徹底的なお客様視点で、
弁護士とユーザーを繋げる法律相談サービス

街角法律相談所(株式会社HIROKEN)

WEBとリアルの両方からお客様のためになるサービス展開をしていきたい

街角法律相談所01

--会社立ち上げの経緯を教えてください。

中濱:学生時代に移動販売のアルバイトや、最初の就職先であるモバイル広告代理店での仕事から、お客様と直接向き合うリアルでの仕事と、直接向き合わないWEBでの仕事を経験しました。この二つの経験からたどり着いた答えは、両方の良さを活かした、徹底したお客様志向の仕事がしたいという考えです。それが起業の大きなきっかけとなりました。WEBとリアルの両面からお客様のためになるサービスを展開し、さまざまな既存産業にさらなる革新をもたらしていきたいと考えています。

--貴社の経営理念を教えてください。

中濱:株式会社HIROKENの経営理念は「インターネットを通して、既存産業におけるデファクトスタンダードを創っていく」です。
標準化した業界常識=デファクトスタンダードを我々が創造し、常識化していく。それは、非常に困難です。しかし、この働きかけを継続的に行っていくことで、その目標・経営理念に繋がっていくと考えています。
私たちは常に既存産業の常識を打ち破るような動きを行っています。これからも、今までになかったWEB・広告サービスを常に考え、打ち出していきます。

「徹底的にお客様志向」それが全員の幸せに繋がる

街角法律相談所02

--貴社サービスの強みはどこにありますか。

中濱:対クライアントにおいての強みは、お客様目線の提案型営業を行っている点です。ただ予算を消化しても、効果が出なければ事務所の成長には繋がらないと考えています。ですので私たちは確実に成果を出すまでは無用な広告費は頂きませんし、成果につながることであれば、広告代理業の範囲を超えてサポートしています。
対ユーザーにおける強みは、お問い合わせのハードルが低いところです。そもそも人に言えない悩みを相談することには、相当の勇気が必要ですよね。「街角法律相談所」ではポップなイメージを追究し、お客様がお気軽に相談をしていただけるような明るいサイトイメージを作っています。

--相場、費用という側面から見た御社の特色はございますか。

中濱:ユーザーの方のご利用は無料ですので、安心してご相談いただくことが可能です。 また、地域や借入額、住宅ローンの有無などを入力するだけで総合的に適した事務所がおすすめされるため、二度手間、三度手間になることは少ない点がメリットです。ユーザー様の中には顕在層だけでなく潜在層も多いため、「債務整理を考えていなかったが、相談してみてやってみたいと感じた」といった声もいただいております。
法律事務所、司法書士事務所にとっては予算を決めて集客ができるため、広告費、集客量のコントロールができる点がメリットです。

--実績数はどのくらいありますでしょうか。

中濱:月間で1〜1.5万人の債務相談があり、約50ほどの掲載事務所にご対応いただいている状況です。集客量・質・費用対効果についても各事務所からご好評をいただき、掲載継続率の高さに繋がっております。

「WEB×リアル×ニッチ」をキーワードに、サービスをより充実させていく

街角法律相談所03

--今後の展望はいかがでしょうか。

中濱:私たちが目指すものは、「WEB×リアル×ニッチ」でビジネスを展開することです。人生において一度や二度しかないような出来事の正解を、WEBで探すのは大変なことです。そこにリアルのひと手間を加えることで、問題解決に対して向き合っていこうという考えです。みんなが無視しがちな事柄に対して、日本一便利なサービスを展開していきます。
今後は、株式会社HIROKENの経営理念でもある「インターネットを通して、既存産業におけるデファクトスタンダードを創っていく」を実現していくサービスを広げます。たとえば、ひとつの法律問題からそれに付随した相続や不動産問題などまで、ユーザーの潜在的苦悩すべてを開放するサービスを、クライアントと協力して実現していきたいです。もちろん、その他にもたくさん実現していきたいことはたくさんありますが、まずは一つずつ既存産業を豊かにして、サービスをより便利に、より実用的にするために日々挑戦を続けています。

--読者の方にメッセージをお願いします。

中濱:株式会社HIROKENのスタイルは、当然「クライアント・ユーザー」が第一。Win-Win-Winの関係性を保ててこそ、我々が仕事する意義があります。その軸がブレないように、まずは各目線に落とし込むこと。各々の幸せを全員で共有できて初めて、優良なサービスと言えると考えます。 「そのためには何が必要か?」を常にブレインストーミングして、欲張りと思われるかもしれませんが、どの業界でも「HIROKENという会社があってよかった」と思われるような存在になっていきたいと考えています。

株式会社HIROKEN<br />
代表取締役 中濱 弘高 様

株式会社HIROKEN
代表取締役

中濱 弘高 様

大学卒業後、モバイル広告代理店を経て、2011年株式会社HIROKENを設立。
インターネット広告代理店からスタートし、債務整理を手がける弁護士や司法書士を紹介する、法律事務所マッチングサイト『街角法律相談所』を立ち上げ、インターネット広告だけでなく、メディア運営などを行う。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

街角法律相談所

街角法律相談所

株式会社HIROKENは、ユーザーに債務整理を手がける弁護士、司法書士などを紹介する法律事務所のマッチングサイト、街角法律相談所を運営している企業です。ユーザー視点、クライアント視点に立ったサービスが好評です。


街角法律相談所(専門家)の提供元が展開している別のサービス

弁護士・法律の関連カテゴリー

弁護士・法律のほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。