スマホECサイトの表示スピードはなぜ重要なのか?

2015年04月22日
スマホECサイトの表示スピードはなぜ重要なのか?
LINEで送る
Pocket

これまで、PCがネット通販による消費の中心だった時代では、それほど表示速度を意識する必要はありませんでした。
しかし、そんな時代は終焉。ゲームやニュースなどのアプリを使っているユーザーが増え、“サクサク”とスマホを使ってネットを利用することが当たり前の時代に突入しました。

“サクサク”とスマホを使ってネットを利用

 

スマホで買い物をするとき、ブラウザ経由のショッピングサイトの表示スピードが遅かったら、“イライラ”する可能性は“大”ですよね。
そうなると、離脱率が増えてコンバージョンが伸びず、最悪のケースでは他のサイトで商品を購入されてしまうことが考えられます。

 

スマホで買い物

日本のECサイト「Top150」におけるスマホサイトの表示速度を計測してみると、全体のトップページ平均は100点満点中42点。なんと、9割弱の企業が“要改善”となっているんです。

Googleが先日発表した4月21日以降の検索結果表示の変更で、スマホサイトに対応しているかどうかが検索順位に影響するということが明らかになっています。EC企業のスマホ対策は待ったなしの状態です。

日本のコマース業界は、スピード表示に熱心ではなかったのは事実。他社との差別化として、スマホサイトの表示スピードアップに取り組むことも検討する必要がありそうです。

記事はこちらをクリックしてください:http://cc.mas.impress.co.jp/c/00729k_0001bxkq_95

 

15年の歴史に幕を閉じたファッションECの先駆け「スタイライフ」の成功と失敗

ファッションEC

スタイライフはファッション専門のECを始めた業界の先駆け的存在ですが、幾度か筆頭株主が変わるなど、順風満帆な経営が続いていたとはいえませんでした。

楽天の傘下に入ったのは2012年。2011年3月期から続いていた赤字状態から脱却し、2014年3月期には黒字化を達成しています。

そして、楽天と楽天スーパーロジスティクスに4月1日付で吸収合併され、設立から15年という会社の歴史に幕を閉じました。

 

自社のショッピングモールを活性化した「サマンサタバサ」

実は、楽天と同じようにスタイライフを活用し、自社のショッピングモールを活性化しようとした企業がありました。サマンサタバサです。

サマンサタバサ

2007年にスタイライフを買収し、ファッションに特化した仮想3Dショッピングモール「WWCITY」(セカンドライフのようなもの)のテコ入れに着手しました。

ファッションショップとの懸け橋として「WWCITY」へファッションショップを出店させる役割を求められたスタイライフでしたが、話題があがらなくなった「セカンドライフ」同様、「WWCITY」は話題に上がることが少なくなり、出店するブランドは増えず、閉鎖に至りました。

一方、楽天市場のブランド公式ファッションサイト「楽天ブランドアベニュー」の出店者を集めるためにスタイライフを買収した楽天では、流通額の増加など「楽天市場」の成長とともに、相乗効果でスタイライフ単体の業績回復にもつなげています。

 

楽天とサマンサタバサとの違いは、何だったのでしょうか?

楽天はスタイライフから紹介を受けたブランドに対し、まず関係作りから開始。半年間かけて有力ブランドと何度も話し合い、ブランドが求めるサイトデザインを実現するなど、信頼関係を作っていったそうです。

その後、大幅なポイント還元の特典付きで商品を販売するコーナー「楽天スーパーDEAL」などで、売り上げを伸ばすための仕組みを提案し、ブランド側の流通額を伸ばすことにつなげているとのことです。

楽天スーパーDEAL

 

「順番が逆だったら、どのブランドからも相手にされなかった。信頼関係が作れたからこそいろいろな提案ができた」と振り返るのはスタイライフの松山奨副社長。

非対面のビジネスであるネットショップだからこそ、消費者など利害関係者との信頼関係の構築が重要なのでしょう。

読者のみなさん、消費者やモール側などと信頼関係は構築できていますか?

参考記事はこちら:http://cc.mas.impress.co.jp/c/00729u_0001bxkq_78

ネットショップ担当者フォーラム中川昌俊

株式会社インプレスの新メディア「ネットショップ担当者フォーム」で、執筆中。
全国のEC業者に最新情報やトレンドをお伝えするべく、日々奮闘中!

ネットショップ(ECサイト)関連の業者をお探しの方へ

imitsuでは、ECサイト構築やネットショップ運営をお考えの方に、最適な業者を無料でご紹介しております。是非ご覧ください。

ECサイト構築・通販システムの一覧を見る

ネットショップ(ECサイト)開設・コンサルの一覧を見る

今回の記事は、サマンサタバサさん、楽天市場さんの公式サイトから写真などを引用させていただきました。ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket