業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

クラウド型対応の優良業者

勤怠管理システム

最適業者がスグに見つかる

勤怠管理システムとは、社員の出退勤の時間を管理するシステムの事で、このシステムを利用することにより、勤務時間や残業時間、欠勤の管理といった事が可能になります。これにより、欠勤や休暇、給与などの計算を自動的に行い、正確な勤怠管理ができるようになります。従業員数が多い場合などは、データの取りまとめ自体に時間を要してしまい、管理部署の負担が大きくなってしまう傾向にあるため、導入している企業が多いです。クラウド型の勤怠管理システムであれば、インターネットができる環境が整っていれば、すぐ利用することが可能です。また、アップデートや保守・障害対応の必要がなく、常に最新の状態が業者によって保たれているので、業務の効率化にもつながります。社内でサーバーを管理する手間はなくなりますが、データ消失やデータ流出のリスクもありますので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

クラウド型対応の優良業者 勤怠管理システム業者一覧

52件中110件の業者を比較中

会社名
KYODOU株式会社
会社サイト
http://www.kyodou.net/
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
100~500 500~1,000 1,000~
詳細を見る
  • クラウド型なのにお客様ごとにサーバを立てるプライベート方式!
  • プライベートだから御社のルールに合わせてフルアレンジ可能!
  • 規模による大人数・多拠点・複雑なルールに対応可。無料診断OK
会社名
株式会社デジジャパン
会社サイト
http://www.digijapan.jp/
実績数
3,000~
主な顧客規模(従業員数)
50~100
詳細を見る
  • 集計業務の軽減による大幅な業務効率の改善、リアルタイムの勤怠状況確認などが可能です!
  • 豊富な打刻端末でどんな環境でも設置が可能です!
  • 導入費用は0円、月額費用は300円/打刻人数の低価格それなのに万全のサポート体制で導入も安心
会社名
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
会社サイト
https://ak4.jp/
実績数
~100
主な顧客規模(従業員数)
10~50
詳細を見る
  • シンプルなUI/UXにより誰でもどこでもカンタンに使うことができます。
  • チャットサポートによりいつでも質問&リアルタイムで課題解決まで可能です。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格の認証を取得しております。
会社名
株式会社Donuts
会社サイト
http://jobcan.jp/
実績数
3,000~
主な顧客規模(従業員数)
100~500
詳細を見る
  • お客様にとって必要な機能のみに絞ることで、コストを最小限に抑えてご利用いただけます。
  • 大きな機能から細かい機能まで多数ご用意し、お客様にとって負担の少ない運用を実現できます。
  • 電話、メール、画面内チャットをご用意し、お気軽にお問い合わせいただける体制をご用意しております。
会社名
株式会社オープントーン
会社サイト
http://www.ic-tr.jp/web/
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
10~50 50~100
詳細を見る
  • 初期費用無料で月額150円/人でご利用可能です。
  • 電話、メールでのサポートも行っております。もちろん無料です。
  • 簡単に導入ができますので、早ければお申込みの翌日からご利用いただいているお客様も!
会社名
株式会社ネオレックス
会社サイト
http://www.byebye-timecard.net/
実績数
~100
主な顧客規模(従業員数)
1,000~
詳細を見る
  • 中・大企業での実績が豊富で、1社あたり平均は1,300名を超えています。
  • ホテル、流通、小売り、飲食、物流、製造などの、複雑な現場の集計ルールに対応できます。
  • シンプルな操作性、スマホ・タブレット対応、サクサク動く快適性などは、技術力によって支えられています。
会社名
株式会社アークインターナショナル
会社サイト
http://www.arc-i.com/archp/attenda...
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
100~500
詳細を見る
会社名
株式会社 ITCS
会社サイト
http://www.m-ozo.jp/lineup/index04...
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
100~500
詳細を見る
  • 出勤日数や休暇日数、遅刻早退回数や残業時間等の月別集計、複数月集計情報を閲覧・出力できます。
  • 未打刻や未申請未承認情報等、イレギュラーをチェックして通知することができます。
  • 残業時間の抑制や上長のマネジメントレベル向上に役立てることができます。
会社名
株式会社エフエム
会社サイト
http://www.fminc.co.jp/
実績数
1,000~3,000
主な顧客規模(従業員数)
100~500
詳細を見る

社助  

会社名
株式会社ジー・エス・ディー
会社サイト
http://www.g-s-d.net/syask.html
実績数
~100
主な顧客規模(従業員数)
50~100 100~500 500~1,000
詳細を見る

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

クラウド型対応の勤怠管理システム会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 使いやすさ

    設定の柔軟さや管理のしやすさなど、使いやすさは重要なポイント!
    基本的にクラウド型の勤怠管理システムは、パッケージシステムよりもあらゆる業種・業態で利用できるように設計・構築されています。しかし特殊な就業ルールには対応出来ない場合もあるため、追加料金が… 続きを見る

  • POINT 2 サポート充実度

    安心できるサポート体制で選ぶのもポイント!
    システムのバグやメンテナンスのみ対応する企業から勤怠システムの監視を24時間365日で行っている企業まで、勤怠システムのサポートには差があります。導入費用が無料の場合はサポート体制が乏しい場合が… 続きを見る

  • POINT 3 セキュリティ

    セキュリティ保護などは下記項目などをしっかりと確認しておくこと!
    クラウド型はソフトウェアの導入とは異なりサーバーを複数の会社で共有するため、セキュリティ面では「オンプレミス型」に比べると劣ります。セキュリティ保護が万全かを見極めるには、業者が「プライバ… 続きを見る

  • POINT 4 導入のしやすさ

    自社にあったものか、他のシステムとの連携は可能か、使いやすさにも注目を。
    大抵のクラウドサービスは無料のお試し期間を設けているため、現場で利用できるかどうかの判断ができます。クラウドサービスの場合はサーバーなどの初期費用が低額で済むので、導入しやすいでしょう。 … 続きを見る

クラウド型対応の勤怠管理システム会社への発注にあたっての基礎用語

  • ワークフロー

    企業や人の間で行われる情報や業務のやり取りの一連の流れの事を指します。申請などを行う際に上長の承認など、必要な確認のステップを踏むことが多く「どの内容であればどういう流れで確認や決裁を行うか」が異なるため、数が増えるほど煩雑になります。勤怠管理システムを用いれば、より効率的なワークフロー管理が可能となります。

  • オンプレスミス型

    自社の業務に合わせた専用システムを開発・構築する形式を指します。

     

    メリット

    • システムの仕様に制限がないので、不規則なパターンにも対応が可能。
    • より高度なセキュリティ環境を構築できる。

     

    デメリット

    • サーバーを自社にて購入する必要があるため、導入費用が高額になる。
    • 開発して導入しても、様々なバグを検知して都度修正するため、運用が安定するまで時間がかかる。

  • クラウド型

    既に稼働しているシステムにネット回線で接続して利用するサービス形式のことをいいます。

     

    メリット

    • サーバーを自社で購入する必要がないので、導入ハードルが低い。
    • 人数が少ない組織・企業にとって非常にコストパフォーマンスが良い。

     

    デメリット

    機能は一般的なものにとどまり、柔軟性には欠ける。そのため不規則な労働形態で出勤している社員が所属する企業にとっては使いにくい。