複雑なカスタマイズもエンジニアがフルサポート!
紙の教材・インターネット双方の良さを活かしたeラーニングシステム「LearnO」

LearnO(ラーノ)(Mogic株式会社)

「学習分野でもタブレットを使ってほしい」という想いから開発をスタート

――サービス立ち上げの経緯を教えてください。

瀬尾:当社は元々主にシステム開発を行っていたのですが、タブレット端末が普及し始めた3~4年前、これからもっとタブレット端末の利用頻度が上がっていくと思い、その領域で何かできないかと考えたんです。当時はタブレット領域と言えばゲーム系・エンタメ系のアプリ開発が圧倒的に多かったので、それだけではなく学習分野でもタブレット端末を利用してほしいと思い、eラーニングシステムの自社開発に参入しました。現在はスマートフォン・タブレット・パソコンでご利用いただけるeラーニングシステム「LearnO」が当社の主力事業となっています。

――サービスのターゲット層を教えてください。

瀬尾:「LearnO」をご利用されるお客様の中には比較的、医療関係の方が多いですね。新人看護師向けの研修や、薬剤師の検定試験の勉強用などによくお使いいただいています。とは言え業界・業種の制限はありませんので、営業の社内ノウハウ共有や英語研修など、様々な目的でご利用いただいています。

操作性の高いデザインと、リアルの授業に近いコミュニケーション機能

――サービスの強みを教えてください。

瀬尾:「LearnO」の強みとして、まずデザイン性が挙げられます。例えば医療業界ですと、看護師や薬剤師の方の中にはパソコンやスマートフォンの操作に馴染みのない高齢者の方もいらっしゃいます。そういった方はeラーニングを一度使ってみても、操作が分かりにくいと感じたら利用しなくなってしまうと思うんです。だからこそ、「LearnO」はポータルサイトのような、分かりやすく親しみやすいUI(ユーザーインターフェース)設計を心がけています。デザインも、教科書のように整然としすぎているとやる気がなくなってしまうので(笑)、他社のeラーニングシステムと比較して柔らかいデザインになっていると思います。
また、利用者の行動ログ解析ができるのも「LearnO」の大きな特徴です。例えば成績が上がった受講者と伸び悩んでいる受講者がいたときに、「どんなペースで授業の動画を見ているんだろう」「どうやって勉強しているんだろう」という分析ができるので、マネジメント側で追いつけていない受講者の管理・フォローなどにそのデータを活用することが可能です。

――その感覚は、リアルの授業に近いですね。

瀬尾:そうですね。「LearnO」には、受講者同士でチャットのようにコミュニケーションがとれるライバル機能というものもあります。学生がどうしてカフェや図書館でテスト勉強をするのかと言うと、1人ではやる気が出ないからだと思うんです。eラーニングにもそんな、他人を意識できるシステムがあったら良いと思い、ライバル機能を取り入れました。

――これまでの実績を教えてください。

瀬尾:「LearnO」は、2年間で10万人の方に新規利用していただいています。お話ししたように、医療・介護関係の方や、業種問わず社内スタッフの教育などにお使いいただくことが多いですね。例を挙げると、楽天株式会社様、株式会社ファミリーマート様、株式会社ECC様などにも社内研修や社内教育用としてご利用いただいています。

――料金についてはいかがですか?

瀬尾:スライド機能やテストを利用できるライトプランなら月額29,800円、動画やソーシャル機能の利用が可能なスタンダードプランですと月額49,500円になっています。最小25人から300人までご利用いただけて、どちらのプランも初期費用は無料です。
実際に最もご発注をいただくのは、カスタムプランですね。通常、eラーニングシステムは細かなカスタマイズや機能追加に対応していないものが多いのですが、「LearnO」のカスタムプランはお客様がどういったものを必要としているか丁寧にヒアリングし、エンジニアがフルサポートしてお作りしています。無料トライアルも行っていますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

eラーニングを、課題解決に役立ててほしい

――今後の展開について教えてください。

瀬尾:インターネットの最大の強みは双方向性です。今後も、双方向性の良さを引き出すサービスを展開していきたいですね。
企業の方がeラーニングを導入される目的は、多くの場合コスト削減だと思います。しかし、それだけに終始して、本来の授業や研修が持っていた良さを失くしてしまっては本末転倒ですよね。私達は「LearnO」を導入したいというご相談をいただいても、既存の研修などで十分だと判断すれば、無理に導入をおすすめしていません。コストカットのためだけでなく、eラーニングを根本的な課題解決に役立てていただきたいと考えています。

Mogic株式会社<br />
セールスバイザー 瀬尾 元一朗 様

Mogic株式会社
セールスバイザー

瀬尾 元一朗 様

製造関連企業のコンサルタント、Web制作会社を経て、Mogic株式会社に入社。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

LearnO(ラーノ)

LearnO(ラーノ)

「LearnO(ラーノ)」は、2年間で10万人が新規利用しているIT教育システム(eラーニング)です。スマートフォン・タブレット・PCで利用でき、PDFや動画を準備すればすぐに開始できます。カスタマイズ性の高さと誰にでも使いやすいUI設計が特徴です。

eラーニングシステムの関連カテゴリー

eラーニングシステムのほかのインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの時代も日本を支えてきたのは様々な企業でした。

どんな企業が、どんなことをしているのか。
どんな想いでサービスを始めたのか。

実際に関わりがない限り、知る機会は中々ありません。

未来に輝く日本の企業の魅力を
可能な限り世の中に伝えたい。

そんな思いからBtoBのプラットフォームである
アイミツが運営するインタビューサイト。

それが「未来企業」です。