日焼けチャンネル (株式会社Bulluck)

日焼けで日本を元気にするwebメディア「日焼けチャンネル」

日焼けチャンネル(株式会社Bulluck)

開拓されていないジャンルの対象者への情報提供

日焼けチャンネル01

-サービスを思いついたきっかけはどのようなところにありましたか。

宇津木:弊社の強みと開拓されていない市場への公式がなりたったことで、日焼けチャンネルというサービスを思いつきました。弊社の強みは、結果にコミットできるWebマーケティングです。これまでに多くのご提案をし、実績を積んで参りました。それに加えて、美白ブームと言われている現在の日本でも、すでに日焼けをしている人や日焼けをしてみたいという人が多いのも事実です。しかし、その人々に対して情報提供をしているサービスが実在していなかったことから日焼けチャンネルをリリースいたしました。

-「日焼けチャンネル」は日焼けの方への情報提供サービスなのですね。
具体的にどのような情報を提供しているのでしょうか。

宇津木:まず、「日焼けをしてみたい」という潜在的なニーズに応えるべく解決型のコンテンツが必要であると考えました。例えば、 「カッコ良くなるために、美しくなるために日焼けをしたい・してみたい!でも、日焼けってカラダに悪そう。赤くなって痛いだろうな。」といったことや、「日焼けサロンに行ってみたいけど、どんな所かわからない。怖そう。」といった声に応えるようなコンテンツを提供しています。次に、既に日焼けしている人に対しての情報提供です。具体的には、全国の日焼けサロンの詳細情報を行っています。さらに、日焼けしている属性が好む分野の情報提供もしています。
「日焼けに関する情報ならこのサイトに来れば、なんでも揃っている」そんな陽の当たる広場のようなWeb上の場所が日焼けチャンネルです。また、弊社の取締役の中には日焼けが趣味の人間が2人います。ユーザーの心理を十分に理解した上でのマーケティングが可能になっているため、非常に濃いコンテンツを提供することが可能です。

-ありがとうございます。
では、貴社のサービスの特徴を教えていただけますでしょうか。

宇津木:はい。弊社が運営する「日焼けチャンネル」には3つの特徴がございます。1点目は、今までにない日焼けすることを推奨するメディアサイトであることです。先述しましたが、近年は美白ブームです。しかし、日焼けを好む人や日焼けをしたい人というのは数多く存在しています。日焼けチャンネルは、彼らに対して有意義となる情報提供を行い、日焼けをする人たちが自然と集まってくるプラットフォームを構築しています。
2点目は、SNSと連携した情報提供を行っていることです。日焼けチャンネルは、10代から30代前半の若者をターゲットにしています。彼らが日常的に使用するツールは、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSです。これらのSNSと連携をすることによって、彼らの日常生活の中に、日焼けに関する情報を提供できるようにしています。
最後は、情報は写真が中心であるということです。ターゲットユーザーの生活習慣は今やSNSが中心。傾向として、あまり長文を読みません。そのため、理屈を並べて理解するような文字中心の記事ではなく、直感でわかるような写真中心の記事にしています。ストレスを感じない情報取得ができるような記事を心がけています。

日焼け関連の業者から多数寄せられる反響

日焼けチャンネル02

-どのような方から反響がありますか。

宇津木:日焼けに関する商品を扱っている業者様や、日焼けしているユーザーに関連する商品を扱っている業者様から好評です。例えば、 「日焼けに関する情報が充実しているメディアサイトは素晴らしい」といったことから、 「ユーザーの属性が絞られていることで、非常に投資対効果の高い広告出稿ができた」 などといった反響を多く頂戴しています。

-関連業者からの反響があるんですね。
広告出稿などがあるとおっしゃっていますが、日焼けチャンネルには料金プランなどはありますか。

宇津木:日焼けチャンネルでは、広告掲示の仕方が2つあります。日焼けチャンネル編集部で、出稿企業様に適したオリジナル記事を作成する記事型広告。日焼けチャンネル内で複数箇所表示されるバナー広告の2点です。
月額は、1万円で気軽に出稿できる料金プランから100万円ほどの料金で出稿できる料金プランまでお客様のご予算に応じて、広告出稿を提案させていただいております。

「日本を日焼けで、元気に」できるようなwebメディアを創造し続ける

日焼けチャンネル03

-貴社の今後の展望や目標はございますか。

宇津木:もちろんございます。「日本を日焼けで、元気に」〜あの時の輝きをもう一度〜これが、弊社が日焼けチャンネルを運営している目的です。
日本マクドナルドの創業者、藤田さんはこう仰いました。「日本の若者をハンバーガーで金髪にする」。それに習い、我々、株式会社Bulluckは「日本の若者を真っ黒にする」という目標を掲げています。「日焼け」という文化を通じて、一人でも多くの日本人が、日々を楽しく笑って過ごすことができる世の中を実現させます。 そのためにも「日焼けチャンネル」がその火付け役となるよう努める所存です。

-最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

宇津木:現在の日本は、世界的に見ても異常な美白ブームです。確かに紫外線を過度に浴びることは、皮膚はもちろんのこと、人間にも良くありません。しかし、過度に太陽の光を避ける行為も身体にとって良くありません。
我々が日焼けチャンネル視聴者の方々にお伝えしたいことは、正しい日焼けの仕方を習得することで、美しく健康的な日焼け肌を身体に害なく手に入れることができるということ。そして、日焼け肌を手に入れることでプライベートにとどまらず、ビジネスシーンにおいても絶大な効果があるということです。
日焼けチャンネルは、日本がバブル時代のように再びエネルギッシュさと、未来に対して希望に満ちた溢れた「ポジティブマインド」を持つ日本人を創造するためにあります。

株式会社Bulluck<br />
取締役副社長兼COO 宇津木純一 様

株式会社Bulluck
取締役副社長兼COO

宇津木純一 様

法政大学卒業後、東証一部上場コンサルティングファームに入社する。在職中はカーディーラービジネス、不動産ビジネス関連の経営コンサルティングを行う。入社2年目にして月に30社のクライントを獲得し、同期の中でもトップレベルの成績を残す。特にSNSマーケティングを得意分野とし、 広告費を使わないバズマーケティングをメインとした「SNS0円マーケティング」を提唱。 のちに株式会社Bulluckに入社し、取締役副社長兼COOに就任する。

日焼けチャンネル

日焼けチャンネル

株式会社Bulluckは、「日焼けチャンネル」を提供している企業です。日焼けで日本がバブルの時代を彷彿させるようなエネルギッシュさと、未来に対して希望に満ち溢れた「ポジティブマインド」を持つ人を創造し、応援するWebメディアを製作しています。

ほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。