あなたの発注コンシェルジュ

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
掲載希望の方

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

このページについて

勤怠管理システムの専門コンシェルジュが選ぶ
経費計算に対応しているで実力のある勤怠管理システム会社10選

2. 株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー

株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー
出典:株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー  
会社所在地
東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル8階
電話番号
03-3222-0201

3. 株式会社ヒューマンテクノロジーズ

株式会社ヒューマンテクノロジーズ
出典:株式会社ヒューマンテクノロジーズ  
  • 1.使った人数分だけの従量課金制!月額300円/1人全機能が試せる30日間の無料体験も実施中。
  • 2.リアルタイムにラクラク自動集計管理者と従業員の間での残業、有給休暇等の勤怠申請・承認も楽々。
  • 3.テレワーク・在宅勤務や時差出勤の勤怠管理にも対応柔軟な勤務スケジュール設定も可能です。
会社所在地
東京都港区虎ノ門4-1-28 17F
電話番号
03-4577-9567

5. 株式会社ネオキャリア(JINJER)

株式会社ネオキャリア(JINJER)
出典:株式会社ネオキャリア(JINJER)  
  • 国内外36拠点を展開する人材サービス会社による勤怠管理システム。業界トップクラスの多機能が特徴。
  • AIによる分析機能を搭載。遅刻の頻度などから従業員のモチベーション低下を検知してアラートを通知。
  • 完全マルチデバイス対応。初期設定や組織情報の追加もスマホから操作でき、工数削減に効果を発揮。
会社所在地
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
電話番号
03-5908-8345

7. 株式会社ユウシステム

株式会社ユウシステム
出典:株式会社ユウシステム  
  • 単発・短期の仕事管理のために開発されたASP型勤怠管理ツール。月々の定額制で導入費用は0円。
  • 仕事当日にスタッフに確認メールを配信。返信された空メールをチェックするだけで就業状況を把握可能。
  • 勤怠時間の報告をリアルタイムに反映。実績をもとに給与明細が自動作成され、集計作業の手間いらず。
会社所在地
福岡県福岡市博多駅前2-9-28 福岡商工会議所ビル7F
電話番号
092-473-0888

8. 株式会社ミナジン

株式会社ミナジン
出典:株式会社ミナジン  
  • 固定勤務はもちろん、シフト・フレックス・変形労働制など!ご要望に応じた柔軟なカスタマイズが可能です。
  • お客様ごとに、人事労務業務に詳しい専任の担当者を配し、導入から日々の運用までをサポートいたします。
  • PC、ICカード、GoogleApps、静脈認証など、働き方に合わせた打刻端末をお選びいただけます。
会社所在地
東京都千代田区神田錦町1-21 宗保第一ビル4F
電話番号
03-5244-5533

9. 株式会社ITCS

株式会社ITCS
出典:株式会社ITCS  
  • 出勤日数や休暇日数、遅刻早退回数や残業時間等の月別集計、複数月集計情報を閲覧・出力できます。
  • 未打刻や未申請未承認情報等、イレギュラーをチェックして通知することができます。
  • 残業時間の抑制や上長のマネジメントレベル向上に役立てることができます。
会社所在地
愛知県名古屋市中村区名駅南1-17-29 広小路ESビル8F
電話番号
052-217-2488

10. キズナジャパン株式会社

キズナジャパン株式会社
出典:キズナジャパン株式会社  
  • 東京・福岡にオフィスを構え、"人にやさしく"をコンセプトにクラウド勤怠管理ツール「Daim」を開発。
  • 月額350円ながら、タイムレコーダー、シフト作成、有給管理、交通費清算などトータルな機能を網羅。
  • 経理の承認を経てスタッフ自ら給与を振り込める「My給」機能も搭載。人手不足の企業にもおすすめ。
会社所在地
千代田区富士見1-6-1フジビュータワー飯田橋1005
電話番号
03-3556-7722

経費計算に対応しているで勤怠管理システム会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

勤怠管理システムとは、タイムカードやICカードによって出退勤時刻を記録し、勤務状況を管理するシステムで、クラウド型、パッケージ型の2通りの導入形態に分かれます。それぞれの導入方法のメリット、デメリットを理解した上で、必要な機能は備わっているか、使い勝手は良いか、サポートは充実しているかなどの視点から自社に適したシステムを選択するようにしましょう。また、アクセスが集中しやすい勤怠管理システムでは、それに耐えうるシステム性能があるかどうかも重要な判断基準になります。

勤怠管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

勤怠管理システムの見積もりが最短翌日までにそろう