業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

iPhoneアプリ対応の優良業者

アプリ開発

最適業者がスグに見つかる

アプリ開発は、まずシステム化する業務の流れや作業をヒアリングする事から始めます。その後、効率的で使いやすいシステムを設計し、プログラミングを行います。企画・システム設計・開発・テスト・運用までトータルで対応してくれる業者であれば、更に安心です。iPhoneアプリ開発・作成に特化した業者であれば、市場向けのエンターテインメント系・ビジネス系など様々なタイプのアプリ開発を行っていたり、社内のみに限定したアプリ開発など、幅広いジャンルに対応しています。同時にApp Storeへの申請も行っている業者もあります。豊富な実績と経験があり、自社のニーズを細かくヒアリングし、様々な開発経験を活かした高品質なアプリを提供してくれる業者であれば、更によいでしょう。予算内の費用で開発が可能かどうかをよく精査し、自社のニーズに応じて、活用してみるとよいでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

iPhoneアプリ対応のアプリ開発の会社比較方法・比較のポイント

iPhoneアプリ対応のアプリ開発の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

iPhoneアプリ対応のアプリ開発の選定ポイント

POINT
01

アプリ開発実績

iPhoneアプリの開発実績がある業者に依頼するのが得策!

Androidアプリの開発においては「JavaScript」というプログラミング言語が使用されますが、iPhoneアプリの開発においては主に「Object-C」というプログラミング言語が使用されており、プラットフォームによって異なります。

Objective-Cを習得するには上位互換の元となるC言語の基礎知識に加え、「Smalltalk(スモールトーク)」流のオブジェクト指向が必要となるため、一般的に習得が難しいといわれています。またC言語の習得レベルは、開発実績に比例して向上するため、iPhoneアプリ開発の実績が非常に重要です。最近、習得が比較的容易な「Swift(スウィフト)」という新しいプログラミング言語がリリースされました。Swiftは2014年に発表されたiOS、OS Xに対応するプログラミング言語です。既存のプログラミング言語において記述ミスによるバグが発生しやすかった部分を文法的に解決しています。2014年6月にApple社によって執り行われた年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」によればSwiftは、Objective-Cの処理性能を圧倒的に上回り、複雑なオブジェクトの並べ替えにおいてはObjective-Cの3.9倍と発表されていて、従来の言語を上回る性能を備えています。ですが依然として、Objective-Cが使用されているケースが多いです。開発を依頼する場合は、iPhoneアプリの開発実績がある業者に依頼するのが得策でしょう。

POINT
02

アプリ審査の知識があるか

審査基準は非公開、審査基準の情報をチェックしている業者を利用!

App Storeで公開されるアプリケーションの審査基準は公開されておらず、またガイドラインも定期的に変更されます。そのため、App Storeへのアプリ申請および審査に知見のある業者を選ぶのが無難です。審査基準の情報を常にチェックしている業者であれば、アプリ審査でリジェクト(拒否)される可能性が極めて低くなります。以下にアプリ審査でリジェクトされる代表例をまとめました。

 

 

【アプリ審査のリジェクト例】

  • クラッシュを起こす
  • バグが発生する
  • アプリ紹介文にない隠し機能がある
  • 同系統のアプリがすでに多数存在する
  • 継続的な楽しみを与えない、無駄なもの
  • 広告・宣伝目的と感じるもの
  • 容量が100MB以上
POINT
03

販売戦略・ノウハウを持っているか

多様化するプロモーション、効率よくプロモーションできるノウハウが選ぶポイント!

アプリ内の広告にはバナー広告、 オファーウォール型広告、アイコン広告、全画面広告と大きく4つに分けることができます。それぞれの特性をつかんでマネタイズし、プロモーション戦略を立てることができる業者に依頼をするのが得策でしょう。

 

 

  • バナー広告

バナー広告の中にはスワイプイン、フェードインなど様々なエフェクト(効果)を設定できます。

 

  • オファーウォール型広告

オファーウォール型広告は、それ自体では広告として機能しません。開発者側で「オススメ」などのボタンを用意し、そのボタンがクリックされると別のアプリ/ゲームのダウンロードを促す広告が出る広告形式です。

 

 

  • アイコン型広告

バナー型広告に比べてサイズが小さく視認性が低いため、ユーザーにストレスを与えることもありません。アプリのUI(ユーザインタフェース)にあわせて広告を配置できるため、非常に人気のある広告です。

 

 

  • 全画面広告

全画面に広告を表示させることができます。ダウンロードや画面遷移時に広告表示をするケースが多いです。視認性の高さがメリットですが、ユーザーの操作に割り込むため、操作性が下がるリスクがあるというデメリットがあります。発動のタイミングをうまくハンドリングする技術が求められます。

 

 

2. ASO (アプリストア最適化)戦略

アルゴリズムの変更などにより突如、ASOの影響が反映されなくなることがあります。そのためASOの情報を収集し、iPhoneアプリのアップデートの有無に関わらずPDCAを回して、その会社の独自のASO戦略・ノウハウを持っている業者に依頼しましょう。

 

 

  • キーワード対策

2015年5月現在、App StoreではiPhoneアプリタイトルが重要です。タイトルに含んだキーワードによって検索順位を上昇させることができます。ただし説明文のキーワードはさほど検索順位に影響を与えることはないようです。

 

 

  • iPhoneアプリレビュー依頼

iPhoneアプリのレビューを業者に依頼することもできます。レビューの質は検索順位に大きく影響します。レビューの依頼にはタイミングや個人事業主を含めた登録企業の集約などノウハウが必要です。業者がレビュー依頼を受託範囲に含んでいるかどうか、事前に確認するのがベターです。

iPhoneアプリ対応のアプリ開発の委託トラブル事例

人イメージ

アプリのダウンロード数が思うように伸びない、審査がリジェクトされてばかりになる、などの特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。iPhoneアプリ開発・作成にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

iPhoneアプリ対応のアプリ開発の委託時よくある質問

人イメージ

iPhoneアプリ対応のアプリ開発についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック