ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

アイミツ AWARD 2019

ホームページ制作部門 受賞

株式会社グリーンツリー

株式会社グリーンツリー

アイミツアワード審査基準

アイミツ AWARD 2019

アイミツに登録している5,000社について下記の2項目それぞれを審査し、上位10%に入った企業から選定しています。

  • ①受注実績 : アイミツ内外で数・質などの観点で十分に実績を積み重ねているか
  • ②発注者評価 : 商談、発注をしたお客様から高い評価を受けているか
株式会社グリーンツリー
受賞理由

創業10年で2,500以上の受注実績を誇る

受注案件例

  • 人材紹介会社立ち上げに伴うPRサイトの新規作成(予算60万円)
  • 建築業者のコーポレートサイト新規作成(予算80万円)
  • 警備保障会社のコーポレートサイトのレスポンシブ対応リニューアル(予算100万円)
  • 旅行会社の顧客向け見積りサイト新規作成(予算100万円)
  • 一般社団法人のホームページのCMS導入リニューアル(予算200万円)

公開実績

ピタットハウスネットワーク株式会社/ テイケイ株式会社(旧名 帝国警備保障株式会社)/三芝硝材株式会社/一般財団法人 国際経済交流財団/株式会社ウスネ(日本ハムグループ)/サンテーラ株式会社(住友化学グループ)/株式会社ジャパンプライムムーバ/クラヴマガ・ジャパン株式会社/GEOS Language Centre (Thailand) Co.,Ltd./BIG BLUE/株式会社MyLevel/G&Eビジネススクール/株式会社ネクサス・パートナーズ(会計士UP)/株式会社ライズウェル/東洋カーマックス株式会社/株式会社ゴールド・スター/株式会社ツアーバンクシステム / 他多数

親身な営業対応と他社より優れたカスタマイズ力が発注者より高評価

実際の発注者コメント

  • 要望を丁寧にヒアリングし、的確に反映したホームページ作成をしていただいた。また、webに関してわからないことが多いなか、親切に提案してくれたのも良かった。
  • 提案の段階から、開発力が他の企業に抜きんでているという印象を受けた。また、担当者が二人で営業に来てくれたので、詳しい話を聞きやすかった。
  • 担当の方が気持ちの良い対応で、弊社と仕事がしたいという熱い気持ちも伝わった。金額も満足のいくものだったので、とても好印象だった。
受賞企業インタビュー

創業13年で実績は2,500件以上
「Movable Type」を活用するメリットとは

株式会社グリーンツリー

アイミツに登録している数多くの企業のなかから、お客様に選ばれ続けているのはなぜなのか。
その大きな理由として、それぞれの企業が持つ固有の「強み」が挙げられます。
本インタビューでは、コンシェルジュが各企業にその強みを具体的にお聞きします。

築地賢治 様
受注会社

株式会社グリーンツリー 取締役兼COO

築地賢治 様

グリーンツリー創業時にテクニカルサポート部責任者として参画し、2018年取締役COOに就任。ITスキルが高くないお客様に対して、親切・丁寧をモットーにサポートを実施。北海道からは沖縄まで全国2,000社のお客様から絶大な信頼を受けている。PHP、JavaScript等、さまざまなシステム開発にも精通し、現在ではAIを利用したプロダクトの研究開発のプロジェクトも推進している。

大塚祐貴高 様
受注会社

株式会社グリーンツリー コンサルティング事業部マネージャー

大塚祐貴高 様

大学卒業後、ITコンサル会社に入社し300以上の医療クリニックのweb制作に携わる。SEOコンサル・アクセス解析に深く精通しており、現在でも常時4000キーワードを日々監視。問合せ数250%アップなど多くの実績をあげ、グリーンツリー屈指のコンサルタントとして活躍中。現在は幅広く新規サイト立ち上げに携わる傍ら、上場提携企業様からの講演依頼も多数こなす。特に最新のコンテンツマーケティングを主軸にした講演には定評がある。

林秀一郎
インタビュアー

株式会社ユニラボ コンシェルジュ

林秀一郎

2016年に株式会社ユニラボに新卒で入社。カスタマーサクセス部に配属され、既存営業と新規営業を経験。現在は、コンシェルジュとしてホームページやシステム、物流、DM発送など幅広く対応すると同時にアイミツアワードの企画、インタビューを運営。

Chapter1/4

技術的な裏付けにこだわり、成果を生み出す

林:アイミツアワード受賞おめでとうございます。豊富な制作実績が御社の特長の1つですが、これまでに何件ほどのホームページを制作されてきたのでしょうか?

