あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

eラーニングシステム15選の料金相場を徹底比較!【2020完全版】

eラーニング

「社員研修の学習進捗度をきちんと把握したい」「社員全員に一斉に研修を行いたいが時間が取れない」などといった、社員研修のお悩みを解決するのがeラーニング(e-learning)システムです。

eラーニングとは、文字通りwebを通した学習形態のこと。より分かりやすく言えば、「オンライン学習」とも言えるでしょう。

eラーニングであれば、教材の作成や配信を気軽に行えるほか、受講する側も場所を選ばず学ぶことができるため、学習の効率化に大きく役立っています。しかし、いざ導入しようと思っても、費用面が気になるという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、おすすめのeラーニングシステムを導入するメリットや、料金、それぞれの特徴などもご紹介いたします。

「eラーニングによる社内研修を検討しているが、どのシステムを導入しようか迷っている」とお悩みのご担当者の方は、ぜひ参考になさってください。

目次

1.eラーニングシステムを導入するメリット

おすすめのeラーニングシステムとその料金をご紹介する前に、eラーニングを導入すると一体どのようなメリットがあるのかをチェックしておきましょう。

会社側のメリット

社内研修を行う会社側にとっては、教材にかかるコスト、会場のレンタル費用、スケジュール調整や会場手配にかかるコミュニケーションコストなど、さまざまなコストをカットできるという点が非常に大きなメリットです。

eラーニングシステムを導入すれば、一度教材を作成してしまえば繰り返し使うことができ、内容を変更したい場合にもすぐに修正を加えることができます。

学習状況や成績なども気軽に管理できるので、学習進捗管理の手間も省くことができるでしょう。

受講者側のメリット

eラーニングを受講する社員側にとっては、何より効率的に学習できる点がメリットとしてあげられます。先にも述べたように、eラーニングはインターネットを通して学習できるシステムなので、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンなどでも受講できるものが多いです。場所や時間に縛られず、たとえば移動時間中などの隙間時間も有効活用できる点が非常に便利でしょう。

プログラムによって異なりますが、一定期間繰り返し受講できる場合には、聞き逃しによる理解不足なども防ぐことができます。自分自身の学習状況や成績も気軽に確認することができるため、モチベーションの維持にも繋がるのではないでしょうか。


もし「なるべく早く自社にあったeラーニングシステムを見つけたい」とお急ぎの場合は、アイミツの一括見積もりをご活用ください。eラーニングシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
eラーニングシステム選びの一括見積もりはこちらから!

2.おすすめのeラーニングシステム15選!導入にいくらかかる?

それでは、おすすめのeラーニングシステムの料金や特徴を確認していきましょう。

まずはじめに、こちらの導入料金早見表をご確認ください。

eラーニングシステム15選の導入料金早見表
eラーニングシステム名 料金 備考
playse eラーニング 月額1万5,000円+初期費用10万円 ※ユーザー数~30名までの場合
サイバックスUniv 月額4万5,000円+入会金5万円 ※ユーザー数~100名までの場合
etudes 要問い合わせ
Smart Boarding 要問い合わせ
AirCourse 無料 ※受講可能なコース数等に制限あり
LOGOSWARE Spotty 月額4,800円~+従量料金(利用分) ※月額定額制あり
eLearning ManagerZ 月額2万円~ ※ユーザー数100名~
※ASPの場合
AOMAI 月額9,000円+初期費用30万円 ※ユーザー数30人の場合
プロシーズ 3ヶ月7,500円×人数+初期費用2万5,000円
Platon 月額1万4,000円~+従量料金(利用分) ※月額定額制あり
SAKU-SAKU Testing 月額2万400円~ ※1ID680円、最小(30~)の場合
※ユーザー数によるボリュームディスカウントあり
学び~と 1万5,000円 ※ユーザー数~50名
Cloud Campus 月額7万円+初期費用10万円 ※コンテンツ制作者~10名
LearnO 月額9,800円 ※ユーザー数~100名
KnowledgeC@fe for eラーニング 月額1万2,500円+初期費用16万円 ※ユーザー数100名の場合

利用料金がまったくかからないものや、初期費用が無料なもの、問い合わせが必要なものなど、eラーニングシステムの導入にかかる費用と一口に言っても、さまざまであることが一目で分かります。

