あなたの発注コンシェルジュ

専門コンシェルジュが無料でサポート

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

「高い」のには理由がある?!

ホームページ制作費用相場まとめ

自社でホームページ制作に関する体制を持っている場合は別ですが、企業がホームページを作る際は制作会社に依頼するのが一般的です。

ホームページは企業の顔となるものですから、よく見せるためにあれもこれもといろいろな要望を出したくなるでしょうが、「制作会社に見積もりをお願いしてみたらとんでもない金額だった…」では、まったくもって現実的ではありません。

ホームページを制作する際は要望ありきで考えるのではなく、どのような費用がどれだけかかるのか、まずは相場を知ることから始めることをおすすめします。
相場を知れば費用の面から本当に必要な要望かどうかが判断できますし、どの程度の予算を用意すればいいのかも把握しやすくなります。

この記事ではホームページ制作を外注した場合の費用相場と、費用を構成する各要素について説明します。

1.ホームページを制作する場合の費用相場

制作会社のホームページを見ると、「標準プラン」「見積もり例」という形で制作費用が提示してありますが、会社ごとに金額や内訳の項目にバラつきがあり過ぎて「一体何がどう違うのだろう?」「本当に安いのはどこなんだろう?」と首を傾げてしまうこともあるかと思います。

そこでこの項目ではホームページの制作費用を金額別に分けて、どのような特徴があるのかを分かりやすく説明します。

1-1.費用相場別に見た主な特徴

10万円以下

10万円以下の費用でホームページを作るとなると、制作会社が用意したテンプレートを使用するケースがほとんどです。
もしくは、「WordPress」などのCMSで最低限の形まで仕上げてもらい、後のコンテンツ入力などの編集作業は依頼者側で行う方法があります。

どちらの場合もホームページに必要な画像やテキストなどの素材データを依頼者側で用意する必要がありますが、費用を抑えたい、短い納期で依頼したい場合にはおすすめです。

また、ホームページ作成サービスとして知られる「Jimdo」「Wix」での制作を請け負っている会社も、5万円程度からホームページを制作しています。

20万円以下

20万円以下の費用でホームページを作る場合も、主に制作会社が用意したテンプレートを使用することになります。
ですが、基本的なSEO対策を料金内で実装してくれる制作会社も多く、そのまま公開しても一定の効果が得られるホームページに仕上げることができます。

なかにはテンプレートのセミオーダーを請け負っているところもあるので、デザインの自由度も上がります。

30万円~70万円

必要な要素を一通り組み込んだオリジナル性の高いホームページを作りたいのであれば、30万円から70万円程度の費用はかかるものと考えておく必要があります。

この価格帯になると制作会社はどういったホームページが作りたいのか、また、どのような効果を期待するかなど、依頼者から十分なヒアリングを行った上で制作に取り掛かります。
もちろん、依頼者の要望に沿ったオリジナル性の高いデザインで制作するため、他社との差別化が図れるのはもちろんのこと、格段にホームページのクオリティが上がります。

また、ECサイトネットショップを始める場合も、大体この価格帯で必要な機能を備えたホームページ制作が可能です。
ただし、独自のショッピングカートや決済システムを構築するとなると、100万円以上かかることもあります。

100万円以上

100万円以上の費用ともなると確実に集客や売り上げが伸ばせるホームページを制作するため、企画段階からコンサルティングなどを行います。

さらに独自のシステムを開発し、他社にはないWebサービスを提供するホームページを構築したい場合も、100万円以上の費用はかかると考えていいでしょう。

これまでの説明により、価格帯ごとにどのようなホームページが制作できるのか、ある程度イメージできるようになったかと思います。
この項目を見ても分かるように、制作会社によって費用にはバラつきがあります。
それは必ずしも同じ制作方法を用いるとは限らないからです。

また、ホームページ制作やシステム開発では、「人日」あるいは「人月」といった単位で仕事量を示すのが一般的であり、1日・1ヵ月当たり何人で行えばその仕事が完了するのかを算出します。
この「人日」「人月」の見積もりと人件費は制作会社によって異なるわけですから、同じ内容の仕事であっても金額に差は生まれて当然です。

ホームページを制作する目的が異なれば、最適なデザインや必要となる機能も変わります。
そのため、価格帯ごとの特徴を説明しましたが、作りたいホームページの内容によっては大きく費用が前後することを念頭に置きましょう。