グリーンツリー インタビュイー

大塚:ありがとうございます。年間約200社で、通算すると約2,000社とお仕事をしてきました。1社で複数のwebサイトを作ることもありますので、制作実績数としては累計2,500件を超えています。

林:手がけた業種も多岐にわたると思いますが、特に多い分野はありますか。

築地:業種として多いのは、工務店と歯科医院です。弊社は2006年の創業ですが、10年以上ずっとご利用いただいている方もいらっしゃいます。

林:工務店や歯科医院は、個人事業に近い形態が比較的多いと思いますが、何か共通点があるんでしょうかね。

築地:総じて言えば、ホームページの運用作業にさける時間が少なかったり、ITに詳しい方があまりいなかったりするところが多い気はします。その意味では、使いやすく、簡単に導入できるという評価を得ている自負はあります。

林:ちなみに価格的にはどうなんでしょう。

大塚:弊社の場合、基本的なベースが100万円以上で、レンジとして多いのは100万~200万円くらいのところですね。

林:あまりITに詳しくない中小企業の方が、ホームページに100万~200万円かける決断をするのは結構大変だと思いますが。

築地:お客様で「ホームページが欲しい」という人はほとんどいません。「ホームページを使って売り上げを増やしたい」とか「集客をしたい」ということを考えているので、その結果を得るための費用対効果を基準にして導入を決定される方が非常に多いのかなとは思います。なかには価格ありきの方もいますが……。

林:なるほど。つまり、決して安くはなくてもペイできると判断されているということですね。
御社として「結果を出すため」に最も力を入れているポイントは何ですか。

大塚:ちょっと技術的なことになりますが、内部をきれいにしっかり作り込んだホームページを制作することです。

林:「内部をきれいにしっかり作り込む」ということ、ましてやそれが結果につながるということをイメージできるお客様は少ないと思います。どのように説明しているんですか。

グリーンツリー 大塚様アップ

大塚:まずは、人間がみるホームページと、検索エンジンがみるホームページは違うということを説明します。例えば、弊社のホームページを人間が見たらweb制作の会社だと即座に判断できますが、Googleの巡回ロボットは裏側のソースコードを見ているため、少し乱暴な言い方をすれば「web制作会社のホームページ」と推測しているにすぎません、という話をしますがピンとこないことが多いですね。

その場合は、身近なものにたとえてご説明します。具体的な例としてよく使うのは、家を建てるときに、どれだけ見栄えのいい上物を作っても、基礎がボロボロだったら暮らしていけませんという話です。これで、見栄えのいい上物=デザイン、基礎=HPの内部と説明をすると「確かにそうだよね」と納得していただけます。

林:確かにわかりやすいですね。

築地:付け加えると、「家の場合は基礎と上物だけでは生活できません。暮らす人の導線設計や機能性が備わって快適に暮らせるわけです。同様に、情報が探しやすい導線設計や、お問い合わせをしやすい形になっているかどうかも、結果を出せるホームページかどうかの分かれ目になります」といった部分もしっかりお話をしていくと、信頼していただけて「じゃあ任せてみようか」となるケースが結構あります。あとは当然、実績ですね。

Chapter2/4

Movable Typeに特化し、技術に磨きをかける

林:2006年の創業ということですが、最初からweb制作を行っていたのですか。

グリーンツリー 築地様アップ

築地:創業時にはある商品を扱っていて、それを紹介するためのホームページをMovable Type(MT)というCMSで作ったのです。すると、他社の方から「このホームページを作る仕組みが欲しい」と言われて提供したのが、ホームページ制作を始めたきっかけです。創業してすぐにweb制作に方向転換したので、その意味ではほぼ最初からですね。

林:その時点ですでに「内部をきれいにしっかり作り込む」という考え方はあったのですか?

大塚:当然、どれだけきれいな建物を作っても基礎がボロボロだったらいつかは崩れるという認識はあり、内部をしっかり作っていました。ただ、当時はホームページを作っただけで集客できたような時代でしたので、今ほど前面に出してはいなかったですね。
今は時代の流れ的に、安直なSEO対策では集客できず、本当にコンテンツや構造が大事になってきているので、私たちにとっては追い風だと思っています。

林:最初にMovable Type(MT)で作ったということでしたが、それ以来ずっと使い続けているのですか。

築地:そうです。いろいろなCMSやツールに対応していくというのも1つの考え方ですが、私たちはMTに特化し、それを極めたほうがいろいろな意味でお客様にもメリットがあると考えています。

林:MTの具体的なメリットはどんなところでしょうか。

築地:一番はセキュリティ面です。もちろんMTもソフトウェアの一つなので、100%安全とは言いきれませんが、事実ベースとしてホームページの改ざんなどによる被害は、日本のホームページ制作に最も使われているというWordPressと比べてMTのHP改ざん被害などは明らかに少ないので、お調べいただいてもかまいません。

また、MTを提供しているシックスアパート社のホームページを見ると、日経平均株価構成企業の55%、国立大学の74%などの導入実績が掲載されています。導入理由までは示されていないので一概には言えませんが、セキュリティ上の問題が明らかであれば、日本のトップクラスの企業・大学でこれほど導入されることは考えられません。

大塚:セキュリティに加えて、パフォーマンスが良いというか、アクセスが急に増えても対応しやすいという安心感も見逃せないと思います。例えば、ゴールデンタイムのテレビ番組で紹介されたりすると、一時的にアクセスが集中してサーバーにものすごい負荷がかかることがあります。WordPressはアクセスに対して、その都度、動的にHTMLを吐き出しますが、MTは出力した静的HTMLにアクセスすることになるので高負荷に耐えやすいという特徴もあります。

林:そうなんですね。

大塚:また、MTは有料のためしっかりとしたサポートがあるというのも、使い手からするとありがたい点ですね。もしMTにセキュリティホールが見つかっても、シックスアパート社が責任を持って対応してくれますが、オープンソース系のCMSなどはどこも責任をもちません。

意外と盲点になりがちですが、お客様からすれば「サイトに何か問題があれば、その会社が責任もって対応してくれ!」と思うのは当然です。しかし、制作会社はCMS自体になにか問題があっても「我々が作ったのはサイトであって、CMS自体は作っていないので対応できない」といった事も起こりえます。弊社からすると考えられないことですが、そういった話があるのも事実です。

林:オープンソース系のCMSはそういったこともあるのですね。

WordPressとMovably Typeの比較
WordPressとMovably Typeの比較

築地:私たちはMTがベストだと考えて特化していますが、他のCMSもそれぞれ特徴がありますから、自社にとってのメリット・デメリットを考えて選んでいただければと思っています。

林:技術的な部分にこだわりを持っているということですが、制作体制はどうなっているんですか。

大塚:コーディングやプログラミングなどを行う技術者3割とデザイナー2割という体制で、ほかにサポートを担当する者が4割ほどいます。

林:サポートの人数が多いんですね。

築地:ええ。技術を売り物にしている以上、サポートもしっかりやらないといけないと考えています。弊社の場合、MTのエキスパートであるコーダーとプログラマーが、ホームページ制作で用いられるHTMLやCSSといった言語を知らなくても操作できるように、チューニングを重ねています。

MTのテンプレート内で使うタグ(MTタグ)で「ここを触れば大丈夫」「ここを直せば大丈夫」というところまで落とし込むことで、サポートはエキスパートレベルじゃなくても対応できます。そのため、多くのお客様を抱えながらも少数のサポートチームで十分に対応できているのです。

林:エキスパートができる限り詰めた土台を作って、使いやすいものにしていくという考え方ですか。

大塚:そうですね。弊社のNo.1コーダーは、MTに特化して8年もやっていて相当な技術力があるので、MTの技術者としては日本でもトップクラスと自信を持って言えます。これもMTに特化して内製化していることの強みだと思っています。