また、社員研修にeラーニングを活用する際は、新入社員研修などで利用頻度が高くユーザー数も多いシーズン(4月~6月)と、そうでないシーズンとで差が生じてしまうことから、月々のユーザー数によって増減する従量課金制を採用している会社が多いようです。

それでは、1つずつ特徴や料金に関する詳細をチェックしていきましょう。

1.playse eラーニング

manebiが提供するplayse eラーニングは、導入実績1,000社を誇る気軽に始められるeラーニングシステムです。ビジネスマナーや接客・販売、営業、Microsoft Office、ビジネススキル、モチベーション、実務英語、中国語版マネジメント、メンタルヘルスなど、2,000を超えるレッスンが見放題な点が大きな魅力。もちろん自社教材を作成することも可能です。マルチデバイス対応で、支店やチームごとの管理も行えるのが便利でしょう。

【料金について】
  • 月間受講者数が30名までの場合は月額1万5,000円
  • 月間利用者数が31~500名までの場合は1ユーザーあたり500円
  • 月間利用者数が1,001名以上の場合1ユーザーあたり300円

2.サイバックスUniv

リスクモンスターの提供するサイバックスUnivは、eラーニングと公開研修のどちらも活用できる研修サービスです。eラーニング・公開研修双方合わせて400コース以上が定額で受け放題なのが魅力です。内定者向けや新入社員向け、中堅社員向け、管理職向けなどの階層別コースが用意されているほか、派遣スタッフ向けの業種別コースも。自分のペースで学習を進めたいという人、実際に講習を受けたいという人のどちらのニーズにも応えられるのがうれしいポイントでしょう。

【料金について】
  • 会員制サービスと従量制サービスの2つから選択可能
  • 会員制サービスの場合はユーザー数100名までで月額6万円から
  • 従量制サービス(管理職や新入社員、資格などで分けられている)は、月額1,000~1,500円のものが多い

3.etudes

アルーが提供するetudesは、数十人~数十万人規模まで運用可能なクラウド型eラーニングシステムです。サンリオエンターテイメントや日本貿易振興機構(ジェトロ)、丸紅ITソリューションズなど数多くの企業に導入されています。講義型教材のみならずインタラクティブ型の教材も配信できるほか、eラーニングのみならず集合研修の申し込みなども一元化。eラーニングで予習、集合研修で実践、といった使い方もできるでしょう。eラーニングをきちんと定着させるためのサポートや、人材育成コンサルティングを依頼することも可能です。

【料金について】
  • 要問い合わせ(eラーニングを導入する背景や、用途などをヒアリングした上でプランを提案)

4.Smart Boarding

Smart Boardingは、すでに200社以上が導入・トライアルを行っている人材育成サービス。FCEトレーニング・カンパニーが提供しています。eラーニングのみならず集合研修も一括で管理することができます。360以上ある既存の動画教材やテスト、レポート教材などを自由にカスタマイズし、オリジナルのコースを作成可能。簡単に構築することができるので、教材の作成にあまり多くの時間を割けないという場合にも、非常に助かるでしょう。

【料金について】
  • 料金は要問い合わせ

5.AirCourse

AirCourseは、KIYOラーニングが提供するeラーニングシステムです。撮影した動画をアップするだけでeラーニング教材を簡単に作成できるのが特徴で、集合研修や実際の業務を撮影するだけでOK!教材作成にかかるコストや時間をなるべく抑えたいという場合にぴったりでしょう。そのほか、作成済の階層別教育やコンプライアンス研修など動画研修が受け放題のプランもあります。何より料金がリーズナブルな点が大きな魅力です。

【料金について】
  • 受講可能なコース数やオリジナルコースの受講に制限があるが、フリープランなら0円で利用可能
  • 自社でオリジナル教材を作りたいという場合には、1ユーザーあたり月額360円のベーシックプランがおすすめ
  • 100名以上での利用でボリュームディスカウントあり

6.LOGOSWARE Spotty

LOGOSWARE Spottyは、さまざまな業種・業態に対応したeラーニングを提供しているシステムです。ドキュメントや画像、動画、スライドなどさまざまな形で情報共有を行えるほか、閲覧状況の確認も可能。習得度チェックなどのテストやアンケートを配信することもできます。スタッフはQRコードを読み取って登録できるので、社員用メールアドレスが発行されていないアルバイトなどの教育にも活用できるでしょう。提供元:ロゴスウェア

