Like China Project (株式会社JCE)

日本と中国の架け橋に。貿易や宣伝、商品販売のサポートを行う新プロジェクト

Like China Project(株式会社JCE)

日本と中国、そして世界を繋ぐサービスを提供している企業

Like China Project01

-サービスの経緯を教えてください。

瀧音:私は中国生まれの日本人です。そのためか、もともと独立志向の強い人間で、多趣味でした。さらに、語学も好きだったため、日本語、中国語、英語をマスターして、日本と中国、そして世界で活躍する一流ビジネスマンになりたいと考えていたんです。
創業するまでに経験したITスキルを活かして、2013年に株式会社JCEを創業。国際的な視野に立って、高い技術力と情報力を使い、商品販売や貿易・宣伝に新たな価値を創造したいという思いから、「Like China Project」を立ち上げました。弊社は、日本と中国の人々、そして国際社会に貢献する企業を目指しています。

-貴社の主事業やサービスについて教えてください。

瀧音:弊社の主な事業は3つあります。1つは、日中貿易とEC販売です。これは、個人・法人のお客様を問わず、日本と中国で商品やサービスの輸出・輸入サポートから、商品の国内・中国の販売まで幅広い事業展開を行うサービスです。2つ目は、中国進出サポートとコンサルティングです。中国へ企業進出をしたいお客様や商品の販売をしたいお客様、日中の企業提携、中国の市場調査、広告宣伝展開など、企業様のニーズに対応したコンサルティング展開をご提案し、サポートをしています。弊社のネットワークをフルに活用し、中国進出を考える企業様に、効果的なプラン、マーケーティングなどを戦略的に構築、ご提案させていただきます。3つ目は、「Like China Project」です。日本と中国の友好の架け橋となることを目的としたプロジェクトとなっています。

-「Like China Project」について、詳しく教えていただけますでしょうか。

瀧音:「Like China Project」は先述した通り、日本と中国の友好の架け橋になることを目的としたプロジェクトです。人々の相互理解の促進と、友好の感情の増進を図るため、文化推進事業とビジネスサポートが目的です。このプロジェクトは3つのサービスをコア事業として展開しています。
第一に「 Like China for Taobao / Alibaba」は、タオバオ・アリババ出店と出品代行サービスです。中国のNO.1であるECサイトタオバオやアリババへ、出店や出品を行います。クライアント様は、法人や個人問わず、中国法人や口座を所持していなくても、売りたい商品の画像と文言を準備するだけの簡単1ステップで出店や出品が可能です。柔軟なニーズに対応できるプランをご用意しています。また、お客様の中国ECで利益を上げるためのプロモーションもサポートしていきます。今までに培ったノウハウと成功事例を元に高品質なサービスをお客様にご提供いたします。
第二に「Like China PR movie [中華圏PR動画配信サービス] 」では、日本初の中華圏向けの革命的なプロモーション方法をご提供しています。自社商品やサービスを中国人にもっと知って欲しいというお客様や、来日中国人観光客の「爆買い」の対象になりたいといったお客様、会社や商品のブランドイメージを中華圏で高めたいといったニーズを実現します。ワンストップサービスで、日本や中国の人気モデルを起用し、クライアント様の商品やサービスのオリジナル映像を制作します。また、中国のTOP動画投稿サイトとSNSに一斉に配信し、爆発的な人気をおこすことが可能です。
最後のサービスは、「Like China/Japanサイト運営 [文化推進サービス]」です。日本の中国記事を扱っているメディアは、政治や経済関連などでマイナスな部分を報道することが多く、本当の中国の姿が見えなくなりがちです。そのマイナスイメージを払拭するため、中国の面白いニュースや美しい風景、人物記事などを発信する「Like Chinaサイト」を立ち上げました。中国側では、「Like Japanサイト」を運営しており、日本の魅力を伝える活動をしています。現在、弊社はこの事業のパートナー様を募集しています。

低コストで中国に向けたアピールができるため、問い合わせが殺到している

Like China Project02

-お客様からの反響はいかがでしょうか。

瀧音:「Like China Project」は独自に立ち上げたサービスです。特に「Like China PR movieサービス」は日本初でオリジナリティがあります。また、日本の商品やサービスに対して、中国向けのプロモーション方法で一番コストパフォーマンスが優れている方法だと自信を持っています。数十万円の低コストで中国全土数億人にアピールできるという魅力で、サービスのリリース以来、日本のメーカーや広告代理店が殺到し、現在好調に事業が伸びています。

-サービスが好調に伸びているんですね。では、そのサービスを利用するにはどれくらいの費用が必要でしょうか。

瀧音:「Like China for Taobao / Alibaba  [タオバオ・アリババ出店/出品代行サービス] 」の場合は、初期費用が10万円からで、月額運用費用は1万円からとなります。この費用で、中国の54兆円のEC市場に参入することができ、5億人のECユーザーを相手に販売することができます。
「Like China PR movie [中華圏PR動画配信サービス] 」では、数十万円の低コストで中国全土数億人にアピールすることが可能です。
サービスが気になった方はぜひ、お問い合わせいただければと思います。

日本企業が中国関連ビジネスで成功できるようにサポートをしていきたい

-貴社としての今後の展望や目標はございますか。

瀧音:はい、もちろんあります。株式会社JCEは日本と中国の架け橋として、「Like China Project」をもっと日本の人々に知ってもらうように、発信を続けていきたいと思います。そのためにはまず、日本の企業が中国関係ビジネスに成功できるように、力になれる企業を目標として成長していきます。
また、ビジネス面だけではなく、国際交流や文化推進においても社会貢献できる企業を目指して行きたいです。

株式会社JCE<br />
代表取締役 瀧音 淳平 様

株式会社JCE
代表取締役

瀧音 淳平 様

十数年前に中国から訪日する。日本のIT企業とテレビ局で働き、2012年に独立する。渋谷でアプリ開発に特化したIT会社を立ち上げ、中国に支社を設立する。2013年に株式会社JCEを創業し、日中ビジネス関連サービスを展開している。日本と中国のIT業界だけではなく、さまざまな分野で躍進中。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

Like China Project

Like China Project

株式会社JCEは中国と日本、世界を繋ぐためのサービスを展開している企業です。「Like China Project」では、輸入代理業や中国進出サポート、中国人向けの動画配信サービスなどを行い、日本と中国の相互理解や販売促進、国際交流などを促進できるようサポートを行っています。

ほかのインタビュー

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。