「企業と人材の間のブラックボックスを解消したい」
業界唯一のダイレクト・リクルーティングで、日本の採用の形を変える

株式会社ビズリーチ(株式会社ビズリーチ)

人材会社が大手企業ばかり紹介するしくみに、疑問を覚えた

株式会社ビズリーチ01

ーーまずは、転職サイト「ビズリーチ」が生まれた経緯を教えてください。

杉内:「ビズリーチ」は、当社の代表・南の実際の経験から生まれたサービスです。南が金融業界、スポーツ業界を経て転職活動を行っていた際、人材紹介会社を介して何社かの紹介を受けたそうなのですが、薦められる会社というのがどれも大手企業ばかりだったそうなんです。
実は、従来型の紹介会社の利益というのは転職者が転職した先の年収に比例します。つまり、紹介会社は利益を上げようと思ったら、高い年収を提示できる大手や外資系企業ばかり紹介する…という傾向があるわけです。南はこの、紹介会社と大手企業ばかりが恩恵を受け、魅力ある中小企業にスポットが当たらないという日本の採用市場の現状に違和感を覚えました。
転職後はITの分野に携わりたい、と考えていた南はいつしか「この課題をインターネットの力を使って解決できないか」と考えるようになったそうです。そして2009年、企業と人材の間のブラックボックスを解消し採用市場の可視化を実現したい、というビジョンのもと、当社が設立されました。

ーー代表の実際のご経験が土台になっているんですね。
では、転職サイト「ビズリーチ」について、詳しく教えてください。

杉内:ビズリーチは、ひと言で言うと管理職やグローバル人材など、ハイクラスの人材採用に特化した転職サイトです。
従来型の人材紹介サービスは、コンサルタントやエージェントが企業と人材を結びつけますよね。しかしビズリーチでは、企業が当社のデータベースの中から直接人材の検索をすることができ、気になった人材にスカウトという形で直にアプローチできるんです。当サービスに登録いただいているスカウト可能なハイクラス人材は、現在20万人以上に上ります。

ビズリーチのサービスの特長として、ターゲット検索の柔軟性が挙げられます。例えば英会話スキルや特定の資格を保有しているかなど、非常に細かい条件で人材を検索することが可能です。
また、迅速かつ低コストで採用活動を進められるというのも、ビズリーチの大きな特長です。人材紹介サービスを利用される企業は本来、自社で採用活動を行うことでかかるコストや手間を低減させたいという思いを持っているはずです。しかし、企業と人材との間にコンサルタントやエージェントが入ることによって、かえってコストが高く付いてしまったり、時間がかかってしまうといった問題が当たり前のように発生している。ビズリーチのサービスは、企業と人材とが直接コミュニケーションをとれる「ダイレクト・リクルーティング」です。間に人が入らないのでコミュニケーションロスが減りますし、より精度の高いマッチングが可能になります。

中小から大手まで、幅広い企業がビズリーチを利用

株式会社ビズリーチ02

ーーこれまでに、どういった企業が「ビズリーチ」で採用活動を行っていますか?

杉内:そうですね、中小から大手まで、本当に様々な企業がビズリーチをご利用くださっています。一例を挙げると、東急エージェンシー様や野村不動産様、セールスフォース・ドットコム様などがお客様にいらっしゃいます。業界に偏りはありませんが、比較的、IT企業、金融業界、コンサルティングファームなどのお客様が多いかもしれません。
また、ビズリーチは全国対応可能ですので、地方の企業にもご好評を頂いています。ビズリーチに登録いただいている求職者の方にアンケートをとったところ、6~7割が「条件が合うなら地方勤務も可能」と答えてくださっているんですよ。実際に、地方の企業が当サービスを通じて採用活動をされた際、採用者の7割が県外の方だった…というケースもありました。地方で採用活動に苦戦されている企業は、ぜひ一度ビズリーチを利用してみてほしいですね。

ーー地方の採用にも強いんですね。料金面についてお聞かせいただけますか?

杉内:先ほどお話したように、一般的な人材紹介サービスと比べて低コストになっています。基本料金固定のため、採用すればするほど費用対効果が高くなるというのが大きなポイントです。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

採用も事業展開も「攻め」の姿勢で

ーービズリーチは本当に、人材業界において革新的なサービスだと感じます。
今年度だけで社員が200名近く増えたと聞きましたが、御社の採用はどのように行われているんですか?

杉内:ビズリーチの特徴として、当社に転職してきた社員の6割近くが友人・知人の紹介であるということが挙げられるかもしれません。「ダイレクト・リクルーティング」を提唱している企業ですから、やはり自社から実践しなければ、ということですね。
当社は面接の際の履歴をすべて残すようにしていて、例えば応募者の方が内定を辞退されたとしても、数年後にどうしても来てほしい!というタイミングがあれば、再度アプローチを行うこともあります。
当社は、離職率も非常に低いんです。企業と人材がお互いのことをよく理解した上で採用が行われれば、自ずとミスマッチも減るはずだと考えています。

ーー最後に、御社の今後の展望をお聞かせください。

杉内:採用分野に関して言えば、完全無料の採用サービス「スタンバイ」、学生のための就活サイト「ニクリーチ」など、新しいサービスを続々とリリースしています。今後も、アルバイト・パート向けの採用サイトからハイスペック人材のための転職サイトまで、採用にまつわるあらゆるニーズに応えられる存在になるべく、サービスを発展させていければと思っています。
また、当社の企業ミッションは「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」というものです。今年9月には、アジアで革新的なテクノロジーベンチャーを選ぶアワードにも100社のうちの1社として選んでいただきました。ビズリーチは今後もIT企業として様々な領域に、採用と同じ「攻め」の姿勢でチャレンジしていきたいと思っています。

株式会社ビズリーチ<br />
マーケティング部 杉内伸太郎 様

株式会社ビズリーチ
マーケティング部

杉内伸太郎 様

大学卒業後アメリカに留学し3年弱過ごす。
日本に帰国し広告営業・メディアレップにて営業兼プランナー業務に携わった後、
株式会社ビズリーチに入社。2015年11月からはビズリーチの集客責任者として
様々なマーケティング活動に従事している。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

株式会社ビズリーチ

株式会社ビズリーチ

株式会社ビズリーチは、管理職やグローバル人材などの人材採用に特化した転職サイト「ビズリーチ」、若手層向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」などを運営しています。国内最大級のハイクラスのデータベースを自社で保有・公開しており、企業が欲しい人材に直接アプローチをすることが可能です。

株式会社ビズリーチ(人事)の提供元が展開している別のサービス

人材紹介・転職エージェントの関連カテゴリー

人材紹介・転職エージェントのほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。