制作した「株式会社ゴールド・スター様」のHP
制作した「株式会社ゴールド・スター様」のHP

Chapter3/4

制作から運用まで自社対応することで「安心と信頼」を提供

林:内部をしっかり作り込むということについて、もう少し具体的なお話をうかがえますか。

大塚:メリットは大きく2つあります。まずGoogleから良い評価を得やすいという点です。内部構造ですべてが決まるわけではないのですが、例えばソースコードが込み入っていて検索や表示に時間がかかったり、場合によってはエラーでうまく機能しなかったりするサイトの評価は下がります。内部をしっかり作り込んだキレイなwebサイトと、そうでないwebサイトのどちらをGoogleが評価するのか、答えは明白ですよね。

2つ目は、お客様と弊社のどちらにとっても運用が楽になることです。内部をしっかり作っておかないと、更新できるページとそうでないページが混在してお客様が右往左往してしまうこともあるんです。作り手としては、どこに何のプログラムが書かれているのかなども把握できないとサポートできませんし、それが分かってもメチャクチャなコードだと、直すだけでも一苦労ですから

林:特に、御社のクライアントで多い工務店、歯科医などでは、ホームページが顧客管理とリンクすることがあると思うので、しっかり作っておくかどうかで、管理のしやすさなどが全然違ってくるのではないですか。

グリーンツリー 大塚様笑顔

大塚:おっしゃるとおりです。加えて、弊社では機能を組み込むためのプラグインも内製していますから、自社でサポートまで完結できます。WordPressだと、フリーのものを含めて提供されているプラグインを使用していることが多いと思います。そうすると本体のバージョンアップをしたところ、プラグインが使えなくなったといったことが起きるんです。

築地:例えば、お問い合わせフォームに来た情報を、スプレッドシートなどで使えるCSV形式に変換してリスト化したいと言われれば、そういった要望にもすぐにお応えできます。通常この手の話はMTと異なるシステム開発系の話ですが、関係するエンジニアが長年一緒に作業をしているため、分野の異なるMTのことも分かっている。そして、全て内製していることで、すぐに意思疎通ができるということも大きく関係していると思いますね。

林:その意味では、MTを使うことが、技術的な裏付けを持って内部をしっかり作り込むためのベースになっているわけですね。

築地:それは間違いありません。

林:MTを使うことの作り手側にとってのメリットはよく分かりましたが、お客様にとってのメリット、例えばCMSとしての使い勝手、更新のしやすさなどはどうなのでしょうか。

大塚:正直に言って、MTが他のCMSに比べてめちゃくちゃ簡単ということはありません。初めて使う方でしたらどのCMSでも大変だと思います。そこで重要になってくるのがサポートということなんです。ですから、先ほどもお話ししたように弊社はサポートに一番力を入れていて、その点に満足していただいているお客様がたくさんいます。

築地:弊社はweb制作だけでなくサーバー事業もやっているので、web関連全般に対応できます。CMSはバックアップを取っていなければ、サーバーの故障などでデータが消えた場合に最初から作り直しになります。サポート契約をしていても、バックアップを取っていないとか、サーバーは外部に依頼しているから分からないという会社があるようですが、弊社は予備のサーバーを用意しており、必ず1日おきにバックアップを取っています。仮に本体が故障して全てのデータが消失しても、少なくとも1日前の状態ですぐに復旧できるんです。

林:それは安心ですね。ホームページを作った方は必ず、御社のサーバーを使うことになっているのですか。

大塚:基本的にはそうです。ただ、お客様によってはどうしても自社や関係会社が管理しているサーバーを使わなければいけないというケースもありますので、そういったときには柔軟に対応しています。

