「教える」ことに特化した、選べる人材育成企業でIT教育研修を

未経験者をプロに育てるIT教育研修(株式会社シンクスバンク)

ITスクール事業やパソコンスクール事業、法人教育事業など「教える」ことに特化している企業

-会社設立当初から現在までの、貴社の沿革を教えてください。

下鳥:1988年10月にKENスクールを開校しました。2012年7月には、株式会社ケンソフトから、株式会社シンクスバンクにパソコンスクール事業、法人教育事業の2事業を譲渡しました。同年、株式会社シンクスバンクとしてITスクール事業を継続します。継続校舎は「新宿本校」「梅田校」「池袋校」「北千住校」「横浜校」の全5校舎です。翌年には、ITソリューション事業、ヒューマンソリューション事業を立ち上げます。2014年4月に、株式会社アウトソーシングテクノロジーにグループインをしました。同年、ITスクール事業の「名古屋校」を開校し、翌年2015年8月に学習サービス事業者向け国際規格「ISO29990」を認証取得し、現在に至ります。

-貴社の主事業やサービスを詳しく教えていただけますか。

下鳥:弊社が運営するKENスクールはコンピューター関連の教育機関として考えられるすべてのサービスにおいて、コンピューター技術スクール業界を牽引しています。業界における定番となっている「個別指導」や「現場指導」はいち早く実践してきました。これからも株式会社シンクスバンクは、新しいスクールのプログラムを創出し業界をリードして、トップを目指します。
事業内容としては、KENスクールはコンピューター技術者育成スクール事業となっており、この他に、法人教育研修事業や業務請負のITシステム・プログラム開発事業となっております。

創業28年の歴史が誇る、法人研修累計700社以上、リピート率90%以上の圧倒的な実績

未経験者をプロに育てるIT教育研修01

-では、貴社の「研修サービス」について詳しく教えてください。

下鳥:KENスクールは28年の歴史の中で、数多くの人材をIT業界に輩出しています。企業研修としては300社を超える企業様のご支援をさせていただいており、特に新入社員向け研修は95%を超えるリピート率を誇ります。
新入社員研修では、単に技術の習得にとどまらず、グループワークの導入やプロジェクト型演習、社会人教育を考慮して、PDCAサイクルをベースにした業務日報やスピーチなどを取り入れております。
このほかに、企業研修では、ご要望に合わせた研修スタイルを選択することが可能です。通学型研修や集合型研修、講師派遣などです。特に、通学型の研修サービスは、スクールを駅前に構えているKENスクール最大の特長です。一般的な研修業者の大半は、日時が決まっているオープンセミナーとなっており、業務が多忙な技術者には、研修のスケジュール調整が厳しいです。しかし、その点を改善した研修となっており、通学がしやすいメリットがあります。
さらに、研修会場を選択することも可能です。首都圏4拠点(新宿・池袋・横浜・北千住)と、東海1拠点(名古屋)、関西1拠点(梅田)から最寄りの研修会場を選択できます。いずれも駅から徒歩5分以内で交通アクセスに優れております。20名収容可能なセミナー教室などご要望に合わせて選択可能で、研修に必要な機材を揃えております。

-これまでの実績はいかがでしょうか。

下鳥:28年の実績の中で、法人研修は累計700社以上のご利用実績があります。また、カスタマーとして累計7,000人以上の卒業生を輩出しています。業種としてはIT教育がメインになりますので、IT系企業が大半です。
法人の研修につきましては、リピート率が90%を超えており、引き続きお客様からご愛顧いただける教育機関であることに努めていきたい所存です。
また最近は、営業向け研修や販売員向け研修などの実績を新たに作り、好評を得ております。

「相談すれば、教育は全て解決できる」そのような企業になるために体制作りを早急に進めている段階

-多数の実績があるんですね。実際の価格はどれくらいになりますか。

下鳥:弊社は200講座ほどの取り扱いをしているため価格に幅があります。
1アカウント3,000円程度のEラーニングから、IT技術者に必要な技術を網羅した80万円程度の通学講座もございます。
人気講座は、Javaプログラミング、CCNA認定資格取得、Excelです。従業員向けのITリテラシー講座はご要望に応じて19,000円からとなっていますし、ビジネスマンに必須のExcelスキルアップ講座であれば28,000円からです。
Web・ITエンジニア向けのより高度な開発系の講座も数多く取り揃えております。 仕事が忙しく、通学が難しい方向けのEラーニングもご用意しており、企業様のご要望に合わせて研修内容をカスタマイズすることも可能です。

-貴社としての今後の展望はいかがでしょうか。

下鳥:コンピューター関連、いわゆるIT分野の研修については実績を重ねて一つの形になると考えています。そのため今後、積極的に伸ばしていきたいのは、ロボットプログラミングや、ビジネス系やマインド系などIT技術教育以外の部分です。技術教育から人間教育までを伸ばしていきたい、といったところでしょうか。
人材育成に課題を持つ企業様が、「相談すれば、教育は全て解決できる」「人財教育のシンクスバンク」そのように呼んでいただけるような体制作りを、弊社は現在急速に行っております。

株式会社シンクスバンク<br />
教育事業部 担当部長 下鳥 淳一郎 様

株式会社シンクスバンク
教育事業部 担当部長

下鳥 淳一郎 様

1978年、東京都生まれ。 ネットワーク技術を中心としたインストラクター業務、ITスクールの運営・企画業務に従事する。現在は、IT・Webの技術を中心とした企業研修の提案、及び社員研修・雇用維持・採用に関する助成金など幅広く企業に役立つコンサルティング業務を行っている。

このサービスの詳細を見る
未経験者をプロに育てるIT教育研修

未経験者をプロに育てるIT教育研修

株式会社シンクスバンクは、人材教育を中心に行っている企業です。IT関連やWebの技術などさまざまな教育面の育成をサポートしています。「相談すれば教育に関することは全て解決できる」企業を目指しています。

社員研修・社員教育セミナーの関連カテゴリー

社員研修・社員教育セミナーのほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。