【料金について】
  • 従量課金制と月額定額制の2つから選択可能
  • 従量課金制の場合、月額4,800円~+従量料金。利用人数が月ごとで変動しがちな会社におすすめ
  • 月額定額制の場合、月額9,800円~。利用人数が一定数で安定している会社におすすめ

7.eLearning ManagerZ

ジンジャーアップが提供する、eLearning ManagerZは集合研修・eラーニングのどちらの研修も一括で管理できるシステムです。教材の配信だけでなく、効果の測定や集合研修後の習得度調査、講座開設に関連する事前ヒアリングなど、より良い学習を提供するための機能が満載。日本語や英語、中国語などの多言語に対応可能なので、グローバルに展開している企業でも問題なく導入できるでしょう。

【料金について】
  • ASP版なら基本使用料は無料、保守料金月額1万円+SMPTサーバ利用料のみ
  • オンプレミス版の場合、一式購入で600万円
  • クラウド版の場合、ユーザー数1,000名まででライセンス費100万、年間利用費96万

8.AOMAI

AOMAIは、ソフトバンクが提供しているクラウド型eラーニングシステムです。パソコンのみならずタブレットやスマートフォンでも利用でき、コンテンツ(教材)も簡単にアップロード可能。もちろん学習履歴を管理することも可能です。CSVデータで効果を測定できるため、より良い学習環境作りを目指すことができるでしょう。日本取引所グループのeラーニング教材、日本取引所自主規制法人が監修・制作した教材などを利用できるのもうれしいポイントです。

【料金について】
  • 初期費用は30万円
  • 基本料金は1ユーザーあたり月額300円。最低利用ID数30ID/年額10万8,000円
  • 無料トライアル/有料トライアルあり

9.プロシーズ

プロシーズは、楽天やファミリーマート、スタッフサービスなど数多くの企業に導入されている人材育成システムです。導入企業数は2,400社以上を誇ります。数万人単位での導入・運用が可能なので、グローバルに展開する企業にもぴったり。「3社以上の要望があれば実装する」という開発ポリシーのもと、便利な機能を豊富に搭載しているのがポイントです。導入企業のためにオリジナル教材を作成するほか、自社で作りたいという場合にも作成をサポートしています。提供元:プロシーズ

【料金について】
  • 初期費用は2万5,000円(一法人あたり)
  • 講座は「新入社員研修プラン」と「eラーニング定額プラン」の2つを用意
  • どちらも3ヶ月7,500円で受講し放題

10.LOGOSWARE Platon

LOGOSWARE Platonは、Spottyと同じくLOGOSWAREが提供している本格的なeラーニングシステム。カゴメやパーソル テンプスタッフなど数々の企業に導入されており、社内教育のみならず派遣スタッフの教育、ユーザーの教育、あるいは教育ビジネスにも活用可能です。教材を作成する時間がないとお悩みの場合には、作成代行サービスを依頼することもできます。受講者画面は英語・中国語に加えスペイン語やポルトガル語など合計8言語、教材作成ソフトも多言語に対応しているためグローバル企業にぴったりでしょう。

【料金について】
  • クラウド型の場合、月額1万4,000円~+従量料金(利用分)の従量課金制か、
    2万8,000円~の月額定額制(利用人数)、月額13万円の月額定額制(同時接続数)から選択可能
  • パッケージ型(インストール型)は32万円~
  • スリープモード(利用休止)を適用すれば、休止期間の月額基本料金は通常の1/10に。あまりeラーニングを使用しないシーズンにおすすめ

11.SAKU-SAKU Testing

SAKU-SAKU Testingは、パソコンのみならずスマートフォンやタブレット、ガラケーにまで対応したwebテスティングプラットフォームです。2018年10月時点で累計導入社数は1,300社、月間利用は20万IDを超えています。動画やパワーポイント、音声、テキストなどさまざまな形で教材を配信することができ、コンプライアンスやビジネスマナーなど全50ジャンルに及ぶ汎用的なコンテンツを幅広く用意。もちろんカスタマイズも可能です。クラウド上から3,000問のサンプル問題をダウンロードできるのもうれしいポイントでしょう。提供元:イー・コミュニケーションズ

【料金について】
  • ユーザー数30名~の「サクテスライト30」の場合、月額は1ユーザーあたり680円~
  • 利用者人数300名~の「サクテススタンダード300」の場合月額は1ユーザーあたり390円~
  • 30日間の無料トライアルを利用可能

12.学び~と

学び~とは、駿台グループであるエスエイティーティーが提供しているクラウド型eラーニングシステムです。教材作成も気軽に行えるほか、スライド型教材や動画教材、理解度テスト、アンケートなども簡単に実施可能。日本語のみならず英語や中国語にも対応しています。マルチデバイス対応なので、場所を選ばず効率よく学習できるでしょう。初期費用が無料でプランによる機能制限がないのも、うれしいポイントです。

【料金について】
  • 初期費用は0円
  • 2ヶ月間、無料トライアル可能
  • プラン50 (ユーザー数50人)1万5,000円/プラン100(ユーザー数100人)2万8,000円
  • 登録人数による価格差のみで、全プラン機能差はなし
    ※ユーザー数1万人以上は要問い合わせ

13.Cloud Campus

Cloud Campusは、花王やニチイ、オンキヨーなど数々の有名企業にも導入されているeラーニングシステムです。すべての授業をeラーニングで行うサイバー大学が開発し提供しています。コースの設計やコンテンツ制作、受講者とのコミュニケーションまでまとめて行うことが可能。顔認証システムが付いており、なりすまし防止対策が徹底されているのもポイントでしょう。料金プランは受講人数にかかわらず一律なので、人数が多いほどお得と言えます。

【料金について】
  • 月額7万円のエントリープランであっても全機能利用可能。コンテンツ制作者は10名まで
  • 月額20万円のベーシックプランの場合、コンテンツ制作者は100名まで
  • 無料トライアルも利用可能
  • 受講者登録は無制限/人数による月額費用の変動はありません

14.LearnO

Mogicが提供するLearnOは、20万人以上に利用されているeラーニングシステムです。ライザップや日本経済新聞、セブン銀行など数々の企業に導入されているほか、公益社団法人全日本病院協会や、一般社団法人日本看護学校協議会など、非常に幅広い業種の企業に利用されています。動画教材やPDFコンテンツを利用できるほか、アンケートの集計も可能。日本語・英語の切り替えも行うことができます。月額費用にサポート費用も含まれているのも安心でしょう。

【料金について】
  • 動画なしの場合、100名までの場合月額9,800円(税別)
  • 動画ありの場合、100名までの場合月額1万4,900円(税別)
  • 1ヶ月間の無料トライアルあり

15.KnowledgeC@fe for eラーニング

KnowledgeC@fe for eラーニングは、富士通ラーニングメディアが提供しているeラーニングシステムです。導入社数1,600社、利用者数は64万人を超える学習管理システム「KnowledgeC@fe」のeラーニング機能に絞ったサービス。社内のセキュリティ一斉研修などにぴったりでしょう。登録ID数が多いほどお得になる料金プランを採用しており、スポット利用または年間利用を選ぶことができます。最短1週間のスピード納品もポイントでしょう。

【料金について】
  • 初期費用は16万円
  • スポット利用は月額150円/1ユーザー ※ユーザー数100~999までの場合
  • 年間利用は1,500円/1ユーザー ※ユーザー数100~999までの場合

3. 【まとめ】eラーニングシステム選びに迷ったらアイミツへ

本記事では、eラーニングシステムを導入するメリットをはじめ、人気のeラーニングシステムを導入する際にかかる費用や、それぞれの特徴などをご紹介してきました。

初期費用のあるものないもの、別途見積もりが必要なものなどさまざまですが、月額1~2万円ほどからはじめられるものも多いといえます。最安値は無料で利用できる「AirCourse」ですが、受講には制限があるため事前に確認が必要です。

料金は利用人数によって変動することが多いため、まずはおおよその受講人数を把握してからeラーニングシステムの比較をしましょう!クラウド型であれば気軽に導入できるので、効率的に社内研修を進めていくためにも有効活用するべきといえるでしょう。

もしeラーニングシステム選びでお悩みの方は、「アイミツ」の資料請求を活用し情報収集してみてください。

eラーニングシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

eラーニングシステムの見積もりが最短翌日までにそろう