ITによる課題解決手法の豊富なバリエーションが強み!「ITのかかりつけ医」として小規模企業をサポート

フロウプラス(フロウプラス)

小規模企業・研究機関の様々なITニーズを幅広くサポート

フロウプラス01

ーーまずは、提供しているサービスの概要を教えてください。

奥長:フロウプラスは幅広い形態のシステム開発に対応しています。デスクトッププログラム、Webアプリケーション、スマートフォンアプリ、サーバプログラム。外部のデバイスと連携して動作するシステムの開発も行っています。開発言語も C++、Java、PHP、Objective-C、Visual Basic、JavaScriptなど様々で、さらに必要があればどんどん新しい言語にも対応しています。また対象システムの目的も業務用アプリケーション、一般向けアプリケーション、研究支援ツール、外部デバイス制御などいろいろとあります。
まずはお客様のニーズありきで、そのご要望にひとつひとつ対応しているうちにどんどん範囲が広がってきたという感じです。

ーー主なターゲット層を教えてください。

奥長:中小規模の企業や研究機関がメインのお客様です。また個人事業主の方からもご依頼いただいています。
ご依頼いただくパターンは大きく2つあり、1つ目が既存システムの改修。これまでシステム開発を担当していた会社が廃業した、社内IT担当者が退職したといった事情のため、私たちが代わりに開発を担当させていただくケースです。もう1つは、こちらがメインとなるのですが、「新しいシステムを導入したいが社内にITに詳しい人がいない。システムの企画段階から相談に乗ってほしい」とご相談いただくケースです。
いずれのパターンでも、その後も継続的にご依頼くださるお客様が多く、感謝しています。

豊富な開発実績を活かし、多様な解決手法をご提案

フロウプラス02

ーーサービスの強みを教えてください。

奥長:あるお客様のニーズや課題があって、それを解決するためのITシステムを構築する場合、一つの正解しかない訳ではなく、実に様々な解決方法が存在します。当社の強みは、「どれだけ多くの解決方法をリストアップできるか」という点、そして「それぞれの解決方法のメリット・デメリットをどれだけリストアップできるか」という点だと考えています。
一例ですが、業務管理用Webシステムを構築したいというご依頼があった場合、AWSやAzureなどクラウド上に構築するか/廉価なレンタルサーバ上に構築するか/Google Appsなどを活用するか/既存のWebサービスをベースにカスタマイズするか、などと実行基盤だけでも多くの選択肢があります。それぞれの選択肢にメリット・デメリットがありますが、どのパラメーターが重要なのかはお客様の状況によって異なります。そこでお客様の状況などをお伺いしながら、最も望ましい解決手法を見つけていく形となります。
ITが専門ではないお客様に「どんな選択肢があるのか」というバリエーションをリストアップし、それぞれの選択肢の「お客さまから見た」評価を提示すること。このことが当社がお客様のお役に立てる大きなポイントの一つとなります。

ーーそれだけ技術力が高いということでもありますよね。

奥長:やはり、多様なシステム開発を行ってきた経験が活きているからだと考えています。
またIT分野という面だけでなく、管理会計など経営分析実務の経験を活かして業務マネジメントの視点も含めた検討や提案ができる点も強みだと考えています。
「お客様の現在の状況を考えるとこのシステムは少々オーバースペックではないか、数年もすればもっと良いシステムがもっと安く導入できる可能性も考えられる」といった選択肢をご提案させていただいたり、「お客様の今後の展開を考えると現在このシステムの開発にリソースを投入するよりもこの部分のシステムを拡充することをご検討されてはどうか」といったご提案をさせていただくこともあります。

小規模組織ならではのお客様サポート

フロウプラス03

ーーこれまでの実績を教えてください。

奥長:お客様のニーズに適した開発を行うということで、様々な形態のシステムを開発してきました。
最近行った開発でも、多数の大容量ファイルを定期的にダウンロードするためのプログラム(GUI版:C++、CUI版:PHP)、iBeaconを使ったiPhoneアプリ(Objective-C、PHP)、購入金額に応じて店頭でクジ引きを行うAndroidアプリ(Java)、Google Apps for Work上で稼働させる文書管理システム(Google Apps Script)、データ自動収集プログラム(FileMaker、Groovy)、販売管理システム(FileMaker)など、さまざまなバリエーションがあります。

ーー料金についてはいかがでしょうか。

奥長:1万円クラスの小規模案件から、1000万円クラスの長期案件まで、幅広く対応しています。「大したことない仕事だけど、お願いしていいのかな?」などと気にせず、まずはご相談いただきたいですね。
フロウプラスは小規模な組織でランニングコストも低いので、その分料金も抑えることができ、丁寧な対応も可能になります。また基本的にお客様とは代表である私が対応させていただいておりますので、窓口担当者が変わり話が通じにくくなるということもなく、数年間ぶりのご相談であってもすぐに以前の話の続きができると、ご安心していただいております。

ーー今後の展望を教えてください。

奥長:私自身の興味という意味では、外部デバイスをスマートフォンなどと連動させたサービスのシステム開発も増やしてみたいと考えています。センサーやWebカメラなどと連動したシステムから始まって、ゆくゆくは動作制御などロボティックス関連まで展開できたらいいですね。また農業分野にも以前から興味を持っていて、小規模農家とITシステム活用について連携ができないかとも考えています。
お客様がなにか新しいサービスを作り出そうとするとき、多くの場合、ITシステムは欠かせない要素になると思います。そうした時にITに詳しくないからとあきらめてしまうのではなく、フロウプラスに相談してみようか、となっていただけると嬉しいですね。
当社は大きな企業ではありませんので、小規模企業や個人事業主などのお客様としてもお気軽にご相談しやすいと思います。そうしたお客様にとっての「ITかかりつけ医」としてお役に立っていきたいと考えています。

フロウプラス <br />
代表 奥長 啓太郎 様

フロウプラス
代表

奥長 啓太郎 様

千葉大学卒業。金融会社に入社し、管理会計など経営分析の実務を行うとともに、業務効率化のためのプログラム開発も行う。
2001年フロウプラスを設立。当初は金融関連の大規模システム開発に参画するケースが多かったが、クライアントやユーザとより近い形でのシステム開発を行いたいと考え、徐々に小規模・中堅企業むけ案件にシフト。
経営理念は、IT技術を通じてクライアントと一緒に「わくわく」すること。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

フロウプラス

フロウプラス

幅広い開発言語を駆使することで、スマホアプリ/PCプログラム/WEBアプリ/サーバプログラムなど、多彩なシステムを設計から開発まで一貫して提供しています。また、小回りが利く対応力を活かし、クライアントの細かいご要望に応じ最適なシステムを提案することが可能です。

WEBシステム・ソフトウェア開発のほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

テクノロジーとコンサルティングを併せ持つ、独自のIT路線を進むプロフェッショナル集団

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。