業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

債権管理対応の優良業者

会計システム

最適業者がスグに見つかる

財務会計システムの導入を検討する際には、目的に合った機能が備わって、自社でしっかり使いこなせるかどうかを慎重に検討しましょう。仕訳入力、会計データの照会機能、決算書の作成機能など、基本の機能に加えて、他のソフトやシステムとの連携機能、消費税率変動への対応、IFRS(国際財務報告基準)に対応した機能が備わっているかも確認しておきましょう。債権管理システムを導入すれば、保有している債権の期日管理やオンバランス・オフバランス残高の管理、また残高証明の発行機能などが可能になり、会計上の残高管理だけではなく、税務上の残高管理まで行えるようになります。メールや電話でのサポートはもちろんの事、使い方に関するインストラクターの派遣やセミナー開催などが充実しているかも重要なポイントです。その際、有償か無償であるかを確認するようにしましょう。突然のパソコンの破損、トラブル、消失に備えて、データのバックアップの機能があると安心です。導入形態としては、自由にカスタマイズができるパッケージ型、導入が比較的スムーズなクラウド型があり、中には、初期費用だけで200万円を超えるケースもあります。各システムによって操作画面や操作性が異なりますので、可能であればまずは、無償トライアルを試してみることをおすすめします。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

財務会計システムの導入を検討する際には、目的に合った機能が備わって、自社でしっかり使いこなせるかどうかを慎重に検討しましょう。仕訳入力、会計データの照会機能、決算書の作成機能など、基本の機能に加えて、他のソフトやシステムとの連携機能、消費税率変動への対応、IFRS(国際財務報告基準)に対応した機能が備わっているかも確認しておきましょう。債権管理システムを導入すれば、保有している債権の期日管理やオンバランス・オフバランス残高の管理、また残高証明の発行機能などが可能になり、会計上の残高管理だけではなく、税務上の残高管理まで行えるようになります。メールや電話でのサポートはもちろんの事、使い方に関するインストラクターの派遣やセミナー開催などが充実しているかも重要なポイントです。その際、有償か無償であるかを確認するようにしましょう。突然のパソコンの破損、トラブル、消失に備えて、データのバックアップの機能があると安心です。導入形態としては、自由にカスタマイズができるパッケージ型、導入が比較的スムーズなクラウド型があり、中には、初期費用だけで200万円を超えるケースもあります。各システムによって操作画面や操作性が異なりますので、可能であればまずは、無償トライアルを試してみることをおすすめします。

人イメージ

債権管理対応の会計システムの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

債権管理対応の財務会計システムの

選び方ガイド

債権管理対応の財務会計システムの選び方ガイド

債権管理対応の財務会計システムの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

債権管理対応の財務会計システムの選定ポイント

POINT
01

債権管理対応財務会計システム導入のメリットを確認する

債権管理システム導入のチェックポイントはココ!

債権・債務管理システムは、日々の企業活動における債権・債務を正確に、適時に管理することを可能にします。それは、単に会計帳簿をつけるためだけでなく、業務支援のパートナーとして、キャッシュフローの改善や資産管理など経営戦略の根幹にも関わってくる重要な要素です。万全なセキュリティが施されていることも重要です。

このため、債権管理システムの導入を検討するときには以下の項目についてしっかりチェックしましょう。

  • 売掛金等の入金状況をデータの突合なしに確認できるか

基幹会計や債権の管理、資金管理・手形管理などはエクセルのシートや会計ソフトで行っていても、リアルタイムの入金状況は分かりません。複数の帳簿を手元に用意しなくてもパッと見て把握できるかどうかが重要です。

  • 債権回収業務にスムーズに引き継げるか

債権管理業務を回収業務に引き継ぐための請求書発行や、各種書類を簡単に作成できるかどうか、また、最終的債権の貸倒を判断した場合の処理もシステム上で仕訳できるかどうかなどをチェックしましょう。

  • 債務状況、弁済期などの一覧出力は可能か

各種の債務についての残高や弁済期、利息などが分かりやすく一覧表示されて出力できるかチェックしましょう。

  • 複数拠点のデータを集約した債権・債務管理は可能か

複数拠点のデータを本社で一括把握するためのデータベースの一元管理は可能かどうか、支社や支店の入出金をリアルタイムに反映できるかどうか、拠点ごとの回収状況の一覧表示などはできるかチェックしましょう。

POINT
02

債権管理対応財務会計システムに求められる機能を確認する

自社でやりたいことが実現できるかどうかチェック!

一般的な債権管理システムの機能は下記になります。機能例を参考に候補の製品を個別にチェックしましょう。

  • 債権管理グループ

債権計上限度額管理や債権残高を確認します

  • 締め管理

請求締次管理と相殺処理を行います

  • 請求書・督促状発行

通常の請求書以外の督促書類も発行します

  • 入金管理

入金入力や入金後の消込処理、入金予定変更、回収方法指定などを管理します

「入金予定分割」「入金方法変更」「入金予定日変更」等の入金変更機能を提供します。入金額と入金予定額が一致したものだけでなく、入金額に見合った入金予定額の消込処理が分かりやすいかどうかもチェックしましょう。

  • 不良債権処理

回収できなかった債権に対して、「不良債権候補一覧」「不良債権登録」「不良債権一覧表出力」などの仕訳を行います。

  • 日次・月次・年次処理

各種データ改廃処理、仕訳作成、残高更新処理を行います。

POINT
03

自社に必要な帳票は出力できるか確認する

債権管理は帳票管理が重要です!

専用の債権管理対応会計システムでは、下記のような帳票が出力できます。自社での会計業務内容に対応できるかどうかをチェックしましょう。

  • 請求申請グループ

◇請求申請入力

◇定期請求申請データ作成

◇請求申請データ取込

◇請求申請承認

◇請求申請一覧表

◇請求申請書

◇請求先別請求予定表

  • 請求締グループ

◇請求予定作成

◇請求予定取消

◇請求書一覧

◇請求書修正入力

◇請求一覧表

◇請求書

◇請求条件変更申請書

◇回収予定表

  • 入金グループ

◇入金入力

◇入金データ取込

◇入金承認

◇入金明細表

◇入金回収集計表

◇領収証

  • 回収グループ

◇回収消込入力

◇自動回収消込処理

◇一括請求消込処理

◇回収消込承認

◇前受金一覧

◇帳票

◇回収状況一覧表

◇回収実績一覧表

◇相殺確認表

◇回収消込チェックリスト

◇前受金一覧表

POINT
04

他の会計関連システムとの連動性を確認する

既存の資産、業務フローを活かしたいならきちんと事前チェックを!

すでにエクセルなどを使って手作業で債権管理を行っている場合や、稼働中の会計ソフト・システムやデータベースの中に債権管理データを取り込みたい場合には注意が必要です。債権管理ソフトの新規導入の際には、現在使っている会計システムとの連携や一元管理による効率化が可能かどうか、必ずチェックしておきましょう。

すでに市販の会計ソフトを使っている場合には、その会計ソフトと同じメーカーのパッケージソフトを導入するのが最も不具合が生じにくい選択肢です。エクセルなどのオリジナルデータを連携させたい場合には、データのインポート機能が鍵になりますので、お試し版などを使って実際に自社のデータが問題なく取り込めるかどうかを確認してみるのが良いでしょう。

特に建設や製造などの業種では自社オリジナルの管理手法をとっているところが多いので、データの整合性は導入前に充分チェックしてください。

POINT
05

サポートは充実しているか確認する

個別に教えてくれるインストラクター派遣サービス、セミナーを行っている所も。

財務会計・経理の業務は、2014年の消費税増税に代表されるように法律の改正や会計の基準の制定などの影響を常に受けます。その度に、システムの入力項目や設定の変更が必要になりますので、その際、どのようなシステムサポートが受けられるのかの確認をしておくことが重要です。

自社にある既存のシステムとの連携設定やバージョンアップ作業の時には、自社の環境に合わせて迅速に対応できるかも確認します。その際には、幅広い会計知識を持ち、システム設定などに詳しい専門のスタッフから、サポートが受けられることが望ましいでしょう。メールや電話でのサポートは無償か、電話サポートの受付時間、休業日の対応状況も確認しておきましょう。

また、システムの使い方を個別に社員に教えてくれるインストラクターの派遣サービス、多数の社員に対して、使い方を教えるセミナーを行っている場合もありますので、予めチェックしておきたいところです。

債権管理対応の財務会計システムのよくある質問

人イメージ

債権管理対応の財務会計システムについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。