「イメジン」 (株式会社イメジン)

クライアントとデザイナー、双方の要望を叶える審査型クラウドソーシング

「イメジン」(株式会社イメジン)

クライアントとデザイナーを繋ぐ審査型クラウドソーシングサービス

-サービスを思いついたきっかけ・開発の経緯を教えてください。

太田:私自身の経験や知人のベンチャー経営者達と話す中で、デザインを依頼することが意外と難しいことに気づいたことがきっかけです。デザインを依頼するクライアントには指示の出し方がわからない、価格やクオリティが自分とマッチするデザイナーを見つけることができない、などのさまざま様々な悩みがあります。一方で、デザイナーにもヒアリングを行ったところ、クライアントから指示されるデザインが曖昧であったり、方向性を確認するための質問に見当違いの回答が返ってきたりと、クライアントとのコミュニケーションにかなり不安感を抱いていることが分かりました。こうした問題は、クライアントとデザイナーとの間でデザインへの認識に大きな差があることが問題である、と私は考えました。現在のデザイン市場では、この認識の差に起因するトラブルが双方のコミュニケーションにおいて顕在化しているのです。弊社はこの悩みを解決したいという想いから生まれました。そして、サービスを開発していく中で、デザイナーとクライアントとの間にディレクターを入れる、というアイディアに至りました。
これによって誤解のない適切なコミュニケーションを双方の間に実現し、デザイナーにとってのコミュニケーションによる負荷を下げると共に、安定した品質のデザインをクライアントに提供することが出来るようになります。このアイディアをサービスとして実現させたのがすることによって、「イメジン」。はデザインの受発注におけるディレクターとしての役割を果たし、デザイナーにとってもクライアントにとっても、快適なデザイン市場を作りだしていきたいと思っています。

-「イメジン」について、他サービスには無い点を教えてください。

太田:弊社は審査型クラウドソーシングサービスです。そのため、他のクラウドソーシングサービスにはない安心感を提供できていると考えています。品質に見合った料金を保証できるためクライアント、デザイナー双方からの納得感が高い点が強みであると考えています。必要な場合、イメジンスタッフがデザイナー同伴で詳細なヒアリングを行うこともできます。この点も法人クライアント様から特に評価されている点だと考えています。

マッチングしやすい、納得の行くデザインが納品されると好評

「イメジン」01

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがでしょうか。

太田:会社を設立して半年ほどですが、これまで名刺、ロゴ、パンフレット、バナー、パッケージデザイン、チラシ、LPなどを作成してきました。ベンチャー、NPO、一部上場企業(日揮(株)様など)ともお取引させていただいております。
特に反響を頂いているのは法人向けの業務システムのデザインです。従来ではデザインの要素の薄かった法人向け業務システムに、UI/UXレベルからデザインを入れていく提案は従来にはなかったようで、特に法人内のエンドユーザー様からご好評をいただきました。

-サービスの価格帯はいかがでしょうか。

太田:「イメジン」では幅広いデザインに対応することが可能です。バナー画像等に関しては数千円で、チラシなどは数万円、そしてコーディングを含めたLP制作などは数十万円でお受けいたします。それぞれの依頼に対して、「イメジン」が適切なデザイナーを紹介することで、納得のクオリティを保証させていただいております。お客様の希望のデザイン品質に合わせて依頼することができるプランが人気です。
クライアントの利用目的と予算に合わせた納得感のあるデザインになるため、幅広い方にご注文を受けています。弊社の場合、数多くのデザイナーをご紹介できるため、幅広い種類、テイストのデザインを品質毎にご提供いたします。用途、目的に合わせた利用ができることが使いやすいと評価をいただいております。
また、デザイナー側の傷病などで稼働が不可能な場合も、弊社が代替デザイナーを探すことで納品を確実に行えるようにしているため、大手企業から利用しやすいという声をいただいております。

ユーザーに圧倒的なデザインに関するコミュニケーション問題を改善し、デザイナーには働きやすい場を提供していける企業を目指す

「イメジン」02

-貴社としての今後の展望や目標はございますか。

太田:デザインに関するコミュニケーションを、さらに圧倒的に改善し、それをユーザーに体験していただけるように、新サービスを構想中です。創業以来デザイナーとクライアントの間に立ち、案件に関わらせて頂く中でデザイナーの悩みや困りごとが理解できてきているため、クライアントとの対応の細かい面でサポートする仕組みを作っていくことができると考えています。
デザイナーにとって働きやすいさまざまな場を提供していく企業になることを当面は目指しています。長期的にはデザインだけでなく、あらゆるプロフェッショナルワークをWebを通じて取り組みやすくするような場を作っていきたいと思っています。

-何か読者の方にメッセージがございましたらこちらにご記入ください。

太田:弊社はフリーランスのデザイナーに支えられながら業務を継続して参りました。フリーランスに依頼することへリスクや不安を感じる企業は少なくありません。しかし、弊社が間に立つことで安心感や安定感を提供できると考えています。ぜひ直接デザイナーに依頼できるクラウドソーシング形式のメリットと、弊社ならではのサポートを体験してみてください!

株式会社イメジン<br />
代表取締役COO 太田新二郎 様

株式会社イメジン
代表取締役COO

太田新二郎 様

1986年埼玉県生まれ。東大在学中より、インターネット上で財務・統計分析を可能にするサービス「vizoo」を提供するベンチャー企業(株)フィルモア・アドバイザリーにて働く。同社では、統計/財務データの収集チームのマネジメントのほか、海外ヘッジファンド向けリサーチ、ダイヤモンド・オンラインなどのWeb雑誌への提供記事の執筆、新規Webサービスのディレクション業務に携わる。位置情報を使ったスマートフォン向けゲーム「テリトリ」は、リクルートメディアテクノロジーラボ「Mashup Awards 6」優秀賞を受賞。 退職後、世界一周旅行を経て、フリーランスにて複数のソーシャルメディア・ブログメディアの立ち上げを行う。Facebook上で展開した「コピーライターの目のつけどころ」の企画・運用に携わり、雑誌やWeb媒体から取材を受けセミナー活動も行う。また、保険に関するメディアを立ち上げ、3ヶ月で月間10万ページビューを達成。 2013年7月17日に合同会社キノコカンパニーとして法人化し、独自メディアの運営に携わるかたわら、企業のインバウンドマーケティングの支援・コンサルティング、バイラルメディアのSNSマーケティングや広告運用によるグロース事業などを運営。こういったマーケティングやビジネスのグロースにはデザインが不可欠な要素であるにもかかわらず、多くのクライアントがデザイナーとのやりとりに苦労していることを発見し、デザイナーとクライアントの間のギャップを解決するためのサービスを構想。当時、アメリカ西海岸にてMBA留学中であった、学生時代からの友人である現CEOの松木友範と相談し、事業化することを決意。2015年7月、株式会社イメジンを設立し、代表取締役COOに就任。中小企業基盤整備機構主催のイベントなどで講演を行い、イメジンのサービスの普及に努める。

「イメジン」

「イメジン」

株式会社イメジンは、クライアント企業とデザイナー(特にフリーランス)の間に立ち、双方の不安点を解消していくディレクションを行う、審査型クラウドソーシング「イメジン」を運営している企業です。双方にとって働きやすく、満足感の高い場を提供できるよう、心がけています。

ほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。