放送・映像・音楽制作会社とのグループシナジーを活かし、
時代の「一歩先」を提案するシステム開発企業

ジグノシステムジャパン(ジグノシステムジャパン株式会社)

放送×通信のシナジーを生み出すために

ジグノシステムジャパン01

ーーまずは、会社設立の経緯をお聞かせください。

西:当社の設立は約20年前、1996年に遡ります。設立当初は、デジタル画像流通のための技術提供を目的とした事業を手がけていました。1996年、NTTドコモ様が「iモード」の提供を始めたことを受け、当社も「iモード」に対応したモバイルコンテンツの制作などを開始します。その後、KDDI様の「EZweb」に対応したサービスも手がけるようになり、BtoCに特化した事業を進めて参りました。2004年にはエフエム東京との資本業務提携を行い、その後の子会社化を経て現在に至ります。
現在では、Webサイト構築・アプリ開発を中心に、Web動画制作やデジタルコンテンツのデバッグ請負など、様々な事業を展開しています。

ーーモバイルコンテンツの制作を手がけていた企業が、どうして放送を主事業とする企業と業務提携を行うに至ったのでしょうか。

西:当時は、インターネットとラジオの融合によって新しい可能性が生まれるのでは、ということが囁かれ始めていた時代でした。インターネット上で音声や動画のデータファイルを楽しむことができるポッドキャストなど、ウェブラジオのサービスが急激に広まりつつあったのもその頃ですね。放送と通信の融合によるシナジー効果を生み出したい、というのが業務提携の背景にありました。
現在では他にも放送番組の企画制作や映像・音楽制作を主事業とする企業がグループ会社におり、それらのパイプを活かしたサービスの提供を行うことができる点は、当社の一番の強みだと思っています。例えばスマートフォンアプリやサイトの開発において、ラジオ番組とスマートフォンを連携させてラジオリスナーをリアル店舗に送客する、サイト内にクオリティの高い動画コンテンツを配置する…といったご提案をすることも可能です。

一歩先を見越す「提案力」が強み

ジグノシステムジャパン02

ーーこれまで、どのようなWebサイト・アプリの開発を手がけられてきたのでしょうか。

西:具体的に企業様のお名前を挙げることはできないのですが…。一例を挙げますと、通信事業を手がける大手企業様が、法人向けプランのサービス紹介サイトのリニューアルを検討されていらっしゃいました。3つのビジネスプランを自由に組み合わせて選ぶことができるというサービスだったのですが、リニューアル前のサイトはテキストのみでお世辞にも見やすいとは言えず、どうすればユーザビリティに優れたサイトになるのか?というところから、私たちが考えさせていただきました。
その上で、デザイン面の改善だけではなく、最適なプランを選ぶことができる診断コンテンツをサイト内に設けるといったご提案をさせていただきました。そのクライアント様はコンペの結果当社を選んでくださり、完成したサイトに関してもご好評を頂くことができました。

ーーそのような「提案力」も貴社の強みのひとつでしょうか。

西:そうですね。例えば、更新が何年も前から止まってしまっている企業様のWebサイトを担当者の方が更新しやすいよう改修させていただくなど、「言われたものをただ作る」だけではない、一歩先を見越した提案をするよう心がけています。

そういった部分で言うと、新しい技術を積極的に利用しているのも当社の特徴かもしれません。Bluetoothを使った新技術、「iBeacon(ビーコン)」をご存じでしょうか。これは特定の範囲にいるユーザーのスマートフォン端末に対して、自動的に任意の情報を発信することができる技術です。当社ではこのiBeaconを利用して、住宅展示場のクライアント様向けに、来場したお客様にモデルハウスを巡っていただくデジタルスタンプラリーアプリを開発させていただきました。他にもスマートフォンとヘッドマウントディスプレイを利用して映像を立体的に観ることができる「スマホVR」を使ったコンテンツ制作など、新しい技術の提供は積極的に行っております。

ーー価格・料金体系はどのようになっていますか?

西:Webサイト構築ですと20万円からと、相場から見てもリーズナブルな価格でのご提供が可能です。アプリ開発に関しては100万円程度から提供させていただいております。企画提案から制作、運営、それに販促までをトータルでお任せいただくことも可能ですので、サイト制作やリニューアル、アプリ開発をご希望の際は、お気軽にご相談いただければと思います。

さまざまな事業変遷を経てきた企業にとって、唯一変わらないものとは

ーーお話を聞いていると、貴社はデジタル画像流通のための技術開発、いわゆる「ガラケー」向けのコンテンツ制作、アプリやWebサイト制作…と、多くの事業変遷を経てこられたわけですね。

西:そうですね。中核となる事業は時代によって変化してきた当社ですが、唯一変わらないのが「ユーザー目線」であることだと思っています。BtoC向けのコンテンツ制作で長年培ってきたノウハウを活かし、BtoBの領域でも、お客様にとって使いやすいか否か、お客様にとってプラスになるか否か…というのを第一のクライテリアとして、事業を展開しております。

ーー最後に、読者の方にメッセージがありましたらどうぞ。

西:今後、より一層私たちの強みである「提案力」を伸ばしていきたいと思っています。お客様が抱える本当の課題を見極め、結果部分まで見越した提案ができる組織でありたいと思っております。そのようなパートナーをお探しでしたら、ぜひ当社にお声がけください。

ジグノシステムジャパン株式会社<br />
ソリューションビジネス部 営業グループ 西 真如美 様

ジグノシステムジャパン株式会社
ソリューションビジネス部 営業グループ

西 真如美 様

研究に用いる化学物質等の営業を経て、2015年ジグノシステムジャパン株式会社に入社。Webサイト構築・アプリ開発など様々な部門の営業を担当。

このサービスの詳細を見る
ジグノシステムジャパン

ジグノシステムジャパン

ジグノシステムジャパンでは、Webサイト・システム開発、アプリ開発を中心としたBtoC、BtoB向けのサービスを提供しています。TOKYO FMグループの一員として同社の通信部門を担いながら、エンタメ系やナショナルクライアントまで、幅広いお客様へ多岐にわたるソリューション提供ができる点が強みです。

WEBシステム・ソフトウェア開発のほかのインタビュー

株式会社ユーティル

株式会社ユーティル

単なる外注先ではない、ビジネスパートナーとして頼れるWeb制作会社であること

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

テクノロジーとコンサルティングを併せ持つ、独自のIT路線を進むプロフェッショナル集団

WEBシステム・ソフトウェア開発

この未来企業を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。