔軟に勤怠管理ができるのが特徴で、フレックスタイム制はもちろん裁量労働制や変形労働制にも対応。PCでのブラウザ打刻をはじめ、ICカード打刻やSlackやGPSを用いた打刻など豊富な打刻方法が用意されているほか、シフト管理や休暇・申請管理もまとめて行うことが可能です。
くわえて、最短即日で運用が開始できるのも魅力の1つ。「システムの導入・運用は面倒なイメージがある」という場合でも、気軽に利用できるのではないでしょうか。

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階

ここまで、フレックスタイム制にも対応できる人気の勤怠管理システムを紹介してきました。

紹介したサービスはそれぞれ豊富な導入実績をもつため、「勤怠管理システム選びで失敗したくない」という場合にはぴったりでしょう。また、これまでの導入社数のみならず、導入後の利用継続率もあわせて確認しておくと、より安心して利用できるかもしれません。

「人事労務 freee」や「マネーフォワードクラウド勤怠」、「KING OF TIME」、「ジョブカン 勤怠管理」などが気になった方は、ぜひ「アイミツ」から資料を請求してみてください。

4.フレックス制にも対応できる独自の強みを持った勤怠管理システム3選

4- 1. jinjer勤怠

株式会社ネオキャリア(JINJER)
出典:株式会社ネオキャリア(JINJER) https://hcm-jinjer.com/

jinjer勤怠は、ネオキャリアが提供している勤怠管理システムです。マルチデバイス対応のクラウド型勤怠管理システムとして人気を集めており、これまでに1万1,000社以上で導入されてきた実績があります。
パソコンやスマートフォン、タブレットにくわえてビジネスチャットツールやGoogle homeやApple Watchからも打刻ができるのが特徴。変形労働性やフレックスタイム制など、さまざまな勤務形態の勤怠管理にも対応しています。スマートフォン向けの管理画面が用意されているのもうれしいポイントです。
くわえて、勤怠状況にもとづいたモチベーション状況や打刻率、平均残業時間などのランキング化が可能。職場環境の現状を随時把握することができるので、労務トラブルの発生も未然に防げるのではないでしょうか。

会社所在地
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
電話番号
03-5908-8345

4- 2. 就業奉行11

株式会社オービックビジネスコンサルタント
出典:株式会社オービックビジネスコンサルタント https://www.obc.co.jp/bugyo/shugyo

就業奉行11は、オービックビジネスコンサルタント(OBC)が提供しているクラウド型の勤怠管理システムです。柔軟に打刻方法を選べるのが特徴で、パソコンやスマートフォンはもちろん、タイムレコーダーやICカード、指静脈認証などから選択することができます。
事業場外みなし労働時間制や、変形労働時間制、フレックス勤務制、在宅勤務制など、さまざまな働き方に対応しているのも心強いポイント。GPS機能とあわせて利用することもできるため、どこで打刻したのを確認することも可能です。
シリーズ累計で約63万社以上に導入されてきた豊富な実績にくわえて、万全のサポート体制が用意されているのも大きな魅力。はじめて勤怠管理システムを導入する場合でも安心といえるでしょう。

設立年
1980年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都新宿区西新宿6-8-1
電話番号
03-3342-1880

4- 3. COMPANY

株式会社Works Human Intelligence
出典:株式会社Works Human Intelligence https://www.works-hi.co.jp/

COMPANYは、Works Human Intelligenceが提供している人事給与ERPパッケージです。日本の大手企業の約3社に1社が導入している製品で、継続利用率も98%と高確率を達成。なかには10年以上にわたって利用している企業もあるなど、多くの企業から信頼を寄せられています。
人事管理や給与計算、勤怠管理、人材開発などをワンストップで行うことができるのが最大の特徴。勤怠管理では通常勤務をはじめ、フレックスタイム制や変形労働、裁量労働、リモートワークなどさまざまな勤務形態に対応。シフト管理や交代勤務の管理も標準で備えています。
また、従業員の長時間労働を防ぐための機能も充実しているため、職場の環境改善に注力したい場合にも心強い存在となるでしょう。

会社所在地
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル21階
電話番号
03-5575-5277

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.勤怠管理システムの選び方のポイント

使いやすいものを選ぶ

勤怠管理システムに限らず、システムを導入する際には操作性の高さが非常に重要です。これまでExcelなどで管理していた場合、システムの導入に抵抗があるという人も少なくないでしょう。そういった従業員もスムーズに使いこなせるよう、シンプルで分かりやすいシステムを選ぶべきです。

導入前には無料トライアルや無料デモなどを活用し、使いやすさを確認してから契約を進めましょう。

対応している打刻方法を確認する

勤怠管理システムとひとくちに言っても、パソコンやスマートフォン、タブレットから打刻できるものもあれば、ICカードや指紋認証、顔認証などによる打刻に対応しているものもあります。最近では、ビジネスチャットツールで気軽に打刻できるものも増えてきました。

システムを導入する際には、どうしても管理者側の使いやすさに目がいきがち。しかし、従業員がどのような打刻方法を求めているのかを整理し、そのニーズに応えられる勤怠管理システムを導入することも非常に重要なポイントです。

6.【まとめ】勤怠管理システム選びで迷ったら

この記事では、フレックスタイム制にも対応している勤怠管理システムをご紹介してきました。

勤怠管理システムの特徴や強みは、サービスによってさまざまです。なかには無料で使用できるものもあるので、費用を抑えたい場合は候補にくわえるとよいでしょう。また、導入実績が豊富な勤怠管理システムであれば、安心して利用できると考えられます。

また、アイミツ」からは勤怠管理システムの資料をまとめて請求することもできるので、少しでも気になったものがあればお気軽にご利用ください。

勤怠管理システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

フレックスタイム 勤怠管理システムの勤怠管理システムサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

フレックスタイム 勤怠管理システムで勤怠管理システムサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

勤怠管理システムとは、タイムカードやICカードによって出退勤時刻を記録し、勤務状況を管理するシステムで、クラウド型、パッケージ型の2通りの導入形態に分かれます。それぞれの導入方法のメリット、デメリットを理解した上で、必要な機能は備わっているか、使い勝手は良いか、サポートは充実しているかなどの視点から自社に適したシステムを選択するようにしましょう。また、アクセスが集中しやすい勤怠管理システムでは、それに耐えうるシステム性能があるかどうかも重要な判断基準になります。

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

勤怠管理システムの見積もりが最短翌日までにそろう