株式会社 楓(フォン) (株式会社 楓(フォン))

時代で変化を続けるシステム開発に常に挑戦しているシステム開発会社

株式会社 楓(フォン)(株式会社 楓(フォン))

時代に応じたサービスと開発を続けるシステム会社

株式会社 楓(フォン)01

-まずは、貴社の沿革を教えてください。

賀:1996年9月有限会社 楓(カエデ)を設立しました。2000年8月に姫路事業所を開設し、翌年4月には株式会社 楓(フォン)に組織変更をしました。2001年8月中国ハルビンにて楓芝信息技術有限公司を設立します。
ここまでが弊社の沿革になりますが、リリース・販売などは多岐に渡ります。パッケージソフトが主流だった時代には、「一番かんた〜ん会計」(日本語版・中国版)や「Feng-OCR」というパッケージソフトや、自動会計パッケージソフト「ネット君」などをリリースしています。
eラーニングシステムが主流になってくると、個人情報保護に関する教育用システムや、中国語教室のサイトなどの運営を開始しました。
また、無償版医療機器管理ソフト「CEME」を受入した時には、有償版ソフト「CEME Pro」として開発・販売を行っています。「CEME」に関しては、クラウドが充実してきた段階で、WEB版に着手。リリースに至っています。
この他にも、時代時代に対応した開発やサービスの提供を行っており、スマホアプリはiMiao(愛描)や「MySpeed」、脳の反応速度を鍛えるiPhone用ゲームソフト「123+」などを開発しました。
2010年からは中央職業能力開発協会認定基金訓練講座「スマートフォンアプリ開発科」コースも開講しています。

-主に開発が中心の事業なんですね。貴社の商品やサービスについて、お聞かせください。

賀:はい、システム開発などが中心の事業となっています。弊社の商品やサービスは主に、日本語や中国語などの「言語」に関するもの、人々の健康を支える「医療」に関するもの、仕事に必要な「業務」などに関するものが中心です。もちろん、それ以外の製品もありますが、多いのはその3ジャンルです。
これまで商品やサービスは多く開発してまいりましたので、今回はその一部を紹介させていただきます。医療関連システムでは、医療に関連する画像診断の補助を行う、医療画像診断補助管理システム「FDOS」や、医療機器を管理するシステム「CEME Web」などを開発しました。前項でお伝えした、インターネット中国語教室を弊社では運営しているのですが、そのシステムなども弊社内で開発したものになっています。業務に関連するシステム開発においては、保険代理店基幹業務システムや通関業販売管理・出納管理システム、建機販売管理システムなども開発しております。

時代によって変化してきた技術力の蓄積が、多くの企業に評価されている

株式会社 楓(フォン)02

-これまでの実績や、お客様からの反響はいかがですか。

賀:弊社の技術力について定評があり、常に高い評価をいただいております。そのためか、多くの大手企業様と取引をさせていただいています。また、自社パッケージ製品のネット販売も好調で、以前には、会計ソフトだけ50本以上/月売れた時期もありました。今後の主力製品としている「医療機器管理システム」が400以上の医療施設様に試用され、実際に導入している施設も10数件あります。最近、このシステムに関するお見積り依頼が増えています。

-料金面について教えてください。

賀:自社パッケージ製品が用途と販売見込み数によって価格が違ってきます。よく利用されている会計・給与ソフトの場合は1万円/本前後で、ERPソフトは100万円以上となっています。「医療機器管理システムCEME Web」は、オンプレミス販売の場合は病院の病床数(100床未満〜500床以上)により価格を柔軟に設定しています。クラウド販売の場合は月額定額となっています。まずはお問い合わせいただければと思いますので、ぜひご連絡ください。

プロの技術集団として、これからも新しい技術を吸収し、常に新しいことに挑戦していく

株式会社 楓(フォン)03

-貴社の今後の展望や、目標を教えてください。

賀:弊社の社是は「誠実・責任・努力」です。社風は、プロの技術集団として「いつも新しい技術についていく」、経営方針は「世の中の変化を敏感に捉え、常に新しいことに挑戦する」です。それがこれまでの会社の沿革やサービスに反映されています。
今後は、主事業のシステム開発・サービスを確実に進めるうえで、日本の有望ブランド製品を発掘し、中国に販売する事業も積極的に行っていきます。
この他にも「医療機器管理システムCEME Web」の利用施設数を日本1にするということや、高級カーオーディオの中国販売総代理店業務も2、3年以内に軌道に乗せていきたいです。

-最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

賀:弊社はプロの技術集団として、お客様の様々なご要望にお応えいたします。例えば、経費削減・社内業務の効率化に役立つシステムのご提案や医療関連システムのご提案・導入支援、ネットワーク環境の構築・インフラ整備のご提案・サポートなどです。それに限らず、自社開発会計・給与・ERPソフトの開発・販売や、スマートフォンアプリケーションの開発・技術サポート、お客様ご要望のソフト開発など様々なご提案が可能です。
何かシステムや社内で困っていることがあれば、ぜひ一度お問い合わせいただければと思います。

株式会社 楓(フォン)<br />
代表取締役 賀 先楓 様

株式会社 楓(フォン)
代表取締役

賀 先楓 様

1983年中国の大学卒業後、国の研究所(黒竜江省計算機応用開発研究センター)に就職する。その後、技術提携の関係で来日し、日立と川重でそれぞれ半年と1年半研修を受ける。 1989年6月に私費で姫路工業大学に留学し、1992年大学院修士課程を終了。同年に姫路の中小企業に就職し、4年半勤務。1996年に独立し現在の会社を設立する。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

株式会社 楓(フォン)

株式会社 楓(フォン)

株式会社 楓(フォン)は、日々進化し続けるシステム開発技術のプロ集団です。常に最新の技術を吸収し、進化し続けています。長年の技術力が評価され、大手企業様とも取引の実績があります。


ほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

大手企業ソニーネットワークコミュニケーションズが目指す直感的で使いやすい勤怠管理システム「AKASHI」

勤怠管理システム

この未来企業を見る
株式会社クリエイティブジャパン

株式会社クリエイティブジャパン

アンケートリサーチと広告を合わせ、新規顧客を低コストで掴んで行くことができるWebサービス

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。