1-2.ホームページ公開後にかかる費用にも注目すべき

ホームページを作る際には制作にかかる費用にばかり目が行ってしまいがちですが、公開後に発生する更新などの費用も見逃せない問題の1つです。

ホームページは公開したらそれで終わりというわけではなく、集客や売り上げを伸ばすためには、商品・サービスに関する情報やコンテンツの追加・修正など、頻繁な更新が重要になります。
ですが、制作会社がすべてオリジナルで作成したホームページの場合には、HTMLやCSSなどの専門知識がないと自社で更新作業を行うのはほぼ不可能です。

そうなると更新作業が発生するたびに制作会社に依頼しなければなりませんが、もちろん無料で請け負ってくれるわけではありません。
仮に1ページの修正・追加費用が2万円だとして、毎月最低でも5ページは依頼するとなるとそれだけで10万円の費用がかかります。
さらに年間で考えるとホームページの更新だけで120万円と、トップクラスの制作費にも匹敵する費用が必要になってしまいます。
これではいくら制作費を抑えても、後々まで費用負担がかかることになります。

ランニングコストを抑えたいのであれば「WordPress」といったCMSツールを利用するなど、自社で簡単に更新作業が行えるホームページを制作してもらうことが重要です。

2.ホームページ制作費用を構成する主な工程とは

「1-1.費用相場別に見た主な特徴」では制作費を総額で見た場合の相場について取り上げましたが、実際のホームページ制作にはいくつもの工程があり、それぞれに費用が発生します。

この項目では制作費を構成する主な工程と、各工程でどのようなことを行っているのかを説明します。

工程1.ディレクション

ディレクションとは、依頼者との打ち合わせやホームページ構成、写真やテキストデータといった素材集め、最終確認などを含めたプロジェクトの進行管理のことを言います。
この工程は一般的に「ディレクター」と呼ばれるスタッフが担当し、制作をスムーズに進められるように依頼者と社内スタッフとの橋渡し役を勤めます。
ディレクションは企画構成・案件定義など、ホームページ制作に関するすべての進行管理を行う工程であるため、5万円から20万円が相場と言われています。

工程2.デザイン

「 1-1.費用相場別に見た主な特徴 」で説明したように低価格でホームページを制作する場合は、イチからデザインやレイアウトを考える必要がないテンプレートを使用するのが基本です。
一方、オリジナルデザインのホームページを制作する場合には、レイアウトを含めたデザイン要素を個別に用意することになります。

「デザイン」と一括りにしている工程には、トップページや下層ページといったホームページ自体のデザインを決める作業のほかに、イラストやロゴ、ボタンの制作なども含まれます。

トップページは依頼者ごとにデザインを起こし、下層ページを想定した作り込みが必要となるため、相場は5万円から15万円他のページに比べると割高になっています。
下層ページの費用相場はトップページのおよそ半分程度のケースがほとんどですが、ページの長さや作り込み度合いによって異なります。
テキスト中心のシンプルな構成のページであれば、5,000円から8,000円程度でしょう。

なお、イラストやロゴ制作は別途料金扱いにしている制作会社が多く、簡単なロゴとコンセプトを踏まえた会社のロゴとでは当然ですが制作費用に差が出ます。

いずれにせよデザインは個人のスキルに拠る部分が大きく、極端に言えば制作会社のなかでも担当するデザイナーによって価格が異なることも珍しくありません。
つまり、同じボリュームのホームページであっても、スキルの高いデザイナーを使うほど費用も上がっていく可能性が高いと言えます。

工程3.コンテンツ

ホームページ内に掲載するテキストや画像、動画の作成などを制作会社に依頼する場合に発生する工程です。
セールスライティングSEOライティングといった集客効果が期待できるテキストは、自社で作成するとなると難しいかもしれません。
どちらも専門知識を持ったライターが担当するため、セールスライティングは1ページ3万円から20万円、SEOライティングは1ページ1万円から20万円(キーワード選定によって異なる)が費用相場になります。

また、近年注目を集めている動画に関しては、3万円から5万円程度(15秒)が制作費の一般的な相場だと言われています。

工程4.コーディング

ホームページの設計書をもとに、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を用いてソースコードを書いていく工程です。
デザインの工程同様、ページの長さや作り込み度合いによって費用は異なり、相場としてはトップページが1万円から3万円、下層ページが8,000円から2万円程度となっています。

なお、スマートフォンやタブレットの画面サイズに合わせて自動的に最適化する「レスポンシブデザイン」は大体1ページ1万円から2万円程度が相場ですが、対応デバイスを指定する場合には追加料金が発生するケースもあるので注意が必要です。

