取引社数2,600社、誹謗中傷対策のリーディングカンパニー!
誹謗中傷対策のご相談はジールコミュニケーションズへ。

ジールコミュニケーションズ(株式会社ジールコミュニケーションズ)

SEO対策の分析・技術力を活かし、
風評被害対策サービスをスタート

ジールコミュニケーションズ01

――サービス立ち上げの経緯を教えてください。

神蔵:当社は2008年に設立し、SEO対策サービスを行っておりました。
SEOサービスを展開するにつれ、お客様から「Yahoo!やGoogleで社名検索すると良くないことがある」など誹謗中傷のご相談を頂いたのがきっかけです。
そこで元々行っていたSEO対策サービスを応用し、風評被害対策サービスを立ち上げました。
現在では風評被害対策業界のリーディングカンパニーとして多くの実績を持っております。

――「ネット風評被害対策」というのは、具体的にどんなサービスですか。

神蔵:「Yahoo!・Googleの入力補助欄や関連するキーワードの対策」、「逆SEO対策」、「監視サービス(CWFA)」がメインのサービスとなります。
「Yahoo!・Googleの入力補助欄や関連するキーワードの対策」は社名や商品名を入力した際に出てくるネガティブキーワードを非表示にするサービスとなります。
「逆SEO対策」は検索結果1ページ目に表示される誹謗中傷が書かれたサイトを2ページ目以降に押し下げるサービスとなります。
「監視サービス(CWFA)」はシステムを用いて検索結果やYahoo!・Googleの関連するキーワード、TwitterやFacebookなどのSNS周りなどを監視し、いち早く発見するサービスとなります。

ネガティブな口コミは、瞬く間に広がる

ジールコミュニケーションズ02

――そのような対策を行うことで、企業にはどんなメリットがあるのでしょうか。

神蔵:現在は何をするにもインターネットで調べる人がほとんどです。
就職活動や商品の売買はもちろん、新規お取引の企業検索等何をするにも一番最初にまず調べます。
その際に誹謗中傷が書かれたサイトが検索結果上位に表示されてたり、「会社名+ブラック企業」などの関連キーワードが表示されるとマイナスのイメージを持たれてしまいます。
それにより、潜在顧客の取りこぼしや採用活動における内定者辞退の増加、企業の倒産などにも繋がります。
上記事態を避けるために、当社のようなサービスがございます。

――そういった対策サービスを提供している企業は多いのでしょうか。

神蔵:まだまだ新しい分野ではありますが、現在(2016年9月)200社近くの企業がネット風評被害対策を行っています。
当社は2009年から風評被害対策に取り組んでいますので、業界に参入したのはかなり早い方です。
これまでの対策実績は2,600社以上で、業界トップクラスになります。
リーディングカンパニーとしての実績の多さは、当社の大きな強みの1つですね。

「ブラック」「倒産」といったキーワードから企業を守る

ジールコミュニケーションズ03

――他には、どういったところが貴社の強みですか。

神蔵:「応対の速さ」と「幅広い対応力」です。
「応対の速さ」に関してはお問い合わせを受けてから対応するまでのスピードは勿論、お客様の要望にいち早く応えることを意識しております。
実際にお客様から「ジールコミュニケーションズさんが一番早く対応してくれたので決めました」と言って頂けることは凄く多いです。
「幅広い対応力」に関しては誹謗中傷対策全般対応できるので自信を持ってご提案しております。
弊社ではYahoo!・Googleのキーワード対策や逆SEO対策、監視サービス(CWFA)全て揃っております。
勿論管理体制も整っているのでシステムだけではなく、目視で監視を行い、取りこぼしを防ぐ体制を構えております。

――クライアントからは、例えばどんな依頼が来るのでしょうか。

神蔵:検索エンジンに表示されてしまうネガティブなキーワードの例に、「○○(企業名) ブラック」「○○(飲食店) 食中毒」といったものがございます。
実際にニュースなどで取り上げられて、このようなキーワードが表示してしまうこともあれば、根も葉もない噂から表示されることもございます。
売上低下や内定辞退率の上昇といった影響を感じたお客様がネット上の誹謗中傷に気づき、当社に対策をご依頼頂くというケースが多いです。

――そのような誹謗中傷を放置してしまうリスクというのは大きいのですか。

神蔵:非常に大きいです。
以前Yahoo!で社名を検索した際に「不渡り」「倒産」といったキーワードが表示されていた企業がございました。
それを銀行が確認し企業に融資せず、倒産に至った事例もございます。
風評被害を放置することによって、採用活動や売上に影響を与えるだけでなく、倒産に直結する可能性もございます。
まずは一度ご自身で社名を検索し、自社の誹謗中傷はどのような記載があるか確認してみてください。

――サービスの料金体系はどうなっていますか。

神蔵:対策箇所によって異なりますので、個別にお見積りをさせて頂いております。
Yahoo!・Googleのキーワード対策に関しては、ほぼ100パーセントで非表示に成功しています。
また逆SEO対策も高い成功率で評価を頂いております。
現在ネガティブなキーワードにお困りの方はもちろん、予防として対策をしてほしいというお客様にも、お気軽にお問い合わせください。

――サービスのターゲット層を教えてください。

神蔵:特に問いません。
全国各地の東証一部上場企業から中小企業まで幅広く対応しておりますし、現在では学校や病院、個人の方にもご利用頂いております。

――最後に、読者の方にメッセージがあればどうぞ。

神蔵:スマートフォンやSNSの増加により、ネット上の誹謗中傷も比例して増加しております。
誰でも何でも書けてしまうのが現在のネット状況であり、それに備える準備をすることが大切です。
弊社ではネット上の誹謗中傷対策に関して、各企業様の味方となり、全面的にサポート致します。
まずはご相談だけでも構いませんので、一度お問い合わせください。
宜しくお願い致します。

ジールコミュニケーションズ04
株式会社ジールコミュニケーションズ<br />
サブマネージャー 神蔵洋輔 様

株式会社ジールコミュニケーションズ
サブマネージャー

神蔵洋輔 様

1990年生まれ、東京都出身。立教大学現代心理学部卒。
2014年、株式会社ジールコミュニケーションズ入社。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

ジールコミュニケーションズ

ジールコミュニケーションズ

株式会社ジールコミュニケーションズでは、インターネット上の風評被害によって生まれる潜在顧客の取りこぼしや売上の低下から、企業のブランドを守るサービスを提供しています。検索エンジンのサジェスト&関連キーワード対策、逆SEO対策、監視サービスに対応しています。

ジールコミュニケーションズ(ITサービス)の提供元が展開している別のサービス

サイト監視・風評被害対策の関連カテゴリー

サイト監視・風評被害対策のほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。