「共有・共感」をキーワードに、お客様と共にビジネスの成功を目指す
トータルITソリューション企業

株式会社アンツビズシェア(株式会社アンツビズシェア)

協業を目標にIT開発を行っている企業

--会社立ち上げの経緯を教えてください。

村中:システム開発、コンサル依頼を頂くことが増えたため、2004年に当時の仲間と設立しました。
将来的には他社との協業を目標にするという思いから、社名に「ビズシェア」が入っています。随時、企業との協業事業をスタートさせており、お客様とビジネスの目標を達成できるよう、日々邁進しています。

--貴社の経営理念を教えてください。

村中:社内の透明性を重視し、年齢、経験にこだわらない組織を目指す、というのが弊社の経営理念です。共有できる部分は共有して効率化したり、協調性を重視して、凝集性を高めていくことでメンバー同士共通の目標達成を目指すように努めています。

ハイスキル案件にも応えられる技術力が強み

株式会社アンツビズシェア01
株式会社アンツビズシェア02

--貴社サービスの強みはどこにありますか。

村中:弊社はレベニューシェアを前提に事業を進めるため、パートナーとなる企業様にとっては、より戦略的なシステムの提案をさせていただくことが可能です。弊社にとっても、事業成功という利益がもたらされるWin−Winの関係のサービスを提供できるといった点が強みです。
また、ITに関わらず、業務や事業戦略コンサルティングなど幅広い視野で提案ができるというのも強みとなっています。

--相場、費用という側面から見た御社の特色はございますか。

村中:ホームページ制作、システム開発共に相場と同程度の価格でご利用いただけます。弊社は「とにかく安い」というのを強みにはしておらず、高いスキルが必要とされる案件を受注するケースも多々あります。そのため、相場より高価な案件をお受けすることもありますね。スキル要件が高いご依頼にも応えられる、というのは弊社の特色かもしれません。

--実績・導入数はどのくらいありますでしょうか。

村中:毎月10社前後、お客様と取引をさせていただいております。その半数以上がリピートをしてくださるお得意様ですので、新規顧客は毎年数社に留まっております。
今後は、システム開発を中心にレベニューシェアの協業案件を増やしていきたいと考えています。

仕事だけではなく、趣味においても共有できる目標を

株式会社アンツビズシェア03

--今後の展望はいかがでしょうか。

村中:社内の透明性を維持しつつ、仕事に限らず、趣味においても共有・共感の気持ちを大切にできる集団でありたいと考えています。チームワークを高めることによって、社内メンバーと共に会社、事業を成長させながら、仕事以外においても共有した目標を持てるような企業を目指す。それが弊社の理想像であり、今後の展望にも繋がっていくと思います。

--読者の方にメッセージをお願いします。

村中:弊社では、お客様のビジネスの目的を達成するために、ウェブサイトの企画や立案、システムの構築や構築後の保守・運営に関するソリューション及びコンサルティングを提案しています。
ぜひお声がけください。一緒にビジネスを成功させていきましょう。

株式会社アンツビズシェア <br />
代表取締役 村中 修 様

株式会社アンツビズシェア 
代表取締役

村中 修 様

大学卒業後、株式会社マイカルシステムズを経て、2000年株式会社ラクーン入社。
2000年取締役技術戦略部長、2004年監査役を経て、同年、株式会社アンツビズシェア設立。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

株式会社アンツビズシェア

株式会社アンツビズシェア

株式会社アンツビズシェアは、ホームページ制作、ウェブサイト構築以外にも、システム企画や開発、運営、管理など、会社におけるIT化をトータルサポートしている企業です。システム関連だけでなく、デザイン面の対応も可能です。


ホームページ制作のほかのインタビュー

株式会社アル・コネクションプロダクツ

株式会社アル・コネクションプロダクツ

海外と接触を持ちたい企業と共に前へ進んで行くWEBトータルサポートサービス

ホームページ制作

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。