業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

iPhoneアプリ対応の優良業者

アプリ開発

最適業者がスグに見つかる

アプリ開発は、まずシステム化する業務の流れや作業をヒアリングする事から始めます。その後、効率的で使いやすいシステムを設計し、プログラミングを行います。企画・システム設計・開発・テスト・運用までトータルで対応してくれる業者であれば、更に安心です。iPhoneアプリ開発・作成に特化した業者であれば、市場向けのエンターテインメント系・ビジネス系など様々なタイプのアプリ開発を行っていたり、社内のみに限定したアプリ開発など、幅広いジャンルに対応しています。同時にApp Storeへの申請も行っている業者もあります。豊富な実績と経験があり、自社のニーズを細かくヒアリングし、様々な開発経験を活かした高品質なアプリを提供してくれる業者であれば、更によいでしょう。予算内の費用で開発が可能かどうかをよく精査し、自社のニーズに応じて、活用してみるとよいでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

iPhoneアプリ対応の優良業者 アプリ開発業者一覧

97件中110件の業者を比較中

会社名
株式会社スーパーソフトウエア
会社サイト
http://tokyo.supersoftware.co.jp/
得意規模
大規模(500万円~)
実績例
本田技研工業株式会社(HONDA) / トレンダーズ株式会社 /
詳細を見る
  • 【創業33年目の豊富な開発実績と経験】アプリやWebシステム以外にウェアラブル端末の開発に実績アリ
  • 【技術力】他企業では技術的に対応できなかった案件のご相談も多くお問い合わせ頂いております。
  • 企画段階から技術的に出来ること、出来ないことを予算考慮した上でのシステム設計までを得意としています。
会社名
株式会社グリーンシステム
会社サイト
http://www.greensys.co.jp/index.ht...
得意規模
中規模(100~500万円)
実績数
30~50
詳細を見る
  • 設立当初より、数多くのシステム開発に携わっており、多数の実績がございます。
  • お客様から感謝のお言葉を頂けるよう高いクオリティにて開発を進めます。
  • 最近は、サービスはスピードが命と言われるくらい重要です。ご期待に添うよう効率良く進めます。
会社名
シーサー株式会社
会社サイト
http://www.seesaa.co.jp
得意規模
中規模(100~500万円)
実績数
100~300
詳細を見る
  • 要件定義では画面遷移図やワイヤーフレームを作成し完成後のイメージを共有しながら開発を進めます。
  • 豊富な開発実績で培った成功事例や失敗事例を企画に取り入れ成功するアプリを一緒に考えます。
  • ストアへの申請作業やリリース後の基礎的なプロモーションを代行いたします。
会社名
株式会社クリエイテラ
会社サイト
http://createra.jp/
得意規模
小規模(~100万円) 中規模(100~500万円)
実績例
パナソニック株式会社 / 日本KFCホールディングス株式会社 / 東芝エレベータ株式会社 / 伊藤忠商事株式会社
詳細を見る
  • iPhone/アンドロイド向けアプリケーションの開発を主業務としているコンテンツ創造集団です
  • アプリの開発実績は250本以上、AndroidアプリやiPadアプリ開発も行います
  • 事前コンサルティングから、米国Apple社へのアプリ申請代行、開発作業まで、全て一貫で行います
会社名
株式会社 デイ・ディライト
会社サイト
http://www.daydelight.com/
得意規模
小規模(~100万円) 中規模(100~500万円) 大規模(500万円~)
実績数
50~100
詳細を見る
  • 【経験豊富・技術力】高い技術力で「他では技術的に対応できなかった案件」も数多く解決。
  • 【高品質】しっかりとした工程管理と経験豊富な品質管理体制で品質の高いアプリをご提供します。
  • 【サポート力】専属担当者の丁寧なサポートでお客様の思いをカタチにします。
会社名
MeiQ合同会社
会社サイト
http://corp.meiq.jp/
得意規模
小規模(~100万円) 中規模(100~500万円)
実績数
~30
詳細を見る
  • ランキング上位のアプリを運用していたこともある経験豊富なスタッフ!
  • はじめてのアプリ開発担当の方でも、スタッフが丁寧にサポートします!
  • 高い技術力によるシステムの実現力!
会社名
株式会社クロノス
会社サイト
http://www.kronos-jp.net/
得意規模
中規模(100~500万円)
実績数
300~
詳細を見る
会社名
株式会社ノウリス
会社サイト
http://nouris.jp/
得意規模
小規模(~100万円) 中規模(100~500万円)
実績数
~30
詳細を見る
  • 最短2週間の短納期で、30万円からスマホアプリを試作できる!
  • 実際に使ってみることで「気づき」や「発見」を洗い出し、品質の高いアプリを生み出すことができる。
  • 一般的なアプリ開発のように、詳細な仕様書や画面のデザインなど発注のための手間は不要。
会社名
株式会社アプキー(PT APPKEY)
会社サイト
http://appkey.jp/
得意規模
小規模(~100万円) 中規模(100~500万円)
実績数
100~300
詳細を見る
  • 技術力と実績を備えたインドネシア人プログラマーが、高品質で低価格な成果物を実現します。
  • 日本人プロマネが、ご提案から要件定義、UI提案、品質管理、予算管理まで一括進行管理を行います。
  • アプリ、WEBなどの媒体を通じたインドネシア市場向けコンテンツ配信なら、全てをサポートいたします。