工程5.システム

デザイン制作が完了した後に発生する工程であり、HTMLマークアップやCSS・JavaScriptの実装、CMSの構築など、さまざまなシステム開発を行います。
ホームページでよく見かける「お問い合わせフォーム」「検索機能」もこの工程に該当し、それぞれの相場は2万円から3万円程度です。

また、更新作業が簡単なことから多くの企業が利用しているCMSツール「WordPress」での構築・カスタマイズ費用の相場は、インストール基本設定も含めて5万円から数十万円程度になります。

なお、独自のWebサービスや管理システム・業務システムなどの構築費用は内容によって大きく変動しますが、20万円から100万円程度はかかるものと考えておくといいでしょう。

工程6.SEO対策・アクセス解析ツール

ホームページをビジネスで活用するのであれば、検索エンジンでの上位表示を狙うSEO対策は必須です。
内部SEOに関してはコーディング作業の工程で当たり前のように実装してくれる制作会社も多く、基本的に料金はかかりません。

ですが、SEO対策に強い制作会社の場合には確実に上位表示されるよう、別途料金を設けてコンサルティングを行います。
費用相場としては、中小企業向けのホームページなら10万円から30万円、大企業もしくは大規模なホームページなら数十万円から100万円以上かかります。

そしてもう1つ、上位表示を狙う上で欠かせない機能といえば、ホームページの閲覧数や滞在時間など、アクセスに関するさまざまな情報が得られる「アクセス解析ツール」です。
「Google Analytics」をはじめ、解析ツール自体は無料の場合がほとんどですが、設置費用として3万円から5万円程度かかります。

制作会社によってはアクセス解析ツールのデータを分析・検証を行い、月次報告書を作成してくれるところもあるので、別途料金がかかるのかどうかも確認しておくといいかもしれません。

【まとめ】費用相場をもとに「何を重視するべきか」を考える

この記事ではホームページ制作を外注した場合の費用相場と、費用を構成する各要素について説明しました。

ここまでさまざまな角度からホームページ制作の相場を取り上げてきましたが、言ってしまうと相場はあってないようなものです。
なぜなら多くの制作会社が「仕事量(=人件費)+付加価値(制作に関するノウハウ)」という形で制作費を算出しているため、工程数や日数、関わるスタッフの人数、制作実績によってその金額は大きく変動するからです。

大規模な制作会社の場合には1つの工程を複数のスタッフで行うことも珍しくはありませんし、凝ったデザインや機能を発注すれば一般的なホームページよりも手間と制作日数がかかります。
これらすべての要素が人件費に換算されるわけですから、制作会社ごとに提示する料金が異なるのも当然です。

また、ホームページを制作する目的や用途によって求めるデザイン性や必要なページ数、機能などは異なってくるため、制作会社に見積もりを依頼しない限りはあくまでも目安の費用にしかなりません。
ですが、工程ごとにかかる費用の相場を知っておけば「こんなに費用をかけてまで追加する必要はない」というように、無駄な要素を省く上での判断材料になります。

だからと言って費用を抑えることばかり考えてしまうと、どこにでもあるような特徴のないホームページにしかならないだけでなく、後になって「こうすればよかった」とさまざまな要望が出てきて、結果的に制作当初よりも費用が高くついてしまう場合もあります。

そして「1-2.ホームページ公開後にかかる費用にも注目すべき」でも触れましたが、ホームページを作る際は制作費だけでなく、後々まで必要となるランニングコストについても考えなければなりません。

ランニングコスト
を抑えるには制作会社に依頼しなくても更新作業が行えるCMSの採用以外にも、ドメインとレンタルサーバーを自社で用意する方法があります。
制作会社に依頼するとそれぞれの料金とは別に代行料金や管理費用が発生する場合がほとんどであり、自社で行えばそれらにかかる費用をカットすることも可能です。

ホームページの制作費用は決して安いものではありませんから、無駄な出費を抑えることと盛り込むべきコンテンツや機能とのバランスをどうするかが重要です。
そのためには制作する目的や用途に基づいて、どういった要素を重視すべきかを十分に検討する必要があります。
本当にその要素は自社のホームページに必要なのかどうか、費用相場を参考にしながらしっかりと見極めてください。

まずはお気軽にお問い合わせください

コンシェルジュイメージ

発注のお悩みはなんでも解決します

発注サポートブック
利用実績3万件
完全無料

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休