カレット株式会社 (カレット株式会社)

「楽しんで」行うからこその技術力と要求以上の成果を出し続けるシステム開発会社

カレット株式会社(カレット株式会社)

自社開発を「楽しんで」行ってもらうからこその技術力

-まず、貴社はどのような事業を行っていらっしゃいますか。

古永家:弊社はシステム開発を行っている企業です。WebやスマートフォンのアプリやIoTのソフトウェアなど、様々な開発を行っています。

-では、貴社の主事業やサービスにおいて、技術力についてご説明いただけますか。

古永家:システム開発は、かつてのWebを基盤とするものから、昨今では、スマートフォンを中心とするアプリ・IoTに組み込まれるソフトウェアなど、様々な形に変えて広がっており、より幅広い知識や経験が必要となりつつあります。
弊社では、日々進化するこのIT業界の中で、新たな技術は積極的に取り入れ、また、レガシーと言われるものであっても、今まで培ってきた豊富な経験を活かし、お客様に最大限満足いただけるシステムを提供することを常に心がけながら開発を行っています。
例えば4~5年前までは、SNSなどを利用したシステム開発のニーズが非常に多く、企業プロモーション用システムやWebベースのゲームなどを多数開発していました。しかし、スマートフォン人口が増えるにつれ、BtoCではスマートフォン用ネイティブアプリ、BtoBではタブレットを使用した受発注システムなど、それまで行ってきた開発手法とは全く違う方向へシフトしているのが現状です。
ただし、新たな技術だけでは完結しないのも事実で、例えばこのネイティブアプリとつなぐためのレガシーな言語や、インフラの構築など、今までの数々の経験あっての技術も必ず活かされてきます。
これらひとつひとつの経験が弊社にとっての財産であり、また、日々成長を止めてはいけない部分でもありますので、時に最大の課題にもなります。

-「技術力」を強みとして発揮できている理由は他にございますか。

古永家:弊社では、開発者のモチベーションや成長を止めない取り組みとして、受託開発と自社サービス開発の2種類の経験を開発者に提供しております。
受託開発では、プロとしての今までの経験を全て出し切り、お客様に最大限満足いただけるシステムを提供することをミッションとしています。
自社サービス開発では、新たな技術への取り組みや、何もないところから面白いと思うものを創造する力を付けるための取り組みを行っています。開発のための資料作りや、開発以外の「考える力」をつけるための取り組みのため、敢えて縛りがありません。開発の過程を「楽しんで」行ってもらっています。「楽しんで行う」というのは、開発はどのような場面であっても重要だと弊社では考えているからです。
この自社サービスの取り組みが受託開発に活かされる部分も沢山ありますし、もちろんその逆もあります。それぞれにしかない長所をうまく取り入れながら成長していくことができ、これが自然と技術力を強みとして発揮できる基盤作りにもなっています。

ワンストップで行うことができる開発環境と要求以上の成果を出して評価されている

カレット株式会社01

-これまで開発してきたサービスなどをお伺いしてよろしいでしょうか。

古永家:弊社は設立が2010年ですので、現在6年目となります。現在まで、自社サービスもいくつかリリースしており、完全無料のプロジェクト管理ツール「ピース」や、iPhone対応のカメラアプリ「ワイプカメラ」など、評価をいただいております。
長期的にじわじわと利用者数が増えてきているのもあり、昨今のID・パスワードによる認証方式によるフィッシングやなりすまし等の被害拡大に伴ってか、BtoB用に開発した電話番号認証システム「Call Certify」は、企業様からの問い合わせが最近特に増えています。
このサービスはWebサイトに組み込みと入力した電話番号宛てに認証キーが電話(音声)で案内されるというシステムですが、お客様からは概ね満足していただいているようです。

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがですか。

古永家:受託開発の場合、お客様からよくお褒めいただく言葉としては、「要求以上の成果を必ず出してくれる」といったことや「納期を絶対にずらさない」というこの2つが圧倒的に多いのですが、弊社としてもこれについては非常に意識しているだけに、大変ありがたいお言葉です。

受託開発以外にも自社サービスへ本格的に力を入れていく

カレット株式会社02

-貴社の今後の展望を教えてください。

古永家:今年は規模感のある新サービスをリリースする予定です。昨年は受託開発に注力していた年でしたが、今年からは自社サービスにも本格的に力を入れてまいりたいと考えております。
ぜひともご期待ください。よろしくお願いいたします。

カレット株式会社<br />
代表取締役 古永家 崇 様

カレット株式会社
代表取締役

古永家 崇 様

大手開発会社で、システム開発から設計、インフラ構築まで、現在の基盤となる技術経験を積む。その後フリーランスを経て、2011年にカレット株式会社を設立、代表取締役に就任する。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

カレット株式会社

カレット株式会社

カレット株式会社はIT系のシステム開発を行う企業です。受託開発が多い中、自社開発時は制限なく「楽しんで」行ってもらうことで考える力や技術力を培っています。

ほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。