林:つまり、制作から運用までを完全に自社でコントロールしているからこそ、徹底したサポートができ、それがお客様の評価につながっているということですね。

グリーンツリー 対談風景

築地:そうです。だからサポートの工数をどれだけ下げられるか、効率化がかなり重要なんです。

林:サポートは月額契約ですか。

築地:基本的にはそうですね。弊社のサーバーを使うのであれば、その保守とサイト運用のサポート費用で月額いくらという形でいただいているケースがほとんどです。

林:サポートでは、どういうお問い合わせが一番多いんですか。

築地:多いのは「更新のやり方が分からない」など操作に関する実務的なものですが、アクセス数に関する相談もあったりします。

林:アクセス数をもっと増やしたいけどどうしたらいいか、のような相談もサポートで対応するのですか。

大塚:ええ。そこでうかがったお話に基づいてまず分析をして、アクセス状況のご説明と対応策の提案などをする形です。

林:そこで「コンテンツの内容をこうしていくといいですよ」とか「ここに手を入れたほうがいいかもしれませんね」といった話になったりすることもあるんですか。

大塚:もちろんです。長く使っていただいているお客様ですと、これを機にリニューアルしませんか、新しいこういうシステムを入れて改善しましょうということになるケースも結構あります。4、5年前に作ったホームページだと、やはりちょっと古い感じだったりもしますので。

林:そういったサポートが、次の仕事のきっかけにもなっているんですね。

大塚:そうですね。ご満足いただいて、新しいお客様をご紹介いただくケースもありますし。

林:そこまでとなると、サポートに一番力を入れているというのは十分納得できますね。例えば、最初はサポートの重要性を意識していなかったお客様が、御社の提案を聞いたり、実際に運用を開始して効果が上がったりして、評価されたというようなことはありますか。

築地:あります。例えば、護身術のスクールをやっているクラヴマガ様の事例ですね。ホームページを使って女性顧客も取り込みたいというご要望で、複数社でコンペをしました。実際、弊社の競合には、デザイン重視でかなり魅力的な提案をしているところもあったようです。

そのなかで弊社は、お客様を安定的に増やしていくためには、長期的な戦略とそれをサポートする体制が重要ですとご説明して、戦略の1つとして「女性がやっても楽しいというのが一目で分かるように、メイン画像に動画を使いましょう」ということをご提案したんです。

林:それで受注できたと。実際の成果はどうだったんですか。

大塚:運用を開始したら、月間のお問い合わせが、最大2.5倍くらいまで増加しました。数百件単位での伸び率だったので大変ご好評いただき、おかげさまで現在も継続してお付き合いさせていただいています。

グリーンツリー実績

Chapter4/4

これからも手厚いサポートでお客様に貢献していく

林:お話をうかがっていると、制作の方針は明確に固まっていますし、サポートもサーバー周りまでしっかりやっていらっしゃるので、今後の方向性は基本的にそれをどう深めていくかだと思うんですが。

対談写真

築地:私たちとしては、お客様にどれだけ長く使っていただけるかが重要だと考えているので、そこにつながる部分をもっと手厚くしていきたいと思っています。ですから、お客様と定期的なコミュニケーションを取れるようやり方を考えています。また、運用面のサポートも、外から見ると「え、そこまでやっているんですか?」くらいのことをやっていると自負していますが、まだまだできるところはあるはずなので、改善していけたらなと思います。

林:それは、継続的にお付き合いするお客様をより増やしていきたいということでしょうか。

築地:弊社は創業以来12期連続黒字経営なんです。1回も赤字になっていないのは、特定の顧客に依存するのではなく、たくさんの方に長く使っていただいていることが非常に大きな要素になっています。今後も、お客様を増やして長く使っていただくことで経営をより安定させられれば、サポートをさらに手厚くでき、お客様が増えていくという循環になって、会社も持続的に成長していくと考えていますので。

林:制作費に依存すると、どうしても売り上げの変動が激しくなります。逆にサポートを充実させていくと、定常的に入ってくる部分がじわじわと上がっていって、そこが安定して増えていく形になるということですね。

築地:おっしゃるとおりです。サポートを手厚くして、継続的にホームページで成果を上げるということができるのは、やはり内部構造をしっかり作り込むことの効果だと思っています。営業の強い制作会社は狩猟民族的だと思うのですが、弊社はどちらかというと農耕民族的にやっていきたいと考えています。

グリーンツリー トロフィー授与

インタビュー後記

コンシェルジュとして1年以上にわたって紹介してきた企業であり、そのときから提案力や技術力が高いレベルで安定していると感じていました。今回のインタビューで、それだけではなく、制作後のサポートに注力していることをうかがい、総合的な顧客対応力を再認識した次第です。必ずや満足のいく提案をしていただけると思いますので、まずはご相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社グリーンツリーに関する詳細情報はコチラ