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

iPhoneアプリ対応のアプリ開発会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 アプリ開発実績

    iPhoneアプリの開発実績がある業者に依頼するのが得策!
    Androidアプリの開発においては「JavaScript」というプログラミング言語が使用されますが、iPhoneアプリの開発においては主に「Object-C」というプログラミング言語が使用されており、プラットフォームに… 続きを見る

  • POINT 2 アプリ審査の知識があるか

    審査基準は非公開、審査基準の情報をチェックしている業者を利用!
    App Storeで公開されるアプリケーションの審査基準は公開されておらず、またガイドラインも定期的に変更されます。そのため、App Storeへのアプリ申請および審査に知見のある業者を選ぶのが無難です。審… 続きを見る

  • POINT 3 販売戦略・ノウハウを持っているか

    多様化するプロモーション、効率よくプロモーションできるノウハウが選ぶポイント!
    アプリ内の広告にはバナー広告、 オファーウォール型広告、アイコン広告、全画面広告と大きく4つに分けることができます。それぞれの特性をつかんでマネタイズし、プロモーション戦略を立てることができ… 続きを見る

iPhoneアプリ対応のアプリ開発会社への発注にあたっての基礎用語

  • iPhoneの市場規模

    MM総研の2014年度市場調査によると、スマートフォンOS別シェアはiOS(59.5%)に対しAndroid (40.3%)とiOSが優位に立っています。海外ではAndroidのシェアがiOSに追いついてきていますが、国内ではiOSのシェアが漸増しています。さらに2013年にdocomoもiphoneの販売を開始したことでさらに出荷台数が増加しています。

  • Siri

    iPhone 4S以降に内蔵された、音声アシスタント機能のことを指します。ユーザーの音声を認識し、今日の天気、交通情報、店舗情報などを答えてくれるネイティブアプリです。現在は他言語対応が可能となっています。

  • App Store

    Apple社が運営している、iPhoneやiPod touch向けのアプリケーションソフトの販売サイトを指します。2008年7月に開始されました。Appleのアカウントを登録して、気に入ったものを課金してあるいは無料で取得することができます。アプリインストール後にアプリ内で課金をするアドオンも存在します。アプリの販売額は、開発者の任意で設定することができ、原則として販売額からAppleの手数料30%を除いた70%が開発者側の売上となります。

  • iOS SDK

    iOS SDKは、iOSで動作するアプリケーションを作成するためのソフトウェア開発キットです。Xcode に同梱されており、iPhoneアプリ開発者向けのサイトで配布されています。ダウンロードするには、Appleのアカウントが必須となります。iOS SDKの費用は無料ですが、App Storeに登録するのにはiOS Developer Programに年会費11,800円(為替変動にょって変更される場合があります)を支払って登録する必要があります。